最新閲覧日:

私は大学の研究で超音波を専攻することになりました。そして圧電セラミックスを用いたランジュバン型振動子について調べる事になりました。しかし今まで超音波とは無縁だった私は分からない事だらけです。初歩的ですが「トランスジューサ」は何なのかわかりません。本などで調べているのですがイメージが湧いてきません。分かる人がいましたら分かりやすく説明していただきたいです。あと身近なものでトランスジューサの応用した製品があれば教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

 ランジバン振動子は文字通りフランスのランジバン博士が考案した物です.ランジバン博士は水晶の圧電性を発見した


キューリー兄弟(兄がラジウムを発見したキュリー夫人の夫)の弟子だった関係から水晶振動子の通信に応用使用と考え
ていたのだと思います.(これより前にタイタニック号やルシタニア号(Uーボートに撃沈された)事件がありました.)

現在はランジバン振動子は通信応用よりも超音波加工機や溶接機など工業的な応用が多くなっています.水中の応用はソナー
が多いようですが軍事がらみなのであまり学会には報告されていません.

入門の教科書としては,

超音波工学,日本電子機械工業会編,コロナ社(1993)

がわかりやすいと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご説明を有難うございます。こらから一生懸命に超音波工学の勉強に励みたいと思います。

お礼日時:2001/03/05 00:50

医療用の超音波断層撮影装置は100-200V程度の電圧パルスを圧電トランスデューサに印加して超音波を発生させ、人体内で反射して戻ってきた超音波を同じトランスデューサで受けてμV程度の電気信号に変換します。


同じ回路に数桁も違う電圧を掛けるんですから、なかなか大変ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しいご説明を有難うございます。こらから一生懸命に超音波工学の勉強に励みたいと思います。

お礼日時:2001/03/05 00:50

圧電セラミックは電荷と幾何学的歪みを相互に変換することができます。


よってマイクとして使えるほか超音波発生器としても使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご説明を有難うございます。こらから一生懸命に超音波工学の勉強に励みたいと思います。

お礼日時:2001/03/05 00:50

トランスジューサは、信号を変換するもの一般を指す言葉です。


例えば、音声という空気の振動を電気信号に変換するトランスジューサはマイクロホンですね。その反対に電気信号を空気の振動である音に変換するトランスジューサはスピーカーです。
狭い意味では計測する目的で、物理量や変化量などを、電気信号に変換する仕掛けをトランスジューサといいます。
例えば、温度という物理量を電圧などの量に変換するトランスジューサはサーミスタなどがあります。電子温度計などで使われてますね。

圧電セラミックによる超音波のトランスジューサというのは、圧電セラミックを用いた、超音波領域まで感度を持つように作られた圧電型マイクロホン(クリスタルマイクロホン)のことではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご説明を有難うございます。こらから一生懸命に超音波工学の勉強に励みたいと思います。

お礼日時:2001/03/05 00:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