出産前後の痔にはご注意!

現在、私は市街化調整区域に山林という土地を所有しているのですが、
いづれは、ここに家を建てたいと考えているのですが、市街化調整区域で山林を宅地に変更するのは無理と聞いたのですが本当でしょうか?
また、どうすれば変更できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足1



>市街化調整区域が市街化区域に変わるという事っていうのはありえるんでしょうか?

ありえるかどうかは
都市計画マスタープランの
位置づけです。

http://www.pref.aichi.jp/0000006976.html

市町村の将来構想が需要です。
と言っても
市街化編入は
区画整理事業ありきが条件ですから
そんな、甘いものではありません。
    • good
    • 3

>市街化調整区域で山林を宅地に変更するのは無理



市街化調整区域は
市街化を抑制する区域ですから
都道府県知事又は委任市長の許可が必要です。

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu …
建築できるものは
法34条で決められています。

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu …

(13) 市街化区域では困難又は不適当であり、かつ市街化を促進させないもので、開発審査会の議を経たもの。(14号)

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu …

その土地の地域地区で
森林法の保安林であるかどうか
市町村、都市計画課で調べ
上記に示した基準がありますから
それにあうかどうかです。
基準にあえば可能な場合がありますが
他法令(森林法)の許可見込みがあるかどうか
最重要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変勉強になりました ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/02 22:05

ネット検索で「市街化調整区域」で検索してみてください。


かなりの情報がヒットします。

http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeu …

など。

基本的に建築不可と思ったほうが無難です。そのためにタダ同然の固定資産税なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
残念です。 今後、市街化調整区域が市街化区域に変わるという事っていうのはありえるんでしょうか?

お礼日時:2008/12/01 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山林に家を建てる場合の費用

売り出し中の山林に興味があります。

普通に一戸建てを建てたいのですが、普通の宅地以上に費用が掛かると思われます。
一般的で構いませんのでプラスα掛かる費用の項目を教えてください。
そもそも山林に家を建てて良いのかも知りません。

ちなみに
・ど田舎
・約200坪 木ばっかり
・電柱あるのかな~?

よろしくお願いいたします。<(_ _)>

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、同じく元山林に家を建築予定の者です。
金額はここで聞いてもハッキリは出ないでしょう(情報が少ないため)。
私の場合を参考までに…
約140坪(隣接6m道路、その道路まで水道が通り、電柱あり、市街化調整区域、下水無し)
うちの場合は整地まで友人の不動産屋がやってくれたので無料でしたが、
伐採(木材撤去も)
土の除去(恐らく土が柔らかく、数十センチ取り除く必要があります)、盛土、浄化槽の設置(市町村によっては補助金あり)、水道引き込み(距離により金額がかわります)、擁壁?。
今思いつくのはこのぐらいかな?+申請費用。
伐採からすべて自己負担だとしたら300万~500万はかかるのではないかと。もっとかかるかも。

土地の条件によっては建物を建てることすらできない可能性も十分考えられます。

Q山林の宅地利用について

格安の山林が売りに出ており、一戸建てを二軒建てられないか検討しています。
周囲の地価と比較すると破格なので、整地などが相当大変な土地なのかと迷っています。

山林を宅地利用する際の、整地費用など土地以外の負担金がいくら程度かかるのか、もしくは、不動産屋さんに何を確認すべきなのか、分かる範囲で結構ですので教えていただきたいです。

土地の広さは約600m2で、不動産屋さんの情報は以下の通りです。

■都市計画:市街化区域
■用途地域:第一種住居地域
■建ぺい率:60% ■容積率:200%
■道路:西側約5.7m公道に約5.0m接道
■ガス:都市ガス
■上下水道(上下水道負担金別途必要)
■土地権利:所有権
■地目:山林
■引渡:相談
■他の法令上の制限:開発許可必要

現場はまだ見ていませんが、写真を見た所、敷地が小山のように盛り上がっていて、木が鬱蒼と生えている状態です。

ちなみに、周囲には住居、公共施設が建っており、地盤は強い地域と聞いています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。
公道であっても建築基準法上の道路でない場合もありますが、それはまあおいといて。

