マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ふとももがだるくてだるくてすごくつらいです。

長時間の座り仕事をしているので、肩こり腰痛もひどいのですが、
これらはストレッチをすると多少和らぎます。

しかしももはどうしようもありません、
ストレッチしている間はいいのですがだるさは全然とれません…

どうか助けてください(泣)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

足のむくみは両手で「ぐー」を作って、太ももの両脇、上下を


気持良いと感じる程度に上から下へ下から上へと軽く二~三周
「とんとんとんとん」と両側から挟んだ状態でたたくといいですよ?
これは急な運動をしてだるくなり、あとにくる動けなくなるほどの
筋肉痛を和らげる際にもとても効果があります。

肩こりや腰痛持ちの方は、冷え性や眼精疲労もちという人も
多いようですがいかがですか?
傷みは体からのサインですから、きちんと向き合う良い機会では?

毎日、湯船にゆったりつかっていますか?
血流が良くなる食事を心がけていますか?
ふくらはぎをきちんと動かして歩いていますか?
疲れを溜めないように一時間に一度は
伸びをしたりして体を伸ばしていますか?

参考までに、冷えが酷い人は生姜、豆、根菜類の食事を増やすと
いいそうですよ? 
私は朝、生姜と蜂蜜が入ったヨーグルトを食べたり、
御茶の時間には生姜と蜂蜜の入った紅茶やココアを飲んでいます。
美容だけではなく、ココアは毛細血管を拡張させ、緊張を緩め
いやし効果もあるそうですから、お勧めです。

その日の疲れを翌日に持ち越さないように、
くれぐれもお体ご自愛ください^^
早くよくなるといいですね^^
    • good
    • 10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太ももの裏側がだるい

今朝起きたときからなんだか太ももの裏側というのでしょうか、後側がだるいような痛みがずっとあります。
ときにはお尻の辺りまでだる痛いです。
関係ないかもしれませんが月経は近いです。
でもこんな事は初めてです。

内臓疾患とか循環器系の病気じゃないかと少し不安です。心配するくらいなら病院に行けばいいのですが、なにせ最近出費が多すぎるので検査しに行くのをちゅうちょしてしまいます。
ご経験がある方、専門の方、どうぞ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

免疫系の異常が原因だとする研究結果も報告されています。そのほか、アレルギー、ホルモン異常、低血圧、脳への血流の減少、ある種の栄養素の不足が原因として指摘されています。
具体的には
(1)血糖値がうまくコントロールできていないことによるもの

これは甘い物が好きで、食べた後に体がだるくなったり、逆に疲労が消えたりする場合に当てはまります。

(2)肝臓に負担がかかることで疲労を招くケース

普段肉食に偏った食事で、食物繊維が不足していると、腸内細菌のバランスが崩れます。 その結果、腸の状態が悪性に傾き、毒素が発生・吸収されやすくなり、そして解毒作用を担当する肝臓に負担が多くかかってしまうからです。

(3)食物アレルギー、食品添加物や環境中の化学物質へのアレルギー

(4)消化能力が低下していて栄養素が十分吸収されていない状態、ビタミンB1・B2の不足

(5)ストレス、睡眠不足、運動不足

・・・などが挙げられます。

出費が多すぎて、受診することをちゅうちょされているそうですが、
薬局で相談して、薬を購入しても、病院で検査しても、お金はかかりますが、だるさの原因になっているものを突き止めない限りは、ご心配でしょう。 夜中に、悪夢をみて、けいれんを起こして、翌朝に、疲れることも
考えられなくはありませんが、これに関しては、ごくまれなことです。
糖尿病なども潜んでいる可能性もありますから、受診されることですね。

免疫系の異常が原因だとする研究結果も報告されています。そのほか、アレルギー、ホルモン異常、低血圧、脳への血流の減少、ある種の栄養素の不足が原因として指摘されています。
具体的には
(1)血糖値がうまくコントロールできていないことによるもの

これは甘い物が好きで、食べた後に体がだるくなったり、逆に疲労が消えたりする場合に当てはまります。

(2)肝臓に負担がかかることで疲労を招くケース

普段肉食に偏った食事で、食物繊維が不足していると、腸内細菌のバランスが崩れま...続きを読む

Q足がすごくだるくて重くてつらいです

昨日から急に下半身、特に足がだるくて重くてつらくてなりません。
別に激しい運動をしてとかはないのですが夜急に痛いようなだるいような感じになって、寝られないまま朝になり、朝になっても一向によくならず常に足をトントン叩いてないとしんどい状態です。
お風呂に入った後はすこし楽になったのですがすぐまだ鈍いなんともいえないだるさと痛みでじっとしていられません。

病院にいこうにもどこに行けばいいのか・・・
生理は終わって2日目です。生理通も全くありませんでした。
ネットで調べると静脈瘤などありましたが、血管が膨らんでいるわけでもありません。
お酒が好きなので、腎臓肝臓の病気なのでしょうか??でも最近は多くてもビール3本程度しか飲みません。
本当につらくて困っています。よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

>病院にいこうにもどこに行けばいいのか・・・生理は終わって2日目
⇒女性の場合は、まず最初に婦人科で診察を受けましょう。

>静脈瘤などありましたが、血管が膨らんでいるわけでもありません
⇒下肢静脈瘤の事を言っているようですが、見えない部分でも多く有ります。

>お酒が好きなので、腎臓肝臓の病気
⇒可能性は高いです。機能低下とか、微量栄養素が体内でアルコール代謝の為に使いきってしまって、他の部位に回せないとか、色々有ります。

Q足の付け根がだるい

足の付け根というか股関節というかがだるいんです、痛いのではないのですがなんかこってると言う感じがしてます。
大またで歩きにくいような感じで、シップを貼ると少し楽になるのですが、後は指で押したりしています。
こういう症状は整形外科に行けばいいのでしょうか?
何か他の病気の前兆と考えるべきですか?

Aベストアンサー

確かに変形性『膝』関節症なら若年での発症はあまり無いと思いますが
変形性『股』関節症の場合、早ければ20代からの発症もありえます。
変形性関節症の解説のあるURLを記載しますので参照ください。


私も股関節症で杖が無いと外出できませんが、30代です。
幸いまだ変形は始まっていませんが・・・

参考URL:http://www.ebm.jp/disease/bone/02hen_kansetsu/index.html

Q腰痛と足のだるさ

腰痛と足のだるさについて質問です。

2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。

痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。
次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。
横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。
今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。

ネットで自分なりに色々調べてみて、椎間板ヘルニアを疑ってみたものの、腰痛自体は激痛ではないのです。
どちらかというと鈍い痛みです。

坐骨神経痛ともありましたが、主人が坐骨神経痛を患っており聞いてみたところ
「痺れるような、時にピリッとした痛み」と言ってましたが、私の場合「痺れる」「ピリッとした」というのではなく「重い」「足をひっばられているようなだるさ」と言った感じです。

鈍いだるさと言っても、同じ姿勢で5分といると辛くなるので しばらくすれば姿勢を変え・・・の繰り返しなのですが。
夜は痛みで眠りに付くまで時間がかかりましたが、痛くて目が覚めるということはありません。

あまり続くようであれば診察して頂こうとは思っているのですが、まだ痛くなりだして2,3日と言うのと、鈍い痛みと言うのもあり、今はまだ病院には行っていません。

この教えてgooでも色々調べましたが、みなさん激しい痛みとありますので、私とは少し違うのかと思い質問させていただきました。

これはただの腰痛なのでしょうか?
それとも後々、激しい痛みに移行するようなものなのでしょうか。
ただの腰痛であれば、自宅で湿布薬などを貼っていればそのうち治るものなのでしょうか?

あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。

同じように激痛ではなく鈍い痛みを改善された方や、その後 激痛に変わっていったなどの体験談など、簡単にアドバイスしていただければ助かります。

腰痛と足のだるさについて質問です。

2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。

痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。
次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。
横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。
今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。

ネットで自分なりに色々調べてみて、...続きを読む

Aベストアンサー

一口に腰痛といってもその種類は様々あります。例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。

腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなどの様々な異常感覚な出てきます。ですから貴方のような症状は坐骨神経痛において珍しくありません。腰に自覚症状が全くなくてもおこりますから、まずは病院を受診されてください。


>あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。

MRIの可否はあくまでも医師が判断します。まずはレントゲンの検査次第でしょう。レントゲンとは病院でしか 撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

一口に腰痛といってもその種類は様々あります。例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。

腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなど...続きを読む

Q心がざわざわ はじめての感覚 これって?

心がざわざわ はじめての感覚 これって?
すみません。教えてください。
ここ数日、今まで経験したことのない感覚に見舞われています。

「心がざわざわする感じ。」決していやな予感とかではなくて、

う~~ん、なんとも分析しがたいのですが。。
だからこそ、どなたかの意見が聞きたくて。

心がざわざわ・・経験された方、それは何かの予兆でしたか?
(因みにここ1年ほど、人生の波という点では、精神的にはかなりしんどい日々でした)

Aベストアンサー

一般人が言うことですし、体験が元になっていることなので、あまり参考にはならないかも知れませんが、ざわつきの原因の一つとして捉えてください。

私は鬱状態が長く続くと躁状態のように、心がざわつくことがあります。
ダイエットを続けている人が、その反動で過食に走るという話は良く聞きますよね。
それに似た感覚でしょうか。
強いストレスに曝されて、精神も肉体にも活動に制限が長期間掛かっていたために、
「ストレスで膨らみ続ける風船を、上から無理矢理押さえつけていたのが破裂しそうになっている、もしくはボールがはじけそうになっている」
そんな感じです。

鬱状態がずっと続くと、必要なことが何も出来なくなってしまうけれど、本当に、本気で、ずーっと逃げていたいのではないんですよね。
「これじゃいけない、このままじゃいけない」
そう言う気持ちがくすぶっているので、その気持ちが内側からざわめき始めるんです…。

決めつけてはいけないのだけれど、どうも、鬱傾向に陥りやすい人、ストレスを溜め込みやすい人には、多動症の傾向がある人が多いような気がします。
多動症であるかどうかは、きちんとした検査を受けないと解らないことですし、自分で疑っていても問題視するほどでではないということで診断されないこともあるようですが、再検査で多動症と診断されるケースもあります。
また、多動症と診断される人は、身内にも傾向が強い人がいることが多いそうです。

【多動症・ADHD】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E3%83%BB%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3
ttp://www.lbv.jp/case/tadou.html (←直リンクが可能か分からなかったので、頭の h を外しています。)


私の父は、精神科には掛かったことはありませんが、よく言われている躁鬱病の特徴に合致する点が多かったのです。
少なくとも多動症であったのではないかと思います。
元々前向きで積極的な人でしたが、やる気があっても舞い上がり過ぎて失敗したり、そこから落ち込んで鬱のようになることも多かったのです。
父はもう亡くなっているので、診断自体受けることも叶いません(そもそも、父は診察に行かなかったと思いますし、家族も知識がなかったし、診察を受けさせたいとまでは考えていませんでした)が、父方のおじたちは、今でいう学習障害やアスペルガーの特徴を持った人が多いです。
私は、父やおじ達に感じていた違和感も、それらの存在を知ってからは無くなりました。

実際、私も長姉も多動症っぽいし、息子は読字障害(学習障害を疑って、掛かった先の主治医から先日診断されました)で、息子は恐らく多動症も持っています。
実際、学習障害(これは正式な医学用語ではないそうです。息子の場合は、学習障害と言われる概念の中の「読字障害」で、これは正式な医学用語です)と多動症を併発しているケースは多いそうです。

息子はまだ中学生で年齢的なものもあり、収まってくる可能性もあるということで、主治医は断言はしていませんが、言葉を濁す(違うとも言わない)ので、本当のところ現段階では、多動症の症状は出ていると言うことだと思います。
息子の場合はてんかん(病気の後遺症です。脳波は安定しているので投薬治療は中止しています)なので、純粋な多動症との区別は難しく、余計診断が付きにくいのかもしれません。
多動症の診断が付かなくとも、類似した症状がある限りは、多動症については勉強する必要を常日頃感じています。


