質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

若い頃からレゲェに親しんで来ました。これまで何度かマリファナの誘惑がありましたが全て断ち切って来ました。この度長期の休暇が取れることになりましたので、アムステルダムに一人旅をし、当地では違法では無いと聞くマリファナを体験してみたいと漠然と考えております。

勿論持ち帰ろうなどとは全く考えておりませんが、現地でのこのような行為は帰国時に咎められるようなことはございますでしょうか。いろいろと検索してみましたが決定的な答えが見つからずこちらで質問させて頂きます。ご教授よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。


フランスのプレスを電子版で読むものです。

さて、今年になってから、オランダのcoffee shopもついに閉鎖に追い込まれるか?という記事をたびたび目にします。
今検索できた記事では11月14日のル・モンド紙。
犯罪を抑制できるという見込みの元に始まった、ソフト・ドラッグ吸引の非刑罰化だが、ここしばらく犯罪の温床と化している。平和に一服できた時代は過去のもの。犯罪組織の標的となった現在では、脅迫やカツアゲが後を絶たない。新規開店は現在すでに認可されないが、全店廃止を与党保守党は提案、野党社会党もこれに賛同している。しかし、全国の市長は状況改善のうえで存続の意向が強い。
・・・というような内容でした。

26日版ではこの件に関するオランダ市長会議の記事がありました。
市長達はカナビスの生産(現在オランダでは禁止)をコントロールすることによって犯罪を防ぎたいとの意向。アイントホーフェンで試験的に実施を提案。しかし、専門家からは「この提案は幼稚すぎる」との声が上がる。
また、各市にとっては大量に流れ込んでくる近隣諸国(ドイツ、ベルギー、フランス)のカナビス旅行客も迷惑のタネ。coffee shopの郊外移転も提案された。
・・・とのこと。

まさに現在、coffee shopは注目の的のようです。

御質問に関しては、余計なこととは思いますが、私は「犯罪の温床」に旅行者がワザワザ足を踏み入れなくても、と思います。カナビス旅行客が市当局からも冷たい目で見られているんだったらなおさら。

なお、オランダではソフト・ドラッグ使用は「合法化」されているのではなくて、一定の条件のもとで「非刑罰化」されているだけのようです。illegal, but not punishableというわけです↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Cannabis_coffee_shop
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まさに「現場の声、現地の声」を教えて頂きありがとうございます。

「合法化」では無く「一定の条件のもとで非刑罰化」とのこと、大分私の中のイメージも形になり始めたような気がします。

こんなにも心配下さって、恐縮の極みです。
今回の旅行についても、再度考えてみた方が良さそうな気がしました。

お礼日時:2008/11/27 19:18

既にいくつか回答が出ておられる様に、ある条件下においては合法の様ですが…


私はオランダに訪れた事もなく、自分の意志による(詳細は後述します)マリファナ吸飲の経験もありませんし無論今後も一切手を出すつもりもありません。ですので、以下は直接の回答ではなく余計なお節介かもしれませんので読み飛ばして下さっても結構です。

「これまで何度かマリファナの誘惑がありました」とありますが、自分は吸わなかったが周りで人が吸う中にいた、という経験はおありでしょうか?
もしそういった経験もないのであれば、吸飲しても必ずしも楽しい結果にはならないかもしれない、という可能性は0ではないと思います。
私は北米旅行のリピーターでその際ライブ会場に訪れる機会も多いのですが、ほぼ例外なく周りにマリファナをふかしながらライブを見ている地元ファンがおります。その為、その副流煙を吸い込む羽目になる事も何度かありました。その際、私は決まって頭痛に悩まされ(ちなみにタバコの煙では特に何も感じません)、ある時などはその煙の量が多かったのか貧血を起こして耐えきれず座り込んでしまいました。

確かにマリファナはタバコよりも毒性のないソフトなドラッグだから全然平気、みたいな風潮もあるとは思うのですが、体質によってはひどく苦しい思いをする場合もないとは言えないのでしょうか…私など、副流煙でこの有様ですからもし間違って直接吸飲でもしたらどんな状態になるのか、と思うとただただ恐ろしいだけです。

…こういう経験もあります、という事だけ老婆心ながら書かせて頂きました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

