新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

心理系の学科にいる大学生です。卒論をかいています。
これまで一応単位はしっかりとってきたのですが
すっかり忘れてしまい(もともとわかっていなかったのかもしれません)、
卒論の分析方法がわからずとても困っています。
分析方法等かんがえていると頭がぐるぐるして訳がわかりません。

「ある・なし」、と「男・女」
の間で値にちがいがでるかをみたいのですが・・
有無×性別でやるにしても、やり方がわかりません。

ネットでしらべてみたところ、
二元配置の分散分析っぽいかんじでした。
でも、エクセルのでやろうとすると
「サンプル数はおなじでないといけない」とでました。
値は-3~3まであります(整数のみ、小数点なし)。
7段階評定してもらったので。
↓表にまとめるとこんなかんじです(例ですが)

  男 女
あり1 3
  2 2
  1      
なし-1 0
  -2 -1
  -3 
  
サンプル数が女性が55人くらい、男性が60人くらいです。
サンプル数がちがうと二元配置はつかえないのですか?
たぶん、
あり・なしについては同じ人に2回やってもらっているので被験者内、
性別は被験者間になるとおもいます(??)

せっかくぴったりそうなのがみつかったのに残念です
何をつかって分析すればいいんでしょう?

使えるソフトはエクセルとSPSSです。
基本からもうぐちゃぐちゃでわかりませんので
やり方を易しく教えていただけると助かります・・。
よろしくおねがいいたします!!!

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

モデル式で表現してみると分かりやすいものです。



従属変数をY、独立変数をX1、X2とします。

Y = X1(有/無) + X2(男/女)

これは右辺(X1とX2)が左辺(Y)を説明するということです。より具体的にいえば、右辺は左辺の変動を説明する、ということでして、これは結局のところ要因X1の水準間で差がある、もしくは要因X2の水準間で差があるということを考えているのです(これを特に2要因の分散分析モデルといいます)。

> エクセルのでやろうとすると「サンプル数はおなじでないといけない」とでました。

まずサンプル数というのが間違い(Excelが間違っている)。正しくはサンプルサイズ。そしてExcelのいわんとしていることは、正しくは「水準内の反復回数が異なるので計算できません」ということです。

これはExcelの分析ツールがそれに対応していないというだけのことで、実際には問題なくできます。

> あり・なしについては同じ人に2回やってもらっているので被験者内、性別は被験者間になるとおもいます(??)

質問者さんが解析しようとしているのは、田中・山際「ユーザーのための教育・心理統計と実験計画法」教育出版でいうところのASBタイプの分散分析ですね。

> 何をつかって分析すればいいんでしょう?

SPSSが使える環境にあるなら、SPSSを使った方が良いのでは?

SPSSだと一般線形モデルの線形混合効果モデルで解析するのかな(私はSPSSの操作方法を把握していませんが)。

Rならlme()という関数がありますけでもね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

SPSSの本を買って、おっしゃっていただいたものでやったところ、
多分うまくできました!
ありがとうございました^^

お礼日時:2008/12/16 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング