早速ですが、10月末に退職し、11月中旬から新しい勤め先で社会保険に加入しました。
年金と違い、健康保険についての資格喪失・取得手続きは市町村窓口でしなければならないと思うのですが、11月1日~中旬までの期間は、国保加入の手続きは必要なのでしょうか?
月で考えると無加入月はないのですが、日割りで考えると半月無加入状態です。

また、半月分の国保加入手続きをしなかった場合、何か不都合が生じますでしょうか?

無知で恥ずかしいのですが、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>11月1日~中旬までの期間は、国保加入の手続きは必要なのでしょうか?


 ・保険診療を受ける可能性があるのなら、国民健康保険加入の手続をしておいた方が良いです
 ・この場合は、11/1~中旬の加入なら、保険料も掛かりませんし
>また、半月分の国保加入手続きをしなかった場合、何か不都合が生じますでしょうか?
 ・ただ単に、診療を受けた場合に請求額を全額自己負担で支払うだけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回半月分の加入手続きは不要なのですね。
どうすればよいのか迷っていたので、助かりました!
そして恥ずかしながら、仮に加入しても保険料はかからないとは知りませんでした。
無加入期間に保険診療は受けていないので、手続きせずにいようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 19:47

もうすでに働き、社保に入っているのですよね?


であれば、いまさら払わなくてもいいのでは?・・・と思ってしまいます。
僕なら指摘されたら払います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

加入しないと後から何かしらの通知がくるのでは。。。と不安だったのでスッキリしました!
新しい社会保険に加入しているので、ひとまず大丈夫そうと分かり、質問してよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■国民健康保険料は、介護保険料が加算されますが、医師国保も

■国民健康保険料(税)は、最高額は1世帯56万円/年で、基準の年齢になると介護保険料が別途加算されますが、医師国保の場合も、介護保険料を支払うのでしょうか?
■夫婦(双方に収入あり)+子供の場合、医師国保と国民健康保険とどちらが安いでしょうか?

Aベストアンサー

・勿論、介護保険も一緒に引き落とされます。
・所得が少なければ、国保のほうが安いこともあるかもしれませんが、従業員さんのこともありますので、ほとんどの方は医師国保にされます。

開業をお考えなのでしょうか。開業されたら、地元医師会に入会されることと思います。医師会入会者でなければ医師国保は入れません。で、健康保険に関してもですが、実は、他の部分でも相当有利になります。
休業補償や医療事故に対する保険以外にも、一般の生命保険もかなり有利です。確かに医師会の会費は高いです。でも年金もつきます。銀行融資もかなり有利です。開業資金以外にも借りれます。子供さんが私立医大に進学する時にも即日融資が降ります。
そういうわけで、ほとんどの方が、初めから全て医師会にされます。

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q国保の保険料

5月まで国保でしたが、6月から派遣会社の健康保険に加入しています。9月で仕事が終わるので、また国保に加入しようと思っています。

昨年の所得で保険料が決まるということなので、
6月から働いた分は、来年度の保険料に影響すると思うのですが、
10月からまた国保に入る場合、保険料は6月に通知のあった1年間の保険料の額を考えておけば良いでしょうか。

4月、5月分の国保の保険料が、今の健康保険の半額くらいで、誤った選択をしたくないので、教えていただけると幸いです。

あと、次の仕事が見つかった場合、また仕事先の健康保険に加入することになるかもしれませんが、国保への加入・脱退を頻繁に(数ヶ月単位で)繰り返すことは仕方のないことなのでしょうか。

ご回答、アドバイスしていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

>10月からまた国保に入る場合、保険料は6月に通知のあった1年間の保険料の額を考えておけば良いでしょうか。

・国民健康保険の保険料は、「世帯別平等割」「被保険者均等割」「所得割」(地域によっては「資産割」があるところもあります)の合計額です。

・「世帯別平等割」は定額。「被保険者均等割」は一人いくらですから定額といっていいです。「所得割」は昨年の所得により算出。
 ということで、あなたの保険料は、今年は決定していますから変更はないです。

>あと、次の仕事が見つかった場合、また仕事先の健康保険に加入することになるかもしれませんが、国保への加入・脱退を頻繁に(数ヶ月単位で)繰り返すことは仕方のないことなのでしょうか。

・これは国民皆保険が前提ですから、他の保険に加入できない場合は、(あなたが加入の申請をしなくても)国民健康保険の加入者になることになっています。

 少し講釈をしますと…

・国民健康保険の加入資格は、国民健康保険法などに規定された被保険者に該当することになった時に取得し、該当しなくなった時に喪失する事となっています。
 つまり、国民健康保険の加入については、本人が手続きをすることによって被保険者になるかならないか決まるのではなく、いわゆる事実発生主義をとっています。

・もう少し簡単に書きますと、ある市町村に転入して、他の健康保険(例えば会社で保険に加入できるとか、ご主人の健康保険の扶養になれるとかですね)に加入できない方は、自動的に国民健康保険の加入者になります。

・ですから、他の保険に加入できない場合は、国保に加入することになります(というか、加入したことになります)。

 こんにちは。

>10月からまた国保に入る場合、保険料は6月に通知のあった1年間の保険料の額を考えておけば良いでしょうか。

・国民健康保険の保険料は、「世帯別平等割」「被保険者均等割」「所得割」(地域によっては「資産割」があるところもあります)の合計額です。

・「世帯別平等割」は定額。「被保険者均等割」は一人いくらですから定額といっていいです。「所得割」は昨年の所得により算出。
 ということで、あなたの保険料は、今年は決定していますから変更はないです。

>あと、次の仕...続きを読む

Q短期間(約2週間)の国保の加入について教えてください。

短期間(約2週間)の国保の加入について教えてください。

転職予定があり、今月中旬に前職を退職し、来月1日から新しい職場に移る予定です。
今月中旬の退職日までは前職の社保に加入しており、来月からは新しい会社の社保に加入する
ことになるのですが、この間の今月後半(約2週間)分について、国保に加入する場合というのは
保険料の扱いはどうなるのでしょうか?
日割りで2週間分のみ…のような形になるのでしょうか?

また、前職の保険の失効通知をまだもらっていないため、それを待って国保の加入手続きを
することになると思いますが、これは2週間の間に速やかに手続きできるものなのでしょうか。
手続きが済んだところで11月に…ということになってしまわないでしょうか?

あるいは、2週間分、健康保険未加入で、11月から転職先の会社の保険に入る…ということも
実際には可能なのでしょうか?

質問の文章がわかりにくかったら申し訳ありません。
こういったケースで、どのように対応すべきかアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

実際に可能か?という質問の趣旨がわからないので二通りの回答を。
1つめ。2週間の未加入期間があっても転職先の保険に入れます。法定速度60km/hの道でも60km/h以上に加速できるようなものです。
2つめ(こっちが本命?)。制度上1日でも空白にしてはいけないので国保の加入は必要です。この場合たった2週間でも1ヶ月分保険料がかかります。前の会社の2週間分の保険料はかかりません。

医療保険同様、国民年金も2週間加入し、1ヶ月分保険料がかかります。厚生年金の2週間分の保険料はかかりません。

医療保険も年金も保険料は日割りせず、月の途中で切り替わる場合は、切り替え後の制度に保険料がかかります。
保険証の有効期間は日単位で見ますが、保険料の負担の要否は月単位で見ます。

11月までに間に合うかどうかにかかわらず加入手続きが必要です。離職票のコピーがあれば年金が免除になる可能性もあるので、国保加入・年金加入・免除申請をセットで手続きすればいいかもしれません。

Q歯科医師国保加入 産休中の社会保険料免除について

歯科医師国保に加入しています。産前産後休業手当ては歯科医師国保にはありますか?
また、育児休暇中に社会保険料免除と聞いていたので、健康保険料と厚生年金の支払いはないと思っていましたが、職場より健康保険料の支払いを請求されました。健康保険料の支払いは全額自己負担になるのでしょうか?
4月出産の為、仕事をしたのは3月までなので、今年の収入は103万円以下ですし、夫の扶養に入ったほうが得なのでしょうか?
厚生年金の事を考えると、どちらが良いのかご意見お聞かせください!

Aベストアンサー

こんばんは。

医師国保で育休取得していましたが、厚生年金は免除されましたが、健康保険料は全額自己負担でした。

社会保険料免除はあくまでも社会保険の人であって、医師国保や歯科医師国保は「国保」なので、免除の制度はできていません。

旦那さんの扶養に入れるなら入ってもいいですが、手続きが面倒くさかったりするので、私はそのまま医師国保でずっと払いました。

Q国民健康保険料の支払いの重複分は返ってくるのでしょうか?

2年程前に職場の社会保険に入ったのですが、その時にそれまで入っていた国民健康保険の脱退をするのを忘れていました。父親も国民健康保険ですが私が脱退の手続きをしていなかった為にずっと父親が私の分も支払いをしていました。それを最近になって気づき私の国民健康保険の脱退の手続きをしました。父親の国民健康保険料も金額が下がった通知がきました。そこで、社会保険と重複していた分の私の国民健康保険料は返ってくるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命です。
「父親の扶養」に入った状態で「国保(国民健康保険の略)」&「年金」を「父親の給与から引かれ」、かつ「手取り部分の給与は扶養家族の部分『控除』されてた=天引き税金が少なく、手取りが多かった」この相反する2つの状態は、結構あります。

自分もやってましたが、「課税担当の扶養家族情報」と「国保&年金担当の家族情報」は(東京都ですが)照会し比較し電話連絡などして初めて『訂正します』
(ただ2年はちょっと長すぎますね)

残る最大の疑問は「健康保険は支払い継続」も「国民年金の請求は来てませんでしたか?」(年金部分だけ切替済み?→厚生年金へ)現実問題として「保険証は病院で使用も気づかず状態」はあっても「年金は必ず請求が来ていて当然なはず」(年金は保険証と違い「将来受取る」まで「支払が先」ですからピンと来ないでしょうが20歳になれば即郵便で色々来ます。ましてや2年で「年金は時効=支払たくても役所が受取らない」のでハガキが来てるハズ。(ついでに言えば住民登録すればまず「国保」手続きを必ずされますが「年金」担当は「国保」情報との連携は蜜です)

結論:まず「あなた自身の健康保険証の確認と加入(扱いされてる)年金制度の確認」して下さい。(年金の納付書等来て無いなら「厚生年金」でしょうが「年金手帳」(無ければ再交付申請を)
ちなみに「国保の支払料金は個人の収入&自治体でバラバラ」も「国民年金は全国一律料金です」

(分かりにくく長文癖)ここであれこれ書いてもラチが空かないので上記を確認する事。
『国保の2重支払部分は戻ります。年金は不明ながらやはり2重払いなら「還付」されます。』(ちなみに還付に時効はありません)

よく推薦するベストHP「金融広報中央委員会(暮らしのマネー・金融経済情報)」
http://www.saveinfo.or.jp/index.html
本当に良く出来てます。国保&年金はここで十分。(蛇足ながら:父親の給与は「届出前後」で若干減ってるハズ。給与明細の比較で即確認可能!)扶養控除額を加味しても、戻り額の方が「多い」のが圧倒的に多いでしょう(収入によるので断言は不可能)
年金は特に早めにね!

では~♪♪♪

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命で...続きを読む

Q国保の保険料を知るには?

先月退職し、任意保険と国保で迷っています。
保険料が安い方にしたいのですが、国保の保険料は住んでいる市町村によって違うという事を聞き、どこで調べたらいいのか分からず困っています。

私は2005年3月~2006年2月までA県に住民票を置いており、2月末からB県へ住民票を移しました。
B県は実家なのですが、実際住んでいるのはC県です。

この場合、どこで・どうすれば国保の保険料を知ることが出来るのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在、国保に加入するとしたら住民票のあるB県になります。
そこのB県の該当する市町村HPで見るのが早いのですが、世帯割+所得割+均等割という3種類の合計が年間保険料になります。(田舎では固定資産割もあるようです。)
それを自治体ごとに、8期(回払い)、10期、12期の分割にしています。
市町村国保の場合、一世帯に一保険証(カードになっていない)の所が大多数です。
法律上の問題もありますが、他県に住んでいる場合は、理由無く別保険証(遠隔地被保険者証)は交付されませんので、お住いの自治体に転入し手続きする事が望ましいですよ。


