現在SrixonW404を使用していて、シャフトはフジクラスピーダー661です。合う合わないがはっきりしているシャフトということでしたが、これが非常に自分にマッチしていて、お陰で平均280ヤードで極めて安定しています。しかし数年前のことで、高反発ヘッドを購入してしまったので、買い換えなければならないのですが、現在661はありません。
ヘッドはZR-800かZR-30にして、シャフトをどれにしようか迷っております。グラファイトデザイン社ツアーADクアトロテック65かフジクラRombax6F08辺りが661と似た性格なのかなーと思うのですがいかがでしょうか。どなたか詳しい方教えて下さい。
よろしくお願いします。ヘッドスピードは46位です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スピーダー661は今でも販売されています。


<参考>http://www.teeolive.com/bas/wood/fujikura/fujiku …

代わるシャフトですが、おっしゃるようにTour AD QUATTRO TECHが近そうです。
また、NGS マッハラインPROTO 7080も先が走ります。
<参考>http://rating-gate.com/machline-proto7080.html

以上、ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございました。
マッハラインなんて初めて知りましたが面白そうですね。試打できるものがあるといいのですが・・・。
来季に向けて、じっくりドライバー選びをしたいと思います。

お礼日時:2008/12/07 22:43

シャフトの性格からしてはNo.1さんの言われた通りでいいと思いますし、あと挙げるとしても同じFujikuraのZCOMのTW64位でしょうね。

ただ、少し困ったことがありますね。と言うのは、高反発系というのはフェース部分でも弾くんですね。要するにこれまでより少し弾きのフィーリングは落ち気味になるということです。
そういう意味では、あなたの挙げたダブルキック系のROMBAXのFシリーズや赤マナ、GD社から新発売予定のモデル等がありますが、そういうのも試してみるのも一考かと思います。あと、先細モデルのGD社のMシリーズも試す価値ありでしょう。ヘッドの走りより手元しっかり感を強調しているモデルはスピード感を感じるにはかなりのパワーが必要ですから、その辺だけは注意してください。(例:GD社のIシリーズ等や9003シリーズ等)

日本人は農耕の歴史があり、下半身、特にももやふくらはぎが強めで(西欧人は下半身では足首周りが強い)それを生かした運動習慣を持つ方が多い分、比較的飛ばす方はタメが強めに出やすいスイングになりがちです。(もっとも、それでも自分のように腕が短いと逆のフィーリングになりやすいのですが)そういう意味で日本メーカーからは結構弾き系が多くリリースされやすい傾向にあります。そういう意味では、中調子と書かれたモデルでも結構スピード感のあるモデルが多いので、標記のキックポイントだけを信用せずにいろいろ試されてはどうでしょう。(逆に自分のようなタイプはモデルが限定されますね=白マナ、PT、MD、ROMBAXのXシリーズ位でしょうか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
いろいろなシャフトを試してみたいと思います。

お礼日時:2008/12/07 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む

Qヘッド体積が小さいクラブの利点とは?

ゴルフ初心者です。

ある雑誌で最近のクラブはヘッド体積が大きく
その為慣性モーメントも比例して大きくなり、
お陰でスイートエリアが拡大し方向安定性が向上する。
と書かれてありましたが、
では逆にヘッド体積が小さい(慣性モーメントが小さい)クラブの
利点はあるのでしょうか?

素人考えだと、ひたすら大きいヘッドの物を
使用した方が良いようにしか思えないのですが・・・

Aベストアンサー

ヘッド体積が大きくなれば慣性モーメントが大きくなるので、飛距離が伸びます。
スイートエリアはヘッドが大きくなったため、重心調整がしやすくなるので広くなるのです。
スイートエリアが広くなるとヒット率が上がるので球筋が安定している思われています。
しかし、ヘッドが大きくなると重くなりますので振りにくくなります。
そのため、メーカは軽量化のため厚さを薄くしたり材料を替えて軽量化を図っていますが、薄すぎると強度が弱くなり直ぐに壊れてしまいます。
聞いた話では今の技術の最大は480cc程度が限界だと聞いたことがありますが、今は規制で460ccまでしか製造ができないはずです。
そのため、今のデカヘッドは逆に軽る過ぎるので安定したスイングが出来ないことから、ヘッドスピードがあるプロやシングルの人はデカヘッドより小さいヘッドを好みます。
その反面スイートエリアは小さくなりますが、スイングが安定していれば問題がないことになります。
それでは、デカヘッドを微調整すればよいと思われますが、慣性モーメントが大きいヘッドでは微調整が非常に難しいのです。
ですから、プロやシングルの人はリスクの少ない小さいヘッドで微調整をした方が良いのです。
その証拠にタイガーも昨年から460ccを使い始めましたが、球筋が安定しないのでティーショットのミスが多くなっています。
タイガーはスイング改造もしていますので、一概にティーショットのミスはヘッド体積の責任とは思いませんが、要因になっていると私は思います。
当初、タイガーはデカヘッド使用を拒否していたのですから。
でも、アベレージゴルファーでヘッドスピードがあまりない人はデカヘッドを使用するのは効果は大だと思いますが、ヘッドスピードがある人は効果の期待はできないかもしれません。
結果としてゴルフは感性ですので、その人が良いと思ったクラブが一番良いと思います。

ヘッド体積が大きくなれば慣性モーメントが大きくなるので、飛距離が伸びます。
スイートエリアはヘッドが大きくなったため、重心調整がしやすくなるので広くなるのです。
スイートエリアが広くなるとヒット率が上がるので球筋が安定している思われています。
しかし、ヘッドが大きくなると重くなりますので振りにくくなります。
そのため、メーカは軽量化のため厚さを薄くしたり材料を替えて軽量化を図っていますが、薄すぎると強度が弱くなり直ぐに壊れてしまいます。
聞いた話では今の技術の最大は480...続きを読む

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む

Qランバックスのシャフトの特徴について

メーカーHPの特徴をみてもぱっとしません。
両方使ったことある人の率直な感想を聞きたいです。
よろしくお願いします。
知りたいのはZシリーズとXシリーズです。
またFWに刺す時は番手によって違うシャフトをいれるのはよくないのでしょうか。

Aベストアンサー

私もリシャフトを年に3回はします。
「今より飛ぶもの・より良い物を」と考えますが、どこまで行ってもゴールは見当たりません。前置きはいいとして、本題です。
ランバックスはセンター軸を強化して、スピーダーのような「シャフトの弾き」よりもセンターに正確に戻る「再現性」を強化したシャフトだと藤倉ゴムのスタッフより聞いております。私の使用感もまさにそのとおりに感じます。
まずXシリーズですが、他のシャフトに比べると「しなり感」は弱く硬く感じます。インパクト時にヘッドを走らせる技術を持っていないと左前に低い弾道になりやすいです。逆に「スピン量を抑えた強い球」になるとも言えます。シャフトの癖は少ないのでグラファイトデザインのPTあたりと似ていると思います。リストを抑えて、ボディーターンを中心に振った打感は「水道管を振っているような感じで、芯に当たった快感が薄いです。球筋も低いけれど、飛距離は思ったより出ている。」というような感じでしょうか。S-FLEXでも他のSシャフトより硬く感じますので選ぶ時は注意してください。Zシリーズですが、Xより多少先がしなる感じです。芯で捕らえた時の感触(快感)はXより強いです。ヘッドを必要以上に走らせなくてもキックしてくれる感じです。但しシャフトの手元は柔らかくないので、タイミングがずれるとスライスというより、打ち出しから右に出ます。先調子とは違いますのでヘッドが暴れる事はありませんが、私自信は特徴が掴み難く打ち手を選ぶ感じがします。参考までに、私は現在DRに7X07を入れていますが、FWは違うシャフトを入れています。Xシリーズは強いインパクトをしないと比較的低いボー球になりやすく、最高到達点で伸びるような球筋にはなりにくいです。DRは風に強く低めの弾道が打てますが、XシリーズのFWを打てる人はボールを上げ難いため、腕力がある人かリストを使う人のように、インパクトで更にヘッドが走る人に向いていると思います。Zシリーズは現在入れていないのでコメントは避けます。
最後にフジクラのシャフト相談室に行く事をお勧めします。
一人40分位で、フジクラシャフト何でも打ち放題です。自分のスイングを撮ったDVDもくれます。全て無料です。売りつける行為も一切ありません。私はZもXもここで試打しましたし、60g70g80gの重さの違いやS・X-FLEXも打ち比べました。メーカーの回し者ではありませんが、リシャフトするゴルファーには絶対お勧めです。
リンク先添付しておきます。

参考URL:http://www.fujikura-gcs.com/

私もリシャフトを年に3回はします。
「今より飛ぶもの・より良い物を」と考えますが、どこまで行ってもゴールは見当たりません。前置きはいいとして、本題です。
ランバックスはセンター軸を強化して、スピーダーのような「シャフトの弾き」よりもセンターに正確に戻る「再現性」を強化したシャフトだと藤倉ゴムのスタッフより聞いております。私の使用感もまさにそのとおりに感じます。
まずXシリーズですが、他のシャフトに比べると「しなり感」は弱く硬く感じます。インパクト時にヘッドを走らせる技術を持...続きを読む

