これからの季節に親子でハイキング! >>

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定への振替

■■■■■■■■■■■■
よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。
売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で
求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る
値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の
意味。
(つまり、仕入の行で、
”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから)
と、ここまでは認識しています。

この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、
(1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。

しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で
算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に
変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。

(1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000

となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と
売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?)
とは異なるものにならないのでしょうか。
なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。

仕入(=当期仕入高)
売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)
なのに、どうして??

初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに分かりにくいですね。

お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと思います。

他方、売上原価算定に仕入勘定を用いるときは、仕入勘定は決算仕訳では売上原価を算出するための道具であり、決算整理後の仕入勘定の額がすなわち売上原価となりましょう。そしてこの額は、繰越棚卸高のあるときは、もはや当期仕入高と一致しません。

したがって、
仕入=当期仕入高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。


これと同様に、売上原価算定に仕訳科目としての売上原価勘定を用いるときは、売上原価勘定が売上原価を算定するための道具となり、したがって決算整理手続で仕入勘定の代わりとして用いることが出来ます。

代わりになるのですから、仕入勘定と同じく、
(仕訳科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。

他方、決算書に表示するための表示科目として売上原価勘定を用いるときは、
(表示科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
は常に成立します。

つまり、売上原価勘定は決算書上で売上高に対する売上原価を表示するために用いることのほか、その設問のように、売上原価を算出するための仕訳科目として用いることもある、ということです。


あるいは、次のようにお考えになってもいいかもしれません。

勘定科目名はそもそも、一般的なものまたはそれに準ずるもの(ないし分かり易いもの)であれば何を用いても構わない、ただし問題文等で指定されているときはそれに従わなければならない、とされているのはご存知のことと思います。

この点、売上原価算定時に用いる勘定科目名として、学習上の簿記では「仕入」を用いることが多く、しかしながら「売上原価」を用いるよう指定されることもある。このような捉え方も出来るように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理論的かつ迅速なお答え、どうもありがとうございます。
お答えを読み、そもそも「売上原価で算定」の考え方(言葉の意味)がわかっていなかったのだと実感しました。
(1)前期繰越商品をまるごと売上原価へと移行し、
(2)当期の仕入高も売上原価として考慮し、
(3)最後に期末の残り商品(売上原価)を、時期へ繰り越す
という考え方でいいのでしょうか。
ついつい慣れで「仕入」に固執してしまうのですが、
この問題では一旦、仕入を売上原価を切り離して考える必要が
あるのかなと思います。

また売上げ原価で算定する理由ですが、当期仕入高を手付かずで残しておくため、なのでしょうか。
重ねて質問してしまいましたが、ご解答いただけると大変助かります。

お礼日時:2008/11/30 18:36

>(1)略


>(2)略
>(3)最後に期末の残り商品(売上原価)を、(略)

期末の残り商品は売上原価ではなく、たな卸し商品ですよ。

>また売上げ原価で算定する理由ですが、当期仕入高を手付かずで残しておくためなのでしょうか。

そうです。
「手付かず」という言い方もわかりやすいですね。
会計学では「総額主義」といいます。

総額主義を簡単にいうと、100円の仕入れをした後に10円の割引があったとします(月末締めで仕入額により割引率が変わるような契約をしている場合を考えて下さい)、このとき、仕入れ100円から10円を差し引いた90円を仕入れにするのではなく、仕入れ100円、仕入れ値引き10円と記帳するということです。

なお、初めのご質問には、既に立派なお答えがされており蛇足ですが、私なりに別の説明をしておきます。

「売上原価を計算しようぜ」と言い出して、材料つまり「期首商品たな卸し高」と「仕入高」と「期末商品たな卸し高」に集合をかけます。

集合場所は「売上原価」という広場で、借方と貸方があり、その差額が「売上原価」を表します。

(こんな表現でいかかでしょうか。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
混乱していましたが、やっと納得することができました。
わかりやすい例えもありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 15:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定としての売上原価と仕入の違い

初めて質問させていただきます。

商社をモデルとして、テンプレートとして勘定の設定を想定しているのですが、仕入先から物を得意先へ直送するときの仕訳に使う勘定がわかりません。

売上原価/買掛金

なのか

仕入/買掛金

なのでしょうか?

そもそも売上原価という勘定と仕入という勘定の違いは何でしょうか?

売上原価はあくまで損益計算書の区分として使う名称で、勘定としては存在しないものなのでしょうか?

売上原価にするか仕入にするかで迷っています。

どうかご親切な方、ご教授願います。

Aベストアンサー

売上原価は損益計算書の区分として使う名称で次のように計算されますから「売上原価」という勘定科目は有りません。

期首棚卸高+仕入-期末棚卸高=売上原価

仕入先から物を得意先へ直送するときの仕訳は次のようになります。
(仕入が900円で売上が1000円の場合)

仕入    900 / 買掛金  900
売掛金  1.000 / 売上  1.000  

Q簿記2級「売上原価の計算⇒売上原価勘定」について

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」のことではないのですか。

質問3)「売上原価勘定で行う」時とはどのようなときなのでしょうか。

仕訳(1)
仕入    2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 仕入 1,100
損益    12,200 / 仕入 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

仕訳(2)
売上原価 10,800 / 仕入 10,800
売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500
繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100
損益    12,200 / 売上原価 12,200
売上    17,600 / 損益 17,600

質問の仕方に不備がありましたら申し訳ございません。
どなたかお詳しい方、ご教示いただけますようお願いいたします。

先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。
ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、
質問させていただきます。

期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、
(2)のようになると参考書にあるのですが、

質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。
「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。

質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原価』勘定とは何か?これは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」の計算の計算式をそのまま適用した場合の勘定科目であり、仕入勘定とは別に新たに勘定(発生及び消滅は仕入勘定と同じ)を設けた上で、決算仕訳は「売上原価」を使用して、「仕入」科目では計算いたしません。
 仕訳(2)の仕訳を説明すると、次のようになります。ご自身で「繰越商品」「仕入」「売上原価」のT勘定を作成して、仕訳(1)と結果が同じになる事をご確認下さい。
 『売上原価 10,800 / 仕入 10,800』は「当期商品仕入高」
 『売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500』は「期首商品棚卸高」
 『繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100』は「期末商品棚卸高」
 『損益  12,200 / 売上原価 12,200』は勘定残高の振り替え

A3
 どんなときと言うよりも、試験で問われているから斯様な処理をしているだけであり、実務では色々なやり方が認められております。
・仕入勘定で売上原価の計算を行なう
 ⇒仕訳(1)の事例に該当し、財務諸表では仕入とは書かずに「売上原価」と表示している事がある。
 ⇒簡易な仕訳で用が足りる規模の商店で採用している事が多いと思う。
・仕入勘定と同列で売上原価勘定を使用している
 ⇒仕訳(2)の事例に該当
 ⇒最近は次に書く方法が増えているので余り採用のメリットはない。
・『売上原価』勘定の内訳科目として『期首繰越商品』『仕入』『期末繰越商品』を設定している。
 ⇒法人向けの会計ソフトの大半はこのような設定になっている。

ご質問の内容が商品3分法なので、それに限定したレベルで回答を書きます。
1級や会計士を目指すのであれば、2級合格後に「総記法」や「分記法」と言う物も勉強していってください。

A1&A2
 売上原価を出す為には、ご質問文に有りますように「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算しますし、この時に『仕入/繰商』『繰商/仕入』という定型的な仕訳を憶えた筈です。この仕訳のまま試算表を作成すると、仕入勘定の残高[損益勘定への振り替え額]が売上原価となります。
 では、『売上原...続きを読む

