位置情報で子どもの居場所をお知らせ

よろしくお願い致します。
母が、胆石による胆嚢摘出手術を腹腔鏡下手術で受けました。
手術が終わり医師がレントゲンで確認したところ、切除して縫合した箇所から胆汁が漏れた場合、他の臓器に流れないよう体の外に流す処置がしてある管が跳ね返っていて、ずれているのが分かりました。そして、すぐに私たち家族を呼び説明をし、再度全身麻酔をし、管のずれを直す手術が行われました。
しかし、その日の主治医の問診の時、また管がずれていることが分かり再手術をすることになったのです。
このような場合、私たち家族は説明を受けた後どのように対処すれば良いのでしょうか?その再手術後の費用や入院費、また主治医とどのように向き合って行けば良いのか教えていただけないでしょうか。
常識的に考えれば分かることではあるかもしれませんが、何ぶん不安なのでどうぞよろしくご指導いただけますようお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いわゆる手術の「合併症」ですね。


腹腔鏡下手術ではなく、開腹手術でも一定の確率で起こりえることです。最初の時と1回目の再手術のときにも説明があったと思います。
再手術を施してもまたずれるというのであれば、質問者さんのお母様はそういう体質(体の構造がそういう風にできている)なのかもしれません。
合併症は規定では保険診療となりますので、再手術後の費用や入院費は規定通りお支払いください。
主治医とも今までどおりでよいのではないかと思います。「母の体質は管がずれやすいようで、再三お手数をかけてしまい、すみません」と感謝の気持ちを表せば、引き続き良好な関係を保てると思いますよ。主治医にとっても、「再三手術を行って、医療過誤等と言いだして、嫌な関係になるのではないか」と心配しているかもしれませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。回答者様の言葉にあるようにこれが「合併症」であるということがわかり、少し気が楽になりました。続発性の病疾患ばかりではないことに気づかされ、いろいろ調べて合点がいきました。医師の心情もよくわかりますし、これからコミュニケーションをよくとって良好な関係を気づいていければと思います。
また、母や家族に話し、誤解のないようにしたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/11/28 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療ミス(手術ミス)で請求しておいたほうが良いもの。

手術ミスにより、補償金が支払われることになりましたが、相談できる機関(神戸在なので、神戸市の公共機関が好ましいのですが)をご存じでしたら、教えてください。補償金の額もそうですが、その他に何を病院側に請求できるのか分かりません。私としては「医療ミスとして、しかるべきところへの報告(つまり院内でうやむやにしない)」「この後の治療費は無償にて行う」と、請求したいのですが。。。今後、担当医や再手術をした医師がいなくなった場合などに、「こうゆう請求もしていたら良かった」と思うことがないようにしたいのです。

”しこり”の摘出手術で首あたりの神経を切断され、腕があげにくくなりました。マヒのように感覚がにぶい箇所もあります。病院側は手術ミスを認め、手術金額の返金、再手術(神経をつなぐ)、その後の治療費は無償となりましたが、腕のあがりにくさ、感覚のにぶさが残るため、補償金での解決となりました。

Aベストアンサー

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではなく「麻痺の可能性は伝えられていた」訳ですよね。その時の医師の「治りますよ」という回答に関しては、「患者さんを勇気付けるための言葉だ」と言われればそれ以上言及出来ません。(医療も患者との契約関係を明確化する方向に進んでいますので、いずれこの辺りも変わっていくでしょうけれど。)

とりあえず病院側で既にその非を認めており、話合いも進んでいらっしゃるようですので、後は補償金額が貴方の納得できる金額になるかどうかという点が問題になるのだと思います。
病院との話合いだけでは納得いく額の提示が無理なようでしたら、執刀医個人に対して請求をかける事も可能です。そこらへんは弁護士等に相談なさると宜しいと存じます。

最後に、腕が挙上し難い件についてです。その動作をおこなう或る筋肉が現在全く動かない場合は、その動かなくなってしまっている筋運動の改善は難しいです。でも、少しでも力が入るようでしたら、神経―筋促通の機能訓練(普通の筋トレのイメージとは違います)を行なうと改善がみられる場合が多いです。
徒手筋力検査や筋電図検査等を既に受けておられるか存じますので、どの筋肉に繋がっている神経の損傷だったのかは病院側で判っていると思います。もし可能性があれば諦めずに少しづつでも良くなるようにリハビリ頑張ってください!応援しております。

