オンライン健康相談、gooドクター

as ~as の使い方でいくつかわからないものがあるので教えてください。
as asの中は、形容詞、副詞以外に、形容詞+名詞が入ることがありますよね。
例えば、I buy as many books as the teacher.
これはmany books を比較して言っていると思うんですが、
I buy books as many as the teacher. とも言えますか??
後者はなんとなく違うような気がしますが、どうしてだめなのかがいまいちわかりません。

あとas ~as ever lived の使い方ですが、
これもas as の中は「形容詞+名詞」となってます。
例えば、He is as talented a writer as ever lived.という文章ですが、He is as a talented writer as ever lived.にはできないのでしょうか?

わかりにくい質問で大変申し訳ないですが、おそらくas asの使い方をいまいち理解してないようなので、どなたか解説をお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (2件)

おはようございます。



#1さんの解説で十分かも知れませんが、少しだけ追加させて下さいね。

まず、
I buy many books.
と考えますね。それから、
The teacher buy many books.
も同じように考えます。
この二つを比較しますね。many books を比べる訳ですから、
I buy more books than the teacher (does).
とか
I buy as many books as the teacher (does).
となりますね。ですから、これが自然ですね。ただし、これは文の構造を理解するための便宜上の書き方ですから、I と the teacher が共にたくさんの本を買うことには必ずしもなりませんね。
I buy books.
と始めると、これは「他の物ではなく本を買っています」の意味を持ちますから、例えば
I buy books not magazines.
あるいは、
I buy books, as many as the teacher (does).
のように追加することは出来ても、
I buy books many.
が言えないのと同じように、
I buy books as many as the teacher.
も言えない訳です。

>He is as talented a writer as ever lived.

as, so, too のような副詞は名詞を直接に修飾しませんから、
as difficult a question
so big a fool
too hot a day ( a too hot day も可 )
でも、such は(形容詞とされていますが)、
such an idea, such a busy morning
の語順をとりますね。

ですから、
as a talented writer
とは言えなくて、
as talented a writer
のように、形容詞を引っ張り出してくる訳ですね。

少しだけと言いながら長くなりごめんなさい。お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

とても丁寧な解説でわかりやすく、すべてクリアになりました。
私はどうも比較級が苦手なのですが、細かいことがわかって助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/29 17:42

*I buy books as many as the teacher.



これはよくありがちな間違いです。一見筋が通っているように見え、また日本語で「本を多く持っている/本をたくさん持っている」のように「たくさんの本」という形容詞+名詞のつながりでなくても意味が通じるため(「たくさん」が副詞的に「持っている」にかかっている)起きるのですが、*I buy books many. という語順が普通できないのが明らかなように as...as を加えた *I buy books as many as the teacher. もできないのです。

He runs fast. - He runs as fast as John.
He is tall. - He is as tall as John.

このような副詞や単純な形容詞だけの例だけを始めに習うので as...as の中に2語以上入ると違和感を感じてしまうのかもしれません。

>He is as talented a writer as ever lived.

これは so, how と同じくそういう性質として理解した方がいいでしょう。これらは形容詞に直接かかるので間に a(n) が置かれると邪魔なのです。

However good a dictionary you have, it is useless unless you use it.
so good a boy ただし a very good boy

<追加>
It has fleece as white as snow.「(それは)雪のように白い毛をしている」のような性状を表す形容詞で「~と同じくらい」というより「~のような」のときは後置されることがあります。これは It has fleece which is as white as snow. の which is が省略されたものと見ることができますが、*I buy books which are many as the teacher. のように many や much を関係節で後ろに置くことはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急にお答えいただき、またいろいろと解説していただき、ありがとうございました。
どちらもクリアになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/29 17:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング