『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

情報処理の問題(平成20年 春期)で、
問.10 進数の分数 を 16 進数の小数で表したものは?。(答0.08)
とあり、解説で
「16 進数の 0.1 は、1/16 で、16 進数の 0.01 は、1/16^2 である。1/16^2=1/256 で、・・・」
ここまではわかるのですが、次に、
「1/32=8/256 となる。」ということがわかりません。
どなたか、教えて下さい(><)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「1/32=8/256 となる。

」ということがわかりません。
え?

この回答への補足

解説によると、
【16 進数の 0.1 は、1/16 で、16 進数の 0.01 は、1/16^2 である。1/16^2=1/256 で、1/32=8/256 となる。
よって、10 進数の分数 を 16 進数の小数で表したものは 0.08 となる。】

と記載されてました。
まちがってるのでしょうか?
兎に角、この問題の解き方を知りたいんです(><)

補足日時:2008/12/05 23:53
    • good
    • 0

>約分はわかるのですが、どういう計算で、8/256 になるのでしょうか??



貴方とは永遠にわかりあえそうにありません。
    • good
    • 0

8/256を約分すれば1/32になりませんか?


そのまんまの意味です。

この回答への補足

すみません、説明が足りませんでした。

約分はわかるのですが、どういう計算で、8/256 になるのでしょうか??
(><)

補足日時:2008/12/06 00:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10進数の分数 1/32 を16進数の小数で表すと?(基本情報試験)

10進数の分数 1/32 を16進数の小数で表すと0.08になるようですが、その解説が下記のようになっているのですが、「1/32=8/256」となる部分が理解できません。ご回答お願いします。

16 進数の 0.1 は、1/16 で、16 進数の 0.01 は、1/16^2 である。1/16^2=1/256 で、1/32=8/256 となる。

※基本情報技術者試験H20春 午前問2より

Aベストアンサー

んと… 1/32 = 8/256 が分からないと言うのですか?
小学校の約分通分に過ぎないんですけど

分母に 256が使われる理由が分からないと言うことでしょうか
かなりすっ飛ばした説明ですので忘れましょう(覚えておいて損は無いんですけど)

では代わりに普通に計算する方法です
1/32×16= 0 +16/32(小数点以下1桁目は0)
16/32×16=256/32= 8 +0/32(小数点以下2桁目は8)
答え:0.08H

試しに違う数字 3/512でも計算してみましょう
 3/512×16=0+48/512(小数点1桁目は0)
 48/512×16=768/512=1+256/512(小数点2桁目は1)
 256/512×16=4096/512=8+0/512(小数点3桁目は8)
答え:0.018H
(この計算方法は2進数の場合でも同じです)

Q16進小数0.Cを10進数小数に変換したら0.75になりますがわたし自

16進小数0.Cを10進数小数に変換したら0.75になりますがわたし自身良く解りません
詳しくおしえていただけませんでしょうかm(._.)m

Aベストアンサー

10進数で「0.1」と書くと、
小数点より下位の「1」の意味は「10分の1の量が1コ」という意味ですよね。
10分の1の量が1個だと 0.1
10分の1の量が2個だと 0.2
と続けて
10分の1の量が9個だと 0.9
じゃあ
10分の1の量が10個だと?

小数点の右側の場所では表現できないので、左側の場所を使って
1.0
と書きます。
これが10進法です。


16進数で小数点を含む数字の意味を考えると...
16進数「0.C」は、小数点の右側の「C」は「16分の1の量がC個(=12コ)」という意味です。
16分の12は約分できるので、してみると4分の3、10進数の小数で言えば=0.75です。

そういう事です。

Q16進数から10進数への変換

16進数の77が16×14+7だということはわかるのですが、少し複雑になるとわからなくなります。
例えば以下のような場合です。

「16進数で5D2Cは
16の三乗×5+16の二乗×13+16×2+12
とあらわされます。」

なぜ、16の三乗や、16の二乗をする必要があるのでしょうか?

5桁になるとおそらく16の4乗をする必要がありそうですが、
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

5桁で16の4乗、というのは正しいです。
この説明は下でされているので省きます。

16進数は数が大きいので、扱いが面倒、と思われるかもしれないので、
簡単な2進数への変換法を書いておきます。

16進数で5D2Cの場合
 1、各桁を2進数に変換する
 ⇒5D2C = 0101 | 1101 | 0010 | 1100
 2、変換したものをそのまま結合する
 ⇒ 0101 | 1101 | 0010 | 1100 ⇒  0101110100101100

 これで、2進数になります。
2のN乗の方が計算が楽だと思いますので、10進数にする場合は
使ってみてはいかがでしょうか?
(8進数の場合も同様にできます)

Qべき乗

べき乗とは一体なんですか?
ウィキを見ても理解できませんでした。
2の2乗は2×2ですが、
2のマイナス2乗は一体どのような式なのですか?