老婆心だなんてとんでもありません。
アドバイスを頂きありがとうございます。

「誘惑」とは、馴染みのReggaeBarで誘われたが、吸ってはいけないという気が強くその日は立ち去った...程度の経験が何度かです。副流煙と言える程強いものに遭遇した経験はありませんのでabrilさんの経験未満と言えると思います。

※確かにアメリカではライブ等で吸ってる野郎は必ずいますね。私も煙かった経験があります。

お礼日時:2008/11/27 17:21

何年も前のことですが、


滞在中一回だけ吸ってみたという人がいました。
成田空港では問題にならなかったようです。何も問題が生じていなかったので。
(私は旅行に同行していたわけでなく、帰国後に話を聞いた)

この人の場合試しに一回だけだったようなので、
毎日吸っていたりしたら匂いの問題がどうだか分かりませんが・・・・。
もちろん、持って帰ってきたらまずいですね。
日本では完全に違法ですから。麻薬探知犬に見つかりますし、逮捕されちゃいます。

ただ、オランダでも手放しで合法というわけではないような話を読んだことがあります。

ウィキペディア情報だとどうなんでしょう?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
紹介して頂いたWikipediaの記事も参考にさせて頂きましたが、やはり決定的なところでは文末がはっきりせず、現状では矛盾も沢山見られるようですね。
この矛盾点について自分なりに答えが出ないうちは、安心して喫煙出来ないような気がしますので、引き続き勉強を続けたいと思います。
アドバイスを頂きありがとうございます。

お礼日時:2008/11/27 15:19

はい、マリファナはオランダでは合法です。


街中には「Coffee shop」という大麻を販売しているお店をみかけます。
(その場で吸うだけで、たぶん購入はできません)
よくガイドブックにはお茶を飲むなら「Cafe」へ「Coffee shop」は入らないようにと
書いてあります。
私はタバコも吸いませんし、ドラッグが及ぼす体への影響を知っているので興味も
ないし、一度も入ったことはありませんが連れのものは「入ってみたい」といつも言ってます。
が、絶対に行かせません!!!
その国で合法だとしても薬物に手を出すのはNO!です。

いろんな文化を知るのは大好きだし、ほとんどの場合、今後の人生に良い影響を与えるとは
思いますが・・・・・・・この手のことは知らなくてもいいのではと個人的には思います。

※「Coffee shop」の前を通るだけですごい香ってきます。
その匂いは、甘いようなそそられる匂いです。要注意!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
「ハードとソフトは別なもの」と言う意見もあるようですが、anne_dianaさん他より頂いたアドバイスを考えると、ソフトでも体への影響を考え直し、私の認識も正さなければならないような気がして来ました。アドバイスに感謝いたします。

お礼日時:2008/11/27 15:04

確かに、今でもアムステルダムで一定の基準でマリファナを吸うことはできるようですが。


その行為そのものは当然ながら問題とならないでしょうし、日本に持って帰ろうとしなければいいのですが、その時に着ていた洋服や持ち物に成分が染みついたりはしないものなのでしょうか。普通のタバコでも煙の中にいると洋服や、髪の毛ににおいが染み込んでしまうことがあるように。
そんな服や持ち物持って日本へ戻ってきたときに、麻薬探査犬が嗅ぎつけて、所持を疑われるということはないのでしょうかね。

まあ、そんなリスクもあるかもしれませんね。ということで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Mumin-mamaさんより頂いたアドバイスような意見も踏まえ、今回の旅行を段取りしなおそうと思いますが、nnyna2218さんのご指摘ももっともだと感じました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/27 07:22

>当地では違法では無いと聞くマリファナ



ウソ! こんなこと聞いたことありません! 
私は欧州に長いこと住んでいますが、安易にドラックに手を出すとたいへんな目に遭いますよ。

マリファナやドラックは常習になり、幻想により理由無く人を殺したくなったりするそうです。

日本でも終戦後、マリファナ等の患者が多かったそうで、そういう患者を持つ人も多かったでしょうに、なぜ、そういう悲惨な体験談が出てこないのか不思議です。

また、海外で吸って、日本の空港で探知犬に見つかりますよ。独特の匂いはタバコなど吸わない普通の人でも分かるようです。

ドラックには絶対手を出してはいけません。
それとも人間やめますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親身なアドバイスありがとうございます。
Mumin-mamaさんの意見も頭に入れ、もう一度今回の旅行について考えてみようと思います。