Q簿記3級の決算整理、売上原価計算、損益について教えて下さい。

簿記3級の決算整理、売上原価計算について教えて下さい。
最近、簿記の勉強を始めた超初心者です。
決算に入り全く勉強がわからなくなってしまいました。

(1)売上原価を仕入勘定で計算し、仕訳をきる方法、
(仕入)××  (繰越商品)××
(繰越商品)×× (仕入)××

(2)売上原価勘定で計算し仕訳をきる方法、
(売上原価)×× (繰越商品)××
(売上原価)×× (仕入)××
(繰越商品)×× (売上原価)××

なぜ上記のような仕訳になるのか理解できません。。

(1)(2)が解らないので損益についても理解出来なくなってしまいました。
初心者にも解り易く説明して頂ければ幸いです。宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

◆ご質問文の仕訳は当期の売上原価を算定するための仕訳です。売上原価を算定する【計算方法】はご存知かと思いますが「売上原価=期首商品+当期仕入-期末商品」で算定することができます。

この算式を簡単に説明すると、期首にあった商品と当期仕入れた商品を使って商売したわけですが、全てを売却した訳ではなく、期末に手元に商品が残っていた。従って、期首から元々持っていた商品と当期仕入れた商品から、期末に残っていた商品を差引けば、当期売った商品の金額(←売上原価)が分かるわけです。

具体的に説明すると
「12月決算の法人が、期首商品200、当期仕入800の合計1000の商品を使って商売をして、売上高2000を計上した。ただ、12/31に期末商品300が手元に残った。」
この場合の売上原価は
「期首商品200+当期仕入800-期末商品300=700」
と計算できるのです。

◆では、この売上原価を求める計算式を【仕訳上】で行う場合はどうなるのかということですが簡単です。「仕入勘定」もしくは「売上原価勘定」を用いて行うだけの話です。上記の具体例を簡単に説明しますと

(1)「仕入勘定」を使用して売上原価を計算する方法

12/31(仕入) 200 (繰越商品)200
12/31(繰越商品)300 (仕入)300
※当期仕入については、既に計上されているので仕訳は必要ないです。

       仕入
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○/○当期仕入 800|
12/31期首商品 200|12/3期末商品 300
        ↓
  売上原価は700となります。

(2)「売上原価勘定」を使用して売上原価を計算する方法

12/31(仕入) 200 (繰越商品)200
12/31(売上原価)800 (仕入)800
12/31(繰越商品)300 (仕入)300

       売上原価
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12/31期首商品 200|
12/31当期仕入 800|12/3期末商品 300
        ↓
  売上原価は700となります。

要は「売上原価=期首商品+当期仕入-期末商品」の計算式を「仕入勘定」を使って集計するか、「売上原価勘定」を使って集計するかの違いだけです。

◆なお【表示上】は、いずれの方法も同じになります。

売上高        2000
売上原価
期首商品棚卸資産 200
当期商品仕入高  800
 計      1000
期末商品棚卸資産 300 700
売上総利益      1300

以上のように、売上原価の【計算】、【仕訳】、【表示】で考えるとよでしょう。


  

◆ご質問文の仕訳は当期の売上原価を算定するための仕訳です。売上原価を算定する【計算方法】はご存知かと思いますが「売上原価=期首商品+当期仕入-期末商品」で算定することができます。

この算式を簡単に説明すると、期首にあった商品と当期仕入れた商品を使って商売したわけですが、全てを売却した訳ではなく、期末に手元に商品が残っていた。従って、期首から元々持っていた商品と当期仕入れた商品から、期末に残っていた商品を差引けば、当期売った商品の金額(←売上原価)が分かるわけです。

具体...続きを読む

Q小切手の勘定科目(日商簿記3級)

小切手が問題文にでてきたときに、どういう時に勘定科目が現金になったり受取手形になるのか区別がつきません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