Aベストアンサー

算数の延長線上だけの概念だけだといまいち理解出来ないですよね。
べき乗って要は指数なんですけど、
そういう難しい話を出来るだけ捨てて、算数の世界で説明出来る位まで掘り下げて説明します。

例えば 10の2乗は100、10の3乗は1000となります。
これを数字の動きに目を合わせてもう一度、書いてみます。
00010.00000 ←これを2乗すると↓
00100.00000 //10という値が左に1つずれた結果が答え

00010.00000 ←これを3乗すると↓
01000.00000 //10という値が左に2つずれた結果が答え

こういう風に表す事が出来ます。
じゃあ、10のマイナス2乗ってなった場合はどうなるのかというと、
00010.00000 ←これを-2乗する↓
00000.01000 //10という値が右に3つずれた結果が答え

という答えになります。
1を基準点として、右や左にいくつずれるか。
これがべき乗なのです。


で、2のべき乗を考えた時は、
全部2進数で考える必要があります。
00010.00000 ←2進数で表した数値の2
00100.00000 ←2乗した結果。数値で言うと4
00010.01000 //-2乗した結果。数値で言うと0.25


これで何となく分かっていただけたでしょうか?
ちなみに37のx乗を計算するみたいな時があったとしたら、
それは37進数で考えるという計算が必要になるのです。

算数の延長線上だけの概念だけだといまいち理解出来ないですよね。
べき乗って要は指数なんですけど、
そういう難しい話を出来るだけ捨てて、算数の世界で説明出来る位まで掘り下げて説明します。

例えば 10の2乗は100、10の3乗は1000となります。
これを数字の動きに目を合わせてもう一度、書いてみます。
00010.00000 ←これを2乗すると↓
00100.00000 //10という値が左に1つずれた結果が答え

00010.00000 ←これを3乗すると↓
01000.00000 //10という値が左に2つずれた結果が答え

こういう風...続きを読む

Q小数と分数を2進数に直すやり方を教えてください。

小数と分数を2進数に直すやり方を教えてください。


問.次の数値を2進数にせよ。

0.5

1/32    


この問題がわからなくて困っています。
答えだけではなく、解き方も教えてもらえると助かります。
お願いします。

Aベストアンサー

十進数では、10=10^1、100=10^2、0.1=10^(-1)だね。つまり、10倍ごとに桁が増えたり減ったりするわけ。 対して、2進数では、2倍ごとに桁が変わる。10=2^1、100=2^2…という風にね。小数は、0.1=10^(-1)だったから、2進数では0.1=2^(-1)。これは、1/2ということだから、小数に直せば?
1/32=2^(-5)。10進数でいうときの、10^(-5)を小数に直せば?
分数で考えると、すぐわかる。

Q【Excel】 セルの色での判断はできますか?

使用環境:Office2003

条件付書式を使用して、セルの値がxxならばセルを着色する・フォントを変える、というのは可能ですが、

逆に

セルの色がxx(例えば赤等)ならば、隣のセルに1を代入する

ということは可能でしょうか?
※VBAを使わなければそれにこしたことはないですが、
 必要ならばコーディングも教えてください

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の質問を検索していただくと、たくさんの事例がありますが、結論から言うとVBAを使用しないとセルの色は取得できません

>セルの色がxx(例えば赤等)ならば、隣のセルに1を代入する
VBAを使用すればもちろんできますが、これは「例えば」の質問であって、このコードを書いても意味はないのでは?

ですから汎用的に使えるユーザ定義関数にしました。以下のマクロをALT+F11でVBE画面を開き、左上のVBA Projectでシート名を右クリックし「挿入」→「標準モジュール」で表示される画面に貼り付けて下さい。
ワークシート画面に戻って、適当なセルに
=CellColor(A1)
と入力してみて下さい。A1セルの色番号が表示されます。(背景色なしの場合は0が返ります)
この戻り値判定して、関数などでセルに値をセットすればよいでしょう

Function CellColor(ByVal rng As Range)
With rng.Cells(1, 1).Interior
If .ColorIndex = xlNone Then
CellColor = 0
Else
CellColor = .ColorIndex
End If
End With
End Function

ただしセルの背景色を後から変えても、ユーザ定義関数の戻り値は自動的には変わりません。式を入力した後で背景色を変更した場合は
 ALT+Ctlr+F9
で強制再計算させる必要があります。

過去の質問を検索していただくと、たくさんの事例がありますが、結論から言うとVBAを使用しないとセルの色は取得できません

>セルの色がxx(例えば赤等)ならば、隣のセルに1を代入する
VBAを使用すればもちろんできますが、これは「例えば」の質問であって、このコードを書いても意味はないのでは?

