一般的な結晶について教えてください。あとユニットセルって何でしょう?辞書で調べると単位格子なんて出てきます。できればユニットセルについても教えてください。常識的なことだと思うんだけど文章で書こうとするといまいちまとまりません。助けてください。

A 回答 (3件)

漠然とした質問でよくわからないのですが。


一般に結晶は構成している原子が周期的に規則正しく配列されているもののことではないでしょうか?、金属や化合物、鉱物など
単位格子は結晶を形成する最小単位と考えればよいのではないでしょうか。
下記のサイトを参照してください。

雪の結晶というのもありますね

参考URL:http://www.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter1/lec …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが、皆さん大変ありがとうございます。大いに助かりました。これからもこんななんでもないようなことを質問すると思いますがどうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/02 13:26

ちょっと遅いですが、まだ回答を締め切っていらっしゃらないので、単位格子について補足説明します。


単位格子は結晶構造の最小単位ですが、図で説明すると、次のようになります。
結晶は殆どが三次元空間において考えますが、ここでは模式的に1次元で考えます。もし
◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎  ・・・・・・(1)
のような結晶があったとします。ここで◎や●や○などは原子と考えても分子と考えても構いません。とにかく何かが(1)の配列
で結晶を作っているとします。結晶(1)は、◎●○の繰り返しによって全体ができています。◎●○◎●○を単位としてこれを
繰り返しても(1)は得られますが、「最小の」単位は◎●○です。ですから、◎●○が結晶(1)の単位格子です。また、●○◎を
単位としても結晶(1)は得られるので、●○◎も単位格子です。このように1つの結晶の単位格子の取り方は、複数あります。
では右の2次元結晶格子ではどうでしょうか?            
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
                              ◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○○◎◎○
                              ○●●○○●●○○●●○○●●○○●
答えは
◎○○◎
○●●○
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが、皆さん大変ありがとうございます。大いに助かりました。これからもこんななんでもないようなことを質問すると思いますがどうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/02 13:25

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は如何でしょうか(内容未確認!)?


----------------------------------
結晶化学入門/遠藤忠/講談社/2000.4 
結晶化学入門/佐々木義典/朝倉書店/1999.12 
結晶解析ハンドブック/日本結晶学会「結晶解…/共立出版/1999.9 
結晶電子顕微鏡学/坂公恭/内田老鶴圃/1997.11
やさしい電子回折と初等結晶学/田中通義,寺内正己,…/共立出版/1997.7 
結晶・準結晶・アモルファス/竹内伸,枝川圭一/内田老鶴圃/1997.3
--------------------------------------
図書館・専門書のおいてある書店で「化学」あるいは「無機化学」等の基礎の本を参考にして下さい。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが、皆さん大変ありがとうございます。大いに助かりました。これからもこんななんでもないようなことを質問すると思いますがどうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/02 13:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか ダイヤモンドの結晶はZnS型と同

ダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか
ダイヤモンドの結晶はZnS型と同じで、二つのイオンをC原子に置き換えたのはわかるのですが、そうすると原子半径の異なるC原子が存在することになってしまい...
どこから考え方が違うのかわかりません

Aベストアンサー

ダイヤモンドって理想的には炭素原子が sp3 でつながっている (だけ) の構造だから, 少なくとも理想的には「大きさが違うようにみえる」としてもそれは描くときの都合などであって全て「同じ原子」だよ.

Q六方最密充填構造と、立方最密充填構造(面心立方格子構造)は、単位格子の切り出し方が違うだけで、全く同

六方最密充填構造と、立方最密充填構造(面心立方格子構造)は、単位格子の切り出し方が違うだけで、全く同じものというならば、
何故、六方最密充填構造の元素と、
立方最密充填構造(面心立方格子構造)の元素があるのでしょうか?

その二つに該当する元素は、どれも二つの構造であると言えるはずです。

Aベストアンサー

1)原子と元素を混同しています。
2)格子は単体だけのものではありません、化合物もあります。
3)切り出し方は単に数学的に等価だと云うだけで、化学と直に結び付ける事は出来ません。
まあ、もっと詳しい方が殺到するでしょうから、お楽しみに。

Q鉄の結晶格子

あるテキストに、
「鉄の結晶は常温では体心立方格子であるが、
 910℃まで加熱すると面心立方格子に変化する。
 この時の密度は体心立方格子の密度の何倍か。」
という問題が書いてあり、
答えの導き方はわかったのですが、
その答えが1倍以上の値になるのが理解できません。
普通加熱したら、密度は小さくなるから、
答えは1倍以下の値になるのではないでしょうか?
詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
#2の回答は少し質問からずれていたようですね。

私は「なぜ高温側で密度の大きい結晶形、低温側で密度の小さい結晶形になっているのか、普通は逆ではないのか」という質問だと解釈してしまいました。
でも単純に「熱したら膨張するはず」というだけの質問ではないかと思い始めました。

加熱して起こる体積変化には2つの内容があります。
成分粒子の熱運動によって起こる体積変化と相変化によって起こる体積変化とです。
成分粒子の熱振動が激しくなれば粒子間の距離が大きくなります。狭いと動くことが出来ないのですから運動が激しくなるということは広い空間を占めるようになるということです。一般に起こることです。
でもこれは成分粒子間の位置関係が基本的に同じものである場合という仮定があります。1つの粒子の占める空間が大きくなれば相似形で全体の空間が大きくなると考える事ができる場合です。
結晶形が変わってしまうと成り立ちません。粒子間の距離は大きくなっているが全体の体積は小さくなるということも起こります。
鉄の場合でいうと910℃で結晶形が体心立方格子から面心立方格子に移ります。常温では体心立方格子です。体心立方格子の範囲であれば温度を上げると体積は増加します。鉄の線膨張率は293Kで11.8×10^(-6)/K、800Kで16.2×10^(-6)/Kです。
910℃に近づくにつれて鉄の原子半径は少しずつ大きくなっていっているのです。それにしたがって体心立方格子を決めていた鉄原子の電子軌道の特徴もなくなっていきます。だんだん丸くなっていく事になります。あるところでガラッっと並び方が変わってしまって球対称の粒子のパッキングになってしまうのです。その温度が910℃です。並び方は変わっていますが原子間の距離は変わっていません。
910℃の直前、直後で密度を比較すると約9%の増加です。でも常温の鉄(α鉄)と910℃の鉄(γ鉄)とで比較すると約1%の違いです。
α鉄とγ鉄で密度の違いはほとんどないと書いてある文章を目にしますが比較している温度を曖昧にしている様に思います。

これは「氷が融けると体積が減るのはどうしてか」という問いと似ています。「氷は隙間の多い構造をしている。融ける事によってこの構造が壊れ、隙間を埋めるような位置に水の分子が入っていくので体積が小さくなる」という説明がされています。固体から液体に移るときに結晶構造が壊れるということと結晶構造の特徴とが合わさっている事になります。氷の結晶は水素結合による正4面体構造です。HとOの電子軌道が関係しています。
4℃で密度が最大であるというのは氷の時の構造の特徴が消えてしまうのにある温度の幅が必要であるということです。すきまの多い構造の特徴がほぼなくなってから後では加熱すると体積が一様に大きくなっていきます。当然氷の範囲でも加熱すると体積が大きくなっていくはずです。氷と水の移り変りの所でだけ逆転が起こるのです。
氷の線膨張係数は-50℃で45.6×10^(-6)/Kです。

#2です。
#2の回答は少し質問からずれていたようですね。

私は「なぜ高温側で密度の大きい結晶形、低温側で密度の小さい結晶形になっているのか、普通は逆ではないのか」という質問だと解釈してしまいました。
でも単純に「熱したら膨張するはず」というだけの質問ではないかと思い始めました。

加熱して起こる体積変化には2つの内容があります。
成分粒子の熱運動によって起こる体積変化と相変化によって起こる体積変化とです。
成分粒子の熱振動が激しくなれば粒子間の距離が大きくなります。狭...続きを読む

Q結晶格子について

有機結晶を構造解析することになった実験初心者です。
3次元空間に規則的に分子が並んだ分子集合体の固体ができて、最小の繰り返し単位が格子となると思うのですが、その格子のa軸、b軸、c軸はどう決めてるんですか?長さ順とかですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結晶の対称要素から、ほぼ自動的に決まります。対称要素から決まらない時には、長さ順で c<a<b となるように決めます。

単斜晶系を例にすると、ふつうはα=γ=90°となるように結晶軸をとるので、b軸は2回軸に平行になります。空間群 P2 やP2/m のように、 a軸とc軸をどのようにとっても空間群の記号が変わらないときには、c<a となるように軸をとります。軸の取り方によって空間群の記号が変わる時には、“International Tables for Crystallography”に載っている記号と一致するように軸をとります。たとえば、P2/a と P2/c は同じ空間群を表す記号なのですけど、ふつうはP2/cとなるように、つまり映進面の進む方向がc軸になるように、軸を決めます。

軸の取り方と結晶群の記号については、「Pbnm Pnma」をキーワードに検索すると、斜方晶系を例とした、もっとわかり易い説明がいくつかヒットしますので参照して下さい。

なお、別の結晶構造(同形や多形など)と比較したりする時には、上で述べたルールに従わない軸を採用することもあります。また、単斜晶系ではα=β=90°にとる流儀もあります。さらには、よく分からない軸の取り方をしている文献もないわけではないです。しかし、分子結晶の構造解析では、ふつうは上で述べた慣習に従っているものが多いと私は思います。

結晶の対称要素から、ほぼ自動的に決まります。対称要素から決まらない時には、長さ順で c<a<b となるように決めます。

単斜晶系を例にすると、ふつうはα=γ=90°となるように結晶軸をとるので、b軸は2回軸に平行になります。空間群 P2 やP2/m のように、 a軸とc軸をどのようにとっても空間群の記号が変わらないときには、c<a となるように軸をとります。軸の取り方によって空間群の記号が変わる時には、“International Tables for Crystallography”に載っている記号と一致するように軸をとります。たとえば、...続きを読む

Q結晶格子

塩化ナトリウムの単位格子の一辺をa[cm]、塩化ナトリウムのモル質量をM[g/mol]、アボガドロ定数をNA[/mol]としてこの結晶の密度[g/cm^3]をa、M、NAを用いて表せ。
g=g/cm^3×cm^3
g=g/mol×mol
これを使って解けそうな気がしたのですがうまくいきません。
みはじ的な感じで解いていました。
前はできたのに…。
途中式お願いします。。

Aベストアンサー

塩化ナトリウム結晶の構造に関する情報が必要です。
教科書に載っているはずです。

>g=g/cm^3×cm^3
>g=g/mol×mol
これは何のことでしょうか。???!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報