睡眠の時間というモノは習慣で減らすことはできるとよくいいますが、1日3~4時間までできるのでしょうか?
体にやはり無理があるのでは?と考えてしまうのですが、
可能ならば実践してみたいのです。時間をかけてじょじょにそうゆう生活にするといわれたらそれまでですけど。
変な質問ですが、誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

睡眠時間は、1日5時間あれば十分という人もいます。


しかし、睡眠不足が長期間にわたると、以下に挙げるような様々な悪影響を及ぼす影響があるので、注意が必要です。
a.精神機能の低下: 注意力、記憶、集中力、判断、意欲、気分の低下
b.運動機能の低下: 反応時間、運動パフォーマンスの低下
c.生理機能の低下: 酸素不足、心拍数変化、免疫機能低下

4.効果的な睡眠の方法
質の高い睡眠は、先に述べた睡眠不足による精神および肉体への弊害から身を守るだけでなく、免疫機能亢進による疾病予防や治癒力を増強し、身体機能をより一層改善させるためにも極めて大切です。極論すれば、効果的な睡眠も、運動選手にとってはトレーニングの一部だと考えるくらいの意識が必要です。

質の高い睡眠を上手にとるには、まず毎日決まった時間に寝て起きるという、日常の規則正しい生活習慣が第一に重要です。コーヒー、紅茶などのカフェインを含む飲み物は覚醒作用があり、就寝3時間前以降は控え、食事は2時間前にはすませ、極端に満腹であったり空腹であったりしないように食事のタイミング、量、質を調節するようにしましょう。

就寝中の発汗量が多い夏場を除き、摂取する水分の量も、夜中にトイレに行く必要がないよう気をつけるべきです。アルコールに関しては、疲れがひどすぎたり、極度に緊張したりしてなかなか眠りにつけない場合は、少量であればとってもかまわないですが、基本的にアルコールは深い眠りを妨げることを知っておくべきでしょう。

睡眠は約90分の周期で繰り返され、レム睡眠の終わりで覚醒するのが最良の睡眠のとりかたとされています。そのためには、寝つくまでのおおよその時間に加えて、90分の倍数(4~6倍)を睡眠時間と考えて、起床時間より逆算して入眠時刻を決めることが必要になってきます。

さらに、そういったタイミングの問題だけではなく、個人個人で、必要な睡眠の量を知っておくことも非常に重要です。7時間半が一般的な目安ですが、人あるいは体調によっては、6時間で十分なこともあれば、9時間は必要なこともあるでしょう。トレーニング同様、しっかりと考えながら取り組むようにしましょう。

睡眠のための環境つくりも非常に重要な要素の一つです。騒音や光が入らないようにし、室温は18~21℃に保ちます。就寝時間になっても頭の働きがさえている場合は、単調な音を出す器具(加湿器、扇風機、空気清浄機)や音楽がリラックスするのに役立つこともあります。

睡眠不足の解消のために、前もって予想して寝だめしておくことは不可能であり、後で解消するしか方法がありません。また寝不足を感じた時には、睡眠時間をただ長くとればよいというわけではなく、質的に深い眠りを促すためには、その日は昼寝や居眠りをすることなく起きていることも大事です。そして、その日は通常の睡眠時間より早く就寝するようにしましょう。疲労が十分に回復していない状態が長期にわたると、徐々に疲労が蓄積した慢性状態に陥るため、早期に効果的な睡眠を持つように心がけるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしの叔母にパン屋の家に嫁いだ人で、それまでは7~8時間だったのに嫁ぎ先では平均5時間にかわり、始めの3ヶ月くらいはいつもダルいとぼやきながら今ではなんともないそうです。それどころか睡眠時間が短いほうが調子がいいといってます。多分環境の変わったことによる睡眠タイプの変化だとおもいます。身近にそのような人がいるのでこのような質問をしました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/02/27 16:36

 個人差もありますが、平均するとだいたい人間は6時間の睡眠時間が必要です。


 習慣で減らせるように見えるのは「眠い状態に慣れる」というだけのことであり、眠らなくてよくなるわけではありません。
 自分が困るだけならまだいいですが、注意散漫で周囲に迷惑をかけたり、睡眠不足からくるイライラを他人にぶつけたり、といったようなことも考えられるので、やらない方がいいです。

 もっとも、俺も学生の頃に同じこと考えてましたけどね(^_^;
 趣味の時間を確保するのに、寝る時間がもったいなくて仕方なかったのです(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

6時間の睡眠ですか・・・やはり無理なのですかね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 16:17

寝る時間を削らないと終わらないような仕事を続けるとか。


要は慣れですね。体が慣れちゃえば3時間でも何とかなっちゃいます。あとは昼休みなどに30分から15分くらいの仮眠を取ると良いみたいですね。
何も無いときにわざわざ睡眠時間を削る必要はないでしょうから、あまり無理をしないように。
睡眠時間3~4時間で慣れてくると眠れないって事はなくなりますね。ベッド入ったら10分くらいで寝ちゃいます。
    • good
    • 0

