四歳の息子が12月31日より頭痛を伴う発熱をし、1月10日入院、13日よりかかとと首の後ろを痛がり、座ることが出来なくなり、最初は髄膜炎との診断だったのですが、脊髄炎かギランバレー症候群の疑いがあると診断されました。ガンマグロブリンの投与により、症状が改善、その後リハビリをして、2月22日まで微熱がありましたが、今は良くなっています。最終的には急性脊髄炎と診断されたのですが、診断が一転二転しており、急性脊髄炎の病状について、また、予後のこと、再発のことなど、詳しく知りたいので調べる方法等、ご存知の方がありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

診断が一転、二転したのは、診断そのものが困難だからです。


初めの頃の症状は、発熱と頭痛だったのですね?恐らく首も固く(項部硬直)なっていたのでしょう。そうすると、やはり初めに疑われるのは髄膜炎でしょうね。腰椎穿刺による髄液検査も行われ、若干の細胞数の増加や蛋白の増加も認められたのでしょう。
その後、続いて、四肢又は両下肢の運動・感覚障害も出てきたのでしょうか?ギラン・バレー症候群では末梢神経がおかされ、近位筋(体幹に近い筋肉)の弛緩性麻痺と軽度の感覚障害がみられます。一方、急性脊髄炎では、中枢神経である脊髄がおかされ、おかされた脊髄の高さ以下の四肢・体幹の運動・感覚障害、膀胱直腸障害などがみられるわけですが、初期には弛緩性麻痺の形を取り、後に痙性麻痺になってきます。従って、初期には末梢性麻痺と同様な所見となるため鑑別が困難です。(ただし、ギラン・バレー症候群では、髄液の細胞は増加せず、蛋白のみが増加するという細胞・蛋白解離という所見となりますが)
脊髄のMRIを行えば、脊髄炎であればおかされた脊髄の輝度の変化(正常の脊髄に比べ、ある撮影条件では黒く、別の条件では白く見える)と腫脹・浮腫が認められ、ギラン・バレーでは異常がないという所見が得られるでしょうが、4歳のお子さんに鎮静剤も使わずに15分から20分くらいの間動かずじっとしていてもらうのは困難ですから、なかなか検査に踏み切れなかったのかもしれません。

最終的にはリハビリを行い症状も改善されたとのこと、大変幸運でしたね。急性脊髄炎の場合、患者さんによっては症状の完全な回復がみられず、歩行障害や膀胱直腸障害などの後遺症が残ることもありますので。よくきちんと治していただけたものだと思います。

予後に関しては、完全に炎症所見が消失し、麻痺や感覚障害が回復していれば、心配いりません。再発することも一般的にはないと考えられます。診断がなかなかつかなかったことを不審に思われるよりも、きちんと治していただいたことを感謝すべきかと思います。退院するまではまだまだご不安のこととは思いますが、医師を信頼して、不明なことがありましたら質問してよく説明してもらって下さい。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 まさにそのとおりだと思います。子供が良くなって、お世話になった先生方、看護婦さん達に大変感謝しております。いろいろ丁寧に説明していただいたおかげで、適確な処置をしていただいた事と、無事治ったことが大変幸運だったということが解りました。
 経過については、お察しのとおりです。MRIの検査はしていただきました。少し異常が認められたそうです。髄液の細胞の増加はありました(200)。蛋白は少し増加が見られたようです。病院の先生には、説明していただきましたが、一度聞いただけでは、よく解りませんでした。naokunさんの丁寧な説明で、とてもよく解りました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 21:18

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「髄膜炎」
「脊髄炎」

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(組換え沈降B型肝炎ワクチン)
この中で外国の副作用報告に関連疾患の記載があります。

これは関係ないかもしれませんが・・・?
http://www.tokyo-eiken.go.jp/biseibut/2000/tbkj2 …
(手足口病の流行)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(手足口病)
関連リンク先も参考にして下さい。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- … http://www.halph.gr.jp/kaisetu/kai157.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返答ありがとうございました。早速、参照させていただきました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/02/27 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性喉頭炎(コウトウ炎)

病院に行って急性喉頭炎(コウトウ炎)と診断されました。
薬をもらってるのですが、ムコダインやムコスタ錠等のとても一般的な薬しかもらっていません。
喉頭炎は一般的にどのくらいで完治するのでしょうか??