任意継続を選択する場合は、退職から20日以内に手続きが必要です。ご注意ください。

Q国保から社会保険に変更後の保険料について

去年の1月から今年の4月末まで無職でした。
今年の5月から就職しましたが、現在は試用期間中という事でまだ社会保険には入っておらず、去年の1月から現在も継続して国保に加入中です。
さて、国保の保険料算定は前年度の所得から算定されますので、無職の身には大変厳しかったのですが昨年度中は1期につき25,000円程の保険料を納めておりました。
そして、昨年中は無職だったために先日届いた今年度の国保料納付書を見ると、保険料が1期につき2,000円程になっておりました。
しかし、来月・再来月あたりに試用期間が終わるため、今後は会社の社会保険に加入する事になりそうです。
さらに、社会保険の健康保険料は今年の4月、5月、6月の所得から算定されるというのを知りました。
そうしますと、このまま国保に加入していれば今年度中は1期2,000円程度の保険料で済むはずのものが、
社会保険に加入したとたん、概算ですが毎月13,000円程度(半分は会社負担を考慮)支払わなければいけなくなるのでしょうか?
もしそうだとすれば、無職の期間に無理をしてでも在職時と同じだけ保険料を払って、今やっと保険料減額の恩恵を受けられるようになったのですから納得がいきません。
ただ、社会保険は厚生年金・雇用保険・労災保険も含むはずですので、その点も考慮するとやはり社会保険に切り替えても恩恵は受けられるのかなとも思い、次のように考えました。

・現状のままの場合
国民健康保険料 17,000円(年額)+国民年金170,000円(年額)=187,000円(年額)
・社会保険に切り替わった場合
社会保険料25,000円(月額)×12ヶ月÷2(半分は会社負担)=150,000円(年額)

こうして見てみると、やはり社会保険に切り替わるメリットは大きいように思うのですが、上記のような考え方で間違っていないでしょうか?
詳しい方、ご回答をお願い申し上げます。
長文失礼致しました。

去年の1月から今年の4月末まで無職でした。
今年の5月から就職しましたが、現在は試用期間中という事でまだ社会保険には入っておらず、去年の1月から現在も継続して国保に加入中です。
さて、国保の保険料算定は前年度の所得から算定されますので、無職の身には大変厳しかったのですが昨年度中は1期につき25,000円程の保険料を納めておりました。
そして、昨年中は無職だったために先日届いた今年度の国保料納付書を見ると、保険料が1期につき2,000円程になっておりました。
しかし、来月・再来月あたりに試...続きを読む

Aベストアンサー

社会保険料とは、健康保険料と厚生年金保険料をいいます。いずれも毎月の標準報酬月額とボーナス支給ごとの標準賞与額から保険料が徴収されます。

1)標準報酬月額
概ね、入社した時(ご質問の方は試用期間が終わった時)の給与と月額交通費で決まると思われます。
>今年の4月、5月、6月の所得から算定される
これは、継続的に雇用されている社員の見直しで適用されますが、入社の時はこの方法はとりません。

2)標準賞与額
賞与の額を千円単位にしたものです。

3)厚生年金の保険料
掛け金率はどの会社も同じなので、H20.7までは、
標準報酬月額×74.98/1000
標準賞与額×74.98/1000
H20.8からH21.7までは76.75/1000になります。
公務員であれば、ご加入の共済組合にご確認ください。

4)健康保険料
政管健保なら、掛け金率は41/1000となります。つまり
標準報酬月額×41/1000
標準賞与額×41/1000
もし組合健保ならご加入の組合にご確認ください。

