氷室冴子さん、大好きです。
どのお話も甲乙点けがたく好きなのですが、あえて言うなら
「シンデレラミステリー」
「北里マドンナ」
「海がきこえる」
「恋する女たち」
が特に好きです。。。

キャラクターでは「北里・・」の槙修子とか、「海が・・・」の里加子とか。
「白い少女たち」の倫子とかも好きです。
きりっとした女の子が好きみたいですね。

で、お伺いしたいのですが、皆様のいちおし氷室作品、もしくはキャラって何でしょう?
よろしければ理由とともにおしえてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

♪こんにちはぁ~~~!!



私も『シンデレラミステリー』大好きです。
表紙のかわいらしさに誘われて購入しました。
冴子先生の本ではじめて手に取った記念すべき作品です。
買って読み進むうちに
『あれ??これって続きものなの?』って気付いて
読み終わって速攻『シンデレラ迷宮』を買いに行きました。

私はオデットが大好きよ!!
あと出演回数少ないけど万里が大好きです。
同じく出演少ないけどカルメンもとっての印象的だった。
ジュリエットしかり。笑

私も槙修子って好きでした。
多恵子よりも。けど多恵子がいるから
修子の性格が際立ってたのかなって思います。
北里くんのなぎさ思いも好きだなぁ~~~。

『恋する女たち』読んだはずなのに記憶がない・・・
映画で斉藤由貴さんのイメージしか覚えてない。笑
※映画があったんですよ~。知ってました??
白い少女たちも読んだかなぁ~。
なんせ10数年前なので記憶が覚束ないです。
シンデレラ迷宮・ミステリーは定期的(数年おき)に読んでます。
多恵子ガール・なぎさボーイしかり。
もちろん北里マドンナも。
(イラストが渡辺多恵子さんじゃないのが納得いかないんですけど。)

あと好きなキャラは『少女小説家は死なない』の冴子先生です。
この小説、他のとは全く異なってますが面白いです。
とにかく笑えます。
お薦めっていうか、読んで笑って欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「シンデレラミステリー」好きな方がいらして嬉しいです。
オデットですか。。。オディールじゃなくて? ちょっと意外です。失礼。
カルメンとジュリエットって、みんなでぼやいているシーンで出てくるんですよね。あそこはおかしかったですね。
この本を読んで「ジェイン・エア」を読み返してしまいましたが、氷室さんのアレンジってすごいなあと思ってしまいました。よく消化されてて。。。

槙修子、いいですよね。強そうでもろくて。
絶対、北里君と幸せになって欲しいですよ。
野枝編も書いて欲しいと思っているんですけど、予定無いんですかねえ。

恋する女たち・・・氷室作品を読んだ二冊目です。(一冊目は「白い少女たち」)
好きなんですよ。せーしゅん!てかんじで。
映画は勿論見ましたよ。ちょっと微妙に設定が変わってましたけど。
柳葉敏郎が高校生役で出演してたんですよね。当時何歳だったのでしょう? この人、なんか老けてるなあと思ってました(^_^;)

北里マドンナのイラストが違うと言うことは、文庫版?
私の持ってるのはハードカバーの初版本で、挿絵が無いので・・・。表紙は渡辺多恵子さんですが。
本題から外れますが、北里マドンナで「エビス」というビール名を知りましたね。

たくさん書いてくださって嬉しいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/23 21:25

こんにちは。


既に出ていますが、
『なんて素敵にジャパネスク』が好きです。
最初は、漫画(全11巻)を読んだのですが、小説の途中までしか漫画化されていなかったので、続きを小説で読みました。

好きなキャラですが…難しいですね(笑)
守弥は、漫画の中では、けっこう好きでした。
“吉野にいる瑠璃姫を視察する途中、足を滑らせガケから落ちて記憶喪失に。そこで瑠璃姫に助けだされ、峯男(みねお)と名付けられる”辺りのエピソードが気に入っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり「ジャパネスク」は人気がありますね。漫画化された強みでしょうか。
単発でドラマ化もされませんでしたっけ?見てないけど。

守弥は気に入る方が多いようですね。あの、生真面目なくせにお間抜けなところがかわいいのかな。私も好きですし。。

氷室さんは、高彬を気にいってるようですが、読者の好みとはいまいち一致してないみたいで面白いです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/25 14:59

おはようございま~す!