また、急性と慢性はどのくらい完治に時間がかかるのでしょうか??
詳しい方いましたら教えて下さい!

宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

声がかれていますか?
喉頭炎なら、ステロイドの吸入が有効だと思いますが、されました?
去痰剤と胃薬だけでは直接的な治療になりずらい気がしますが、抗生物質は処方されませんでしたか?
ただ、急性喉頭炎といっても程度の差は色々だと思いますので、実際に診察した医師の判断、方針などによっても治療内容やその後の経過が違ってくると思います。
いずれにせよ、のどの安静を保つことも大事ですので、できるだけ話さず安静にしてください。
お大事に。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/koutoukyuusei.htm

Q髄膜種に有効な代替治療はありますか?

知り合い(30代女性)が髄膜種と診断されました。
約1年前に診断され3cm程の大きさで、痙攣発作
もあります。ところが本人は開頭手術、放射線、
抗癌剤による治療は拒否しています。
代替治療(免疫療法等)に理解のある病院、お医者
さま等の情報を是非お願い致します。

Aベストアンサー

>患者側は常に自分のケースしか 見えないため、1例でも他の悪い結果を見せられると「やはり大丈夫ではない」と考えてしまうからなのでしょうか。

その気持ちはよくわかります。一人一人の患者さんにとっては0%か100%しかなく、私も術前の説明の時には「合併症の危険性は○%位ですが、あなた(又は家族の方)にとっては何か起こってしまえばそれが100%ですからね。そのことをご理解・納得されてなおかつ手術を選ばれるならお引き受けします。」とお話しして承諾を得ています。その説明に感激される方もいらっしゃれば、逆に他の医療機関に行って手術をお受けになる方もいらっしゃいます。それはそれで仕方のないことと考えています。合併症が不幸にして起こってしまった場合には、原因や経過について誠心誠意説明し、治療にも当たらせていただく覚悟ではおりますが、どんなに誠心誠意になってもその方の身代わりになったり一生面倒を見させていただくことは不可能ですし、患者さんや家族の方も心の底から完全に納得することは出来ないでしょう。手術の説明(危険性も含めて)を受け、医師に手術を依頼すると言うことは、患者さん側にもそれだけのリスクを負う責任が発生することであると私は思います。従って、あくまでも、強制や誘導ではなく、患者さんの自由意志にゆだねるしかありません。

脳外科におけるホリスティック医療や代替医療に関しては、残念ながらよくわかりません。脳外科の知り合いの中には、「生体エネルギー」の様なことを真剣に研究している人もいましたが、私は門外漢ですのでコメントは出来ません。積極的に研究している機関についても寡聞にして存じ上げておりません。

>患者側は常に自分のケースしか 見えないため、1例でも他の悪い結果を見せられると「やはり大丈夫ではない」と考えてしまうからなのでしょうか。

その気持ちはよくわかります。一人一人の患者さんにとっては0%か100%しかなく、私も術前の説明の時には「合併症の危険性は○%位ですが、あなた(又は家族の方)にとっては何か起こってしまえばそれが100%ですからね。そのことをご理解・納得されてなおかつ手術を選ばれるならお引き受けします。」とお話しして承諾を得ています。その説明に感激される方もい...続きを読む

Q急性副鼻腔炎とめまいについて

つらくてしんどいので、アドバイスください。

先週風邪を引き、日曜日から黄色い鼻が片方からたくさん出たため月曜日に耳鼻科に行ったところ、副鼻腔炎と診断されました。
もらったお薬は
・パセトシン
・ムコダイン
・ロキソニン
です。
(1)この薬の組み合わせは最善でしょうか?

いつもですが、副鼻腔炎が発症して数日たつと、副鼻腔炎による頬の痛みに加えて「めまい」のようなものに変わってきます。
(軽い車酔いみたいな感じです。毎晩暑い上にめまいがするので、よく眠れません)

めまいで歩くのもやっとトボトボという感じになります。
めまい対策として「セファドール」という薬をもらいますが、
(2)副鼻腔炎からめまいに移行するものでしょうか?
(3)「セファドール」は副鼻腔炎からくるめまいに効くのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

