インフルエンザ菌はヒツジ血液培地で生えますか?
ヘモフィルス属だとするとチョコ培地だと思うのですが、
一部の記述でヘモフィルス属インフルエンザ菌(旧)
      インフルエンザ菌(新)
と分類がされていました。
これは、たんなる分類の整理の過程でわけられただけですかね?

A 回答 (1件)

その記述の真意がまるでわかりませんが,それは正確な引用ですか?


典拠はどこでしょうか?

それはともかくインフルエンザ菌とインフルエンザ病原体は別物です。
普通はインフルエンザ菌といった場合は,誤ってインフルエンザの病原体と考えられた Haemophilus influenzae を指し,これは今でも有効な分類です。
インフルエンザの病原体はウイルスで,「インフルエンザ菌」と称するのは不正確です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違いを教えてください。
教えて!gooなどで調べてみると、細菌は菌類の一つだとか、
細菌は原核生物で菌は真核生物だとか、
答える人によってばらばらで結局どういう生物なのかわかりません。
どなたか教えてください。例としてどのような生物がいるかも教えてください。
あと、調べていて微生物との違いもよくわからなくなりました。
それも合わせてお願いします。

Aベストアンサー

五界説という分類体系があります。

生物というものを、真核生物か原核生物かによって2つの「帝」に分類し、
次に、動物界、植物界、菌界、原生生物界、モネラ界の5つの「界」に分類する考え方です。
モネラ界は原核生物、後の四界は真核生物の界です。

○真核生物帝
 ・動物界
 ・植物界
 ・菌界
 ・原生生物界
○原核生物帝
 ・モネラ界

つまり
細菌:モネラ界に属する生物の総称
菌類:菌界に属する生物の総称。細菌と区別するために「真菌」とも呼ばれます
微生物:肉眼で判別できない大きさの生物の総称(5つの界にまたがる)


細菌:大腸菌、
菌類:キノコ、酵母菌、カビ
微生物:ミジンコ(動物界)、ゾウリムシ(原生生物界)等
    (もちろん、大腸菌や酵母菌も微生物)


※ただし「ドメイン」という新しい階層を取り入れた現在の分類法では、
原核生物帝モネラ界は2つに分断されて真正細菌ドメインと古細菌ドメインに分類されました。
この分類法においては、細菌は真正細菌のみをさすものであり、古細菌とは区別されます。

Q豆乳培地とデンプン培地に酵母と納豆菌をいれる

豆乳培地とデンプン培地に酵母液(酵母菌)、納豆(納豆菌)をそれぞれ入れるとどうなるのか(増殖するかしないかなどのことを具体的に)がよくわからないので教えていただきたいです。お願いします!

Aベストアンサー

よくわからないから実験するのえはないですか?
豆乳というのは糖質、タンパク質、脂質などからできています。
デンプンは糖質だけです。
これらは事前にわかっています。
あとは、酵母菌と納豆菌がどのような栄養素を必要とするかです。

Q熱→喉、頭痛→声が出ない

先週の木曜日に体調が悪く、夜に8度6分まで熱が上がり、次の朝には熱は下がったのですが、ずっと喉が痛いのと、頭痛があり、火曜日に友達と遊び、話をしたら(特に大声は出してない)全く声が出なくなってしまいました。
今は咳と、喉の痛みと、咳から来る?頭痛と、ムカムカに困ってます。熱はありません。声は出ません。
こちらの過去の質問を見た所、ただの風邪ではない風な事も出てましたので、私も質問させて頂きます。
今日喉の炎症を抑える薬を買ったのですが、風邪以外の可能性はあるのでしょうか?何かわかる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

中学生の時、「(口蓋)扁桃周囲膿傷」で、一時的に声を失ったことがあります。
小さな町の医院で、3週間ほど「風邪のぶり返し」と言われていたところ、症状が重くなったため、転院および緊急入院となりました。

 風邪以外に、「扁桃炎」という可能性はないでしょうか?

Q液体培地で培養すると大腸菌が生えてこないんです。

当方、実験初心者です。初歩的な質問になりますが、よろしくお願いします。

目的遺伝子をインビトロジェンのTOPOベクターに組み込み、自作のコンピテントセル(XL10)にトランスフォームし、アンピシリン(Amp)入り寒天培地にまきました。
そこで生えたコロニーをピックアップしてLB+Ampに植菌しましたが、全く増えてきません。液体培地をTBに変更してみましたが、効果はありませんでした。
Amp濃度は100μg/mlです。
この問題を解決する方法がございましたら、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初心者、を前提に回答させていただきます。

まずは以下の点を、再確認してみてください。
1)プレートを作製するときに、培地が熱いうちにAmpを入れませんでしたか?またはプレートが古すぎはしませんか?
→Ampは結構不安定なので、AmpRで選抜するならCb(50ug/ml)を使ったほうがいいかもしれません。またTOPOならKmRもあったとおもうので、Cb, Km両方入れてはいかがでしょう?プレートに入れたAmpが死んでいて、プラスミドを持たないのに生えてきたコロニーを拾ったのかもしれません。

2)液体培養する前にプレートのコロニーに対しダイレクトPCRなどをして、目的配列・プラスミドの導入を確認しましたか?
→目的配列が入っているようなら1)の心配もたぶんないと思います。

3)プレートでの培養、あるいはその後の保存は適切でしたか?
→死滅期近くになるほどに培養するとプラスミドをリリ-スしてしまったりします。

Q微生物とウイルス、菌の違い

どなたか微生物とウイルス、菌の違いを
教えていただけませんか?

学校で、ウイルスと菌の違いは
軽くやりましたが、
微生物と菌の違いが調べても
難しくてわかりません(´・ω・`)


どなたか分かりやすく教えていただけませんか?
食品分野に絡んでいると
嬉しいです!

Aベストアンサー

細菌とウイルスの違いは、その大きさにもありますが
一番大きな違いは、最小の生物単位である「細胞」を
持ってるか持ってないかです。

「細胞」を持ってない「ウイルス」は、それ単独では生存
出来ません。生物学上、ウイルスは「生物じゃない」ん
です。他の生物の細胞があって、それに依存しないと
存在できないんですね。

一方細菌は、単細胞であっても「細胞」を持ってるので
それ単独で生存が可能です。

また、細菌ウイルスともに、遺伝子情報を持っていますが、
ウイルスの中には細胞が使うDNAが無いものもあります
(RNAを使って遺伝する)。この辺はウイルスについての
wikipediaの記述が分かりやすいかと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

「他の細胞に取り付かないと増殖できない」ってトコが、
「他のプログラムの中にコードを強制的に書き込む」コトに
似ているので、この手の破壊活動をするプログラムを
「コンピュータ・ウイルス」って言うんです。

もっとも、今の俗称「コンピュータウイルス」は、プログラム
単独で存在してそのまま増殖が可能なモノが多いので、
「コンピュータ細菌」って感じになってますけど・・・。

細菌とウイルスの違いは、その大きさにもありますが
一番大きな違いは、最小の生物単位である「細胞」を
持ってるか持ってないかです。

「細胞」を持ってない「ウイルス」は、それ単独では生存
出来ません。生物学上、ウイルスは「生物じゃない」ん
です。他の生物の細胞があって、それに依存しないと
存在できないんですね。

一方細菌は、単細胞であっても「細胞」を持ってるので
それ単独で生存が可能です。

また、細菌ウイルスともに、遺伝子情報を持っていますが、
ウイルスの中には細胞が使うDNAが無いも...続きを読む

Qヒツジの血液型

ヒツジにはB型とO型しかいないそうです。
調べてみたいのですが、ヒトの抗A血清を使ってもいいのでしょうか?
遺伝方式は人間と同じ、OO、BB、OBと考えていいのでしょうか?
ヒツジに詳しい方(?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 あくまでも推論ですが・・・。

 細胞表面抗原としてのA抗原はNアセチルガラクトサミン、B抗原はDガラクトースとされており、これは特に動物種に関係ないものだと思います。ヒツジはDガラクトース転位酵素だけをもっており、Nアセチルガラクトサミン転位酵素はないということだと思います。ですから遺伝方式はOO, BB, BOで良いかと思います。

 抗血清の件ですが、抗A, 抗B血清ともに認識する抗原決定基がハッキリしていますので、動物種に関係なく交差反応すると思います。抗B血清で沈降すれば間違いないですね。抗A血清で検査するというのは、ヒツジにNアセチルガラクトサミンをもつものがいるかもしれないという仮説ですか?

 それ以外の表面抗原についてはヒトと同じとは限りませんので、かつておこわれていた異種間輸血のようなことは不可能です。

Q大腸菌の英訳

専門用語ではなくて普通に「大腸菌」は英語で何といったらいいですか?

大腸菌を例えば英辞郎で見ると13の英訳が出ていて、どれが普通に使われているのか分かりません。

Aベストアンサー

E.coli が最も普通に使われています。読み方はカタカナでかけば「イー・コーライ」です。
これは Escherichia coli を省略したものです。

Q大腸菌培養の液体培地

大腸菌で目的タンパク質を発現させる時の液体培地ですが、LB培地のほかに何がありますか?プロトコルに選択培地と書いてあるのですが、やっぱり培地はベクターやコンピテントセルの種類などで変えたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前に大腸菌に作らせた組み替え蛋白の可溶化効率が悪くて困ったことがあります。そのときは、培養温度を25℃に下げたところ少々改善されました。蛋白質の生産が緩やかな方が可溶化効率はよいようです。
可溶化の際にバッファーに界面活性剤を入れておられますでしょうか。TritonやNP-40も試しましたが、オクチルグルコシドが比較的良好でした。

Q菌床栽培のキノコ類は薬品を使用するのでしょうか?

一般的に、えのきだけ、しめじ、エリンギなどの菌床栽培のキノコは、栽培時に化学薬品を使用しているのでしょうか?
そうだとしたら、それはどのような物なのでしょうか?
御存知の方いらっしゃいましたら、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

化学薬品は基本的に使用しません。


消毒したおがクズに菌を植え付け、ビン詰め。
その後、温度・湿度管理された無菌のブースにて栽培します。

このような栽培方法では、病気などのリスクが皆無に近いので
肥料や農薬といった薬品は必要ありません。

よって、化学薬品は使用されません

Q(大腸菌群用)デゾキシコレート培地(顆粒)の作成について

(大腸菌群用)デゾキシコレート培地(顆粒)の作成について

精製水1000mlに45gの顆粒を入れてかき混ぜ、オートクレイブで80℃5分で溶解した後、再び、オートクレイブで、121℃15分で滅菌したものをシャーレに分注していました。

この作成方法が間違っているかもしれないので、確認したいのです。

(1)オートクレイブ(高圧滅菌)してはいけないのでしょうか?
 そうであれば、その理由を教えてください。

(2)オートクレイブを使わない作成方法を教えて頂きたいのですが・・・

よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

元々滅菌せずに使用する培地です。

45gを1Lに均等浮遊し加温溶解して使用します。
滅菌及び過熱は避けないとグラム陽性菌に対する阻止作用が減弱します。
顆粒ということは、市販培地だと思いますが、
ラベルに使用方法が記載されていないですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報