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではな...続きを読む

Q再手術の治療費について

お尋ねします。
親戚が骨折のため外科手術をしました。
経過は順調と聞いていましたが、先日他の医師から再手術をした方が良いと言われ
再手術をすることになりました。
前回とは違う手段・方法を用いた手術のなるようです。
1回目の手術の執刀医からは「ヘタでごめんね」と言われたと聞いています。

こういう状況は医療ミスになるのでしょうか?
2回目の手術料、延長する入院費はこちらが負担するものなのでしょうか?
ちなみに、初回の手術前には再手術が必要になる可能性は伝えられていませんでした。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ボルトの固定する角度をもう少し違った状態にしておくべきだった。最初からプレートを入れて固定する方法もあったし、次回の執刀医だったら最初からそのようにしていたんじゃないかと思う。自分の判断が悪かった。」

▲この言葉が本当であれば、医療ミスと考えられます。「自分(医師)の判断が悪かった」のであれば、医療費は支払わない方向で弁護士を立てるのがよいと考えます。次回の手術もその医者の同僚なのですから、患者側はまだ弱みを握られているわけです。患者(家族)と医者との関係のままでは、交渉はスムーズに進みません。

▲2回目の医者へ訴えるのではなくて、1回目の医者に賠償を求める形とするものでしょう。同じ病院内であれば、院長が仲介して医療費は病院もちとなるケースがあります。手術をしてしまうと、前の医者の下手な手術がもみ消されてしまいますので、その前に交渉するのがよいのですが‥‥。

▲デリケートなケースですので、掲示板のアドバイスより、やはり弁護士などへの相談が必要と思います。十分訴訟になりうるケースかもしれませんし。

Q医療ミス等の相談を受けてくれる公共機関は?

義父が先日、白内障の手術を受けたのですが前より見えづらくなったとのこと。そのことを医者に相談すると「1ヶ月ぐらい様子を見てくれ。ひょっとすると網膜の異常かも」との返事。手術して金取るだけ取っといてそれはないだろうと今怒っています。
もしこういった相談に乗ってくれる公共機関等があれば是非教えて欲しいのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「医療相談窓口 インデックス」
◎http://www.patient-rights.or.jp/qa6.html
(、「医療事故相談窓口」の概要や連絡先を教えてもらえますか。)
●http://www.patient-rights.or.jp/case000.htm
(『苦情から学ぶ医療をめざして』コーナー)
◎http://www.skal.co.jp/medihot/frame_rink.html
(医療ミスへの対処)

ご参考まで。

参考URL:http://www4.airnet.ne.jp/abe/consult/

Q医療ミス どう対処したら良いでしょう? 助けてください。

先月 義理の母が息苦しさを感じ町医者に行ったら、不整脈があり総合病院に救急搬送され、心臓ペースメーカーを埋め込む手術をしました、手術前の説明では1~1.5時間位でそれ程難しい手術では無く入院も2~3日程度ですとの説明でした、ところが当日は3時間以上の手術時間でした、説明とは違ったので心配しましたが、その日は手術が終わりホットしていました、翌日いきなり連絡があり、今から2度目の手術を行うとの連絡です、訳も解らずその日は過ぎあとで理由を聞こうと思っていました、ところが翌日も突然の連絡で3度目の手術を行うとの事です、最初の説明とは違い、納得が行かず手術が終わった後、執刀医に問いただしました所、専門用語で話してきたので、一般人がわかるように説明を求めると、上手く端子が設定できなかった様で2回目までは新米医師の執刀、3回目は部長先生が執刀した様です、同じ所を3回切開して縫い直した様です、医師ははっきりと失敗しました、と発言、話の内容は録音してあります、10日程入院の後 退院その後手術の請求書が来たので
部長先生に電話で聞きました、医者は失敗しても何の謝罪も無く、何のペナルティーも無いのですか?
すると「いきなり、これ以上問い質すなら、弁護士を経て話してください、失敗はしたが、フォローしているので何の問題も無い、失敗に対して何の責任も取らない」と切り捨てる様でタカビシャな回答でした、その言葉に、どうしても納得が行かず医療費は払ってません、請求詳細は手術1回分と入院期間のもろもろ請求です、母にはペースメーカーが入っているのでどうしても病院で受診しなければなりません、本来ならもっと短期間の入院期間のはずです、病院側は医療費の支払いを求めてきます、色々ネットで調べましたが医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く、時間とお金が必要なため、一般的には泣き寝入りが多いようです、それを知っていて医者は吐き捨てる様言葉を言ったのだと思うと非常に腹が立って、気持ちがおさまりません、3回も同じ手術をして失敗した事に対して損害賠償を請求出来ないでしょうか? 2週間後に受診します、個人なので専門知識も時間もお金もありません、病院側は組織で対応しますので、力の差は目に見えています、公正な機関「報道機関等」を中に入れ病院側と話が出来たら良いのですが、この様な医療ミスで泣き寝入りしている方は表に出ないが数多く居るはずです、良策をお願いします。