お礼日時:2008/11/27 07:16

持っていなければ問題はありませんがこういうものは虜になりやすいようです


持ち帰らないつもりだったのが誘惑に負けてこっそり、なんてことで大勢が捕まっておられるようです
申告すれば破棄を要請されるだけでお咎め無しですがそれでは具合が悪い
で靴の底とかに細工をして
垂れ込み屋がいまして日本のその筋に御注進なんてことでお小遣いをせしめるのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。
『誘惑に負けてこっそり』がキーワードですね。自分がそこまで強い人間かどうか見極めた上で旅行を検討したいと思います。

お礼日時:2008/11/26 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアムステルダムでおすすめのコーヒーショップ

こんどアムスへ旅行します。おすすめのコーヒーショップがあったら教えてください。できれば英語が通じる店を希望します。

Aベストアンサー

私の友人が行ったときは、
不定期発行のフリーペーパーが出ていたそうです。

で、その友人は、それを地図がわりにして、
「まわりでオチかけてる人」や
「いかにもな雰囲気」の人に聴いて歩いたら
かなり楽しめたと言ってました。

大きくて、人気のあるショップになると
日本人とわかったら、店員がカタコトの日本語や
簡単な英語で好みを聞いてくれるそうです。

日本と違い、かなりの種類があるそうなので
始めに大きな店で、自分にあったものを選んで
持ち歩き、何店かまわるといいよ とも言ってました。
それと、アムスの街では、毎年コーヒーショップの
大会があって、そこで優勝してる店にはいいものがあるそうです。
ご希望ならば具体的に店名を友人に聞きますが…

Q自宅での大麻所持は、なぜばれるのですか?

プロテニスプレーヤーと元AV女優が大麻の所持で逮捕されてしまいました。この手の事件が起こるたびにいつも疑問に思うのですが、自宅で大麻を所持したり、栽培したりして逮捕されてしまう人というのは、なぜやっていることがばれてしまうのですか?

Aベストアンサー

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づかれたため)もあるそうです。
でも、割合的に一番多いのは「売人や拡散者」の自供から芋づる式に
検挙される事だそうです。
自宅栽培にしても、どうしても種子を手に入れなきゃいけませんから。

その次は「通報」だそうで、通報者の多くは
家族や兄弟などの近親者が圧倒的だそうです。
それから、近隣住人。大麻はやはり臭いがきついので気づかれる事
が多いのと、
ラリると夜中に大声をはりあげたりフラフラと外に出る事も多く
やはり近隣に気づかれるケースが少なくないそうですよ。

それから、毎年大麻で捕まるのは1800~2100人ぐらい。
でも実際やってるのはその10倍だそうで
人口5000人に一人の割合だそうです。
大都市だとその比率は増え、地方だと減るそうで、
世田谷区だと、人口80万人なので160人ということになりますが
実際は1600人以上だと推測してるそうです。

昔、親会社の人(女性)と飲みに行った時に、その人の旦那さんが
「麻薬取締官」だと知って色々教えてもらったことがあります。

大麻に関しては、捕まるのは
・売人(または拡散者)
 売人を摘発して、そこから顧客を芋づる式に。または、
 売人を泳がして、接触した買人を尾行し後に一斉検挙。
・通報
 周囲の人間や近隣の住人からの訴えや通報。
・偶発
 別の事件や大麻でラリっているところを検挙。そこから芋づる式に。

以上の3件ですが、たまに本人の自首(中毒が進行したり、周囲に
気づ...続きを読む

Qオランダ(アムステルダム)って?

春休みにオランダに行こうと考えています。
ネットでオランダについて検索していると、マリファナがあちこちで使用されているようで、服などに臭いがつき、ヨーロッパ内で他国に行ったときや日本帰国時に問題となることがあると書いてありました。本当にこのようなことはあるのでしょうか?あるとすればどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

もちろん私自身は手を出しませんし、そのようなものを扱うようなバーなどにも行くつもりはありません。

だた、飾り窓地域のウォーキングツアーには参加するつもりです。

Aベストアンサー

オランダでは、大麻やハシシ、マリファナは合法です。
「コーヒーショップ」だったか「カフェ」だったか忘れましたが
どちらかが、ソフトドラックの売り場(?)になってます

