今日本では人材派遣による仕事がとても多いと思いますが、この人材派遣とは海外にもあるのでしょうか?
また"人材派遣"を英語でなんて言うかご存知でしょうか?
派遣社員などは"Temporary Worker"で通じるようですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

人材派遣会社の国際的な組織「CIETT」のURLです。



http://www.ciett.org/

派遣社員を英語では「temporary agency worker」と言うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/30 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本に人材派遣業が多いのはなぜ

日本に人材派遣業が多いのはなぜ

人材派遣業、すなわち労働者供給代理業について以下のことを教えて下さい。

1.人材派遣業がこれ程までに日本に多いのはなぜですか。
2.この人材派遣業なる業種は日本特有の業なのでしょうか、それともヨーロッパやアメリカなど自由主義経済の世界のどこでも普通に営まれている業なのでしょうか。
3.この人材派遣業という業種は経済や流通が発達すると必然的に発生するものなのでしょうか
4.この人材派遣業は社会・経済にとって健全な産業と言えるでしょうか

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

人材派遣がこの10年ほどで増えたのは確かですね。
以前は通訳など職種が限られていましたが規制緩和で職種が広がりました。
バブルの頃までは日本経済が右肩上がりで終身雇用の正社員制度が機能していたんですが経済が縮小しだすと制度崩壊が始まったんです。
リストラで正社員を減らす企業も多かったのですが正社員を減らすコストが日本では非常に高くつくんです。
解雇に対する一定のルールが確立していないので極端な話もめた場合は1件ごとに裁判で判断を仰がなければなりません。
これでは新規正社員の採用に企業が及び腰になるのも無理はありません。
そこで必要な時に労働力を増減できる派遣や請負が重宝されるようになったわけです。
そういう意味で無能な社員はすぐクビになるアメリカなどとは事情が異なります。

根本的な解決は労働力の流動化です。
無能な社員は一定のルールの下に即解雇、その代わり新規の正社員はどんどん補充するということです。
過剰に守られた正社員の既得権を手放したくない人が多いのでかなり無理な課題ではあります。
ただしすぐクビになる正社員ならなりたくない人もいるかもしれませんがね。

人材派遣がこの10年ほどで増えたのは確かですね。
以前は通訳など職種が限られていましたが規制緩和で職種が広がりました。
バブルの頃までは日本経済が右肩上がりで終身雇用の正社員制度が機能していたんですが経済が縮小しだすと制度崩壊が始まったんです。
リストラで正社員を減らす企業も多かったのですが正社員を減らすコストが日本では非常に高くつくんです。
解雇に対する一定のルールが確立していないので極端な話もめた場合は1件ごとに裁判で判断を仰がなければなりません。
これでは新規正社員の採用...続きを読む

Q派遣法、労基法に詳しい方、人材派遣業界の方教えてください

ぜひ教えてください。
派遣会社とクライアントでは派遣契約を締結していますが(個別契約書)労使契約はありません。
クライアントから個別契約期間内である妊娠したスタッフをどうしても交代させてほしいといわれた場合、法的には可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
質問者さんは、派遣会社の方ということでしょうか?

>回答の解釈として、妊娠により派遣先が契約内容を満足できなくなった場合、派遣会社に交代を申し入れることができるということでよろしいでしょうか?派遣法、労基法を熟読してもわからないのですが、それはどの条文に該当するのでしょうか?

 「妊娠により」ということは、重要では有りません。というより、それを前面に出す事は無いでしょう。
 当然、妊娠を理由に派遣契約を解除することはできません。
 ポイントは、妊娠しようがしてなかろうが、「契約内容」を満足できるかどうか(決められた就業条件で業務遂行できるかどうか)です。
 逆に、派遣法で、妊娠している場合、「契約が遂行できなくなった場合」でも派遣の受け入れを解除できないという条文が無い限り、もともと契約が遂行できなければ解除できるとなっています。
 また、業務が無くなれば派遣契約解除できますし、理由はどうとでもなるものです。
 #2さんの紹介の例も、派遣契約をしている妊娠した派遣社員に対して不利益にならないようにということであり、また妊娠を理由に派遣受け入れを解除できないということです。
 
>また、派遣会社と派遣社員間で就業条件を明示した雇用契約を締結しておりますが、妊娠により雇用を解除する場合、1ヶ月以上前に告知すれば可能なのでしょうか?