再びchoco87です♪

間違えちゃいました!!
オディールです。笑
オデットは妹の方でしたねぇ。
確かにオデット好きって言われたら
私も意外に思っちゃいます!!!

また読み返してみよっと!
シンデレラミステリーは私の逃避行バイブルです♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。

あはは~。やっぱりオディールでしたか。なんかへんだなーとは思ってたんですよ。・・・て、これってオデットに失礼?

シンデレラ迷宮は久石譲氏でレコード化されてますよね。しっかり持ってますが。
オディールの曲も不思議な感じで綺麗でした。
でも、プレーヤーが壊れちゃったんで、今は聞けないんですよね。。。ぐっすん。

二度も来て頂いてありがとうございました。

お礼日時:2003/01/24 09:01

私にとっては「銀の海金の大地」最高!1巻~11巻まで出ていて新刊が7、8年出てないんだけど、内容は結構読み応えばっちり。

主人公の真秀(まほ)はキリっとしてます。生きる事まで考えちゃうね(笑)古代が好きな人に特にオススメ。そうじゃなくても一読の価値はあるよ。あ、#3の方もおっしゃってるね。「銀・金」の続きどうなったんだろうね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「銀金」はそれまでのかるーい感じから飛びぬけて、重厚な世界を作っていますよね。初めて読んだときは、今までの氷室さんのイメージと違っていたので、戸惑ってしまいました。
でも、読み続けるとこれが面白い!んですよね~。
美形キャラてんこもりだし、わくわくします。
はやく続きが出て欲しいですね。

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/01/23 21:47

tanbokunさんこんにちは。


私も一時期は、氷室冴子さんにハマりましたね~。
順位をあげてみるとお約束状態になりそうですが、いくつかあげてみます。

○なんて素敵にジャパネスク!
右大臣家の守屋がいいですね~、シブくて抜けてて。
それに吉野の君に声が似てるのがイイ!

○クララ白書・アグネス白書シリーズ
やっぱり主人公のしーのがいいかな。

○シンデレラ迷宮・シンデレラミステリー
やっぱり、主人公の女の子かな。
頑張ったねと言ってあげたい。

○さようならアルルカン
アウトサイダーから一転して人気者に成らざるを得なかった柳沢さん(?)かな。
その一部始終を見てた主人公も捨てがたいけどね。


氷室さんの本は、本当にどれも良くて迷いますが、彼女の本て楽しい内容のお話も、楽しいだけじゃないところがイイです。
どれも深い!だから面白いのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うんうん、守屋もいいですねえ。「峰男」になった番外編は、ジャパネスクの中でも好きな話です。考えすぎて空回りしてしまうところなんか、かーわいいです。

白書シリーズはほのぼのしてて楽しめました。この話をよんでから、コーヒーにミルクを入れるとき、マーブル状になるようにそうっと入れる癖が付いてしまいました。でも、実際はCMみたいに綺麗にはならないんですってね。あれは、木工用ボンドを使用しているから綺麗なマーブルになるのだとか。なんだか悔しい・・・。

シンデレラシリーズ・・・透明感の高い美しい切なゐ物語だと感じました。特に誰と言うわけでもなく、全体の雰囲気がたまらなく好きな作品です。

アルルカン・・・渋い!ちょっと気が重くなる話でした。。。デビュー作でしたっけ? まだ文章も堅いけど、それがまたいい味でしたね。

氷室さんの話が私にはまったのは、ミステリな味付けがしてあることが多いからでもあります。謎解きの面白さをうまく取り入れていると思います。偉そうですが・・・(^_^;)
そして最後に切なくも元気が出る終わり方をするところも好きですね。
あー、よみたくなってきました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/01/23 21:43