自分で吸わない限り、帰国時に問題になるほどニオイがつくことはないと思いますが、
icqさんが公園でゆっくり休んでる時に、隣にいた人の吸っているタバコが実はドラッグで、思いがけず煙りを吸ってしまった、なんていう状況は考えられますよね。
(公園で座って吸っている人をよく見かけましたよ)
吸ってしまうと、3日くらいは身体からニオイが消えないそうです。
アムステルダムからの帰国便の到着ロビーにはたいてい麻薬犬がいますので、
チェックされるかもしれませんね。

でも、それよりも犬のフンに気を付けてくださいね!
通りに結構落ちてます・・・
とても美しい街ですが
下をよく見て歩きましょう・・・

Qアムステルダム ホテル・B&B 喫煙

新婚旅行で ベルギー・ドイツ・オランダへ行こうと思っています。
(航空券・ホテルを自分でネット予約するつもりです)

オランダのホテルをネットで探していたのですが、夫がタバコを吸うため喫煙OKのホテル探しで困っています。
ネットのブッキングサイトで調べると、ほとんど全館禁煙との事ですが、近年行かれた方で喫煙OKのホテル・B&B等ご存知の方がおりましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

最近はほとんど禁煙ですよ。
でも必ずと言って良いほど屋外に喫煙スペースをがあるので、そこで吸うしかないと思いますけどね。。。

Qマリファナのメリット・デメリットは?

マリファナは日本では非合法だと聞きましたが、
マリファナはどんな効果があり、また、どんな副作用や危険性があるのでしょうか、

私は精神安定剤を何年も常用しているのですが、
かなり効果があります。
楽観的になる、大らかになる、不安やうつ状態を取る、心地よい眠気に誘ってくれるなど・・・

マリファナもこれと似たような効果が現れるのでしょうか、
マリファナは比較的安全と聞きましたが、
実際のところどうなのでしょうか、
もちろん、マリファナを体験したいわけではありません、
参考までにお聞きしたいのだけのことです。

ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

大麻には禁断症状がなく、肉体的・精神的にタバコ・アルコールより害がなく、しかも使用量が増えることがなく、さらに暴力的どころか、平和でリラックスした創造的な気分にさせるメリットがあります。しかも、向精神薬と違い、ナチュラル系なのです。
たとえば、アンフェタミンは、メチルフェニデートと、そんなに変わらないのに罰せられたり、また、戦時中には、合法であったヒロポンも、時代の都合で罰せられるようになったりします。これは、昔だと、中学生とセックスをしても罰せられなかったのが、児童買春法ができてから、ばっせられるようになったのと似ています。
それで、カジノ特区構想がありますが、マリファナ特区を作って、実際に、人に与える影響を見てみるのがいいと思います。これをJTBの専売にして、マリファナ税を課せば、タバコ税を上げなくてもいいと思います。今のままだと、運び屋のトルコ人やイラン人を儲けさせるだけです。

Q大麻の海外使用について

日本においてマリファナは、大麻取締法により、その所持と使用を禁止されていますが、オランダ・アムステルダムなど、マリファナが容認されている国や地域で日本人が使用することは違法になるのでしょうか?

以前、「世界ふしぎ発見」というテレビ番組で、アムスのコーヒーショップにあるスペースケーキ(大麻入りケーキ)が取り上げられており、リポーターが「ここでは合法だが、アムスであっても日本人が食べると処罰される。」と紹介していました。

これが事実なら、日本で出版されているバックパッカーものの大麻体験記などは、違法行為を暴露しているものとなり、著者は罰せられるということになりますよね。

また、容認国での使用が罰せられない場合、使用して血中にTHC成分が残っていても、帰国時に大麻そのものを所持していなければ罰せられないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もタダの素人で条文を読んだだけですが,#1 さんの回答ほど簡単ではない様です。

 「大麻取締法第24条の8」に『第24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6及び前条の罪は、刑法第2条の例に従う。』とあります。

 また,「刑法第2条(すべての者の国外犯)」には『この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。』とあります。

 ・http://www.houko.com/00/01/S23/124.HTM
  大麻取締法

 ・http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#002
  刑法

 つまり,大麻取締法の第24条,第24条の2,第24条の4,第24条の6,第24条の7に該当すれば,たとえ国外で行ったとしても罰される事になります。

 各条文は下記の様になっていますが,大麻の使用に関しては第24条の3にあり,刑法第2条が適用される中には入っていません。

**************************
第24条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、7年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、10年以下の懲役に処し、又は情状により10年以下の懲役及び300万円以下の罰金に処する。
3 前2項の未遂罪は、罰する。
 
