先ほど、お昼のTVでヒッチコックの「鳥」を放送していました。
オリジナル版はちゃんと見たことがあり、主演の女優さんが可愛くて好きだったのと
懐かしさもあり、数年ぶりに見ました。

クライマックスの車で鳥の大群に占拠された家を後にするシーンを見て
思ったのですが、この映画のテーマはやはり
「自然からの警告」や「人間が抗えない自然の驚異」という事で良いのでしょうか?
他の作品もいくつか見ていますが、
ヒッチコックという人はいわゆる、不条理な恐怖についての表現に関しては
本当に一流のエンターティナーだと思います。
この映画について他の皆さんはどんな風に解釈されるのかと思い質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「自然からの警告」や「人間が抗えない自然の驚異」という事で良いのでしょうか?



それが表向きのメインテーマでしょうね。ちょうどアメリカで、郊外型住宅の建設ラッシュが始まった頃で、実際に似たようなことが起きていたのでしょう。日本でもいまだに、ああいうことがありますよね。

一方で、鳥、とりわけ(←シャレではありません)カラスは、不気味さと美しさと色気を兼ね備えた小道具なので、ヒッチコックらしい良い題材だったと思います。ゾンビとかミミズの映画は撮らない人ですね。楽しいオジサンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

>カラスは、不気味さと美しさと色気を兼ね備えた小道具なので

確かにカラスの出番は多かったですね。
これをきっかけに他の作品も見直したくなりました^^

お礼日時:2008/11/28 00:47

こんにちは。



NHKだったかな?ヒッチコックの特集みたいなのを放映してて途中から見たのですが「鳥」はあの車が出て行ったあとのシーンも考えられて絵コンテとかが残ってるらしいですね。

それはどういうのかというと(記憶だけですが)町もみんな鳥に襲われて生存者がいない?状態になっているというものだったようです。
1つの終末の姿を描こうとしてたと・・・

しかし救いのないラストはやめようということで現在の映像になったらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きましてありがとうございました。

>しかし救いのないラストはやめようということで現在の映像になったらしいです。

うーん、これは確かに気分的に落ち込んでしまうかもしれませんね。
たしかに「救いのない」ラストですね。
それに多分、これをやってしまうと「自然からの逆襲」みたいな形にしか
解釈できなくなってしまうでしょうね。

お礼日時:2008/11/29 15:58

フランソワ・トリュフォーによるアルフレッド・ヒッチコックへのロングインタビュー集『定本ヒッチコック映画術』を読めば分かりますがヒッチコックは


「自然からの警告」や「人間が抗えない自然の驚異」
なんて陳腐なことを語る人ではありません。
原作の短編小説を読んだことと、羊が鳥に襲われたというニュースを知り実際に飼い主の農夫に話しを聞きに行ったヒッチコックが「鳥が大群で襲ってきたら面白い・怖いな」がきっかけで撮っただけでしょう。
もしもテーマがあるとしても、ヒッチコックにとってはそれは映画を展開させるための手段であって、目的ではありません。多分。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きましてありがとうございました。

>もしもテーマがあるとしても、ヒッチコックにとってはそれは映画を展開させるための手段であって、目的ではありません。多分。

なるほど、という感じですね。

お礼日時:2008/11/29 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒッチコックの「鳥」の撮影法

以前こんな話を聞きました。

ヒッチコックの鳥は、CGなんてない時代だから、フィルムに直接鳥を描いた――と。

これは本当でしょうか?
記憶があやふやでして、どこで聞いた話かも忘れたのですが……。

Aベストアンサー

ずーと以前に,ヒチコック特集でTV放送されていたのは
飛行シーン・襲ってくる所を書いているシーンがある。
ラストのジャングルジムなどにカラスが止まっているのは,数羽の脚を紐で縛って飛び立てないようにして
他は模型をつかって数を増やしている。
というのを覚えています。

Qヒッチコックの「鳥」について

久々にヒッチコック監督の「鳥」を見たのですがあの映画の意味がわかりません。何かの警告だったということなのでしょうか?あとヒロインと鳥が襲ってきた現象には何か意味があったのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、この作品はヒッチコックオリジナルではなく、原作の映画化権を買い取ったものですが、余り乗り気でなかったようで、映画化の実現は11年後です。

