『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

メールで、他のスタッフから伝え聞いたこと、伝言で聞いたことをお客さんに伝えたい時、
どのように書けばいいのかわからず困っています。
(自分の不在時に他のスタッフが対応してくれた時など)

「○○であることをSから伺いました。そちらの件に関しては~」とか、
「○○であることは、Sから伝え聞いております。そちらの件~」、
「○○であることは、Sから報告を受けております。そちらの件~」など
いろいろ考えてみたものの、いまいちしっくりきません。

特に、上の場合の、Sが自分の後輩や部下ではなく
同僚などのスタッフの場合、どれを使うのが一番正しいでしょうか??

電話で伝える時には1番目を使っていますが、
正しい敬語を教えて頂ければと思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現代の日本語においては、敬語は、二人称(あなたが話しかけている相手方)側についてだけ使うのが原則だと思えば、ほぼ間違いないと思われます。


たとえば、今、Aさん(あなた)とBさんが会話をしているとします。そこに、第三者であるXさんの話題が出ました。
こういう場合が問題になるわけですよね? この場合、Xさんについて敬語を使うかどうかは、XさんがAさん(あなた)側の人であるか、Bさん側の人であるかが、判断基準のすべてです。
XさんがAさん(あなた)側の人である場合、Xさんに敬意を表するような表現は使いません。それは、XさんがAさん(あなた)と同列(同僚・友人)であろうと目下(部下・年下の兄弟姉妹)であろうと、目上(先輩・上司・社長・親・年上の兄弟姉妹)であろうと、同じことです。「Xから報告を受けております」「Xから聞いております」でオーケーですし、そうするべきです。「伺っています」は、Xさんに敬意を表する言葉なので、不適切です。
逆に、XさんがBさん側の人である場合は、Xさんに敬意を表する表現が必要です。仮に、XさんがBさんにとって目上(親・年上の兄弟姉妹・上司・社長)であろうと、目下(子供・年下の兄弟姉妹・部下)であろうと、同列(友人・同僚)であろうと、敬語表現を使います。
では、Xさんが、Aさん(あなた)にとってもBさんにとっても無関係の第三者である場合はどうするか? その場合は、Xさんに向けられた敬語表現は不要です。敬語はあくまで「二人称側」に対して使うものだからです。たとえば、Aさん(あなた)が取引先のBさんと雑談するときに、麻生首相の漢字の読み間違いが話題に出たとしましょう。そのときは、「麻生さん、もうちょっと事前に原稿をチェックするべきですよね」というのが自然で、「麻生さん、もうちょっと事前にチェックなさればよいのに」と敬語表現を使う必要は、特にありません。ただ、ご自分の信条として、「一国の首相には敬意を表したい」と思って使ったとしても、それは何らBさんに失礼なことではありませんが、「敬語表現として不可欠のものではない」ということです。
その昔、日本には「二重敬語」というものが存在したそうです。たとえば、AさんとBさんが話していて、話題に第三者であるXさんのことが出てきた。そのXさんが、たとえば天皇であったというような場合です。
そのような場合は、第三者Xに対する敬語表現と、二人称であるBさんに対する敬語表現を二重(二方面)に使ったわけです。ですから、当時の表現を現代日本の尊敬語・謙譲語をあてはめると、「申し上げなさる」といったような、現代では不可解な(申し上げるは謙譲語、なさるは尊敬語)言葉遣いをしていたようです。
しかし、現代日本語では、そうした複雑な敬語の使い方はしなくなっています。したがって、敬意を表する表現は、あくまで「二人称側」だけを意識の中心に据えればよいのです。
最後に、敬語の問題ではありませんが、「伝え聞く」という表現は、「漏れ聞く」とどこか印象が重なり、どこか「他人事」のような印象を受けます。「そういえばそんなことを言ってました」というような、無責任な印象を受けるのですが、これは私だけのものでしょうか?
それよりは、「お話はSから聞いております」と単刀直入にいったほうがよいように思います。
以上、ご参考まで。
    • good
    • 12

お客さんへのメールですから、基本的には相手(お客様)に対しては敬語を使い、S(自分の同僚)に対して敬語を使わず普通の言い方をするという気持で書けばいいと思います。



「~であることは、S からの報告を受けております。そちらの件に関しましては」が一番適していると思います。

この文で「S からの報告を受けて」の部分が、S が同僚で後輩でもないのに、報告を受けるとは違和感があると感じるかもしれません。しかし相手がお客様ですから、こちらの身内(会社の同僚)のことを卑下して言ってもおかしくありません。

他の例文にある「S から伺いました。」は身内の人に伺うという敬語を使っていておかしいです。また次の例文の「S から伝え聞いて」とあるのは「報告を受ける」とか「話を聞く」ということと意味が全く違います。これは敬語の使い方の問題ではなく、メールの内容の問題です。

なんでも敬語や尊敬語を使えば、文章が丁寧になって良いと考えるのは間違いで、不必要なところに尊敬語などを使うと逆効果になります。
    • good
    • 2

○○は、Sより承っております、それにつきましては○○でございます。


ではいかがでしょう?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「急かしてすまない」を敬語にすると?

タイトルの通りなのですが、
「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
=(常体)「用事を言い付けてすまない」

「お呼び立てして申し訳ありません」
=(常体)「呼びつけてすまない」

4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。

従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
...続きを読む

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

Q問題なければ、の敬語を教えて

(1)問題ございませんでしたら、
(2)問題ありませんでしたら、
(3)問題がありませんでしたら、

等、考えてみましたが、どれもしっくりしません。

ビジネスメールとして相応しい文がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さしつかえなければ、・・・

もし、よろしければ、・・・・

できましたら、・・・・

Q「お伝えします」と「申し伝えます」

敬語についての質問です。
以下のような状況において

● 電話で「Aさんからの伝言をBさんがCさんに伝える」

例)
A:では、Cさんに明日3時に伺うとお伝えください。
B:わかりました。そのように(Cに)〔    ★     〕。

★の部分は「お伝えします」ではなく「申し伝えます」が正しいと感じるのですが、その理由を説明できず困っています。どちらも謙譲語だと思うのですが。

どなたか明確に説明ができる方がいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お~になる」の尊敬語と混同されやすいですが、「お~する」は謙譲語です。ここでポイントになるのは、この表現は「話す相手」ではなく「~する相手」に対して敬意を表している、という点かと思います。
つまり、BがAに対して「Cにお伝えします」といった場合、敬意はB→Cの方向になります。Aに対しては「ます。」という丁寧語でしか敬意が表されていません。

しかしこの場面では、AにとってCはBの身内であるため、CがBに敬意を表することはマナー違反になります。CがBの上司でも同じです。
ですからここで「お伝えします」とBが言うのは間違いです。


対して「申し伝えます」とは、伝える人間(B)と伝えられる人間(C)の双方をAより下においた表現です。身内同士で使えるのはこちらです。ですから、この場合は「申し伝えます」が適切であると考えられます。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較