Qドライバーのシャフトの長さ

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか見当たりません。
45インチのクラブを0.5インチ程度カットして使用すればいいのでしょうが
バランスが変わってしまうのと、売るときに価格が下がらないか気になり
カットする気にはなれません。

市販で44インチ台のクラブが中心に売られないのかがメーカーの意図が
理解できません。当然、「前モデルより飛ぶ!」というのが謳い文句に
なっているのでなかなかシャフトを短くするのは難しいのかもしれませんが、
アマチュアの我々にとっては長くなるほど扱いにくくなり結果弾道がばらつき、
平均飛距離を落としている様に思います。

皆様は、ドライバのシャフトはどの位の長さをお使いでしょうか?
シングルクラスの方は44インチ台にカスタムして使っているものでしょうか?

最近、自分のスイングを動画で見ると前傾姿勢が浅くなってしまうのが
気になっており修正したと考えております。
現在使用してるドライバーは45.5インチのX-Drive701をエースで使って
おりますが思い切って1インチカットして使うのはいかがなものでしょうか?
身長168cmの私には良いと思われるかアドバイスが有れば
教えていただきたいと思います。

以上長文となりましたがよろしくお願いします。

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか...続きを読む

Aベストアンサー

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので、しばらくすると、かならず短くなります。少し前のモデルなら、中古で短いシャフトはたくさんあります。

さて、どちらがいいかと言えば、どちらとも言えません。プロほど再現性がなく、ヘッドスピードもなく、スイングでためも作れませんから、シングルだろうと、そうでなかろうと、短かればいいというのは、雑な論議。球が飛ばなくなります。逆に、長くなるとミート率が変わるのも事実。要は、どちらも真なりで、こればかりは、好みというか、自分のスイングリズムに合うかどうかのほうが重要です。

実は、長いか、短いか、どちらがいいかという論議は、意味がありません。というのは、クラブの性能は

・ 総重量
・ シャフト重量
・ ヘッド重量
・ シャフトの硬さ
・ シャフトのトルク
・ ヘッドの形
・ ヘッドの重心
・ シャフトの調子
・ シャフトの長さ
・ バランス

などで総合的に決まるので、長さだけを論議しても意味がないからです。ちなみに私は、シングルですが、ドライバーは苦手。ゆっくり大きく振りたいので、45.5程度のどちらかと言えば長めが多いですが、シャフトによって実際はプラス・マイナス.5インチはかわります。短いクラブは引っ掛けますしね。

さて、1インチカットする・・・と、バランスから、リズムから全く変わるんで、前述した通り、アドバイスしても意味がありません。短くもったり、レンタルで短いクラブを探して、これだ!と思う長さを見つけてください。ちなみに、1インチカットすると、バランスが4~6ポイント変わるので、別のクラブになります。重さなどを調整しないと、そのままでは打てないし、そもそも、そのクラブの最大の性能をだす設計から外れる可能性もあるので、慎重にされることをおすすめします。

前傾姿勢が浅いのは、1インチ程度ならクラブとは無関係かと。ただしいボールとの距離と、ハンドダウン、アップを調整して、ポスチャーをレッスンプロに見てもらえば、修正することができますよ。

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので...続きを読む

Qシャフト交換する際の接着剤について

シャフト交換を自分で行おうと思っております。
もちろん実験的にやるのでコースでは使いません・・・
そこで教えていただきたいことが3点ありますのでよろしくお願いします。

(1):シャフトとヘッド部の接着剤は何を使えば良いのでしょうか?
(熱軟化型で、2液性の接着剤と言うことは解っております・・・)
商品名が解れば更にGOODです。(乾燥性などは問いません。)

(2):上記接着剤に混ぜ合わせるガラス紛は何処から入手すれば良いのでしょうか?
また、ガラス粉に変わるものがあれば教えてください。

(3):ホーゼル(ソケット)はゴルフ販売店には置いてないのですが、
やはり入手方法が解りません・・・

リシャフト後のバランスや振動数などは気にしないで単純に作業だけを楽しみたいのでよろしくお願いします。
(リシャフトしてヘッドが抜けて怪我でもされては困りますので・・・)

Aベストアンサー

接着剤についてのみですが、回答させていただきます。

私の父がスチールシャフト製造の会社を営んでおりまして(小さいですが)、そこで使っているのは「高性能エポキシ系強力接着剤 EPOXY RESIN AW106」です。主剤と硬化剤の2液性です。販売元が長瀬産業株式会社、製造元がナガセケムテックス株式会社です。

がんばってください!!!

Qドライバー専用シャフトと、FW共通シャフトの違いは?

