プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近ウイスキーのボトルを開けたのですが、不味いのです。

「サントリー 響 17年」 というウイスキーなのですが、
結構古いし汚い物だから3000円でいいよと知人に言われ
なかなかないチャンスという事もあり値切って2500円で譲り受けました。
実際本当に状態はよくなく、傷はありませんがかなり汚いと言えるような状態でした。
なんというか外で放置されたかのような状態とでも言いましょうか。

で、家に帰って開けたのですが、結構前に飲んだ響17年に比べて妙に不味いのです。
具体的に言えば、香りがあんまり漂ってこず、渋くて苦い、と言った所です。
結構前に飲んだ奴は、1年ぐらい前ですが、
その時はもっと香りが強くて口当たりがやさしい印象があったんですが。

ウィスキーは未開封の物でビンの周りを覆っていた透明の物は
酒屋に置いてある響のビンと照らし合わせて見ましたが同様の物でし、
詐称品ではないと思います。
蓋はコルク製で密封性はネジ式の物に比べ低いだろうなという印象を受けました。

それで、ウイスキーについてなのですが、
1. 未開封の物でも時間が経つと不味くなるんですか?
2. 不味くなるなら美味しくいただける目安の期間はどれくらいですか?
3. その他なにかあればご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

古いウイスキーの場合、当然劣化しています。


先ず、酸化が起こります。(瓶といえど空気がわずかですが流通
しています。)次に、日光による化学変化(中身のアルコールが
反応を起こす可能性があります。保存時には冷暗所と言われている
りゆうです)又、香もコルク栓を通して抜ける可能性が高いです。
ワインセラーなどの場合には、角度をつけて、常にコルク栓を
乾かさないようにして空気や、臭いの流通を防ぎます。
結論的には、過程で普通の状態でほぞんしても、5~6年が限度
で、段々まずくなります。(アルコールが酸化すると酢になります。
いわゆる醸造酢というのは、アルコールを酸化させて作ります)
良いお酒は、出来るだけ早い内に飲んでしまいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>酸化が起こります。(瓶といえど空気がわずかですが流通しています。)
そうなんですか、瓶といっても完全密閉されているわけじゃないんですね。

>日光による化学変化(中身のアルコールが反応を起こす可能性があります。
光もよくないですよね、自分が保管している酒は不透明の袋に入れて暗い場所においてますが、
このウイスキーはどういう環境におかれていたのかさっぱり分かりません。

>香もコルク栓を通して抜ける可能性が高いです。
そうなんですか、においがあんまりしませんでしたからねぇ、
抜けてしまったんでしょうか、とても残念です。

>良いお酒は、出来るだけ早い内に飲んでしまいましょう。
良い酒ってフタを開ける事をついつい躊躇ってしまうんですよね。
しかし不味くなってしまっては元も子もありませんよね。
美味しい内に飲んでしまう事が望ましいですね。
勿体無いけど。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 21:14

明らかに劣化ですね。


瓶が透明ですから日光や蛍光灯の紫外線に晒されたり、高温多湿の場所に
放置されていたのでしょう。

>香りがあんまり漂ってこず。
ワインならデェキャンタで開かせる事も出来ますが…ウイスキーはさて?

なお、基本的に瓶詰めした時点で熟成は止まりますので、直ぐに飲む事を
お勧めします。
瓶に入れておくと、保存が良くても味が硬く感じられる事があります。
これはガラスがとても粘性が高い「液体」という事と関与してるそうです。
また、古いほうが良いと思われてるワインでも、実は飲み頃というのは
さまさまで、古ければ古いほど美味しいなんてのはごくごくわずかです。

この回答への補足

皆さん、貴重なご意見ありがとうございました。
参考になる回答ばかりで全員を良回答者様にできない事がとても残念です。

どうもありがとうございました。

補足日時:2008/12/02 11:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ワインならデェキャンタで開かせる事も出来ますが…ウイスキーはさて?
デキャンタですか、
所持していないのでコップに少量のウイスキーを入れて7-8時間放置してみましたが、
なんというかウイスキーの場合は逆に、香り?が飛んでいってしまったような気がします。
よく分かりませんがむしろ前より不味くなったという印象がありました。

>なお、基本的に瓶詰めした時点で熟成は止まりますので、直ぐに飲む事をお勧めします。
ちゃんと自分で購入した酒は今度からそうします。

>瓶に入れておくと、保存が良くても味が硬く感じられる事があります。
おお、硬い、良い表現ですね、しっくりと来ます。

>これはガラスがとても粘性が高い「液体」という事と関与してるそうです。
なるほど、どう関与しているかは私には分かりませんが興味深いご意見です。

>また、古いほうが良いと思われてるワインでも、実は飲み頃というのは
>さまさまで、古ければ古いほど美味しいなんてのはごくごくわずかです。
なるほど、参考になります、ワインはあまり飲まないのですが
飲む機会があれば一番美味しい頃合にいただきたいものですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/12/02 11:15

保管状態が悪かったのでしょうね。

ウィスキーのようなアルコール分多いお酒は古くても飲めます。味がどうかは人により印象違うでしょう。
http://okwave.jp/qa4464776.html

押入れの奥から出てきたらまず問題ない。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=580103
サントリーの説明
http://www.suntory.co.jp/jiten/word/b_n_007.html

まずくなることはあっても不思議ない。料理に使うとか方法はありそう。
気にならない程度に他の酒と混ぜて飲むなど(^^) においは木炭で取れるらしい
http://okwave.jp/qa1010649.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>保管状態が悪かったのでしょうね。ウィスキーのようなアルコール分多いお酒は古くても飲めます。味がどうかは人により印象違うでしょう。
確かに腐食はしてませんが美味しくないんですよね。
1000円レベルの酒になったとかそういう事とも違いますし。

>押入れの奥から出てきたらまず問題ない。
美味しさを少しでも維持するならやはり丁度よい環境で変化の少ない場所での保管が適切ですよね。

>サントリーの説明
>未開栓で保存場所が悪くなければ10年くらいは気づくような変化は生じません。
この辺りはなんか怪しいですね。

>まずくなることはあっても不思議ない。料理に使うとか方法はありそう。
>気にならない程度に他の酒と混ぜて飲むなど(^^) においは木炭で取れるらしい
水割りにした所まあ美味しくいただけましたけど、
元々は定価結構するお酒なので、こういう酒はやはりそのまま飲むか、
少しだけ加水していただきたかったという気持ちはあります。
炭を入れるというのは初耳です、一度試してみようと思います。
美味しくなれば儲け物ですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 21:37

サントリーのお客さま相談室に送って


調べていただけば、詳しいことがわかるでしょう。
クレームというカタチではなく
研究材料的な感じの扱いで
コメントをゲットしてみませんか。

※うまくすると
(クレームというのではないので、お詫びではなく)
何らかの謝礼(=薄謝)がなされるかもしれません。

※壜を開けた日を明確に付記して、伝えましょう。

スペインの沈船から回収した大量のワインが
美味だったことがあるのですが、これは
海底、海水の中での保存状態がよかったらしく
高値で売買されましたが、通常は
殆どが酢になってしまいますね。

ウィスキーも樽の中にあるものは
熟成が進むのでしょうけれど……壜に
詰められたものは置いたらダメですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>※うまくすると
>(クレームというのではないので、お詫びではなく)
>何らかの謝礼(=薄謝)がなされるかもしれません。
おお、そうですね、連絡を入れてみても良いかもしれませんね。

>※壜を開けた日を明確に付記して、伝えましょう。
分かりました

>スペインの沈船から回収した大量のワインが
>美味だったことがあるのですが、これは
>海底、海水の中での保存状態がよかったらしく
>高値で売買されましたが、通常は
>殆どが酢になってしまいますね。
そうなのですか、
ワインは保管の仕方ですぐダメになりそうですが、
ウイスキーのような比較的度数の高い酒も早い段階で酢になってしまうんですかね?

どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィスキー・ブランデーなどは腐らない?