>因みにここ1年ほど、人生の波という点では、精神的にはかなりしんどい日々でした

心のざわつきは仰るとおり、このことが引き金になっていると思います。
鬱の症状も多動症の症状も似たところが多いです。
心が鬱傾向にあるときは、多動症っぽくなるのは珍しくないと思いますので、これだけでどうこう言えませんが、質問者さんは、少なくとも臨床心理士のカウンセリングを受けてはどうかと思うのです。
そのことによって、心のざわつきについて、当たりを付けることが出来るのではないかと思いますし、また追いつめられる日々が来たときの対策が練れるのではないかと思います。

全くの蛇足かもしれませんが、以前、こちらで大人の発達障害についての回答をしました。
質問者さんが該当すると言うことではありませんが、何らかの指導や検査を受けたいとお考えなら、目を通してみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5493836.html?ans_count_asc=0 (No.7で参加しています)


また、ドーパミンは、快感、意欲、興奮を増進させる脳内ホルモンですが、セロトニン(脳の活性化、心の安定をもたらす働きのある脳内ホルモン)が不足していると、ドーパミンの働きが押さえきれないのだそうです。
冬期になると日照時間が減って、セロトニンが不足しやすい環境に陥りがちです。
それに、長い間ストレスに曝されたのでセロトニンが慢性的に不足しているのかもしれませんよね。
朝食にバナナを摂るのは、セロトニンを増やすのに良いそうですよ。

一般人が言うことですし、体験が元になっていることなので、あまり参考にはならないかも知れませんが、ざわつきの原因の一つとして捉えてください。

私は鬱状態が長く続くと躁状態のように、心がざわつくことがあります。
ダイエットを続けている人が、その反動で過食に走るという話は良く聞きますよね。
それに似た感覚でしょうか。
強いストレスに曝されて、精神も肉体にも活動に制限が長期間掛かっていたために、
「ストレスで膨らみ続ける風船を、上から無理矢理押さえつけていたのが破裂しそうになっ...続きを読む

Q右お尻から太もも裏側の痛み

昨年末に何をした訳でもないのに激しい腰痛に襲われました。以前にも激しい腰痛にはなったこともあり、特に医者にも行かず、シップなどしてました。
が、痛みの度合は大きく下がったものの、まだ痛い状態です。でも、今の最大の痛みは腰自体ではなく、右側のお尻から太ももの裏側にかけてのツッパリ的痛みです。
朝起きてからがひどく、朝食を座って食べられないばかりか、通勤の車中では、運転により激しい痛みがあり、ブレーキを強く踏めない事や、踏み切れていない事も
あって、自分で言うのも変ですが危険です。
腰痛については沢山の質問や回答があって、参考にしていましたが、この右側のツッパリ痛みについては、もう痛くて調べるためにPCの前に座ることすら辛いため
調べきっていません。なにかいい解決方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 お尻から太ももの裏を通り、ふくらはぎまでの電気が通るような走るような痛みは、坐骨神経痛だと思います。
 私も経験があります。
 私の場合は歩くと痛みが走り、じっとしている時はまったく痛くありませんでした。(不思議なくらい)
でも、一歩でも、足を踏み出すと、痛みが走ります。かなり辛かったです。
 整形外科を受診して、痛み止めを貰い、一週間ぐらいで、症状がなくなりました。何かの拍子で、神経を触っていたんでしょうね。
 予防は、筋力をつけることだといわれました。腰痛もそれで緩和できるそうです。
 交通事故を起こす前に、お医者さんに見てもらったほうがいいと思います。
 どうぞ、お大事に。
 

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Q肺がん末期でむくみが出てきました・・・

ただ今肺がん末期の祖母が、痰の詰まり・せきがひどいのですが、痰が思うように出ません。そしてついには足がむくんできました。主治医からもう今月一杯しか持たないと告げられましたが、むくみが出てきたとはどういう段階なのでしょうか?最近尿の出が悪いのですが、そのせいでしょうか?もしくはどこかの転移の現れでしょうか??
もうこう告げられている時点で来る所まで来てるとは分かっているのですが、まだ普通に会話できるのでいまいち実感というか、覚悟できないのです…もうここまで来ていると、いつ急変してもおかしくないものでしょうか?