日商簿記であれば、小切手の扱いは以下のようになります。

取引会社などから「小切手を受け取った場合」
「現金」になります。
この場合、小切手を自分の会社の当座預金にするか、現金にするかどちらかになります。
現金にする場合もあるので「現金」扱いになります。

自分の会社が「小切手を発行する場合(渡す場合)」
「当座預金」になります。
自分の会社が小切手を渡した場合は、自分の会社の当座預金から引き落としをされます。
現金勘定になるのであれば、小切手にする必要はなく、現金で支払うことをします。

ご質問にある「受取手形」ですが、小切手と受取手形は全く別物です。
受取手形は「受取手形(勘定)」のみですね。
小切手は、受け取る、支払うの違いで「現金」と「当座預金」に変わります。

また、問題文に
「・・・¥30,000-の小切手を受け取った。ただし、即座に当座預金にした」という文があれば、
「現金(勘定)」ではなく。「当座預金(勘定)」になります。

Q仕入れ勘定と商品勘定

簿記の勉強をしています。
問題で「A社から商品を掛けで1,000円仕入れた」という問題があるとすると、

借方 仕入 1,000
貸方 買掛金 1,000

という仕分けになると回答にはあるのですが、仕入を商品という勘定に
して回答しても正解なのでしょうか?
もしだめなのであればだめな理由を教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは
正解か不正解かは問題の指示によります。
商品売買の記帳方法には分記法と三分割法(三分法)などがあります。

分記法では、商品勘定と商品販売益勘定を使用して記帳します。
また、三分法では、仕入勘定、繰越商品勘定、売上勘定の3つの
勘定を使用します。

従って、問題に三分法で指示があった場合に、商品勘定を使用する
と不正解になります。
ちなみに、三分法(仕入、繰越商品、売上)を使用する問題が一般的です。


(1)A商店は商品1000を仕入を行い、代金は掛けとした。
(2)A商店は(1)で仕入れた商品を1200で販売を行い、代金は掛けとした。
(3)決算時の処理を行いなさい。
  期首商品棚卸高 200
  期末商品棚卸高 300

上記の問題があったとします。

分記法では次のように記帳します。(商品と商品販売益を使用する)

(1) (借)商品  1000 /(貸) 買掛金   1000

(2) (借)売掛金 1200 /(貸) 商品    1000
               /    商品販売益  200

(3) 仕訳なし

  ※分記法では、商品の原価と利益を分けて記帳します。

 (3)は分記法では毎回商品の受け払いを記帳しているので、帳簿と
   期末商品棚卸高に誤差がなければ記帳する必要はない。

三分法では、次のように記帳します。(勘定科目が3つに分かれている)
三分法では、商品を仕入れた時は、仕入勘定、販売を行った場合は
売上に記帳します。
また、勉強の過程がどの辺かわかりませんが、決算時に期末商品棚卸高
を仕入勘定から繰越商品に振り替えて、売上原価を算出します。

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 - 期末商品棚卸高

(1) (借)仕入  1000 /(貸) 買掛金   1000
(2) (借)売掛金 1200 /(貸) 売上    1200
(3) (借)仕入   200  /(貸) 繰越商品   200
   (借)繰越商品 300  /(貸) 仕入     300

