慢性のアレルギー性鼻炎のひどい鼻詰まりが、薬でもレーザーでもよくならず、外科的な手術を勧められました。
 ネットで調べてみると、一週間の入院と全身麻酔での手術ということから、下甲介切除術思われます。そこで伺いたいのですが、この手術で、切除した所の腫れが再発することはあるのでしょうか。あまり簡単に再発するようだと、手術を躊躇してしまいます。また、この手術は上唇の裏から切開して行うような大掛かりなものなのでしょうか、それとも鼻の穴からメスか何かを入れるのでしょうか?
 経験者の方、専門家の方、おられたら是非とも教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も最近知ったのですがアルゴンプラズマ治療というのがあってレーザーだと点で焼いていくのをこれだと面で焼いていくので確実性が高いとのこと。


確か、料金的にも1回7,000円くらいだったと思います。
時間も数分で終わり痛みもないそうです。
もちろん入院もなく1回のみなのですがその効き目は1年くらいだそうです。

行ってる病院も限られているようなので『 アルゴンプラズマ』で検索してみるといろいろ情報が得られます。

実際の経験者ではないので良いかどうかははっきりわかりません。

私もアレルギーがあるのでいろいろ調べている最中です。


少しでもお役にたてれば良いですが(^^;

お大事になさってください。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「臭覚の障害」
「アレルギー性鼻炎」

手術をするという事は「アレルギー性鼻炎」で「臭覚の障害」があるのでしょうか?

補足お願いします。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- … http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