ですから汎用的に使えるユーザ定義関数にしました。以下のマクロをALT+F11でVBE画面を開き、左上のVBA Projectでシート名を右クリックし「挿入」→「標準モジュール」で表示される画面に貼り付けて...続きを読む

Q進数の小数点をどう変換するのか

現在進数の小数点で詰まってます

2進数⇒10進数へ変換するときは
11.01011⇒
1*2~1+1*2~0+0*2~-1+1*2~-2+0*2~-3+1*2~-4+1*2~5
2 +1 +0 +0.25 +0.125 +0.625 +0.3125
3+1.3125
4.3125

2進数⇒16進数へ変換するときは
11.01011⇒
B.0 |8+0+2+1|
B.0B

で良いと思ってます(間違ってたらすいません)

ここで本題なんですが、小数点を含んだ進数で
2進数⇒8進数
8進数⇒2進数
10進数⇒2進数
16進数⇒2進数
この[通り]の場合の小数点の出し方を何方かご存知ないですか?
無ければ無い、あればあるで教えて頂けないでしょうか
扱う数字はいくつでも勿論結構です、宜しく御願いします

Aベストアンサー

基本的に相互変換可能です。

> 2進数⇒10進数へ変換するときは
> 11.01011⇒
> 1*2~1+1*2~0+0*2~-1+1*2~-2+0*2~-3+1*2~-4+1*2~5
> 2 +1 +0 +0.25 +0.125 +0.625 +0.3125
> 3+1.3125
> 4.3125

計算結果が違います。
小数点以下の数字が1を超えることはあり得ません。
たぶん3.34375になるはずです。

> 2進数⇒16進数へ変換するときは
> 11.01011⇒
> B.0 |8+0+2+1|
> B.0B

2進数⇒16進数に変換するときは、小数点から4桁ずつに区切って考えます。
(2^4 = 16なので、2進数の4桁が16進数の1桁に対応する)
2進数の11.01011を16進数に直すには次のようにします。
(何もないところには0を埋めます)

| 0011. | 0101 | 1000 |

2進数の0011に相当する16進数は3
2進数の0101に相当する16進数は5
2進数の1000に相当する16進数は8

2進数の11.01011は、16進数の3.58
10進数に直してみると、
3 + 5/16 + 8/256 = 3.34375
となり、元の10進数とも一致します。

16進数⇒2進数は逆の操作で行えます。
16進数3.58を1桁ずつに区切って、その数字に対応する4桁の2進数を当てはめればよいです。

16進数の3に相当する2進数は0011
16進数の5に相当する2進数は0101
16進数の8に相当する2進数は1000

つまり16進数の3.58は、2進数の0011.01011000(11.01011)になります。

2進数⇔8進数の相互変換も同様に行えます。
2^3 = 8なので、2進数の3桁が8進数の1桁に対応します。
つまり2進数を8進数に直す時には3桁ずつ区切ればよいです。

> 10進数⇒2進数

10進数小数を2進数小数に直すには、今までの方法とは別の手段を使う必要があります。

例 10進数の0.14を2進数に直す
やり方は、0.14をどんどん2倍し、1の位を見ます。
1の位の数字が、小数点以下の位の数字になります。
(なお、3.14のような整数部分に0以外の数字をもつ数は、
整数部分(3)と小数部分(0.14)に分け、
それぞれ別々に2進数に変換し、最後にくっつけます。)

(1) 0.14を2倍 → .28
繰り上がりがないので、2^(-1)の位は0
(2) 0.28を2倍 → .56
繰り上がりがないので、2^(-2)の位は0
(3) 0.56を2倍 → 1.12
繰り上がりがあったので、2^(-3)の位は1
1の位の数字を除去
(4) 0.12を2倍 → .24
繰り上がりがないので、2^(-4)の位は0
(5) 0.24を2倍 → .48
繰り上がりがないので、2^(-5)の位は0
(6) 0.48を2倍 → .96
繰り上がりがないので、2^(-6)の位は0
(7) 0.96を2倍 → 1.92
繰り上がりがあったので、2^(-7)の位は1
1の位の数字を除去
(8) 0.92を2倍 → 1.84
繰り上がりがあったので、2^(-8)の位は1
1の位の数字を除去
(9) ……

といった感じです。
これは10進数の小数に10をかけて、
小数点を右隣に移すことと同じことをやっています。
2進数なら、2をかければ小数点が右隣に移るので今回は2倍です。