ウィスキー・ブランデーなどが30年以上放置してあったのを見つけたのですが、飲めるものでしょうか? よくこれらの酒類は何十年いや100年以上寝かせれば寝かせるほどうまくなるという話を聞きますが、それも特殊な種類のものに限られるのではありませんか?
第一水分の新鮮さが長期間の間に失われるように思えるのですが・・・。

尚、ビール、日本酒、焼酎、ワインなど他の種類は長期間の保存は無理ですよね。
なぜウィスキーやブランデーだけOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

・マズ、腐るか?腐らないか?の回答はアルコール分が10%維持されていれば腐りません。
だから、保存状態次第です。

> なぜウィスキーやブランデーだけOKなのでしょうか?
ウイスキーやブランデーは通常アルコール40%以上あるので、腐敗菌が繁殖することはありません。
・腐敗していないわけですから、飲用可能です。

逆に、蓋のコルクなどが傷んでいて、アルコール分が抜けてしまうと、ウイスキーやブランデーも痛み、飲用出来なくなります。
アルコール分が40%以上あるため、残ったウイスキーやブランデーも半分程度になります。

> よくこれらの酒類は何十年いや100年以上寝かせれば寝かせるほどうまくなるという話を聞きますが、それも特殊な種類のものに限られるのではありませんか?
> 第一水分の新鮮さが長期間の間に失われるように思えるのですが・・・。

・概ね正しい。
ウイスキーやブランデーはディスティラリーで長期間樽熟成させてから出荷されます。
ウイスキーやブランデーは瓶内熟成することは一切ありません。
開封後は、大切な香りがドンドン抜けて行くので、ウイスキーやブランデーは購入後、出来るだけ早く飲むのが旨さの秘訣です。
ウイスキーやブランデーは、自宅でも長期保存が可能ですが、味的にはドンドン劣化して行くデリケートな飲み物です。

> 尚、ビール、日本酒、焼酎、ワインなど他の種類は長期間の保存は無理ですよね。
・焼酎は、ウイスキーやブランデーと同様です。

・ワインは、生産者の作り方次第になります。
ボルドーのトップ9など、高級ワインは、瓶内熟成(活性酵母)します。
購入後、国内のワインカーブなどと契約し、長期間寝かせることが可能です。

安価なワインなどは、酵母菌などは殺菌されています。
このため、蓋を開けなければ(雑菌が入り込まなければ)、そして、冷暗所に保管すれば、長期保存できますが、瓶内で熟成することはありません。

ビールとワインは、基本的に長期熟成するようには作れれていないため、ハッキリ言って生ものです。
できるだけ新鮮なうちに飲むことが旨さの秘訣、重要です。
長期熟成日本酒もありますが、非常に数が少なく高価です。

参考:十年熟成の日本酒。
http://konchikitai.com/kukurihime.htm

・マズ、腐るか?腐らないか?の回答はアルコール分が10%維持されていれば腐りません。
だから、保存状態次第です。

> なぜウィスキーやブランデーだけOKなのでしょうか?
ウイスキーやブランデーは通常アルコール40%以上あるので、腐敗菌が繁殖することはありません。
・腐敗していないわけですから、飲用可能です。

逆に、蓋のコルクなどが傷んでいて、アルコール分が抜けてしまうと、ウイスキーやブランデーも痛み、飲用出来なくなります。
アルコール分が40%以上あるため、残ったウイスキーやブ...続きを読む

Q20年前に開栓したウイスキーを飲んでも害はないですか?

母が「コレ20年前に開けたんだけどなぁ」と言いながら、
ウイスキー(オールドパー?)を飲んでいたのですが、
健康に害はないでしょうか?

本人曰く、味に問題はないとのことですが…。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 開栓してから20年とはすごいですね。
 それくらいの時が経っていると味に変化はあるかもしれませんが、体に害が出ることはありません。
 お酒が酢になるのは空気中の酢酸菌が作用した場合の話ですが、それはアルコール度数が少なく、また不純物の多い醸造酒に限った話で、ウイスキーのようにアルコール濃度の高いお酒の中では酢酸菌は活動できないので酢になることはありません。
 また、ウイスキーは樽につめる前に最低でも2回の蒸留を経ていますので、酵母に限らず全ての菌類は死滅しています。
 当然、酢酸菌に限らず酵母や乳酸菌なども死滅していますので、樽の中でもボトルの中でも菌類の働きによる変化はまったく生じません。
 また、そういった心配が無いからウイスキーには賞味期限の設定がありません。


人気Q&Aランキング