処方された薬に、説明書がついていたと思いますが、薬の組み合わせとしては、一般的だと思いますよ。抗生剤、去たん剤、痛み止め、いたって普通です。 鼻と耳は親戚のようなものですから、そこからの目眩がきているのかもしれないですね、セファドールも目眩の薬としては一般的ですよ。 さほど、ひどくないめまいで、2,3日服用しても、改善されてこないようなら、医師に相談してみてはいかがでしょう? 最初の、パセトシンという抗生剤は副作用でも出ない限り、医師から処方された量をきちんと飲み、かつなくなるまえにまた受診されたほうがいいですね。抗生剤は素人判断で途中でやめたり、また飲んだりが一番良くないのです。 また、セファドールもきいてくれば、寝れるようになるとおもいますが、まだ、良く寝れなかったらその事もあわせて、相談なさったほうがようですね。わからない事はその場で、どんどん、医師にきいていきましょう! お大事に!

Q急性中耳炎で鼓膜切開後について

大人になって初めて急性中耳炎となりました。
初めてのことでよくわからないので教えてください。
日曜夜中に激痛で目覚め、月曜朝に病院へ行き
抗生物質とムコダイン、痛み止めをが処方されただけでした。
その日の内に耳だれし出し、出たら痛くなくなるという話を聞いたので我慢していましたが
いつまで経っても痛みが引かず、耐えきれず
火曜日の夜に別の病院で鼓膜切開をしてもらいました。
その日は耳だれが激しかったものの痛みは治りよく眠れました。

がまた水曜の夜(深夜)に痛みが再発。今朝(木曜日)に切開してもらった病院へ受診したものの消毒されただけ?で土曜日また来てくださいと終了しました。

そこで聞きたいのは下記の点です。
・鼓膜切開後は膿も出ていくので痛くないと聞きましたが痛くなるものですか?
・ネットで調べてみると切開時に膿も吸い出すと書いているのも見ましたが私は鼓膜から耳の出口にかけてガーゼを入れられ出口に綿を入れて吸い取る毎に交換するというものですが、処置の仕方は病院によって違うものでしょうか?
・こもった感じは膿が出ると無くなるそうですがまだ無くなりません。が、今朝消毒をしてもらってから消毒液のような真っ黄色の液体(膿の色とは違う)しか出ません。横になったらきちんとぬけていくのでしょうか・・・?
・サーとピーが混じったような耳鳴りが止まりません。これも膿が出れば収まりますか?
・今綿をとってテレビの音を聞くと割れて聞こえますが鼓膜がつながっていないからでしょうか?

先生に聞いてみればいい話なのですが
初回行った方では初めてでどれだけいたいと言っても耳だれの話すらされず(痛み止めもくれといったらくれました)
切開をしてもらった病院では激混みでかなりおざなりな感じの治療でゆっくり話を聞くこともできません。。
病院を変えようかなと思いますが
あまり頻繁に変えてしまっても中途半端になってしまいそうですので・・・。
土曜日に受診する予定ですがもしご存知なコトがありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

大人になって初めて急性中耳炎となりました。
初めてのことでよくわからないので教えてください。
日曜夜中に激痛で目覚め、月曜朝に病院へ行き
抗生物質とムコダイン、痛み止めをが処方されただけでした。
その日の内に耳だれし出し、出たら痛くなくなるという話を聞いたので我慢していましたが
いつまで経っても痛みが引かず、耐えきれず
火曜日の夜に別の病院で鼓膜切開をしてもらいました。
その日は耳だれが激しかったものの痛みは治りよく眠れました。

がまた水曜の夜(深夜)に痛みが再発。今朝(木...続きを読む

Aベストアンサー

私も大人になってから中耳炎にかかりました。

インフルエンザかマイコプラズマかはわかりませんが。
高熱と鼻水で苦しんだ後に合併症として中耳炎になりました。

切開は2度しました。
抗生剤を飲んでも治らず痛みがひどいので切開しました。
膿というよりは水のようで、流れ出たのをふき取って終わりです。
で、翌日にはまた水がたまり始めて痛むのでもう一度切開。

それでも水がたまるので先生が
「仕方ないから耳に風通しの穴をつけますね。」
といって器具を取り付けられました。

ネットで調べると判ると思うんですが、そういう鼓膜に穴を開けるための窓みたいなのがあるんですよ。
それを鼓膜に埋め込むんです。
するとゴーゴーと風の通るような音がずっとするようになりました。
声も音も割れて聞こえます。