回答の正解・不正解は記帳法によって異なりますので、問題の指示に
従ってください。

なにかあれば補足してください。
ご参考まで

こんにちは
正解か不正解かは問題の指示によります。
商品売買の記帳方法には分記法と三分割法(三分法)などがあります。

分記法では、商品勘定と商品販売益勘定を使用して記帳します。
また、三分法では、仕入勘定、繰越商品勘定、売上勘定の3つの
勘定を使用します。

従って、問題に三分法で指示があった場合に、商品勘定を使用する
と不正解になります。
ちなみに、三分法(仕入、繰越商品、売上)を使用する問題が一般的です。


(1)A商店は商品1000を仕入を行い、代金は掛けとした。...続きを読む

Q損益勘定について

ズバリですが、損益勘定自体が分かりません汗これは、何のために、どのように使うものなのでしょう。付随して、仕分けを「仕入」「繰越商品」のように小分けして仕分けする仕方も意味もよくわからないのですが、親切な方がいらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期繰越ではなく損益勘定を使用し、時期に繰り越さず、損益勘定に集合させ、そこででた利益ならば財産である資本金にプラスしよう!というのが損益勘定の役目です!
なのでその期の収益費用は全部、損益勘定に移動してまいります。売上も消耗品費も給料も...そして仕入れも..
それでは仕入勘定の説明にうつります。まず仕入れとは商品の在庫室と考えてください。去年ののこりが今20円分あるよ!というのが期首繰越商品!今年は40円買ってきたよというのが当期仕入れ!そしてその間、商品を売って残った在庫が10円あるよ!が期末繰越商品!
じゃあ今年はいくら在庫が減ったでしょうか?20+40-10=50ですね!この50円何のために買ったのでしょうか?もちろん商品を売るため!商品を売るためには10円のものを10円では売りません!15円で売ったりと利益をつけますそのとき利益は5円ですよね!原価は10円
では決算のときも同じ。先ほどだした50円は...売上原価なのです!!これはりっぱな費用!ですので損益勘定へ移動します!
もちろん費用とし損益勘定に移動しないと、売上は15円のまま..ほんとの利益は5円なのに..おかしいですよね!
教えることに不慣れなものでこんな説明ですみません..少しでもお役に立てればうれしいです!

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期...続きを読む

Q合併の対価として株式を交付した時、なぜ資本金が増えるのか…

簿記2級の、会社の合併時の仕訳についてお教えください。

まず確認させてほしいことがあります。
合併会社は被合併会社を合併するとき、被合併会社の株式は無効になってしまうので、被合併会社の株主に対価として自社の株式を無料でプレゼントするのですよね?

そうだと仮定して質問させていただきます。
【1】対価という言葉からも分かるように、普通対価を支払ったら、こちらの何かが減りますよね。買収時だったら、対価として現金を渡すので、現金勘定を貸方に書きますし。ではなぜ、この合併時、対価として自社株式を渡しているのに、資本金が増えているのでしょうか…?無料で株式をプレゼントしているのではなく、被合併会社の株主から払い込みを受けたのでしょうか?

【2】合併時、被合併会社の資産・負債を引き継ぐと書いてありましたが、純資産ももちろん引き継ぐのですよね?それが仕訳に表れていない気がしてならないのです。


何が質問したいのかもよく分かっていなくて申し訳ないのですが、1,2に共通するものとして、「合併時の仕訳の資本金勘定は一体何なのか?」ということです。

いつでもよろしいです、何かアドバイスを頂けたら幸いです。

簿記2級の、会社の合併時の仕訳についてお教えください。

まず確認させてほしいことがあります。
合併会社は被合併会社を合併するとき、被合併会社の株式は無効になってしまうので、被合併会社の株主に対価として自社の株式を無料でプレゼントするのですよね?

そうだと仮定して質問させていただきます。
【1】対価という言葉からも分かるように、普通対価を支払ったら、こちらの何かが減りますよね。買収時だったら、対価として現金を渡すので、現金勘定を貸方に書きますし。ではなぜ、この合併時、対価...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
"株式を発行すると資本金が増える。"
簿記の最初にでてくる仕訳を思い出してください。

■例題
Aさんは現金10,000千円を元入れしてA商事を設立し営業を開始した。

■仕訳
 借方 現金 10,000千円 /貸方 資本金 10,000千円

小さな個人企業でも株式会社のような企業でも同じですが、元入れ
とは、その会社を創めるための資金で、返済義務を負わない自己資本
です。 銀行からさらに5000千円借り入れたとしたら

 借方 現金 15,000千円 /貸方 借入金  5,000千円
                 資本金 10,000千円

となり、借入金は他人資本となります。

Aさんは自分の資金10,000千円をA商事という会社に出資したわけです。
ですからAさんの"ふところ"から資金10,000千円はなくなり、寂しく
なりますね。 ;;

しかし、A商事はAさんから10,000千円の出資を受けたわけですから、
企業側では、現金10,000千円の増加が発生します。
※会社は法人と言われ人格を持つものとされています。

そして、この10,000千円は、"何によって発生したのか"ということ
です。 この10,000千円の発生理由は、元入れ(資本金)です。

従って、借方 現金 10,000千円 /貸方 資本金 10,000千円
となります。

簿記では、『取引の2面性』という性質があり、ある取引があれば、
必ず、その発生要因となる勘定科目が存在します。

※貸借平均の原則 借方と貸方の総額は常に等しい

借方は企業の資本(自己資本+他人資本)の"運用状態"を表し、貸方
はその資本の"調達源泉"を表しています。

本題に入りますが、株式会社として企業を設立する場合、株式を発行
し、払い込みを受けその金額を資本金として計上します。
(厳密にいうと、資本剰余金とかいろいろあるので割愛しますが・・)

ここまでは、ご理解いただいていると思います。

では、なぜ払い込みを受けていないのに資本金が増加するのか?

A社 資産  1,000 負債     400
          資本     600
      1,000       1,000

     借方      貸方
B社 資産   500 負債     200
          資本     300
       500        500

もし、何も考えずに合計すれば

     借方      貸方
A社 資産  1,500 負債     600
          資本     900(内B社分 300)
      1,500       1,500
こうなりますね。

■"払い込みを受けた"と考える

合併会社は被合併会社の資産・負債は引継ぎますが、資本金は
どこへいったのでしょうか?

B社 資産   500 負債     200
          資本     -  /゜B社株式300(消滅);;
これでは300がなくなって、貸借がありませんね。

B社株式は消滅すると書きましたが、KY1314さんが書かれたように
株式を交換するというのが正解です。

資産・負債は引き継いだとしてもB社の資産500の内、負債を引いた
300はB社の自己資本で、"B社株主の持分"です。
このB社の300は"株主から払い込みを受けています"ね。

でも、これを消滅したから、"はいそれまでよ"では、B社の株主は
激怒しますね。
そこで、B社株式300に相当する株式を発行してB社の株主がもって
いるB社株式とA社株式と交換するのです。
※代わりにA社の株主になってもらう。

 株式を交換しましょう。 うちの株式代わりに渡しますんで
 これで許してください~ ってことですね。

ということは、B社の資本金300に相当する株式の発行によって
B社資本金300がA社資本金300として資本金は増加しますね。

ただし、企業買収をする際の株式発行額は、純資産や収益性、株価
などの評価方法により決定します。
評価方法については、いろいろあるので割愛します。

先に回答したとき、250の資本金となっているのは"帳簿価格よりも"
実際には低い価値で買収しているということです。
ですから、合併差益として50が発生します。

将来有望な企業に目をつけ、合併をする時などは帳簿価格よりも
高い評価で買収することもあります。
この場合は合併差損が発生します。

決して300の資本金に対してA社が勝手に250にしているわけでは
ありません。 B社株主に非難されないような形で納得のいく
形をとるはずです。 自分の会社の株主になるのですから・・・

以上、こんな感じです。

こんにちは
"株式を発行すると資本金が増える。"
簿記の最初にでてくる仕訳を思い出してください。

■例題
Aさんは現金10,000千円を元入れしてA商事を設立し営業を開始した。

■仕訳
 借方 現金 10,000千円 /貸方 資本金 10,000千円

小さな個人企業でも株式会社のような企業でも同じですが、元入れ
とは、その会社を創めるための資金で、返済義務を負わない自己資本
です。 銀行からさらに5000千円借り入れたとしたら

 借方 現金 15,000千円 /貸方 借入金  5,000千円
     ...続きを読む


人気Q&Aランキング