その後、「サイコ」でネタ切れになって、ようやく映画化することになったのですが、思い出したきっかけは実際に鳥が羊を襲った事件で、単に、「今まで誰も扱ったことのないシチュエーションの面白さ」から題材にしただけです。
意味と言えばこれになるでしょうか。

他の作品もそうですが、ヒッチコックに「何かを訴えたい」とか、「深いテーマ」とかはありません。
彼にとって、映画とは「観客を驚かす遊び道具」でしょうね。
この「鳥」も、観客を驚いた顔が見たい、というのがテーマでさえあります。

「北北西に進路を取れ」は、普通の人間が陰謀に巻き込まれる恐ろしさ、「裏窓」は、動けない人物が事件を目撃・解決するプロットの意外性、「サイコ」は犯人と犯行動機の意外性・・・同じことですね。

ということで、ヒロインと鳥にも、何の因果関係もありません。
「理由はないが」もし、愛くるしいと思われている「鳥」が、人間を襲い始めたら怖いだろうな、ということですから、人形が人を襲う「チャイルド・プレイ」みたいなものですね。

蛇足ですが、あのヒロインは、ティッピ・ヘドレンといい、(女好きで有名だった)ヒッチコックの好みのタイプで、主演に抜擢したのですが、撮影中から盛んにモーションをかけても最後まで拒否されたそうです。
そして、彼女の娘が、メラニー・グリフィスになります。(親子とは思えないほど、違うタイプですね。でも、ヒッチコックと結婚していたら、まあ女優になる容姿の子供は、期待できなかったでしょうね。)

まず、この作品はヒッチコックオリジナルではなく、原作の映画化権を買い取ったものですが、余り乗り気でなかったようで、映画化の実現は11年後です。

その後、「サイコ」でネタ切れになって、ようやく映画化することになったのですが、思い出したきっかけは実際に鳥が羊を襲った事件で、単に、「今まで誰も扱ったことのないシチュエーションの面白さ」から題材にしただけです。
意味と言えばこれになるでしょうか。

他の作品もそうですが、ヒッチコックに「何かを訴えたい」とか、「深いテーマ」とかは...続きを読む

Qヒッチコックの「鳥」に別エンディングはありますか?

NHK-BSで放送されたヒッチコックの「鳥」ラストシーンで、家族一同「?!」となってしまいました。
記憶と違うのです。
(以下ネタバレです)


今回観たラストは、主人公たちが車でゆっくりと去って行くところで唐突に終わるもので、彼らがどうなるのかは明確には描かれません。どうもこれが正規のエンディングのようです。

しかし、私たち家族がつい数ヶ月前?に観たラストシーンは、車で去って行くシーンの「その後」があるのです。鳥に囲まれた主人公たちの車、カメラが寄るともうそこには誰もいない…。
「えー、あの時代の娯楽映画にこんなバッドエンディングありなの?」と家族で話し合ったのでよく覚えています。
前回も、やはり家族三人で観ており、その記憶が三人とも全く一致しているので、夢や幻ではないと思います…

検索してみると、DVD特典で脚本家が考えた別エンディングが観られるそうですが、どうもその内容とも違う感じです。
私たちが観たのは何だったのでしょう?もしかして、映画が終わった後に何か宣伝用のスチールでも映されたのをエンディングと勘違いしたんでしょうか?

家族一同狐につままれたようです。
映画に詳しい方、ぜひよろしくお願いします!

NHK-BSで放送されたヒッチコックの「鳥」ラストシーンで、家族一同「?!」となってしまいました。
記憶と違うのです。
(以下ネタバレです)


今回観たラストは、主人公たちが車でゆっくりと去って行くところで唐突に終わるもので、彼らがどうなるのかは明確には描かれません。どうもこれが正規のエンディングのようです。

しかし、私たち家族がつい数ヶ月前?に観たラストシーンは、車で去って行くシーンの「その後」があるのです。鳥に囲まれた主人公たちの車、カメラが寄るともうそこには誰もいない…。
「えー...続きを読む

