あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

辞書で調べたのですが 懐疑論 「人間の認識は主観的相対的であるとして、絶対的真理の認識の可能性を疑い究極的な判断を中止する思想的態度。懐疑主義。」 と表示されたのですが 僕にはさっぱりわかりません。 この意味を教えてください。

A 回答 (1件)

懐疑するとは、自分がもうすでに分かっていると言うことを疑うことです。

もう分かっていると言うものの中には、人の物を盗んではいけないとか、人を殺してはならないとか、私は今生きているとか、昨日私仕事に行ったとか、学校に行ったとか、それこそ全てを疑ってみることによって、自分が本当に分かっていることは何なのか、自分が分かっていると思っていたのに実はそれが誤解であり、自分は分かっていなかったのだということは何なのかなどを一つ一つ見つけて行く態度を懐疑論的な態度と言います。この態度を実際に実行して究極まで押し進めたのがモンテーニュの『随想録』です。この本はとても面白いですから、是非読むことをお薦めします。岩波文庫で手に入ります。超高等な話から超下ねたの話まで、人間の行為のあらゆることを一つ一つまな板に挙げて、これでもかこれでもかと、我々がもう分かっていると思っていた考え方を覆してくれます。

この態度を徹底的に進めて行くと、結局我々は何も分かっていないばかりでなく、何も結論を出すことができないと言うことになってしまいます。したがって、全てのことに対して判断を中止せざるを得ないと言う結論にまで到達してしまいます。事実モンテーニュは、自分の座右の銘は「我、何をか知る」であると言っています。今様に言えば、「私は何かを知っているのだろうか?」です。彼はもし誰かが「私は何も知らない」と言ったら、貴方が間違っていることを説得する論理を提示していますし、「私は何かを知っている」と言っても、貴方が間違っていることを説得する論理を提示してしまいますから。

このように、モンテーニュの出現によって、懐疑論は究極的には判断の中止という非生産的な結論を導き出すことになってしまったのです。ところがデカルトがその後それを逆手に取り、全てを疑っても、それを疑っている自分がいる事は疑えないと言う結論に到達しました。それを彼は「我思う、故に我あり」と表現しました。ですから、判断が一つで来たのです。そこで、デカルトの懐疑論は、建設的(あるいは生産的)懐疑論と呼ぶことができます。

デカルトは近代哲学の父と呼ばれていますが、この意味で、デカルトの出現を用意したのはモンテーニュなのです。ですから、近代哲学を本当に理解したいなら、モンテーニュは必読の書です。

この回答への補足

>>懐疑するとは、自分がもうすでに分かっていると言うことを疑うことです

よくわかりました。ありがとうございました。


下まで読ませていただきました。詳しく書いていただきありがとうございます。 勉強になりました。 随想録 買って読んでみようと思います。


ちなみに人為的地球温暖化懐疑論 の意味が知りたくて質問させて頂きました。

本当にありがとうございました。

補足日時:2008/12/05 20:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qモンテーニュの「エセー」

こんにちは。
ある本にモンテーニュの「エセー」の中の一文が
2,3個、紹介されていて、結構面白そうな本だ
なと思ったのですが、哲学とかを特に学んでるわけ
でもない一般の学生にとって、難しい本ですか?

読んでみるには購入が必要ですが、立ち読みでは
難しいかどうかなんて判断できませんし、あまりに
難しい本は挫折しがちな性格なので…

Aベストアンサー

この本は哲学に興味がある方にとっても、また、ない方にとっても、共に大変読み易い本です。私は何方にも、この本を読むことを薦めています。ただし読み方にコツが在ります。先ず、解説を読まずにいきなり本人が書いた部分を読むべきです。この本はそもそもエセーすなわち随筆ですから、各章が一見バラバラな内容で、超崇高な題材から、超下ねたまで、人間のあらゆる行為をまな板にあげて論じていますので、本を順番通りに読む必要が在りません。面白そうな見出しから自分で勝手に順番をつけて、読んだ所に印を付けながら読み進んで行けば良いのです。

どんな名著にも、読む時期と言うものが在ります。質問者さんは既に、この本の幾つかの文を読んで「結構面白そうな本だなと思った」のですから、質問者さんにとっては機が熟しているのだと思います。この本を是非楽しんで下さい。

この本は、一見どんなに優れた説得力のある論理に対しても、その反対の論理にもまた説得力のある論理が在ることを、一つ一つ具体的に示してくれると言う意味で、懐疑論の権化とも言える本です。事実、西洋哲学史のなかで、この本は懐疑論を究極まで押し進めた本として評価されています。モンテーニュ自身、懐疑論を徹底的に押し進めると、結局あらゆる物には両面が在るので、我々はその是非を決めることができないという、所謂「思考の停止」以外にないという意見に到達しています。

この思考の停止を何とか打破しようとして、何とか懐疑論を生産的に使えないものと苦しんだ末、デカルトが「我思う故に我あり」と言う形で「生産的懐疑論」を構築したのです。ですから、デカルトの仕事はこの本の回答としてなされたと言う側面もあります。将来デカルトに付いて理解したいと考えるようになった方にも、この本は必読の書だと思っております。

私は自然科学者ですが、この本を読んで、どんなに理屈の通った理論でも、その反対が正しいことも在り得ると言うことを教わりました。そのことは、自分の研究で、独りよがりする危険を教えてくれました。その結果、私は自分がどんなに自信を持っている意見を述べるときにでも、それを覆す意見も同時に考えながら述べていると言う習慣を身につけることができるようになりました。

また、この本に出てくる面白い話の題材が、多くの場合ギリシャやローマの古典から採られているので、どうしてもその元の出典を読みたくなってしまいます。ギリシャやローマの古典のどの本を読んだら良いのかを教えてくれると言う意味でも、それらの古典の大変良い入門書です。

この本は分厚い本ですので、しばしば抜粋のダイジェスト版が在りますが、そんな一部だけを読むのではなく、最終的には全部を読むべきです。大変面白いので、本の厚さが気にならず一気に読めてしまうことを保証致します。また全てを読んでおけば、その本の専門家も含めて誰かとその本に付いて語り合うときに、「私の記憶では、モンテーニュはそんなことを書いてはいなかった」と自信を持って言えるようになります。この自信は、貴方が生きて行く上の自信にも繋がり、貴方にとって貴重な財産になるはずです。この本を読み切ったと言うだけで、貴方は思索をする者としてある高みに登った人間になって居りますので、その高みに登る努力をすることをお薦めします。岩波文庫で読めば、安いし運び易いので便利だと思います。

この本は哲学に興味がある方にとっても、また、ない方にとっても、共に大変読み易い本です。私は何方にも、この本を読むことを薦めています。ただし読み方にコツが在ります。先ず、解説を読まずにいきなり本人が書いた部分を読むべきです。この本はそもそもエセーすなわち随筆ですから、各章が一見バラバラな内容で、超崇高な題材から、超下ねたまで、人間のあらゆる行為をまな板にあげて論じていますので、本を順番通りに読む必要が在りません。面白そうな見出しから自分で勝手に順番をつけて、読んだ所に印を付...続きを読む


人気Q&Aランキング