第24条の2 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、5年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する。
3 前2項の未遂罪は、罰する。
 
第24条の4 第24条第1項又は第2項の罪を犯す目的でその予備をした者は、3年以下の懲役に処する。
 
第24条の6 情を知つて、第24条第1項又は第2項の罪に当たる行為に要する資金、土地、建物、艦船、航空機、車両、設備、機械、器具又は原材料(大麻草の種子を含む。)を提供し、又は運搬した者は、3年以下の懲役に処する。
 
第24条の7 第24条の2の罪に当たる大麻の譲渡しと譲受けとの周旋をした者は、2年以下の懲役に処する。


第24条の3 次の各号の一に該当する者は、5年以下の懲役に処する。
1.第3条第1項又は第2項の規定に違反して、大麻を使用した者
2.第4条第1項の規定に違反して、大麻から製造された医薬品を施用し、若しくは交付し、又はその施用を受けた者
3.第14条の規定に違反した者
2 営利の目的で前項の違反行為をした者は、7年以下の懲役に処し、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する。
3 前2項の未遂罪は、罰する。
**************************

 ただし,「マリファナ」の場合は第24条の2の『大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者』に該当して罰される可能性は多分にあるでしょうね。

 一方,「スペースケーキ(大麻入りケーキ)」の場合はどうなんでしょう。該当しない様にも思えますね。

 もしかして,番組製作者が良く知らなかったとか,勘違いとか。あるいは,「●●で見たから」と言って「スペースケーキ(大麻入りケーキ)」を食べる人が増えてトラブルが生じても困るから罰されると言ってるとか・・・。 私も知りたいですね。(^.^)

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S23/124.HTM, http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#002

私もタダの素人で条文を読んだだけですが,#1 さんの回答ほど簡単ではない様です。

 「大麻取締法第24条の8」に『第24条、第24条の2、第24条の4、第24条の6及び前条の罪は、刑法第2条の例に従う。』とあります。

 また,「刑法第2条(すべての者の国外犯)」には『この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。』とあります。

 ・http://www.houko.com/00/01/S23/124.HTM
  大麻取締法

 ・http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#002
  刑法

 つまり...続きを読む

Qマリファナの尿検査で陽性と出ても

マリファナの尿検査で陽性と出てもマリファナその物が見つからなければ逮捕はできないって本当ですか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

実は本当なんです。

大麻=マリファナに関しては実際に所持していないと逮捕できません。

理由としては、基本的にタバコのような形状での使用がメインですので、他人さんが吸っていた大麻の副流煙にて第三者が吸ってしまう事があり、その場合でも尿検査に引っかかるのです。
また、大麻の元になるなる麻を合法的に栽培されている農家もあり(マリファナを作るのではなくて、麻製品を作る目的で)、その近辺ではどうしても尿検査に引っかかってしまうとの理由だそうです。

つまり、完全に大麻使用者と第三者が区分できずに、実際に大麻を使用していない罪の無い人が捕まってしまう事を防ぐ目的です。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qオランダのホテルの部屋での電源プラグの形状は、どのようなタイプになるで

オランダのホテルの部屋での電源プラグの形状は、どのようなタイプになるでしょうか?調べたら、C、E、SEタイプが出てきました。C、E、SEタイプでしょうか?

Aベストアンサー

いろいろあるかもしれませんが、日本から電化製品を持っていくなら、Cタイプ用の変換プラグを持っていけばたいてい大丈夫ですよ。
ただし、電圧が100V専用のものは変圧器も必要になりますので、ご注意ください。

Qベトナム,ホーチミンでは大麻は合法ですか?

タイトルの通りです
ホーチミンでは大麻は合法なのでしょうか?
合法なのであれば是非経験してみたいと思います
非合法なのであれば,法を犯すリスクを負ってまで経験しようとは思いませんので,ご心配なく


また,海外旅行に行く際に,このような渡航先の法律や規則を確認するにはどう調べればよいのでしょうか


どなたか海外旅行に精通している方,お願いします

Aベストアンサー

ベトナム在住です。
違法です。
近年ベトナムから8トンを中国に密輸しようとして捕まった中国人グループ、
死刑になっています。
量があまりに多いので大きなニュースになりました。


人気Q&Aランキング