先月 義理の母が息苦しさを感じ町医者に行ったら、不整脈があり総合病院に救急搬送され、心臓ペースメーカーを埋め込む手術をしました、手術前の説明では1~1.5時間位でそれ程難しい手術では無く入院も2~3日程度ですとの説明でした、ところが当日は3時間以上の手術時間でした、説明とは違ったので心配しましたが、その日は手術が終わりホットしていました、翌日いきなり連絡があり、今から2度目の手術を行うとの連絡です、訳も解らずその日は過ぎあとで理由を聞こうと思っていました、ところが翌日も突然の連...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ポイントは、医師あるいは病院に過失があったかどうか、です。

多くの人は誤解していますが、予想される結果が得られなかったからといって、過失があったということにはなりません。

しかも、人間の身体は機械ではありませんので、予想できない結果はしばしば起こります。

過失があった、というためには、やるべきことをやらなかった、あるいは、やってはならないことをやった、のいずれかを証明する必要があります。
医療行為の全過程において、適切なことをやっていたとしても、予期できない結果になることは、しばしば生じます。
それは、処置の「失敗」ではあっても、「過失」とは言えません。

医療行為の経過中に、不適切な行為を行っていて、その過失のために、患者に損失が生じている場合には、顧問弁護士の助言もあり、通常病院はただちに謝罪、保障へとすすんでいきます。
そういう流れに行っていないということは、病院はこの件に関し、過失は無かった、と判断している可能性が高そうな気がします。

「医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く」という点に関し、補足しておくと、トラブル発生直後から、病院は訴訟の勝敗に関して予想しています。
また、訴訟に関連する、費用・手間とも熟知しています。
ですから、病院敗訴となるような訴訟であれば、訴訟を継続しようとはせず、速やかに和解交渉から、病院による補償を中心とした示談をすすめます。

実際に訴訟を継続するケースに関しては、病院は自分達に過失は無かったと判断しており、またその証明も可能と考えている場合が多いようです。

以上のことを考えれば、実際のペースメーカー埋め込みに直接関連する医療についての、病院の過失を証明し、病院に謝罪・補償を求めるのは極めて困難な気がします。

ただ、このケースに関して、ちょっと気になるのは、あなたへの説明の甘さです。
確かに、ペースメーカー埋め込みは比較的安全・簡単な手技ですが、事故が皆無というわけではありません。

http://www.jcc.gr.jp/ippan/ic/data/tuh-001.pdf

上に、ペースメーカー埋め込み術に関する説明文書の一例を示します。

この文書では、起こり得る合併症として、
(1) 気胸、(2) 感染、(3) 出血・血腫、(4) 心臓穿孔、(5) 血栓症、(6) 心室細動、心停止、(7) リードの移動、(8) 造影剤アレルギーによるショックや腎機能障害、(9)心機能低下、(10) 放射線被曝による皮膚炎、(11)リード損傷
のようなものが挙げられています。
さらに、このようなことが生じた場合の再手術の可能性などが書かれています。

ここから見れば、あなたの義理のお母さんに生じたことは、予測された合併症の範囲ということになります。
この文書を本人あるいは正当な代理人に説明し、渡した上で、ペースメーカー埋め込み術の同意書に署名されたとすれば、説明文書に記載のある合併症が生じたことに不服を言うのは筋が通らないという理屈になります。

しかし、そのことを同意者に説明していなかったとすれば、説明義務違反であり、それは過失と言って良いでしょう。

当たり前ですが、そんな話は聞いていない、とあなたが主張しても意味はありません。

ペースメーカー埋め込み術を行う前に、説明同意文書に、署名しているはずですので、まずはそこになんと書いてあるかが問題です。

まず、ポイントは、医師あるいは病院に過失があったかどうか、です。

多くの人は誤解していますが、予想される結果が得られなかったからといって、過失があったということにはなりません。

しかも、人間の身体は機械ではありませんので、予想できない結果はしばしば起こります。

過失があった、というためには、やるべきことをやらなかった、あるいは、やってはならないことをやった、のいずれかを証明する必要があります。
医療行為の全過程において、適切なことをやっていたとしても、予期できない結果になる...続きを読む


人気Q&Aランキング