Aベストアンサー

基本、映画にはいくつかのラストが制作段階で考案されていて、企画の時に、監督などを交えた決定がなされるはずです。
あの、初期のスターウォーズにも、別ルートのラスト。つまり、違った形でのラストが当初企画されていたらしいです。
更に、パリ―ポッターですら、幾つかのルート。ラストが考案されていて、その中の一つが、より原作に近い形で予定されていた。
と、噂されています。

だから、このヒッチコックの取りに関しても、別ルートのラストが仮にあるとしても、特別不思議な事では無いと思います。

ただ、既に劇場公開された映画ですから、他のラストは、余程の事が無い限り、世に出てくる事は無いと思います。
DVDの特典映像として出されたラストは、ボッ映像だとも考えられるラスト映像だと思います。

更に、ご質問者さんがみたと言うラストも、もしかすると、ご覧になられた特別映像の一つ。
なのかもしれません。
大変珍しいケースかも。

でも、この作品には確か原作があるはず。その原作に沿って作られた映画だとしたら、ラストは必然的に原作により近い終わり方のはずです。
それを考えると、ご質問者様がみられたと言う珍しいラスト映像は、やはり、幾つか考えられたラストの一つであり、ボッになった映像だと個人的に思います。

私の記憶が正しければ、ラストに流れるエンディングテロップに、バックの映像として、その様な映像が使われた気がします。
それが、あの一家の乗った車のその後なのかはわかりませんが、確か、あの一家が乗った車に近づくと、中には死体が無った記憶があります。

で、あの一家は何処へ消えたのか?

が、この作品の本ラスト。つまり、視聴し人の想像にお任せが本ラストだった気がします。助かったのか、それとも、助からなかったのか・・・・・

基本、映画にはいくつかのラストが制作段階で考案されていて、企画の時に、監督などを交えた決定がなされるはずです。
あの、初期のスターウォーズにも、別ルートのラスト。つまり、違った形でのラストが当初企画されていたらしいです。
更に、パリ―ポッターですら、幾つかのルート。ラストが考案されていて、その中の一つが、より原作に近い形で予定されていた。
と、噂されています。

だから、このヒッチコックの取りに関しても、別ルートのラストが仮にあるとしても、特別不思議な事では無いと思います。

た...続きを読む

Qヒッチコックの「鳥」に深い意味はあるでしょうか?

本日、ビデオをレンタルし、ヒッチコックの「鳥」を見ました。
とても怖かったですー。
わけもわからず怖いという印象のみが残りました。
この映画にメッセージというか深い意味はあったのでしょうか?
教えてください。わかりませんでしたので。
深く考えすぎなのでしょうか?
1)鳥が人間を襲う理由
2)インコの意味
3)学校の先生や弁護士さんのお母さんと主人公の女性との関係

Aベストアンサー

質問はすべて、トリュフォーがヒッチコックにインタビューした「トリュフォーvsヒッチコック」に載っています。立ち読みでもされれば思います。でも名著なので5000円くらいする本ですが買って損はないと思います。
1)意味はありません。
2)映画的に怖い鳥ばかりではしゃれていない。ヒッチコック的ユーモアです。
ただ、自由奔放の女主人公も男にゲットされ籠の鳥さ!というユーモアがかくされているようです。
3)これはまさにヒッチコック映画全般にいえることです。テーマとも言えます。息子に執着する母親。怖い母親。異常な母親。ヒッチコック映画が単なるスリラーやサスペンスでないと観るものに思わせる重要なアイテムです。

Qヒッチコック サイコのあの曲

ヒッチコック映画「サイコ」の、シャワー室で女性を刺す時に流れる例のあの曲が聞きたい(視聴でいいのです)のですが、どこか聞けるサイトをご存知の方いらっしゃいませんか?回答おまちしております。

Aベストアンサー

シャワー室の場面の曲は弦楽器で不協和音のような音色を何度も奏でるだけなので、通販の視聴でも十分だと思いますが。下記の17曲目です。

http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B000001502/sr=2-1/ref=pd_bbs_b_2_1/104-1338495-9167141?v=glance&s=music

よく知られた曲はサイコの序曲です。こちらは1曲目。
ただ正真正銘のサントラはプロモーションアルバム以外はCD化されていませんのでどれも改めて録音されたものです。

ヒッチコックのコンピCDにも入ってますが、こちらも再演奏です。
http://www2.ttcn.ne.jp/~tvsantora/tvsantorab.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報