趣味でデジカメを買い、インクジェットプリンタや昇華プリンタを購入して、プリントアウトを楽しんでいます。
ところが、イマイチ銀塩写真の画像に比べるとパっとしません。何万もするデジカメとプリンタよりも、"うつるんです"で近所の写真屋に出した写真のほうがパッとしてるというか深みみたいなものを感じます。
パウチ材を買ってきて光沢を出そうとしてみましたが、何か写真と違います。所詮プリンタなので仕方ないのでしょうか?
銀塩写真は現像液や暗室が必要になるので自分で手を出す気がしません。

ちょっと興味を持ったのでおもしろい文献やテクニックなど知ってらっしゃる方がいたら教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

解像度については、お二人のおっしゃる通りだと思います。


また、色の深みやグラデーションの自然さの違いは、諧調
の差によるところが大きいでしょう。例えばシアン一色だ
けを使って、真っ白から真っ青までのグラデーションを表
現すると、現在のインクジェットプリンタでは、せいぜい
30~40諧調程度ですから。(それでもすごいことですが)
さらに、ライトシアンやライトマゼンタで明るい部分の粒
状感はほぼ駆逐されましたが、暗部の諧調表現がまだまだ
貧弱ですから、黒つぶれになる場合が多いですね。
これについては、E社からPM-900Cという機種が出ていて、
これには「ダークイエロー」という7色目のインクが搭載
され、かなり改善されましたね。もっとも最初のドライバ
では、その「ダークイエロー」が浮いてしまう、という不
具合がありましたが。
あとデジカメ側の問題としては、機種にもよりますが、色
合いについては、ホワイトバランスの問題等が考えられま
すね。

少しでも銀円写真の画質に近づけるための工夫としては、
やはりフォトレタッチソフトの利用が、最も現実的だと思
います。大きい原稿は部分ぼかし等をかけてモアレ(縞模
様のようになっているところ)を低減してやる、色のバラ
ンスやコントラスト等を調整してやることによって、かな
り満足のいく色合いが得られると思います。
また、kenkenkentさんのおっしゃるように、写真印刷専用
の用紙を用いるのも必須でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いろいろ参考になりました。フォトレタッチをもう少し極めてみます。

お礼日時:2001/03/03 15:19

gutigutiさんのお使いのデジカメの機種は判りませんが、


一般的レベルのデジカメは、せいぜい35万~300万画素程度だと思います。
ちょっと前までは、200万画素と言うとプロ用の100万円以上も
する様な高級機種だけだったんですが、技術の進歩とは恐ろしいもので、
わずか2~3年の間に、これだけの低価格化が進みました。
が、銀塩フィルムをデジカメで表すと、35mmサイズの物で、
600万画素だか800万画素だかあるんだそうです。<忘れた(^^;
当然、1枚の写真に含まれる情報量は、それだけ多い訳です。
まぁ、レンズの性能やら何やら、他にも色々な要素がありますので、
単純に『画素数多い=画質キレイ』とは言えないんですが・・・。

撮影時のズームなどは、銀塩の方が良いかも知れません。
銀塩カメラであれば、ズームは必ず、レンズなどによる光学ズームになりますが、
デジカメの場合、デジタルズームを使っている事があるからです。
デジタルズームとは、レンズから入って来た信号(=画像)を、
カメラの中のチップ上で引き伸ばししているだけなので、
画質が粗くなってしまいます。
デジカメでも、光学ズーム搭載型はその心配はありません。

デジカメ写真を銀塩写真に近く仕上げる為には、
用紙選びも重要になりますが、gutigutiさんはどう言った紙をお使いですか?
プリンターのメーカーから出ている『フォトプリント専用紙』などを使えば、
印画紙なみの光沢は出ますよ。表面のザラザラした普通紙などではダメです。

最近のインクジェットプリンターは、低価格の物でも
非常に良くできており、高画質です。
ちょっと前までのインクジェットは雑誌などの印刷物と同じく、
C(Cyan=青)M(Magenta=赤)Y(Yellow=黄)K(KuroまたはblacK=黒)と言う
4色のインクで印刷していましたが、最近の写真画質プリンターでは、
Light CyanとLight Magentaと言う、中間色(?)のインクを入れた
6色で印刷する事で、ますます色の再現力が増しています。
さらに、印刷ヘッドの性能も上がり、インクの霧をさらに細かくする事で
ザラつき感の無い、滑らかな画質を出せています。
逆に、プリンターの性能が良過ぎて、画像のアラまで印刷してしまう事も(^^;

デジカメ写真は、画像の画質によっては、多少、画像補正してから
印刷sる事が必要になる事もありますね。

デジカメ画像をキレイに印刷するのとは全く無関係ですが、
実にくだらないお遊びを一つご紹介しますね。
デジカメに使われているCCDカメラは、赤外線を捕らえる事ができます。
ですので、テレビやビデオの赤外線式のリモコンの
先端についている発信部分をデジカメで見ると(もちろん
リモコンを操作しながら)、光っているのが見えます。
液晶付きのデジカメであれば、点滅してたりするのが見えるハズです。
お子様などに見せてあげると、驚くかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。豆知識まで増えてしまいました。

お礼日時:2001/02/28 18:20

  デジカメでも300万画素~500万画素(画素数が高いから良いという訳でもありませんが)が普通の今、A4くらいまでビクともしないと思いますが。


  ”うつるんです”は画面の中央は映っていますが、周辺は像が流れボケボケのはずです。とても四ッ切まで伸ばすのは無理でしょう。
  そして昔は、銀塩写真をやっていた人たちはおっしゃるとおり、フィルム、印画紙の現像、定着、引伸ばしを自宅の暗室でやっていましたが、今、そこまでやる人は黒白フィルム専門のハイ・アマチュアかプロだけでしょう。
  現在アマチュアの多くは、銀塩といってもネガ・カラーですし、たまに白黒を撮っても写真屋さん(ラボ)に出すかたが殆どです。そして確かに現在のところ、全紙、全倍紙迄伸ばせるのは、デジカメではなく銀塩ですが、近い将来逆転するでしょう。現在のところはテクニック、といっても、銀塩にはかなはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ただ、解像度というよりは色味とか光沢感みたいなところが気になっているということです。

お礼日時:2001/02/28 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q凸多面体について

3次元凸多面体で、任意の二頂点が隣り合ってる多面体は四面体のみですが、
4次元凸多面体で同様の性質を持つものはどれくらいあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>「3次元凸多面体で、任意の二頂点が隣り合ってる多面体は四面体のみ」

そうですねえ・・・どうやるんでしょうか


頂点の個数をV,辺の数をE,面の数をVとすれば
任意の二点が隣接するというのは
任意の二つの頂点を選べば,それが辺になるということで
E = V(V-1)/2
ということだから

V-V(V-1)/2 + F = 2
F=(V^2-3V+4)/2

実はさらに

三つの整数の組(V,E,F)に対して
頂点の個数がV,辺の数がE,面の数がVである
3次元凸多面体が存在するための必要十分条件は
V-E+F=2
V<=2F-4
F<=2V-4

という定理があったりして(証明略,ぐぐったら出てきた)
これをつかうと
(V^2-3V+4)/2 <= 2V-4
これをとくと
3<=V<=4
になるが,V>3としてよいので V=4
このとき,
F = (16-12+4) = 4
E = 6
よって,
頂点4,辺6,面4となり
これは「四面体」である

こんな感じかなあ・・まあ,
「定理」の簡単な帰結でしょう.

残念なことに,「定理」の高次元版は分かってないといううわさ.

ついでにいうと,「定理」の証明は
同じ質問者の質問の「三角形分割」とかそういう近辺の問題なのと
オイラーの公式(V-E+F=2)の初等的な証明と似たような
操作的な処理を帰納的につかうとできるようだけど
私は証明を追いかけてません.たぶんそんなに難しくはなさそうで
少なくとも「オイラーの公式(V-E+F=2)の初等的な証明」の内容を知ってれば
きっとできるんじゃないかなと勝手に思ってる.

次元があがると変数が増えて
一気に自由度が上がるから
超越的な手法(ホモロジーとかそういうの)がないと厳しいように
思うけどどうなんだろう.

>「3次元凸多面体で、任意の二頂点が隣り合ってる多面体は四面体のみ」

そうですねえ・・・どうやるんでしょうか


頂点の個数をV,辺の数をE,面の数をVとすれば
任意の二点が隣接するというのは
任意の二つの頂点を選べば,それが辺になるということで
E = V(V-1)/2
ということだから

V-V(V-1)/2 + F = 2
F=(V^2-3V+4)/2

実はさらに

三つの整数の組(V,E,F)に対して
頂点の個数がV,辺の数がE,面の数がVである
3次元凸多面体が存在するための必要十分条件は
V-E+F=2
V<=2F-4
F<=2V-4

という定理があった...続きを読む

Q銀塩写真って

凄く初歩的な質問ですが「銀塩」って書いて
「ギンシオ」ですか「ギンエン」なんて読むのですか?
暇な時、教えて下さい

Aベストアンサー

「ぎんえん」と読みます。
感光剤に銀などを使っているのでこの名前が付きました。

参考URL:http://konicaminolta.jp/about/research/mission2_006.html

Q多面体の性質について教えてください

学校でのレポート問題なのですが、全く頭に浮ばないためヒントになるようなことを教えていただけるととてもうれしいです。

「多面体について次のことを調べ、その理由を述べよ」

1.どの面も正方形である多面体は1種類しかない
2.どの面も正五角形である多面体は1種類しかない
3.どの面も正六角形である多面体はない

1種類しかないから(ないんだから)ないんだよ的な答えしか浮ばず
お手上げ状態です。あなたの知恵を貸してくださいっ!!

Aベストアンサー

数学に詳しい人がもっといいレスを付けてくれると思いますが、
簡単な考え方をひとつ。

正多面体の頂点にだけ注目して考えてはいかがですか?
大雑把に流れだけ書きます。

1)正方形の正多面体
  この正多面体を2次元の平面に展開したと考えてみる。
  正方形の内角は90度なので、1つの頂角に正方形を4つ並べると全部で360度になるので、立体が形成できない。だから、1つの頂角に4つ以上は隣接できない。
  3つのときは立方体を形成。
  2つのときは形成できない。
  したがって、正方形の正多面体は1つの頂角を3つの面が共有するときだけになる。

2)正五角形の正多面体
  正五角形の内角は108度なので、1つの頂角に4つ以上の正五角形を並べることができない。また2つのときは立体を形成できない。
  したがって、正五角形の正多面体は1つの頂角を3つの面が共有するときだけになる。

3)正六角形の正多面体
  同様に考えることで、立体ができないことがいえると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E9%9D%A2%E4%BD%93#.E6.AD.A3.E5.A4.9A.E9.9D.A2.E4.BD.93

数学に詳しい人がもっといいレスを付けてくれると思いますが、
簡単な考え方をひとつ。

正多面体の頂点にだけ注目して考えてはいかがですか?
大雑把に流れだけ書きます。

1)正方形の正多面体
  この正多面体を2次元の平面に展開したと考えてみる。
  正方形の内角は90度なので、1つの頂角に正方形を4つ並べると全部で360度になるので、立体が形成できない。だから、1つの頂角に4つ以上は隣接できない。
  3つのときは立方体を形成。
  2つのときは形成できない。
  したがって、正方...続きを読む

Q銀塩写真のデジタル化

20年以上前の写真があります。

当然、デジタルカメラのなかった頃(自分が持っていなかった頃)の写真です。これをデジタルフォトフレームで、自分の過去や歴史(オーバー?)を身近に見たいと考えました。

以下の画像資産(またまたオーバー?)をデジタル化(JPEG)したいのですが、方法を教えてください。(出来れば体験者の方)

A) Lサイズでプリントしたもの
B) 銀塩写真のネガがあるもの。(主としてAPSタイプ)

因みに当方定年退職者。はるばる海外出張した時の写真などを埋もれさせたくない気持です。IT関係の部品メーカーでしたので、デジタル機器にアレルギーはありません。

Aベストアンサー

e-toshi54 さんが羨ましい、まだまだ子供に住宅ローンにお金が掛かる明日55歳です。

主要な写真だけで良いでしょうから
プリントがあるならばスキャナで取り込めます。
エプソン、キャノンのスキャナには「退色復元」「褪色補正」
(色あせてしまったフィルムや写真を自動補正)する機能が有ります。
下記URLは20年程前のプリントを安い複合機のスキャナで取り込んだ画像です。
https://picasaweb.google.com/okok7654/PMA700#5474414942919081634

ネガフィルムしかない場合はAPSだとカメラ店に相談した方が良いでしょう。
35mmならばスキャナにフィルムスキャン機能があれば可能です。
フィルム種によって特性が違うのでカメラ店に依頼する方が楽ですが
補正も楽しもうと思うならばフィルムスキャン機能がある高性能スキャナを準備して
楽しんでください。
高性能スキャナにはAdobe Photoshop Elementsと言う有名なソフトが付属され
色合いの補正だけでなく文字を入れたり写真の合成なども楽しめます。
http://www.epson.jp/products/colorio/scanner/gtx970/solution.htm
http://www.epson.jp/products/colorio/scanner/gtx820/kino.htm
http://cweb.canon.jp/canoscan/bible/bible03.html

http://aska-sg.net/psegogo/index.html
http://vcl.vaio.sony.co.jp/guide/adobe/pse/index.html
(お持ちのプリンターと同じメーカーのスキャナならコピー的な使い方も出来る可能性が有ります。)
お孫さんがいればこんなのも
http://photozou.jp/photo/show/138850/44338017

大量にあるならば外付けのHDDも用意した方が良いでしょう。

私は50本程のリバーサルフィルム(スライドフィルム)を親しいカメラ店で機械の操作方法を教えてもらい格安で外付けHDDに保存させてもらいました。
暇な時にと言う条件だったので3ヶ月以上かかりました。
下記URLは1986年に撮影したリバーサルフィルムの画像です。
今見るとPhotoshopで補正し過ぎの画像もありますね。
https://picasaweb.google.com/okok7654/NDvPCK#
下記ソフトでパソコンのスクリーンセイバーにしています。
ファイル名順に表示してくれBGMも選択できます。
http://www.valsoft.jp/delphi/jpegsaverhp.html

TVやビデオプロジェクターで見ることも出来ますよ。

撮影された場所にご家族と訪れ、また撮影されてはいかがですか。
当時の写真と交互に見られるようにされればより楽しいかと思います。

e-toshi54 さんが羨ましい、まだまだ子供に住宅ローンにお金が掛かる明日55歳です。

主要な写真だけで良いでしょうから
プリントがあるならばスキャナで取り込めます。
エプソン、キャノンのスキャナには「退色復元」「褪色補正」
(色あせてしまったフィルムや写真を自動補正)する機能が有ります。
下記URLは20年程前のプリントを安い複合機のスキャナで取り込んだ画像です。
https://picasaweb.google.com/okok7654/PMA700#5474414942919081634

ネガフィルムしかない場合はAPSだとカメラ店に相談した方が良い...続きを読む

Q多面体の作成方法

学校の文化祭で使う、多面体が必要です。
自分で作成しようと思うのですが、50~80面ある多面体が作れるなら、その方法を教えてください。
なお、正多面体でなく、サッカーボールのように2,3の平面を組み合わせて球状になればいいです。
できれば、今日明日中(13日まで)に回答下さるとありがたいです。

Aベストアンサー

こちらに型紙があります。あるいは,「多面体 型紙」等をネット検索すると色々とヒットする様です。

 ・http://www.sci.yamaguchi-u.ac.jp/math/omotya/soral/newpage3.html
  多面体の模型

 ・http://www3.ocn.ne.jp/~takako85/katagami.html
  多面体型紙

 これらを適当な大きさに拡大コピーして利用されては如何でしょうか。

参考URL:http://www.sci.yamaguchi-u.ac.jp/math/omotya/soral/newpage3.html, http://www3.ocn.ne.jp/~takako85/katagami.html

Q銀塩写真は、もう古いですかね~ぇ??

私は長年一眼レフカメラの銀塩写真愛好家でして
主にポートレイト、風景などの作品を撮り続けているものです。
デジカメもパソコンを使用するため持っています。
ですが、デジカメの便利さ、加工技術の凄さなどなどなんとも長方してるのですが
やはり古い人間でして、アナログカメラの銀塩写真にこだわりを持っています。
写真の記録性の正確さ、芸術作品としての価値などデシタルとアナログを
比較する事で考えさせられることがしばしなです。
これからも、作品は銀塩で記録はデシカメでと使い分けて行こうと思っていますが
これからの時代、一眼レフの銀塩写真にこだわりを持っているのは古い考え
ですかね~ぇ??。みなさんのお考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

デジタル写真も性能が向上してきましたので差は小さくなりましたが、粒子の細かさではまだスティール写真の方に歩があるのではないでしょうか。
理屈は銀粒子も1画素当たりの受光面も同じことで、大きさが小さくなれば感度は下がりますが、キメは細かくなります。ただ銀塩は分子1個まで小さくできますけれども、画素をそこまで小さくできるのか疑問です。現在の半導体素子は多数の電子の流れ(つまり電流)を信号として扱っていますし、仮に将来、量子素子のようなものができたとしても、最低限複数の端子や半導体の組み合わせを取りますから、小型化は銀塩にかなわないのではないかと思います。
それに画素数が大きくなれば当然価格は高くなります。もし1画素あたりの受光面積を大きくすれば、かなり大判になってしまうでしょう。したがって同じ価格で考えるならスティールの方に現時点では歩があると思います。
デジタルの強みはすぐに映像にできることです。昔、米軍が偵察写真を朝鮮上空で撮って、日本まで飛んでくる間にフィルムを早く乾燥させるためにアルコールに浸したという話を聞いたことがあります。それが、どういう原理かはよく分かりませんが大変な手間を掛けていたものです。現在ならデジタル映像をそのまま伝送してしまうのでしょう。

デジタル写真も性能が向上してきましたので差は小さくなりましたが、粒子の細かさではまだスティール写真の方に歩があるのではないでしょうか。
理屈は銀粒子も1画素当たりの受光面も同じことで、大きさが小さくなれば感度は下がりますが、キメは細かくなります。ただ銀塩は分子1個まで小さくできますけれども、画素をそこまで小さくできるのか疑問です。現在の半導体素子は多数の電子の流れ(つまり電流)を信号として扱っていますし、仮に将来、量子素子のようなものができたとしても、最低限複数の端子や半...続きを読む

Q正多面体

この世の中に正多面体はいくつありますか?
あと、正n多面体の頂点、辺はそれぞれいくつあるのですか?教えてください。

Aベストアンサー

最近、新聞で、やっていたなぁー。
確か、5つだったかな?

正n多面体 頂点 辺
正4面体   4  6  正三角形が4つ
正6面体   8 12  いわゆるサイコロ
正8面体   6  8  ラミエル。飛行石。
正12面体 20 30
正20面体 12     ・・・どんなんだっけ?

すいません。わかる限り書いてみました。少し怪しいですが・・・

Q私は銀塩カメラで撮った写真の独特の濃淡と色あせた感のある画質が好きなの

私は銀塩カメラで撮った写真の独特の濃淡と色あせた感のある画質が好きなのですが、
銀塩カメラ風(もしくはモード搭載)に撮影してくれる一眼レフデジタルカメラはないでしょうか?
PENTAX K-7のカスタムイメージ「ほのか」も中々好きなのですが、なるべく銀塩カメラで撮影したとしか思えないものを探しています。
参考になるものがございましたらご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご希望のことを実現するにはフォトレタッチソフトの役割です。「銀塩カメラ風」ではなく周辺減光とかプリントに使用した印画紙の特性だったりします。場合によっては現像に使用する現像液の特性だったりと、撮影以外の要因が主。
デジタルカメラ本体では基本的にムリです。
同じ事をやりたい場合はレタッチ作業になります。
Adobe Photoshopなどのレタッチソフトが「デジタル暗室」とも呼ばれる所以です。

と言うことで、超簡単にデジタル一眼レフで撮影した画像をレタッチしてそれっぽくしてみました。
私はそういうレタッチは殆どしないので手順とか確立していないのですが、Phtooshopを普通に使える人ならこの程度の編集は簡単にできるはずです。

それに、そういう描画を期待したいのならトイデジと呼ばれるオモチャのデジカメやレンズベイビーなと特殊な機器を使うという手段もあります。

Q麻雀の多面待ちについて

麻雀の多面待ちについて知りたいのですが、
例えば23456を持っていて、147待ちは思いついたのですが、
他に、特別な役(国士無双や九連宝とうなど)以外の多面待ちにはどのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

よくありがちなのが2223456。14736の5面チャン
2223345では1436の4面チャン。2223344では2345の4面チャンです。

麻雀をやっていてトイツ、または暗刻を中心に横に広がっていくことが多いので
上記のような7枚の組み合わせを中心に考えるのが実戦的です。

コツはまず頭か暗刻を固定しますと、残り4枚ないし5枚の形が両面なのか
シャボなのかノベタンなのかというのが見えてきます。
まあ、この分解の作業が早くなれば後は慣れで応用が幾らでも利きます。

しかし、7枚ならば組み合わせはそれほど多くはありません。
だからこの程度は暗記してしまった方が読みは早くなります。

Q銀塩写真の「粒子」を再現する方法

銀塩白黒の愛好家なのですが、デジタルカメラで同じような技法を行う場合、具体的にはどのような機材を使い、どのような方法があるのでしょうか?
写真展なんかに行っても、デジタルカメラで撮影したものはブロック状の模様で、なんとも味がないものです。

Aベストアンサー

モノクロをデジイチに求めるのは、
ちょっと無理があるような気がします。

しかし、作品作りでそれを組み込んでしまえば何とかなると思います。

もうちょっと先まで様子を見るしかないですかね?

ちなみに私は、
フイルムはモノクロ、デジタルは、カラーで遊んでいます。

たまにカラーをモノクロにレタッチして見るのですが、

微妙に物足りない気がします。

ただ悪くもないです。

それなりになら楽しめるのでは?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報