600m2で坪8万なら総額1000万ほどですよね。
土地の形が悪いみたいですから、区画の割り方が難しいでしょうし、旗竿地もできるかもしれません。3区画取れたらいいほうでしょうか。仮に道路に取られる分が100m2とすると売り物になるのが500m2、形が悪いと思うので仮に坪40万で売るとすれば、500m2は150坪ですから6000万ですね。売値は区画数にもよりますが。

1000万で仕入れて、造成工事その他の経費が4000万かかっても、6000万で売れたら1000万の儲けですよね。そんな土地なら良い物件ですけどね。

プロが手を出さないのだとしたら、何か問題があるか?あるいは造成工事にものすごくかかってしまうのか?

いずれにしてもまともな物件ではないようです。

Q山林の固定資産税と維持費について教えてください

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわか...続きを読む

Aベストアンサー

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法...続きを読む

Q壊さないといけないのでしょうか?

お世話になります。
10年位前に市街化調整区域に土地を購入いたしました。そしてそこにプレハブを建てて(約30坪)家が小さいため倉庫として使用していました、一ヶ月くらい前に、隣の人が、家らしき基礎を造り始めました、そうしましたら、市役所から電話で、近所からの通報で、市街化調整区域に建物を建てている人がいるので取り締まって欲しいとの事で、隣の人の建築は止めさせましたが、貴方のも違法なので取り壊しになると思いますと、告げられました、本当に取り壊さないといけないのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「市街化調整区域に建物の建築はダメ」といったら、身も蓋もないので、質問者さんがプレハブ倉庫を現状維持できる“可能性”を検討してみたいと思います。
下記の提案の中で、可能性があると思われたら試して下さい。いずれも合法的な対応です(市との交渉成功の可能性についてまで保証しませんが…)。

1.さて、都市計画法43条に、市街化調整区域において知事の許可が不要でも建てられる場合が列挙されています。そのうち、4号と6号の規定が「プレハブ倉庫」に該当しないかという可能性を検討してみて下さい。

都市計画法43条
4号.仮設建築物の新築
6号.通常の管理行為、軽易な行為その他の行為で政令で定めるもの

ここでいう「仮設建築物」は、例えば工事現場の仮設建物をいうものと思うのですが、質問者さんの「プレハブ倉庫」も同様の建物に該当しませんか。
なぜ、「プレハブ倉庫」は、10年間も通報がなかったのに、隣地では建物の基礎だけで通報されたのでしょうか。おそらく、近所の方にとって、「プレハブ倉庫」は仮設建築物と同等と思われていたと推察されます。
住宅と簡易な倉庫では、法規制も全然違うと思います(隣地で建築差し止めされたことに、何ら遠慮する必要はありません)。

 「政令で定めるもの」というのは、「既存の建築物の敷地内において行う車庫、物置その他これらに類する附属建築物の建築」または「主として当該建築物の周辺の市街化調整区域内に居住している者の日常生活のため必要な物品の販売、加工、修理等の業務を営む店舗、事業場その他これらの業務の用に供する建築物で、その延べ面積が50平方メートル以内のものの新築で、当該市街化調整区域内に居住している者が自ら当該業務を営むために行うもの」などをいいます(都市計画法施行令35条)。
「プレハブ倉庫」は、これらの条件に該当しませんか。

質問者さんがお住まいの市は、建築主事という資格者がいる市だと思いますので、市の建築指導課で交渉してみて下さい。

2.課税面からの対応について。「プレハブ倉庫」の敷地は、宅地として固定資産税が課税されていませんか。
 「宅地」というのは、「建物の敷地及びその維持もしくは効用をはたすために必要な土地をいう(不動産登記事務取扱手続準則117条)」のですが、市の資産税課が「宅地」として課税していれば、市の資産税課は「建物の敷地」としての資産価値を認めたことになります。