ではなぜ小数点を右隣に移すのか。
それは、少数点を1個ずつ右にずらしていけば、
1の位に小数点以下の部分の数字が順番に出てくるからです。
例えば3.14に10をかけると31.4です。
1の位を見ると、元の3.14の10^(-1)の位が現れます。
さらに31.4に10をかけると314です。
1の位を見ると、元の3.14の10^(-2)の位が現れます。
今回の10進数⇒2進数の変換に関しても、それと同じことをやっています。

基本的に相互変換可能です。

> 2進数⇒10進数へ変換するときは
> 11.01011⇒
> 1*2~1+1*2~0+0*2~-1+1*2~-2+0*2~-3+1*2~-4+1*2~5
> 2 +1 +0 +0.25 +0.125 +0.625 +0.3125
> 3+1.3125
> 4.3125

計算結果が違います。
小数点以下の数字が1を超えることはあり得ません。
たぶん3.34375になるはずです。

> 2進数⇒16進数へ変換するときは
> 11.01011⇒
> B.0 |8+0+2+1|
> B.0B

2進数⇒16進数に変換するときは、小数点から4桁ずつに区切って考えます。
(2^4 = 16なので、2進数の4桁が16進数の1桁に対...続きを読む

QMIPS値の計算

MIPS値の計算で、教えてください。

MIPS値=1÷(3.0マイクロ秒 × 10のマイナス6乗)…(1)
≒0.3×10の6乗…(2)
=0.3MIPS


上記の式で、(1)の式からなぜ(2)の式になるのかがわかりません。
ついでに、≒という記号はどういう意味でしたっけ…

Aベストアンサー

10の12乗 = T(テラ)
10の9乗 = G(ギガ)
10の6乗 = M(メガ)
10の3乗 = k(キロ)
10の0乗 = 1
10の-3乗 = 1/(10の3乗) = m(ミリ)
10の-6乗 = 1/(10の6乗) = μ(マイクロ)
10の-9乗 = 1/(10の9乗) = n(ナノ)
10の-12乗 = 1/(10の12乗) = p(ピコ)

よって「10Mバイト=10の7乗バイト」は正しいです。
勘違いしているのはANo.1の回答者で,10の6乗バイト=1Mバイトです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7715443.html

さらに,
10の3乗=k(キロ)をあえて分数表記すると分母は1で,(10の3乗)/1。
これは,1/(10の3乗)=m(ミリ)とは
★分子分母が逆になった数★なので,
「k(キロ)とm(ミリ)は逆数の関係にある」といいます。
同様に,
「M(メガ)とμ(マイクロ)は逆数の関係にある」
「G(ギガ)とn(ナノ)は逆数の関係にある」
「T(テラ)とp(ピコ)は逆数の関係にある」と言えます。

----------------
MIPSは日本語で 100万命令/秒。
100万という数の大きさは メガ という接頭語で示すことができるので,
MIPSという単位は「M命令/秒」だと言えます。

次に,1命令当たりの平均命令実行時間というものを検討します。
その単位は「μ秒/命令」です。

Mの逆数がμ,命令/秒 の逆数が 秒/命令 ですから,
「MIPS と 1命令当たりの平均命令実行時間 は逆数の関係にある」わけです。

----------------
以上でお膳立てがそろいました。

1命令当たりの平均命令実行時間=3.0マイクロ秒/命令
の場合のMIPSを求めます。両者は逆数の関係にありますから,

3.0 →分子分母を逆→ 1/3.0
マイクロ →分子分母を逆→ M(メガ)
秒/命令 →分子分母を逆→ 命令/秒

すなわち,1/3メガ命令/秒 =0.333...メガ命令/秒 =0.333...MIPS ≒0.3MIPS です。
「≒」は「正確に=ではなく,およそ等しい」という記号です。

----------------
> 1÷(3.0マイクロ秒 × 10のマイナス6乗)…(1)
> ≒0.3×10の6乗…(2)

(1)から(2)への変換は,次のことを表しているわけです。
3.0 →分子分母を逆→ 1/3.0 ≒ 0.3
10の-6乗 →分子分母を逆→ 10の6乗

10の12乗 = T(テラ)
10の9乗 = G(ギガ)
10の6乗 = M(メガ)
10の3乗 = k(キロ)
10の0乗 = 1
10の-3乗 = 1/(10の3乗) = m(ミリ)
10の-6乗 = 1/(10の6乗) = μ(マイクロ)
10の-9乗 = 1/(10の9乗) = n(ナノ)
10の-12乗 = 1/(10の12乗) = p(ピコ)

よって「10Mバイト=10の7乗バイト」は正しいです。
勘違いしているのはANo.1の回答者で,10の6乗バイト=1Mバイトです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7715443.html

さらに,
10の3乗=k(キロ)をあえて分数表記すると分母は1で,(10の3...続きを読む


人気Q&Aランキング