こんにちは。


氷室冴子さんの作品は10代の頃にはまりまくってましたよ~♪
最初の出会いは「クララ白書」だった気がします。
私も「北里マドンナ」好きです、っていうか北里くんが好きでした。
なぎさと多恵子はなんかまどろっこしくて…(^_^;)
あとは「なんて素敵にジャパネスク」かな。
今考えると瑠璃ってなんて勝手なヤツなんだ、って気がするんですが、平安時代を舞台にしながらぶっ飛びまくりの姫君が事件に巻き込まれるたびにドキドキしたものです。
個人的には鷹男なんて好きでしたね。
どうやら脇役好きらしいです。
それにしても「銀の海 金の大地」はどうなったんですかねぇ??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北里君、いいですよねえ。
ストレートななぎさ君よりも共感出来る部分が多かったですね。

ジャパネスクの鷹男は私も好きです。高彬よりもりりしいし、積極的だし。
ジャパネスクはどの話も好きですが、私は「吉野の君」の話と「峰男」の番外編が好みかな~。

「銀金」はずうっとお休み状態らしいです。11巻までで、一時休憩・・・がもう何年にもなっているらしい・・・。氷室さんが体を壊されていたこともあったようですが、今はお元気になられたようなので、気長に待つしかないようですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/23 21:32

「海がきこえる」はあの等身大の切なさがダイスキです。


それから「少女小説家は死なない!」のあのむちゃくちゃっぷりがすきでたまりません。

簡単ではありますが氷室さんファンとして一言書いてみました(笑)
実は氷室さんの大学の遠い後輩になるのですが、図書館の方が、よくすみっこでじっと本を読んでいらしたり、大量に本を借りていかれたと仰ってましたよ(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

等身大の切なさ・・・まさにそうですね。
氷室さんの書く男の子は、私にはまりまくりで、読むたびに恋してしまいます。

少女小説家は死なない・・・笑いましたね~。あの中では、きゃぴきゃぴ恋愛小説を書いている人が結構好きでした。火村センセが栄養失調になるくだりも面白かったなあ。

氷室さんの後輩とは、羨ましいです。そういう日常のエピソードも氷室さんらしくていいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/23 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氷室冴子「冬のディーン夏のナタリー」はどうなったのでしょうか?

 かれこれ15年ぐらい前ですが、氷室冴子さんで、コバルト文庫の「冬のディーン夏のナタリー」という小説がありました。
 ストーリーは、馬鹿がつくぐらい正直で真面目な男の子が大学受験に失敗し、推薦入学で行った大学に、受験期の夏に知り合ってイタしてしまった中の女の子がいて、実はその子は大女優の娘で、しかもイタした時に主人公は嘘をついてるんです。「出来のいい兄貴がいて、彼女を横取りしたい・・・」と。でも、本当は出来のいい兄貴は自分で、ワイルドさが魅力な(?)弟に彼女を取られちゃった直後だった、と言う嘘です。

 私が読んだのは、入学式直後まで。あの後、続きはあるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

氷室さんは 10年近く 断筆状態だそうです。
下記のサイトの下のほうを ご覧ください。
「冬のディーン夏のナタリー」は1~3巻まで既刊で その後は 今のところ ないようです。

参考URL:http://fragments.exblog.jp/i15

Q絵とか、小説とかなどで、自分の好きな作者さんに影響されてしまうことありませんか? 私は影響されやすい

絵とか、小説とかなどで、自分の好きな作者さんに影響されてしまうことありませんか?
私は影響されやすいタイプで、その結果自分自身の作品がブレてしまうことがあります。

影響されないようにする為にはどうすれば良いのでしょうか?
(でも本や漫画を読んで勉強することは大事だと思います……技を盗め、みたいな)

影響しないように強い心を保つ為にみなさんはどのような心持ちをしていますか?

分かりづらい質問ですみません。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

散歩とかしたらどうですか!それで何かヒントを、貰ってメモをする。そしたら自分らしいお話が書けると思います!影響されないようにするのはやっぱり難しいですね〜

Qノルウェーの森 とかねじまき鳥とか ジャンル

村上春樹の
ノルウェーの森 とか
ねじまき鳥
とかは、一体なんのジャンルですか?

あと、いぬさんとか、ねこさんとか
でてくるあの村上春樹の本のジャンルは?
えーとタイトルわすれました。
おじいさんが、石とかをあっためてる話です。
カーネルサンダースとかでてきて
すっごい意味わからなくって
最後は少年が鳥になったり。。
あれは、ファンタジーだったのでしょうか?

それから村上龍の
限りなく透明に近いブルーは
なんのジャンルですか?


わたし、ジャンルわけするのが
すごくむずかしくて
よくわからないんです

Aベストアンサー

龍さんも春樹さんも「純文学」なんじゃないでしょうか。
エンタテイメントでもありますが。
エンタテイメント性のある純文学?

春樹さんは広く考えたらSF的なときもあります。
幻想文学というのもあるし、魔術的リアリズム(magic realism, Magical Realism)というのもあるし。
マジックリアリズムは南米文学なんかが有名です。

それと、『ノルウェイの森』は著者曰く「リアリズム小説(現実世界)」ですが、『羊をめぐる冒険』などは架空の世界が多分に入っているとのこと。
『ねじまき鳥クロニクル』も現実と不思議な世界がまじっているようですね。


>カーネルサンダースとかでてきて
>すっごい意味わからなくって

これは『海辺のカフカ』です。


>わたし、ジャンルわけするのが
>すごくむずかしくて
>よくわからないんです

最近はジャンル分けができない作品、作家は多いと思いますよ。
SFとは言わないけど広義のSF的要素を持っている作品とか、1人の作家がいろいろな路線の小説を書くとか。
ジャンル分けしたいなら評論や何か読むといいのかもしれませんが、無理して分ける必要もないと思います。

「現在では純文学、大衆文学の境界はきわめてあいまい」だそうです(参考URLの『純文学と大衆文学』)。
だけどウィキペディアを読んだって何だかややこしいですよねえ(笑)


エッセイや対談で読んだところでは、春樹さんは自作を、筋を練った小説というより、偶然性も取り入れた「物語」と考えているフシがあるかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%AA%AC

龍さんも春樹さんも「純文学」なんじゃないでしょうか。
エンタテイメントでもありますが。
エンタテイメント性のある純文学?

春樹さんは広く考えたらSF的なときもあります。
幻想文学というのもあるし、魔術的リアリズム(magic realism, Magical Realism)というのもあるし。
マジックリアリズムは南米文学なんかが有名です。

それと、『ノルウェイの森』は著者曰く「リアリズム小説(現実世界)」ですが、『羊をめぐる冒険』などは架空の世界が多分に入っているとのこと。
『ねじまき鳥クロニク...続きを読む

Q生贄の風習とか昔の伝説とか過去の事件なんかが背景にある小説を教えてください。

生贄、伝説、事件の設定は、もちろんフィクションでいいんですけど、過去に起こりえたかもしれない悲劇なんかが感じられる作品がいいです。こういう部類の小説はあまり読んだことがないんでよくわからないんですけど、ホラー小説とかミステリー小説とかにチャレンジしてみたくて質問しました。ゴーストハントの迷宮の話とか、ゲームの零作品とか、アニメの地獄少女1期の最後らへんとかが好きです。普通の小説でもライトノベルでも構わないんでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

有名どころですが、京極夏彦作品は如何でしょうか。
私も零や地獄少女が好きなのですが(ゴーストハントは読んだことがないのです、ごめんなさい)古本屋の探偵が活躍する「京極堂シリーズ」はややレトロ味が入ったホラーミステリーといった感じで、質問者様の言われる「生贄や伝説、悲劇などを背景に」といった点にあっているように思います。
舞台は昭和です。旧家の風習・少女・美しい女性・彼岸と此岸・旧字体・錯乱や異常事件等…がキーワードになると思います。幻想的で耽美的な雰囲気もあるなと感じつつ読んでいます。
もしまだ未読で、ご参考になりましたら、是非。

Qゾクッとする小説さがしてます。幽霊とかはすきではないので、人が良い人にまえて、実は、とかすきです。

ゾクッとする小説さがしてます。幽霊とかはすきではないので、人が良い人にまえて、実は、とかすきです。 小池真理子とか、角田光代とかすきです。

Aベストアンサー

道尾秀介『龍神の雨』は、家族の問題、誤解、色々な思いが交錯した面白い作品でした。最後のどんでん返しも、いい意味で裏切られました。
ゾクっとするかはわからないんですけど、同じく道尾秀介『水の棺』もこの人にそんな過去があったなんて…という感じでした。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報