 さて、ここで矛盾が生じます。市の資産税課は「建物の敷地」として課税し、市の建築指導課は「建物を取り壊せ」という。

 固定資産税評価証明書を見せて、「今まで宅地として課税してきたのだから、市も建物の敷地であることを認めている」と、市の建築指導課に言ってみて下さい。それでも、市の建築指導課が強硬なら「固定資産税を雑種地並みに下げて(宅地の半分以下に)、過去10年間に遡って利息を付けて還付せよ」と主張してみて下さい。

 固定資産税の評価はあまりにもミスが多いので、地方税法の定める5年間還付ではなく、条例で10年間還付をすることが、市町村の実務では主流になっています(下記、参考URLに新潟市の条例HPを貼っておきます)。

参考URL:http://www.city.niigata.niigata.jp/youkou/honbun/135.PDF

「市街化調整区域に建物の建築はダメ」といったら、身も蓋もないので、質問者さんがプレハブ倉庫を現状維持できる“可能性”を検討してみたいと思います。
下記の提案の中で、可能性があると思われたら試して下さい。いずれも合法的な対応です(市との交渉成功の可能性についてまで保証しませんが…)。

1.さて、都市計画法43条に、市街化調整区域において知事の許可が不要でも建てられる場合が列挙されています。そのうち、4号と6号の規定が「プレハブ倉庫」に該当しないかという可能性を検討してみて下...続きを読む

Qどのように市街化調整区域内の畑を宅地にしていくのでしょうか。

こんにちは。いつもお世話になってます。

調整区域に住んでます。多少不便ですが、静かなところが気に入っています。

調整区域とは言っても、徐々に今まで畑だった場所が、飲食店やコンビニに変わっていきます。

あるいは、大きい畑が10件位の宅地に変わっていく場合もあります。個人的に残念です。


1.調整区域内の畑を宅地にする場合。どういう扱い(行政手続)を踏んで宅地にするのでしょうか?

2.規制などの面から、業者にとっては、市街化区域内の畑を開発する場合と比べて、どちらが効率的でしょうか?

3.耕作面積を減らす目的で畑を売却するのは、後継者不足が主な原因でしょうか?

ご存知でしたら教えて下さい。
素人な者で、質問文におかしな部分があるかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。。。静かなところが気に入っていたにも関わらず、まわりが「がやがやしていく。」気の毒なことです。
 
さて、お尋ねの件。ざっくりとした回答しかできずに恐縮ですが、ご参考まで。
 
* 都市計画法が改正(?)され、「市街化調整区域」であっても、現在は事実上簡単にいろいろなものが建設できるようになっています。このことを規制するために例えば「都市計画法に基づく開発行為等の基準に関する条例」を県が設定し、さらに市町村が例えば、「都市計画法に基づく開発行為に係る技術的細目の強化等に関する条例」のような条例を制定します。
 
* 「調整区域内の畑を宅地にする場合について」ですが、お住まいの自治体がどの程度の規制をかけているかによります。従って、断言できないのですが、例えば「調整区域内の畑を宅地にする場合」は「自己の居住」に使うかどうか、業者が宅地開発事業に使うかで、手続きが異なってきます。基本的には建設したい方が、当該自治体の「都市計画課」に行って「開発指導要綱」をみて、問題なければ建設に入るというだけです。(条例の規制は当然かかります。)
 
* 市街化区域内よりも市街化調整区域のほうが一般的に土地代が安いということに最大のメリットがあります。 
 
* 市街化調整区域内の畑を売却するのは後継者不足によるか?  「耕作放棄地が日本全国増えてきている現状」を考えるとそれだけが原因とは考えられませんが、大きな要因だと思います。
 
 =都市計画法に関しては、検索エンジン(GOO等)で調べればでてきますので、お手数ですがご自身で検索ください。
 
ご参考まで。
 

こんばんは。。。静かなところが気に入っていたにも関わらず、まわりが「がやがやしていく。」気の毒なことです。
 
さて、お尋ねの件。ざっくりとした回答しかできずに恐縮ですが、ご参考まで。
 
* 都市計画法が改正(?)され、「市街化調整区域」であっても、現在は事実上簡単にいろいろなものが建設できるようになっています。このことを規制するために例えば「都市計画法に基づく開発行為等の基準に関する条例」を県が設定し、さらに市町村が例えば、「都市計画法に基づく開発行為に係る技術的細目...続きを読む