医学的にどうかはわかりませんが、睡眠は4時間でも十分だと思います。


以前仕事が2つあって面白くて仕方がない時は寝てる時間が惜しくて、だいたい1日の睡眠時間が4時間くらいだったと思います。

一番大事なのは定説?である「人間は8時間寝ないとダメだ」という観念を取り払うことですね。確かに4時間睡眠だと眠い時もありますが、それで身体が重たかったりするとどうしても「やっぱり8時間寝ないとダメなんだ」と思い込んでしまいがちです。自分自身が8時間寝ないとダメだと思っているかぎり、身体は8時間の睡眠を欲しますからまずはその観念を無くすことが大事なのです。
逆に「4時間寝れば大丈夫♪」と思っている時は、まず4時間の睡眠で満足できますから案外平気なものですよ。

実践の方法は・・・特にこうだというのはないのですが、多分少ない睡眠時間を念頭に置いているということは何か睡眠を削ってでもやりたい事があるのではないかと思いますので、その想いがあれば十分可能だと思います。
もうひとつ大事なことは、しっかりと栄養を補給することです。病気をしないという意味ではなく、本当の意味で健康であれば睡眠が少なくても平気ですから、サプリメントなどを併用して十分な栄養を摂取して下さい。

まぁ、そうは言っても睡眠は何ものにも代えがたいものですから、ゆっくり寝れる時はしっかりと睡眠をとることも重要なことです。私の場合は土曜日か日曜日の午前中が空いていれば、「寝だめ」と称して週に1度はゆっくりと寝るようにはしてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

要は考え方次第とゆうことでしょうか。体に気をつけてやってみようとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 16:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q短時間睡眠に適した就寝時間と起床時間

私は現在、夜9時に寝て朝4時に起きています。
(つまり毎日7時間眠っています)
しかし、最近、勉強の為の時間を捻出する必要に迫られ、
睡眠時間を3~4時間に短縮しようと考えました。

その場合、就寝時間・起床時間はどのように設定するのが良いでしょうか?

普通(?)に考えると、
1時に寝て、4~5時に起きるという感じでしょうか?

あるいは、いまの就寝時間のまま、9時に寝て、
夜中の12~1時に起きても問題ないのでしょうか?

それとも、その間くらい
(11時に寝て、2~3時に起きる等)がいいのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

詳しくありませんが、自分の経験から。
夜9時とか10時に寝ると、非常に体調が良いです。
夜10時~2時の間が成長ホルモンの分泌のピークなのだそうです。
以前はすごく宵っ張りでしたが、睡眠の質の良さがまったく違うみたいです。

しかし、睡眠時間は7時間はやはり必要ではないでしょうか。
ときどき睡眠3時間とかでも行動できるという人もあるようですが、
たいていの人は心身に不調をきたすと思います。

Q睡眠時間が7時間や8時間、それ以上になってしまう

大学生の男です。

大学生も続けながら、ある学生団体のリーダーをしています。

それ以外にも、ネットビジネスをこれから始めたり、別の団体を立ち上げることなど計画しています。

とても活動的なタイプなんです。

ただ、自分の睡眠時間があまり気に入りません。

毎日6時間睡眠ならいいのですが、休日になるとついつい目覚ましを止めてそれ以上寝てしまい、8時間だとか、多ければ10時間ほどいくこともあります。

暇人ならそういう人生もいいかと思いますが、私は違うんです。

やりたいことがめちゃくちゃ多くて、24時間をこれっぽっちも無駄にできないんです。

……と考えているのに、睡眠だけはなかなか削れません。

単純に、まだ自分の意思が弱いということなんでしょうか。

何か対策とかアドバイスとかないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね、学生さんですからいくら寝ても足りない感じがするのでしょうけど。

まず、(1) 本当にやりたい事を紙の一番上に書き、次にやりたい事を下段に書き、そうですね欲張らずですね。多くても5個くらいにしてください(必ず順番を、つけて下さい あなたの場合は、怠け者ではないのだから、脳内の整理ができてないだけと思います、昔私の部下にその様な新入社員がいました、能力がありながら仕事ができない、まあ私の分析ですが、分析の結果、優先順序のあいまいさが原因でした。 今は優秀な社員として、会社に貢献してます。)


あなたの場合、やりたい事が競合しあい、お互いにけん制しあい(脳内)、結局何もできない(過剰睡眠)事になっているのでしょう。優先順序の欠落。

もう一度、書き出した紙を見て、脳内を整理して、事に当たることをしてください。
後は、寝る前に書き出した紙を声を出して読む事、そうすれば、自己暗示で起きれます。

厳守事項
1、脳内整理 (やりたい事の優先順序)

2、目覚まし時計 を使わない事 (他者依存からは、大成できない)。
もし使うなら、起きなければならない時間の1時間後にセット)

