なんですが、先ほど「セーラムーン」についての質問を拝見して
この疑問がよみがえってきました。
あの有名な「ムーンライト伝説」の作曲者って「小諸鉄矢」さんていうんですよね。
これはなにかのパロディですか?
それとも実在の方なんでしょうか。
もし実在の方ならその他どのようなお仕事をなさっているのか是非教えてください。
もう何年も気になっているんです。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

小諸鉄矢さんの正体(笑)は、FEEL SO BAD(*1)のボーカルをやっておられる川島だりあさんという方だそうです。

以前は川島みきという名前でソロシンガーとしても活躍しておられたとか。とにかく、なんかフクザツな来歴(「小諸鉄矢」という謎のクレジットも含めて)がある方のようなので、まあ参考URL(*2)を読んでみてください(^_^;)
私もこれを読んで積年の謎が氷解したというか、かえって謎が深まったというか、とにかく一読したくらいではフクザツすぎてワケがわからないのですが、まあそういうわけです。なにがだ。

*1 FEEL SO BAD …「地獄先生ぬ~べ~」主題歌「バリバリ最強No.1」などで有名。

*2 川島だりあさんご本人についてくわしくは、↓
http://www.izumichan.com/goingout/970614/dalia.h …

参考URL:http://www.izumichan.com/goingout/970614/03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり小諸鉄矢さんっていうのはパロディだったんですね。(^○^)
それにしてもナゼにこんなことしたんでしょう?
ますます謎が深まりました。
川島さんって「真夜中のドア」を歌ってらした元クラリオンガールですよね。
いや~~人の才能は計り知れない。(^_^;)

お礼日時:2001/02/27 15:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「小公女セーラ」について

 昔、ハウス食品の提供で「小公女セーラ」というアニメを一年を通して放送していたと思いますが、全何話だったでしょうか。一年を通してといっても丸々52回ではなかったと思うので、知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

 
  以下の参考URLのアニメ作品の場合は、全46話です。
  参考URLに各話のサブタイトル及び関連情報が載っています。
 

参考URL:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/xa2/k-hirao/meisaku/sara/sara.html

Q衛星放送で放送中の小公女セーラについて

実話だと言う事を聞きました
本当ですか?
本当なら詳しい話を聞かせて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

そういう話しは知りませんので、役に立つ情報ではないと思いますが

これはバーネット女史の作品ですが、私が小学生の頃にやっていた『まんが世界昔ばなし』での作品紹介では『アメリカで紹介された際に結末が一部変更(注)となった』と言っておりました。変更後の方が広く知られているバージョンと言われております[因みに日本人が知っている「フランダースの犬」は初版での内容であり、世界で広く知られている結末は異なる]。
当時、アフリカやインドで事業をしている者が不慮の事故が命を落とすことは良くあった事なのかもしれない。女史の別作品である「秘密の花園」ではインドで父親が死亡する場面から始まっている。

(注)
 隣に引っ越してきた富豪クリスフォード氏は財産を継がせる子供が居ない。
 偶々隣に居たセーラの身の上を知り、心が真っ直ぐな性格を気に入り、養女にした。
  ↓
 隣に引っ越してきた富豪クリスフォード氏は、セーラの父の知人。
 セーラの事を探していた。

Q伝説の勇者の伝説コミックについて

伝説の勇者の伝説は原作の他にコミック化が以前から始まっていますよね。
でもコミックにも何種類かありますよね。
今さらですがその中でも原作っぽい、「伝説の勇者の伝説 Revision」と「伝説の勇者の伝説」
では何が違うんでしょうか?
絵的には「伝説の勇者の伝説 Revision」の方が好きなので大差無いならそっちを買い続けようと思うのですが・・(ちなみに1巻は持ってます。)

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

富士見書房で連載されている「伝説の勇者の伝説」は、原作本編を元にコミック化したもので、
スクエニから出た「Revision」は、原作の番外編「とりあえず伝説の勇者の伝説」を
元にコミック化したものです。

原作でも本編と「とりあえず」の方は時間軸がかぶっているエピソードがあるため、
どちらのコミック版も出だしの部分や、一部エピソードが同じになっています。

ストーリー本編を追うなら富士見版を、サイドストーリーを読みたいなら「Revision」を
おすすめします。

ただ「Revision」は本編の途中をややアレンジして完結したため、全2巻で終わっていて、
結局どうなったのか?などの謎は描かれていません。

Q小公女セーラ

子どもと一緒に観ています。

隣の大富豪のおじさんは
どうしてセーラだけに服などをプレゼントしたのですか?

最初知り合ったキッカケは猿がセーラの部屋に入ってしまったことでした。
その後セーラとベッキーの二人分の食事や毛布などがプレゼントされましたが
今回はセーラだけに贈り物が。

まだ今の時点ではセーラがラルフの娘だということは分かっていないのに
どうしてセーラだけ?と理解できません。

どうしてなのでしょう?

Aベストアンサー

となりの大富豪が引っ越してきたときに運び込まれる荷物を見て、セーラはインドから来た人なのだろうか、と考えます。
そして、インドの衣装を着た召使 ラム・ダスと屋根裏越しにインドの言葉で会話を交わし、セーラの屋根裏部屋に迷いこんで来たとなりの猿をラム・ダスにわたすシーンにつながります。
セーラはラム・ダスが、自分の幼いころに住んでいたインドの屋敷で使えていた召使たちと同じ、インドの水夫の格好をしているのを見て、インドの言葉が通じると思ったのですね。

このやり取りで、ラム・ダスはセーラを何か特別な人と思い、となりの部屋のベッキーに対するのとは違う注意を持ってセーラを見守るようになります。
ラルフ・クルーの忘れ形見を探しては落ち込む主人を慰めるために、何か面白い話を、と思ってセーラの話をしたので、ベッキーではなく、セーラだけに贈り物をすることになったのです。

ちなみに、夜半突然屋根裏部屋に現れるプレゼントも、学院に突然届けられたきれいな洋服などのプレゼントも、製作者の意図ではなく、もともと原作にあるエピソードです。大変有名な児童小説なので、ぜひ図書館や本屋さんなどで探して、お嬢さんと読んでみてください。

となりの大富豪が引っ越してきたときに運び込まれる荷物を見て、セーラはインドから来た人なのだろうか、と考えます。
そして、インドの衣装を着た召使 ラム・ダスと屋根裏越しにインドの言葉で会話を交わし、セーラの屋根裏部屋に迷いこんで来たとなりの猿をラム・ダスにわたすシーンにつながります。
セーラはラム・ダスが、自分の幼いころに住んでいたインドの屋敷で使えていた召使たちと同じ、インドの水夫の格好をしているのを見て、インドの言葉が通じると思ったのですね。

このやり取りで、ラム・ダス...続きを読む

Q小公女のセーラの話で

最後のセーラの行動は信じられません。

どうしてミンチン女学院に寄付をする必要があったんですか?

復讐はしなくていいんですか?

だいたいラビニアとは本当に友達になったんですか?

どうして最後の場面であんなにいじめていたミンチン院長が笑いながらセーラを送っているんですか?

仲良しごっこをしていたんですか?

10万ポンドって当時の価格でいくらでしょう?

Aベストアンサー

小公女セーラ、小学生の時にハマって見ていました。

>復讐はしなくていいんですか?

アニメですし、セーラの性格からしてもあの行動は妥当だったのでは?
ミンチン先生は確かに意地悪だったけれど一文無しになったセーラを働く事で自分の女学院におくことを承諾したんですよね
セーラは他に行くアテがなかったし、
ミンチン先生があの女学院に置いてくれなかったら
隣の家の(父の友達?)とも知り合えなかったって事ですよね。
それに仲の良い友達もあの女学院にいたからではないでしょうか

ラビニアとはどうなったんでしょうね
最後には和解?して船に乗るセーラに手を振るシーンがありましたよね ラビニア自身、自分が幸せだし毎日いじめて苦労してきたセーラを見ていたから
もーいいや って思ったんじゃないかな

10万ポンド・・どの位でしょうか
これはわかりません 


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報