Aベストアンサー

私も夏に親戚を亡くしました。これから書かせて頂く末期で起こる症状の説明はあくまでも本にかかれてある言葉ですのでそれがそのまま質問者さんのおばあ様に当てはめて考えないようお願い致します。ご参考までに。

足のむくみは心機能や胃、他臓器の低下、抹消の循環障害の他に腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下、栄養状態が不良のための血液中の蛋白濃度が低下した場合に起こります。

咳や痰は肺がん特有の症状でもありますが末期には誰にも見られるようです。呼吸器感染症、呼吸困難等。入院はされていないのでしょうか。入院している場合は吸引して取っています。

尿の色が濃くなり排泄のコントロールが出来なくなります。腎機能低下に伴い出にくくなり最後は腎不全となります。尿が出にくい、リンパの流れが悪い、体の水分が貯まることもむくみの原因だと言えます。

全身すべての機能が弱ってきますからいたるところで不調が見られます。

加えて便秘、食欲不振、胸水、腹水、吐き気、発熱、けいれん等。

脱水症状によって血圧低下、眠気、衰弱、昏睡、意識混濁
等が現れますが水分の摂取量が減ると息切れ、咳、尿、痛みが緩和されるので脱水が不快ではないのであまり水分を積極的には摂らない方が楽らしいです。非常に悪化した患者にとって脱水や食べられないことがそれほど苦痛じゃなくなるので無理に勧めず楽であることを1番に考えてあげることが大事です。欲しがれば与えるでいいかと思います。(もちろんおばあ様の今の状態にはまだ当てはまりません)

血液循環の低下によって指先、つま先が冷たく青っぽくなる。視覚がダメになる等。

おばあ様の今の段階が危険な状況とはまだ言えないと思いますが急変も全くないとは言えません。症状の悪化をきちんと観察して対処出来ることは素早くしてあげるべきでしょう。

今の症状、咳、痰の苦しみを軽くしてあげるよう医師と何が出来るか相談されたらよろしいかと思います。

大体のところを書かせて頂きました。

楽しいお話をしてあげましょう。ちなみに聴覚は最期までしっかりしてるそうなのでたとえ今後、受け答えが鈍くなってきても話しかけることはとてもよいことだそうです。

私も夏に親戚を亡くしました。これから書かせて頂く末期で起こる症状の説明はあくまでも本にかかれてある言葉ですのでそれがそのまま質問者さんのおばあ様に当てはめて考えないようお願い致します。ご参考までに。

足のむくみは心機能や胃、他臓器の低下、抹消の循環障害の他に腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下、栄養状態が不良のための血液中の蛋白濃度が低下した場合に起こります。

咳や痰は肺がん特有の症状でもありますが末期には誰にも見られるようです。呼吸器感染症、呼吸困難等...続きを読む

Q右足がだるい 原因は?

69歳の母が、「右足が付け根から足先まで猛烈にだるい」「もぎっ取ってしまいたいほどだるい」という症状を訴え苦しんでいます。医者に行っても「異常ありません」としか回答が得られません。
例えばお風呂の後などはだるさが解消されるそうなのですが、その後寝ている間にどんどんだるくなり、翌朝にはいつもの「猛烈にだるい」状態になってしまうと言います。
だるさという症状の原因が分かれば少しは状態を軽く出来るのかなあ、と思ってネットを探してみたのですが、なかなかこれだ!という答えが見付かりません。だるさとは、血行が悪いから起こるのか、何が原因で起こるのか、どんな小さなヒントでもいいので、経験則や見聞きした知識などありましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

私看護婦なんですが、以前受診に来られた患者さんで同じような症状を言われる方がいて調べると、足の動脈の梗塞がありました。
その方は血管にくだを通して血栓を溶かして吸引する手術を受けましたよ。もしその病気なら早く治療してもらった方が良いですよ。お風呂に入って楽になるというのはやはり、血流関係ではないでしょうか?今は血管造影をしなくても、CTで大まかな血管がわかるので、大きな病院で調べてもらっては?

