ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

11月から再就職した先の上司の愚痴や自慢話をうまくかわしたいのです。
その上司は部長で、自分の面接の時からお世話になっています。
1週間ぐらい前に夕食に誘われた時に
2時間ぐらい部長の自慢話を聞かされてから、話を聞くのが嫌になってしまいました。
その後、私と入れ替わりで辞めていった女性事務員の悪口を
すでに退職になっているのに、ぐちぐち言ってくるんです。
そしておしゃべりばかりしてて全然仕事せず、社長から注意された
ことも私に愚痴るんです。
そして会社ではセクハラが最近問題になっているのに
昨日は肩をもんできたんです。
それまで両腕をつかんできたり、背中をたたいたりされて
嫌だったので、昨日は「やめてください」って言いました。
一次面接から、自分の話を「そうですね」って感じで聞いている
ので話を聞いてくれる人と思われているようです。
入社したばかりなので人に合わせて穏やかに話をしていました。
入社2日目から、自分は会社から辞めろと言われたらいつでも辞めるが
君を採用したので辞められなくなったと言われました。
でも一昨日は、体を壊しそうだから辞めるかもしれない、
君は続けていきなさいって言うんです。
お金持ちだから自分は仕事しなくてもいいのだそうです。
最初は心細い気持ちから「辞めないでくださいよ~」って言ってましたが最近はそれならどうぞ辞めてくださいって思うようになってきました。
今後、自慢話や愚痴をうまくかわすにはどういえばいいか教えてください。打ち合わせを朝毎日するのですが、
いすを近づけてきてこちらが少し離れると私のいすを引き寄せて近づけようとするのでそれも困っています。
こんな年齢になってまでセクハラみたいなことで悩むとは思っていませんでした。
ちなみに私は40代前半の独身女性で上司は65歳ぐらいのシルバー人材から来てる、昔経営や、専門学校の先生をしていた人らしいです。

A 回答 (2件)

初めまして。

私は男なので、こういった内容での実際の対処ははっきりと申し上げれませんが、愚痴を言ってきたら、聞いていても聞いてないふりをする。自分も経験ありますが、相手が聞きたくないと思っている時は、会話している自分の言葉が全く浮いてしまいます。通常の方は、そこで気づくと返って恥ずかしくなり急に話をそらしてくると思います。「あ~そうですね、ハイ、ウン」などを口にすると、聞いてくれると思い、思った瞬間から相手はエスカレートしてくると思います。
とにかく、耳に入っても聞いてない素振りをすればいいのでは!?
それとも、KYではないですが、そんな事しても全く気付かないような暴走爺さんなのであれば、はっきりいった方がよいと思います。入社してまもないので、なかなか言いずらいとは思うのですが、なんだかエスカレートする一方なような気がするので。もしくは、笑いながら、毒舌を吐くような事を言ったり、その部長が来たら分かるように避けるなどぐらいしかないのでは。当然、そこに私がいないのでうまく表現はできないのですが、相手に「こいつに言っても・・・」と思わせれば勝ちかな~(勝ち負けではないですが(笑))。しかし、今度はあなたの悪口を言うかもしれませんが、そういう人だと分かっていれば、痛くも痒くもないですよね。一般的なことしか言えませんが、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
やはり、その話は聞きたくないって態度をとるのがいいのですね。
最近では、「こんなことを言われて腹が立った」などと愚痴られた時は、
今後はこのように対処したらどうですか?ってアドバイス的な
感じの受け答えをしていたんです。そうしたらこれから君の言うとおりにするわって言われるんですが、
また同じことを言って来れれるのです。
今の部にはその部長と私の二人なので避けるわけにはいきませんが
嫌な内容の話には返事をせず、KYな状態が続けばそういうことを
言われても(愚痴られても)困りますっていうことにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/01 01:31

すいません。

usakoiです。私の表現もしくは言葉使いがpoorなのであれなのですが、決して最初から敵を作るような対処は好ましくないと思います(相手が人間なので)。嫌みのない程度(少しぐらいあるのは全然構わないですが)に、相手の愚痴返しを言ってやって下さい。それでいて、相手がビクともしないようであればガツンと行きましょう。自分がそこにいれば、色々状況も踏まえ対象出来ると思うのですが、なんせお互い文章なので、お互いにインパクトは伝えづらいですよね!でも、どうにかやっつけてください。応援してます。決して悲観的にならないで下さいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足してくださり、ありがとうございます。
その部長は、経営者側からにらまれて来ました。
仕事が出来ないのに出来ると知ったかぶりしてるので、人に聞けず仕事がまるで進んでないことや、
他の人に話さなくていいことをぺらぺらしゃべって、自分がこんなすごい事を知っているんだ主張してまわって
るので、人事担当者が次の部長を探しているようです。
次の人がどんな人になるか解かりませんんが、まずは今の部長は
時間の問題で辞めさせられるようなので、我慢していこうと思います。
嫌みのない程度に言い返しておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/06 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愚痴だらけの人の心理。教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、まともに聞かない様にしているのですが、それでも愚痴ってきます。
日常会話で入るので、止めきれるものでもなく、大変しんどいです。
また、止めると拗ねるのか無言になり圧力をかけてきます。
(それが耐えられなくて、子供の頃から聞いていた習慣もあったので、今でもそういう風になると自分が罪悪感に捕らわれるという感じになり辛いです。他の人にも同じ感覚になるので、重症だなと思います。)


拒否しても愚痴を言い続けるのは、いったいどういった心理なのでしょうか?
答えを求めていないのは、充分わかっていますが、ストレス発散で喋っているという感じとも少し違う感じがします。

愚痴をいう人は寂しい人だと、何か聞いた事もあるんですが、本当でしょうか?
それなら、私は母の寂しさを紛らわす道具ではないので、余計聞きたくないなと思います。

愚痴ばかりいう人達って、どういった心理が隠されているのでしょうか?
なんか、そういうのが、分かるとこっちも違った目で見られるようになって、楽になれそうな気がするので、どうか教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに「愚痴」があります。
逆説的に述べますと、「愚痴ばかり言う」人は上のような「様々な方法論」を持っていない人です。
しかもひとつの方法に固執すればするほど、他の方法を行わなくなります。なぜならその方法で抑圧からの
開放が十分できているため、「あえて他の方法をためす」必要が無いからです。
(以上のことは全て無意識下で行われていることがほとんどです)
「愚痴」をストレートに止めてしまうのは精神状態が悪くなる恐れがあります。
抑圧からの開放を愚痴に特化する人は自己中心的性格が強い方が多い傾向にあります。
「愚痴」をやめさせるには「愚痴以外の抑圧開放手段」をコツコツ提示してあげるという地味な作業が必要になります。

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに...続きを読む


人気Q&Aランキング