Q市街化調整区域の土地売買

必要に迫られ市街化調整区域に指定されている農地を売る事になりました。(現在は只の空き地状態です)
買い手(不動産屋)の目的は宅地としての利用です。
・農地なら○○万円、宅地なら○○万円と価格が二つ出て来てます
・しかし不動産屋が農地を購入する事は出来ないから、先ず売り手で宅 地に変換、その後に買うと言ってます
・農地価格と宅地価格にある程度の差が有ります
 
そこで教えて頂きたいのは
・普通は不動産屋は農地で買って自分の手で宅地にした方が安くなるの ではありませんか?(価格差を考えると、そのほうが合理的です)
・それとも農業目的ではないので購入資格がないのでしょうか?
・農地から宅地への変換は現在の地主でなければ出来ないのですか?
これら以外に何か注意しておく事はありますでしょう
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>普通は不動産屋は農地で買って

農地を農地として取得するには農業従事者しか取得できません。
農地法3条許可

>それとも農業目的ではないので購入資格がないのでしょうか?

転用(建築)目的が都市計画法の許認可要件があれば取得できます。
農地法5条許可

>農地から宅地への変換は現在の地主でなければ出来ないのですか?

登記簿地目の宅地は、建物があるから宅地になる。
なければ、宅地にならない。

市街化調整区域内でできる開発行為
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm

土地(農地)を取得したい人が、そこで何をしたいか、これが重要です。

Q上下水道 引き込み工事の相場は

公道(市)から、2mで宅内に上下水道を同時に引き込む工事で、見積もり50万円は高くないですか?水道局納付金は含まれていません。
口径20mm、市道は4m幅の砂利敷きで、細かい見積もりを見ると申請手数料、材料費、ガードマン代など30項目もあり、市中の大工事の有様。施工費もカット代、接続代など細かく分かれていて、半日で終わる作業が計30万円位になってます。
材料代もホームセンターなどの小売価格の5倍くらいに書かれてます。
材料費も人件費も何人が何日とリーゾナブルに見積もれば20万円くらいと思われますが、指定業者さんは皆こんな感じでしょうか?
隣町の業者は出来ない工事で、競争が全くないためこうなのでしょう。
危険と責任を伴う工事とはいえ異常ではないでしょうか?

ホームページで各地に支店をもって安くやっているなんて会社ありましたら教えて下さい。

上記は千葉県千葉市の例ですが、安くやった方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4,6です。

確かに、ここまで諸経費を取って商売をしているのは日本くらいでしょ
うね。私も確かにそこの部分に関しては思うところがあります。

商品を買うにしても、メーカーから直接購入する事が出来ず、商社,
販売代理店を経由して、工事業者へとやってくる流れなのでしょう。
2~3社が間にかんでいる分値段も高くなってしまいます。

しかし、工事は専門家に任せなければいけないのが現実です。
金額、施工業者に納得がいくまで検討、協議して下さい。
各地に支社を持っているような会社であれば、安く材料費を調達
しているでしょう。でも考えてみてください、大手HMでも
大量に資材を調達しているのは間違いないと思われますが、坪単価
は高いですよね。会社が大きくなれば資材とは逆に人件費がかさんで
来てその分を工事に上乗せせざるを得ないのです。
(私は中小の建設会社ですので、経費は少ないですが材料費は
それほど安くは入りません)

難しいですね・・・

Q市街化調整地区での建築許可申請について

こんばんわ。
市街化調整(既存宅地)購入契約を結びました。
契約時仲介不動産屋さんには間違いなく建築許可はおりるとのことを言われました。実際自分でも管轄市役所の開発課に口頭(電話)でお尋ねしたのですが、恐らく問題ないとのことを言われ、そんなに心配はしないのですが・・
でも、実際土地の代金実行期限が迫って来ていて、やはりきちんとした書類での建築許可をもらって無いことに少し不安があります。
建築許可申請を出してからだと、許可がおりるまでは3週間ほどかかるとのことです。土地の実行期限は後1ヶ月あまりしかありません。
現状建築屋さんとは打合せの最中で話がつめ切れておらず、契約の段階ではありません。
何かいい方法がありませんか?
どなたか詳しい方ぜひ教えてくださいませ。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