Q暑さが苦手で体調不良…困っています。

2年くらい前専業主婦になってから夏のこの暑さ、太陽の光が苦手で、外に出られません。1年前から心療内科にもかかっていますが(全般性不安障害が原因ではなさそうで…)どうしても用事があって外出する時は帽子をかぶって、水分を摂って頑張って行きますが、外出先で外を歩くとボーとしてきて気が遠くなるというか、頭痛や耳鳴りがしてきます。急いで帰宅すると、3日は食事もできなく起き上がれないほど疲労感です。医者にいくと「熱中症」とのことです。
家にいても、変な罪悪感からなるべく冷房をつけずにいるのですが、外出した時と同じ感じになってしまうので、ドライをつけたりして室内を快適にしていないと何も出来ない状況です。
以前は一番好きな季節が夏だったくらい、暑さが得意だったのに余計ショックが大きいです。
このような方いたり、対処方法あれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No6の者です。
まさか病院勤務の方とは知らず、失礼致しました。

ところで、昨日(7月16日)テレビ番組の「発掘あるある大辞典」で熱中症の特集をやっていました。
関西テレビ・フジテレビ系で日曜PM9:00に全国放送しています。
確か、来週(7月23日)も熱中症関係の放送があるようですので、一度ご覧になってみたら如何でしょうか?
今回の放送内容ですが、私の理解した限りでは、
熱中症による頭痛・吐き気は、水分不足と毛細血管の拡張によるものだそうです。
暑さによって上がった体温を下げる為、体内の熱を放出させる為に、発汗作用と毛細血管の拡張が起きるようです。
毛細血管の拡張によって毛細血管への血液量が普段よりも多くなり、その結果、それまで内臓に送られていた血液量が減少して内臓の具合が悪くなり、吐き気等の異常が発生するようです。
それから発汗ですが、出た汗が蒸発する事によって体温を下げる事になるそうです。
ですので、出た汗がうまく蒸発しないという事は、体内の熱が放出されず体内に熱がこもってしまう事になるようです。
「気温32℃・湿度50%」と「気温28℃・湿度70%」を比較した場合、熱中症が発生するのは後者の「気温28℃・湿度70%」の時の方が多いという事です。
湿度が高い為に、出た汗が蒸発してくれず、体内の熱を放出できないという理由です。
また熱中症は、気温26℃位から発生するそうです。ようするに、湿度が高ければ気温26℃でも気を付ける必要があるという事です。
さらに、炎天下では帽子をかぶる事は必要ですが、かぶり続ける事によって、頭の熱が外に放出されなくなり熱中症になるとの事です。時々、帽子を取って頭の熱を放出させ、汗を蒸発させてやる必要があると言ってました。
多分、洋服も同じだと思います。できるだけ、吸湿性・通気性の良い素材の服を着る事でしょうか。また、涼しい格好をする事と、あまり身体を締め付けないような服を着る事も必要だと思います。あるいは、汗になったら、時々着替えてやる事も効果的ではないかと思います。
それから、こまめな水分補給です。発汗よって、血液がドロドロ状態になってきます。喉が渇いたと感じる時にはすでに水分が不足している事になるので、その前に水分補給をする事が大切だそうです。時間を決めて定期的に補給する方法が良いのでは・・・。

そして、食品の事ですが、熱中症を予防する栄養素?としてはアミノ酸である「アスパラギン酸」だそうです。(専門分野ですね)
食品としては、「もやし」が紹介されていました。それから「アスパラガス」も紹介されていました。
調理方としては、「もやし」「アスパラガス」「豚肉」を炒めて醤油で味付け、あるいは、それぞれを茹でてカレー粉で味付けという事を言われてました。

また、頚動脈のある部分(首・脇の下・足首)を冷やしてやる事も効果があるようです。
質問者さんは、病院勤務(管理栄養士さん)との事ですので、すでにお分かりになっている事だと思いますが、少しでも参考になればと思います。

No6の者です。
まさか病院勤務の方とは知らず、失礼致しました。

ところで、昨日(7月16日)テレビ番組の「発掘あるある大辞典」で熱中症の特集をやっていました。
関西テレビ・フジテレビ系で日曜PM9:00に全国放送しています。
確か、来週(7月23日)も熱中症関係の放送があるようですので、一度ご覧になってみたら如何でしょうか?
今回の放送内容ですが、私の理解した限りでは、
熱中症による頭痛・吐き気は、水分不足と毛細血管の拡張によるものだそうです。
暑さによって上がった体...続きを読む


人気Q&Aランキング