シャフトメーカのホームページを見てますと、ウッド用シャフトとして、製品(ブランド?)の違いによってドライバー専用シャフトというのと、ドライバー・FW共通シャフトというのがあります。
(もちろんFW専用シャフトもあり)

これらのドライバー・FW共通品とドライバー用・FW用となる専用品の違いは、どこにあるのでしょうか?共通品があるということであれば、直径の違いということはなさそうですし、固さということでもなさそうですし… 

単にブランド戦略ということだけでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

ドライバーとFWのヘッド重量では、FWの方が重いので、シャフトもFW用の方が、硬めにしなければ同じようなしなりになりません。

ドライバー、FW共通シャフトをFWで使用する際は殆どが先端をカットして硬くしてからFWに入れるのが普通です。FW専用シャフトはそれらをしなくてもいいように(FW用でもW5,W7などに使う場合はカットする場合があります)初めから硬めにしてあります。

また、セッティング的にはドライバーシャフトよりFWシャフトのほうが重い方がバランスがいいのですが、共通シャフトをFWで使う場合、ドライバーより短くなるため軽くなってしまいます。それを補うためFW専用はドライバー用より重く作ってあるのです。

以上の説明からすると、FW専用を使った方がいいのではないかと思えるのですが、ドライバーシャフトと全く、弾き、しなり、感触等を変えず、重量だけを重く作るということは難しく、少々軽くなっても共通シャフトを使った方が感触が変わらないという人は多いです。

どちらがいいのかは個人の考え方ですが、シャフトの違いとしてはこんなことです。

ドライバーとFWのヘッド重量では、FWの方が重いので、シャフトもFW用の方が、硬めにしなければ同じようなしなりになりません。

ドライバー、FW共通シャフトをFWで使用する際は殆どが先端をカットして硬くしてからFWに入れるのが普通です。FW専用シャフトはそれらをしなくてもいいように(FW用でもW5,W7などに使う場合はカットする場合があります)初めから硬めにしてあります。

また、セッティング的にはドライバーシャフトよりFWシャフトのほうが重い方がバランスがいいのですが、共通シャフトをFWで使う場...続きを読む

QテーラーメードのVスチールを衝動買い・・・・

こんにちわ。
先日、VスチールのUSモデルが安かったので3・5・7Wを衝動買いしてしまいました。
ちょっと重いなぁと感じ、うまく当たらない事が多いのですが、HS43~45の私にはちょっと無理があるスペックなのでしょうか?

一般的な評論でも結構ですのでご教授ください。

【スペック】

  トルク シャフト重量 総重量 バランス
3W  2.3   101g    360g   D2
5W  2.3   101g    363g   D2
7W  2.3   101g    367g   D2

ちなみにドライバーは下記のスペックなのですが、気持ちよく振れます。

1W  3.4   67g    315g   D0  

Aベストアンサー

こんにちは。
私もHSが普通で42程度、310gで、比較的軽いシャフトD1バランスを使ってます。
私ならこうするという感じで書きますと、シャフト101gで総重量360gは重すぎです。1インチあたり5gぐらいを目安に重くして、3wで325g程度335g、350gみたいな感じになるようにしたいところです。ただし、5W、7Wは、アイアンの重量とうまくマッチするように、多少の誤差はOKとします。(その意味で、7W 367gは比較的違和感無く使えるかもしれません)バランスもD2とやや重めですが、アイアンがこれに近いならそんなに問題はないのかもしれません。とりあえず総重量の流れを重要視してますので、数ポイントのバランスはあまり気にしないと思います。

自分にマッチするFWを探すのは意外と難しいと思いますので、気持ちよく振れる仕様を研究されるのが楽しいと思いますよ。

QツアーAD W-60

こんにちは
ミズノのMP001の中古で
ツアーAD W-60 フレックスS
を見つけました
私は今までミズノ党で
いまは300SIIの380CC
シャフトはウェイブドライブSです
シャフト的にはツアーAD W-60は
どのようなものなのでしょうか?
相当堅いのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
以前同シャフトを使っていました。
あくまで私見ですが、キックポイントが「先調子」なので、打ち出し角は高く、つかまりはいいと思います。方向性は叩きにいくと暴れます。飛距離は飛距離追求型ではないので飛躍的に伸びることはありません。硬さは適度なトルクがあるのでさほど硬くはありません。(私はHS44です)藍ちゃんが使用していましたが、価格も高価ですし高性能シャフトだと思いますが、「高性能」は正しいスイングプレーンがないと感じないかもしれません。
ことさらシャフトは、人それぞれで求めるフィーリングが違いますので量販店等で試打されることをお薦めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報