◆市街化調整区域の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

実は、購入側が素人(一般人)の場合は特に、市街化調整でも農地転用でも売主(地主)が市街化区域や宅地への転用手続きを行い、その後に決済(支払いと登記手続き)を行う契約とするのが鉄則なのです。

口約束ではなんとでも言えますが、「間違いなく建築許可が下りる」なら、なぜ売主は宅地に転用手続きをして土地価値を上げないのでしょうか・・・。
答えは簡単です。「面倒だ(時間がかかる)から」「転用できる保証がないから」です。

役所は口頭では確約しませんし、許可が下りなくても責任をとることはしません。時間の保証もしません。

私はこれまでに何度も同様な土地の購入をしてきましたが、いつの時でも売主の責任で市街化区域や宅地への転用をしてもらっています(=手続きが済んでから本契約を完了する)。手続きがスムーズに行くように見えてもうまくいかなかったり、時間がかかったりすることは稀ではなく、その分は当然土地価値(価格)に影響してくるからです。

「いい方法」はありません。段取り通り宅地手続きが進むことを祈るか、建築許可まで代金実行期限を遅らせ交渉をするか、しかありません。支払い期限を遅らせるのは延滞金や違約金が発生するので現実的ではありません。
また、現状での土地所有者はまだ売主ですから、買手が許可申請手続きを行うことはできません。

売主に許可申請手続きをするようにお願いしても、許可申請が下りる前に土地の所有者が変わると申請のやり直しになる可能性が大きいですから急がなくてはなりません。当然、宅地と調整区域では土地価値が変わりますので、それなりの金額追加をすることになるかもしれません。

購入後に支障なく建築許可が下りることを祈ることしかないように見えます。

◆市街化調整区域の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

実は、購入側が素人(一般人)の場合は特に、市街化調整でも農地転用でも売主(地主)が市街化区域や宅地への転用手続きを行い、その後に決済(支払いと登記手続き)を行う契約とするのが鉄則なのです。

口約束ではなんとでも言えますが、「間違いなく建築許可が下りる」なら、なぜ売主は宅地に転用手続きをして土地価値を上げないのでしょうか・・・。
答えは簡単です。「面倒だ(時間がかかる)から」「転用できる保証がないから」です...続きを読む

Q市街化区域かどうかはどうやって調べるのか?!

いつも勉強させていただいています。

今マイホームを検討中なのですが、住宅ローンを審査していただくのに「市街化区域および用途地域の指定がある非線引区域であるか、
市街化調整区域、用途地域の指定のない非線引区域、離島、保留地、仮換地であるか」を調べないといけないのですが、どうやって調べることができますか?!

教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

市街化区域かどうかを調べるには、市役所や区役所で訊ねてください。
都市計画を担当する課があります。課の名前は概ね都市計画課です。
用途地域は、都市計画図を手に入れます。そこで有料でも手に入りますが、最近は市などのホームページで公開しています。

限定した土地の詳細を知りたいのであれば、法務局や支局、出張所にゆき、登記簿謄本を取得します。
その土地の地目も権利関係も面積等も分かります。
この際、地番と住所表記は微妙に違うので、公図を確認できる専用端末があれば調べられます。無ければ担当者に聞いてください。

Q都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

昨日、役所より上記に関して事情聴取を行いたいので来庁するようにと呼出通知書が配達証明で送られてきました。

物件は市街化調整区域に建っており2年ほど未入居で、市からやっと販売の許可が出たということで3棟のうちの1棟を購入しました。
引っ越して3ヶ月ほど経ちます。

市街化調整区域は色々な条件があると言う事で、後々困らないように契約の際、第三者の方に書類のチェックと住宅ローンの審査に大手銀行が3週間ほど徹底的に調査しましたが、問題ないとのことで購入できました。
購入してから電動シャッターを取り付けただけで他に改築などはしておりません。

現在、仲介業者が設計事務所や売主の不動産屋と確認作業をしているとのことです。(私から役所にはまだ確認しておりません)
昨日の今日でまだ何も状況がわからなく、心配で仕方ありません。

いったい何が原因だと考えられるのでしょうか?
このまま住めなくなってしまう可能性はあるのでしょうか?
ペナルティーなどはあるのでしょうか?

お詳しい方、経験のある方アドバイスや対処法などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

昨日、役所より上記に関して事情聴取を行いたいので来庁するようにと呼出通知書が配達証明で送られてきました。

物件は市街化調整区域に建っており2年ほど未入居で、市からやっと販売の許可が出たということで3棟のうちの1棟を購入しました。
引っ越して3ヶ月ほど経ちます。

市街化調整区域は色々な条件があると言う事で、後々困らないように契約の際、第三者の方に書類のチェックと住宅ローンの審査に大手銀行が3週間ほど徹底的に調査しましたが、問題ないとのこと...続きを読む

Aベストアンサー

今時まったくもって不思議な状態ですね。
開発の要件はたくさんあるのでここで限定はできません。
条件を整理してみます。
銀行はOK→詳細内容まで見れないと思いますが書類は揃っていたということ。
2年で市の許可がでた→建売不可の土地だったかもしれませんね。それで自己用の住宅として(社長などの個人名?)開発を出したのかもしれません。
考えられることは
(1)開発許可を受けていない←これは書類チェックしたようなのでほぼ考えられません。
(2)開発許可の検査済証を受けてない←設計が違うかもしれないし、手続き忘れかもしれませんがこれを受けてないとすると建築確認申請の検査済証もとってない可能性があります。
(3)開発許可に何らかのズルがある。←これは悪意がなきゃできないでしょうが1棟の許可で地番が同じ○○の一部なんて時は同じ設計で流用する可能性があると考えました。もしこれだと全くの違法です。
(4)2年前というと法改正H19.11.30施行というのがあります。これに関する可能性もあるかもしれません。
と考えてみましたが全く条件不足で本当はどうだかは結果はわかりませんよ。

ペナルティーは43条違反は50万以下の罰金です。取り壊しは無いかもしれませんが最悪の状況は住めない可能性もありますのでそういう場合は契約不履行になるでしょう。あなたが払う必要になるかどうかそこまでことが大きくなるかどうかもわかりません。

が、起因者はあなたではないので恐れることはありません。
役所言葉で出頭と使いますが別にすぐ逮捕されるわけでもありません。
電話して何日に行きたいといえば約束をとってくれるでしょうし、その時建築士などを連れていくべきか聞けばよいでしょう。
建築の違反者の代理で役所にいったことがありますが、(法人)個人の場合は建築士などと一緒にいかれたほうが安心かとは思います。信用できるなら建築に携わった建築士を連れていくのもいいですが悪意がありそうならお勧めしません。もちろん同行者をつけるなどなくても、まずはとりあえずわからないなりに役所に行くのがいいでしょう。役所で今後どうしたらいいのか言ってくれるはずです。私の時には1か月くらいの内に対応を決めて報告してくださいと言われました。その時は是正工事を建築士監理のもとに行いました。罰金はなしでした。
怖くはありませんので心の準備をして早めに電話してから行きましょう。

今時まったくもって不思議な状態ですね。
開発の要件はたくさんあるのでここで限定はできません。
条件を整理してみます。
銀行はOK→詳細内容まで見れないと思いますが書類は揃っていたということ。
2年で市の許可がでた→建売不可の土地だったかもしれませんね。それで自己用の住宅として(社長などの個人名?)開発を出したのかもしれません。
考えられることは
(1)開発許可を受けていない←これは書類チェックしたようなのでほぼ考えられません。
(2)開発許可の検査済証を受けてない←設計が違うかもしれないし...続きを読む


人気Q&Aランキング