>昨年度中は1期につき25,000円程の保険料を納めておりました。

健康保険料は、国民健康保険とは違い、給与や賞与によって変わりますので、25,000円とは限りません。

貴方様の給与や賞与がわかりませんのでなんともいえませんが、25,000円の保険料を負担する方の標準報酬月額は62万円となりますので、健康保険料の負担は実際はそれより安くなるのではないでしょうか。

もし、標準報酬月額が20万円なら健康保険料は8,200円、厚生年金保険料は14,996円となり、会社も同額負担します。国民年金保険料が全額自己負担で14,410円とすれば、年金についてはほぼ同じ負担となりますが、将来年金は今より増えます。総じて現在のの国保、国民年金よりお徳かと思います。

雇用保険料率は6/1000、労災保険料には個人負担はありません。
雇用保険料も労災保険料も保険事故が発生すれば失業給付や治療費で帰ってきますので、それを損と考えるのは個人的には間違いだと思います。

社会保険料とは、健康保険料と厚生年金保険料をいいます。いずれも毎月の標準報酬月額とボーナス支給ごとの標準賞与額から保険料が徴収されます。

1)標準報酬月額
概ね、入社した時(ご質問の方は試用期間が終わった時)の給与と月額交通費で決まると思われます。
>今年の4月、5月、6月の所得から算定される
これは、継続的に雇用されている社員の見直しで適用されますが、入社の時はこの方法はとりません。

2)標準賞与額
賞与の額を千円単位にしたものです。

3)厚生年金の保険料
掛け金率はどの...続きを読む

Q国保の保険料

やりたいことがあり会社を退職をして時間を作ろうかと考えています。
その際、保険は国保か任意継続の選択になりますが、会社独自の健康保険組合の社保の為、府管轄の社保より高めの保険料の設定されていて給与天引されていますが、この倍(最高22,900-との参考記事もありましたが)を考えると、国保なのか?と思っていました。最近、国保加入した知人(大阪府東大阪市在住、扶養家族1人あり)の話だと、国保も高額でビックリしたと聞きました。
退職は先の話ではありますが、国保の保険料って、その市町村によって設定されていますが、普通のOLが生活ができなくなってしまうほど目が飛び出る高額なのでしょうか?
他の方の話も「任意より遥かに高い、高すぎる」と聞いて、退職は先の話でも想像を超えた反応でしたので質問させていただきました。
差し支えなければ保険料も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

多分概略を知りたいと言うことでしょうから、おおざっぱな話ですが、

年収で600万超えていれば間違いなく保険料は上限の最高金額になります。
この金額は年間52万~56万位です。

自治体により最高額に到達するのは600万以下でもあり得ます。

そういう話です。

Q国保の保険料、これって高い?

国保の保険料について教えてください。
昨年末に結婚し、仕事も辞め主人の実家へ引っ越しました。
この三月から失業保険を受給できるようになり、国保へ
加入手続きをしたのですが、その保険料を聞いたところ
約1ヶ月25000円だといわれました。
H16年の収入は約二百万円でした。

現在の状況は
主人→会社の健康保険に加入
主人の両親→自営業なので国保加入
ちなみに住民票の世帯は分けずに一緒にしています。

自分なりに調べたところよく分からなかったのですが、
もしかして今回の私の保険料は主人をふくむ世帯全体の
収入によって算出されているのでは?
と思ってしまいました。
実際のところどうなのでしょうか?
あと、保険料の請求は世帯主(義理父)宛てに届くと
聞いたのですが、請求額も世帯全体でまとめて請求
されてしまうのでしょうか?
それとも、加入者ごとに別々でしょうか?

長々とすみませんが、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

根本的な回答がないようなので。

〉今回の私の保険料は主人をふくむ世帯全体の
収入によって算出されているのでは?
いえ。ご主人以外の全員です。

国保は世帯単位です。
住民票の世帯のうち、健康保険(あなたの言う「会社の健康保険」)や公務員等の共済に入っている人を除く全員が国保の単位(世帯)になります。

ですから、あなたは義父・義母の2人だった(国保の)世帯に、新しく入った形になります。
保険料は、国保の世帯全員を対象に計算され、世帯主がまとめて支払います。


人気Q&Aランキング