でも、痛みはなくなりました。
その間、毎日耳鼻科で鼻水を吸いだしてもらい、
「鼻水が止まらないと治らない」と言われました。

そのまま数日してから水が引いたので器具をはずして、
鼓膜の傷が閉じて完治。
です。

Q慢性硬膜下血腫の予後

76歳の母ですが、2月に転んで3月に慢性硬膜下血腫で即手術となりました。10日間の入院後、リハビリ転院してもうすぐ2ヶ月になるところです。
母は父を介護しての二人暮らしでしたが、今回のことでもう父の介護は無理となり父は施設に入ることになりました。そうなるとは母は退院後一人暮らしとなりますが、病院側は独居は難しい、心配とのことで退院が決まりません。先日介護認定を受け待ちの状態ですが、多分要介護はつかないのではとの見解です。手術の先生は1ヶ月でもとに戻りますと言われたのですが、あまりに展開が変わってしまい本人はもちろん家族も戸惑っているところです。リハビリのおかげできれいに歩けるようになりました。低度の認知症とのことで注意力散漫と言われました。以前から注意力散漫はあありましたし年相応のボケ(物忘れ)と思っていました。
脳硬膜下血腫でこのような後遺症はよくあるのでしょうか?高齢なこともあると思いますがもう完治の見込みはないのでしょうか?
子供が遠隔地に暮らしていることもありますし、本人の強い希望で自宅に戻りたがっていますが、病院が退院させてくれないので本人も相当いらいらして先が見えない状態です。

76歳の母ですが、2月に転んで3月に慢性硬膜下血腫で即手術となりました。10日間の入院後、リハビリ転院してもうすぐ2ヶ月になるところです。
母は父を介護しての二人暮らしでしたが、今回のことでもう父の介護は無理となり父は施設に入ることになりました。そうなるとは母は退院後一人暮らしとなりますが、病院側は独居は難しい、心配とのことで退院が決まりません。先日介護認定を受け待ちの状態ですが、多分要介護はつかないのではとの見解です。手術の先生は1ヶ月でもとに戻りますと言われたのですが、あまり...続きを読む

Aベストアンサー

5年間寝たきりで意識もはっきりしない女性のお年寄りが,息子の奥さんに毎日病院で介護し,車椅子に乗れるようになったことがあります。
人間には分らないことだらけ。考えても答えはありません。
100%と0%という回答は数学のみ。
医療は患者の自己治癒を手伝うものです。
何が起きるかまったく予想がつかないと回答すべきです。
47分間心停止になった30台の奥さんが,蘇生したこともありました。子供のことを強く思っていたとしか考えられず,ご主人と諦めていたのが現状。記憶はある程度なくなっているところがありましたが,それも徐々に復帰!
愛情と昔のことを思い出すようなものに触れると効果があるかも。
ただ,慢性厚膜下血腫自体は出血が何時出るかは分りません。
ご年齢から注意してあげてください。人間の体は3ヶ月,3年といった単位で回復します。大変ですが気長に意識せず介護をしてあげてください。突然回復することもあります。神のみぞ知る・・・女性は山の神ですからね
医師が血管年齢を知っている(測定)と思います。これも介護の上で注意点になりますので,データと説明は受けてください(データは患者のもの)。
ゆったりとした安心できる家がいいのでしょう。寝るときは頭の高さを低くしないでください。ベッドなら5度でも10度でもいいですから水平にしないで。
女は強い!男の病気といっていいのですがね。
お酒や薬用ニンジンは高血圧の方には適しませんので漢方薬といっても安易に使わないでくださいね。

お大事に・・・私も89歳の父(メニエール)と82歳の母(脊椎圧迫骨折)を実家残して上京しているので急いで仕事を終わらせて帰郷しなければ!

5年間寝たきりで意識もはっきりしない女性のお年寄りが,息子の奥さんに毎日病院で介護し,車椅子に乗れるようになったことがあります。
人間には分らないことだらけ。考えても答えはありません。
100%と0%という回答は数学のみ。
医療は患者の自己治癒を手伝うものです。
何が起きるかまったく予想がつかないと回答すべきです。
47分間心停止になった30台の奥さんが,蘇生したこともありました。子供のことを強く思っていたとしか考えられず,ご主人と諦めていたのが現状。記憶はある程度なくな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報