 これは、労基法で細かく書かれていますので、妊娠を理由に雇用契約の解除はできません。
 ただ、雇用契約にどのように書いてあるかにより、実態は変わります。
 その契約に、派遣先との派遣契約が解除になった場合は自動的に雇用契約解除となるような契約になっていれば、契約が解除になります。
 そういう契約になっていなくても、他の派遣先などの業務を探し、与える仕事が無ければ、それを理由(妊娠が理由ではない)に1ヶ月前に解雇通知を出せば解雇できると思いますが、法律解釈上の問題などあり1,0で割り切れない面も有ると思います。

#1です。
質問者さんは、派遣会社の方ということでしょうか?

>回答の解釈として、妊娠により派遣先が契約内容を満足できなくなった場合、派遣会社に交代を申し入れることができるということでよろしいでしょうか?派遣法、労基法を熟読してもわからないのですが、それはどの条文に該当するのでしょうか?

 「妊娠により」ということは、重要では有りません。というより、それを前面に出す事は無いでしょう。
 当然、妊娠を理由に派遣契約を解除することはできません。
 ポイントは、妊娠しようが...続きを読む

Q"人材派遣"は海外でもあるのですか?

今日本では人材派遣による仕事がとても多いと思いますが、この人材派遣とは海外にもあるのでしょうか?
また"人材派遣"を英語でなんて言うかご存知でしょうか?
派遣社員などは"Temporary Worker"で通じるようですが・・・。

Aベストアンサー

人材派遣会社の国際的な組織「CIETT」のURLです。

http://www.ciett.org/

派遣社員を英語では「temporary agency worker」と言うようです。

Q優秀なプログラマーを派遣してくれる人材派遣会社

現在、優秀なWEBプログラマーを派遣社員として雇いたいと考えているのですが、どの人材派遣会社に依頼すればいいのか、わかりません、教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 派遣社員として雇いたいと考えているのですが

念のため確認しますが、質問者さんは「派遣元」なのでしょうか?「派遣先」であれば、派遣社員を「雇用」するわけではないことは理解されていますか?

以下、「派遣先」になるものとしてお答えします。

こんなことを書くと怒られそうですが、派遣社員は当たり外れが多すぎます。まだ、個人事業主の方がましではないかと思います。直接個人と取引するのに抵抗があるようなら、参考URLのような組合を利用するのもよいかと思います。

どうしても派遣がよいのであれば、大手より中堅の会社の方が、どちらかといえばよさそうな気がします。

参考URL:http://www.kansai-cea.or.jp/

Q人材派遣会社の登録用紙について

人材派遣会社で登録する際、キャリアや簡単な自己PR・最寄り駅などを記入する登録用紙(?)を渡されますが、あれは、各人材派遣会社が独自で作成しているものなのでしょうか。それとも、フォーマットが人材派遣協会(みたいなもの?)がちゃんとあって、その規定にのっとった登録用紙なのでしょうか。

実は、2件、同じような場所にある人材派遣会社に登録に行ったら、まったく同じフォーマットの登録用紙に書かされたので、「会社名はちがうけど、もしや同じ人材派遣会社なのかな?」という経験がありました。人材派遣会社同士って違う会社同士でも、なんらかの横のつながりがある場合もあるのでしょうか?

気になったので質問してみました。よろしくお願いします

Aベストアンサー

以前派遣会社で正社員してました。

>各人材派遣会社が独自で作成しているもの

が基本です。
ですが、考えられる点をあげてみます。

1.同じ派遣先と取引しており、そのフォーマットが使われた。
 (登録時であれば、あまりありえませんが・・・)
2.同じグループ会社内で共有されている用紙を使用している。
3.どちらかの派遣会社が真似している。
4.その他

でしょうか。。
大手の派遣会社は、グループに名前こそ違うけれど似た業種の会社があったりします。
昨年の時点では、協会からの指定フォーマットなるものはありませんでしたよ^^

参考程度で申し訳ないです^^;

Q人材派遣会社が派遣先へ旧姓で紹介するのはOK?

「旧姓」というのはあくまで「実名」ではないので、本人が人材派遣会社に登録するときは「新姓」であるはずですよね?
派遣会社が、登録された人を派遣先に紹介するにあたり、「旧姓」で派遣するのは法的な面も含め問題は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

偽名では在りませんが、戸籍上は喪失していますから、厳密には虚偽を用いて採用された事になりますから、即解雇されても抗弁できないでしょう。

Q竹中氏が人材派遣大手の取締役会長に?

竹中氏がパソナ会長に=小泉改革の旗振り役
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000182-jij-bus_all
これって、天下りですか? 新自由主義を推し進めていた彼が、人材派遣大手に天下っても全く不思議はありませんが、彼が政治家であった時には、彼の政策の恩恵を受けていた企業に就職したことになります。これってどう思いますか?

Aベストアンサー

天下りかどうかの定義はともかく悪質ですよね。
自分で作った新しい職種(しかも格差社会で問題となっている)に
役員として就職して利益を得るのですから。

竹中氏は誰もが言いますが絶対に自分の非を認めません。
そういう意味では麻生さん以下の人間性でしょうね。

Q人材派遣会社の登録した履歴書は…

 人材派遣会社に登録しましたが、結局1日しか働きませんでした。この場合、履歴書の返却は無理ですか。登録を近日中、解除したいのですが、個人情報なので返してもらえないものかと思っております。

Aベストアンサー

こんばんは。

私の勤務する派遣会社では、登録者の方が登録解除を希望された場合、書類はすべて
シュレッダー行きです。コピーも残しません。
もっとも、うちの場合、履歴書自体をいただいていません。
それこそ個人情報の問題がありますので、職務経歴書のみいただきます。
こちらも解除時は基本シュレッダーですね。さすがに返してくれと言われたことはないです。
ただし、1日でもお仕事をされた場合は「派遣履歴」が残りますので、完全に登録抹消とはいきません。
会社によって対応が違うでしょうが、個人情報だからこそ返してもらえるんでは・・・?
登録解除時にきちんと確認されることをお勧めします。

Q人材派遣会社を起業しようと考えてます。

人材派遣会社を起業しようと考えてます。
もしよければ、人材派遣会社の状況を教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

人材派遣の世界もますます厳しくなってきたと聞きます。
営業、事務、など分野を決め手エキスパートを派遣する、ダブル就業で紹介するなど
特化したサービスが必要になるかもしれませんね。

いろいろなセミナーに出てみるのもいいかもしれませんし
ビジネス書もたくさん読んでおいたほうがいいですよ。
http://bizravel.r-agent.co.jp/
書評のサイトです。こういうところでコミュニケーション作るのもいいかもしれません。

どの分野でやるにしても、人脈と知識はものすごく大事です。

参考URL:http://k.dreamgate.gr.jp/

Q人材派遣会社で営業として勤めているかたに質問です

人材派遣会社で営業として勤めているかたに質問です。
現在、人材派遣会社でスタッフフォロー主とした営業職に就いております。
毎週研修会がありまして、各社員が議題をだし議論しております。(派遣スタッフからこんなクレームがあったらどうしているか?時間外勤務の概念、振休、代休の違いなど)
何か的をえた議題がありましたら教えてください。
なかなか良い案が浮かびませんで…

Aベストアンサー

私も派遣会社の営業ではありませんが、以前派遣会社の仕事をした経験から気になったことを書かせていただきます。

一番気になったことは請負契約と派遣契約の違いを派遣会社の営業の方が理解されていなかった点です。
元請けから請負契約で請けた仕事にもかかわらず派遣契約の内容で仕事をしていたこともあります。従って現場では派遣先から指示や監督がないまま仕事をしている状態でした。
また、ある時は元請けから請負契約で請けた仕事でしたので、こちらも個人事業主として請負契約で仕事を始めました。一緒に仕事をしている人の中には主婦の方もいて、旦那さんの配偶者控除とかの問題ないのかなと思っていたら、案の定問題になりました。派遣契約などでは給与所得になりますが請負契約では事業所得となり、給与所得控除(65万円)が受けられません。従って収入として38万円を超えてしまうと、旦那さんの配偶者控除が受けられなくなります。
また、個人事業主としての契約であったため子供の保育園に提出する就業証明書が発行してもらえないという不満を言い出す方もいました。

どうも派遣会社の営業がこうした点の説明をせず(というより後からいろいろ話をしたら請負と派遣の違いを営業も理解していなかったようです)に契約してしまったので後からトラブルになったようでした。

こうしたことは既に議題になっているかとは思いますが、過去派遣会社の仕事をしたときに経験したトラブルでした。

私も派遣会社の営業ではありませんが、以前派遣会社の仕事をした経験から気になったことを書かせていただきます。

一番気になったことは請負契約と派遣契約の違いを派遣会社の営業の方が理解されていなかった点です。
元請けから請負契約で請けた仕事にもかかわらず派遣契約の内容で仕事をしていたこともあります。従って現場では派遣先から指示や監督がないまま仕事をしている状態でした。
また、ある時は元請けから請負契約で請けた仕事でしたので、こちらも個人事業主として請負契約で仕事を始めました。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報