3、毎日やりたい事の紙を、読み上げた後に寝て、起きたらもう一度読み上げ、出かける。できれば其れをやっている自分をイメージしてみてください。

あなたは、怠け者ではないのだから、やればできる。やればできる! です。
『志(こころざし)を尚(たか)く持てば必ず成る』 『一瞬即永遠』の二つの言葉をあなたに送ります。

jdesuyoさん ご健闘を祈ります。

そうですね、学生さんですからいくら寝ても足りない感じがするのでしょうけど。

まず、(1) 本当にやりたい事を紙の一番上に書き、次にやりたい事を下段に書き、そうですね欲張らずですね。多くても5個くらいにしてください(必ず順番を、つけて下さい あなたの場合は、怠け者ではないのだから、脳内の整理ができてないだけと思います、昔私の部下にその様な新入社員がいました、能力がありながら仕事ができない、まあ私の分析ですが、分析の結果、優先順序のあいまいさが原因でした。 今は優秀な社員として...続きを読む

Q起床時間と睡眠時間、どちら優先がお勧めですか?

勉強や家事などがはかどるので、生活を朝型に切り替えたいと思っています。
大体10:30~11:00に寝て、4:30~5:00に起きるのが一番私には合っているように思います。
ですが、仕事等の都合で、どうしても就寝時間が遅くなる日が3日おきくらいにあります。
朝型のリズムに乗るには就寝時間がバラバラでもとにかく同じ時間に起きるとよい、と本で読んだので、それを信じて多少寝不足でも早起きすると、昼間はとても眠くて仕事になりません。それでも何ヶ月か頑張ればきっと慣れるだろうと思い、寝る前に「明日は早起きするぞ」と思っても、朝になると「やっぱり6時間は寝ないと健康に悪い」と自分に言い訳をして結局遅く起きて家事と勉強を夜にまわしてしまうこともあります。
結局のところ、朝型のリズムに乗る為に、根気よく起床時間を一定にするほうがいいのでしょうか?それとも時間帯が前後しても、一定の睡眠時間(6時間)を確保した方がいいと思いますか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

こんにちは

貴方の
大体10:30~11:00に寝て、4:30~5:00に起きるのが一番私には合っているように思います。
が一番良いです。
睡眠時間も起床時間も固定したほうが良いでしょう。
仕事を切り上げることはできませんか?
どんなお仕事をされているかわかりませんが
生命にかかわることでなければ
理由をつけて途中でも切り上げて、
明日やればいいではなでしょうか?

昼眠くなれば15分以内で仮眠してみてください。
頭がさえます。

夜遅くおきてると、体壊し、病気になりやすいです。
私自身、深夜残業やりまくって、1年休職。
仕事や昇進より自分の体が大切だと休んでる間
身をもって感じました。

Q生活習慣の乱れからくるハゲは、生活習慣を改善することによって元の毛髪量に戻るのでしょうか。

生活習慣の乱れからくるハゲは、生活習慣を改善することによって元の毛髪量に戻るのでしょうか。

Aベストアンサー

主人が・・・ハゲってほどではないけれど、頭頂部が薄くなったなあと思っていました。
月に1回自宅で私が毛染めをしているからよくわかるんです。

単身赴任で食生活が乱れている上に運動不足で努力もなし。
そのツケは病気という形で表れました。

すっかり反省した主人は生活習慣を改善。
そうしたら髪の毛の量は増えないけれど、1本1本が太くなって見た目がかなり良くなりました。

Q早起きが習慣づくのにどれくらいの期間かかりますか?? 休みの日に昼過ぎまで寝てしまうせいで、平日がす

早起きが習慣づくのにどれくらいの期間かかりますか??

休みの日に昼過ぎまで寝てしまうせいで、平日がすごく辛いので、平日も休日も毎朝ちゃんと起きる習慣をつけたいと思っています。

どれくらいの期間頑張れば、早起きが苦にならず、すんなりと起きれるようになると思いますか??

Aベストアンサー

期間などかかりません。一般に、寝る時間を早めるのは難しいですが、眠くても起きている。眠くても目覚めるは、やれば出来ます。
休みの日に朝起きるのは、習慣ではありません。ただ、起きることです。起きて眠くても、絶対寝ないことです。そうすれば、1日で夜
眠くなります。普通に寝れば、翌日は普通に起きられます。

習慣を変えるのではない。ただ起きればいいだけ。

なお、眠くないのに早く寝るとか、眠りが十分だけど、遅くまで寝る・・・ということは出来ません。かなり難しいことがわかります。
結果、例えば、日本からヨーロッパなど、時間が戻る移動は、ほとんど時差ボケしません。長く起きて、極限まで眠くなるまで我慢して寝るからです。
逆に、ヨーロッパから帰国すると、本当はまだ眠くないのに、無理やり寝なければいけない。すると、眠りがあさくなり、時差ボケに苦しむわけです。

なので、質問者の調整はやれば1日できます。やらないのは、屁理屈です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報