これからの季節に親子でハイキング! >>

よく動物実験における薬物投与の際に、腹腔内投与を行いますが、この際の薬効の動態は、経口、静注、筋注などに比べてどのようなものになるのでしょうか?

A 回答 (3件)

>この際の薬効の動態は


分りません。薬剤の動態、あるいは薬効の差異、ならなんとか回答できますので。

同じ効果を示す投与量:静注<腹腔<皮下<経口
これは、吸収率(血管内へ):静注>腹腔>皮下>経口 だからです。代謝のされにくさ、かも。

効果を示すまでの時間:静注<腹腔<皮下<経口
投与可能な液量:経口>腹腔>皮下>静注

 大量に投与でき、効果が速く、投与量もすくなくて良い、というのが利点です。
 ネズミに、1000mg/kgで投与したいのに、1mgが1万円。そんなときに、有効かと(30mg/kg程度にしかなりませんが)。

 ちなみに、マスコミなどで、「ふっくう」と発音されていますが、これでは漢字変換できません。ふっくうきょう、なるものがあるので、医学関係者が言い間違えたのだと想いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/10 00:38

端的にいえば腹腔に投与されたものは主に腸間膜の血管から吸収されると考えられるので、経口投与と同様肝臓の代謝を受けた後に血流の循環に乗ります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/10 00:38

人間でも腹腔内で「透析」することがあります。


経口や座薬に近いですね。
直接血管中に投与しないので、ショックにはなりにくいはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ネットで調べたのですが、皮下注射っていうものと同義のものなのでしょうか?

お礼日時:2008/12/07 16:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経口投与と腹腔内投与

麻酔を打つときで経口投与と腹腔内投与がありますが、薬物の効果の発現にかなりの違いがありました。経口投与と腹腔内投与それぞれどのように薬物が血液に入っていくのか少しでもいいので教えていただきたいです。経口投与はなんとなくイメージがわくのですが、腹腔内投与は投与後どういう経路で血液に入るのか特にわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり経口投与の麻酔は聞きませんが、まずは経口投与から…、

一般に薬物を経口投与した場合は消化管から吸収された後、その血液が門脈に注ぐため全身循環血に到達するまでに肝臓を経由することになります。肝臓はご存知の通り薬物代謝の主幹をなす臓器であるため、肝臓での薬物代謝を免れたもののみが全身循環血に到達でき、その量は元の投与量に比べるとずっと低い値なります(初回通過効果)。ちなみに薬物の中には、消化管粘膜上皮細胞における代謝の寄与が大きいものもあります。また、薬物の血中濃度が上がるのに少々時間がかかるのも経口投与の特徴です。

次に腹腔内投与ですが、投与された薬剤の一部は腹膜から速やかに吸収されて全身循環に入ります。静脈内投与と同様に全身投与のための薬剤の入り口として利用されます。当然いずれは代謝されることになりますが、経口投与と違い最初に肝臓を経由しなくてすむという点で、薬物が体循環に入る濃度は高くなり、かつ吸収も早いため薬物の効果も高くなることが期待されます。

Qピクロトキシンの作用ついて

色々な教科書を見てみましたが、ピクロトキシンの作用は脊髄においてシナプス前抑制におけるGABAの作用を抑えると書いてあるにも関わらず、薬理作用としては上位中枢を抑制し痙攣を誘発すると書いてあります。
薬理作用が上位中枢におけるものなのに、作用・機序に脊髄への作用を記述する意図は何なのでしょうか?
いつも気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。
上位中枢とある所に、引っかかって居られるのですね。

ピクロトキシン作用部位の一つGABA受容体は、
脳内シナプスに存在していて、特に大脳辺縁系に
多くありますよね。
その部位に対する作用は上位中枢ですね。
それと脊髄にも作用するで良いと思いますが?

Qtriplicateについて

分光分析で測定はtriplicateで行ったという文章があるんですがどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

 もう少し詳しい事が分からないと正確な事は言えないかと思いますが,MiJun さんお書きの3回測定してで良いように思います。

 ただし,測定セルに入れたサンプルの数値を3回読み取ると言うものではありません。セルへのサンプリングの段階から3回行なう物です。あるいは,サンプルの調整を3回行なうか・・・。

 ご参考まで。

QビタミンC定量とメタリン酸について

難しい質問なのですが、
ビタミンC定量で、なぜメタリン酸を使うのでしょうか?
栄養の勉強をしているのですが、
まったくわからないのです。
詳しく知っている人がいたらぜひ教えていただきたいです。
お願いします!

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「還元型ビタミンCの簡易測定法によるブロッコリーの品質診断」
●http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc050227.htm
(ビタミンC入り清涼飲料水)
◎http://members.home.ne.jp/khide/vitamin.htm
(実験の概要:2%メタリン酸溶液)

抽出の意味とpH調整の意味があるようですね?
参照文献の記載もあるので調べてみては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://home.raidway.ne.jp/~shes/gijutsu/95/95-05.htm

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q酢酸ライジング

 学生のころ、薬理学の実験で、マウスに酢酸を投与してライジングの観察をしました。

 最近、ライジングをもう一度見てみよう、と思ったのですが、学生のころどのくらいのdoseで投与したのか覚えてません。

 マウスの腹腔内投与なんですが、どのくらい投与すれば、ライジングが現れ、死なない程度でいられますか?覚えている方、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

ライジング懐かしいですね。
私もしましたよ・・・かれこれ17年程前でしょうか・・・。
覚えている内容なので、正確ではありませんが・・・。
雄性マウスを用い、マウスの腹腔に0.6%の酢酸を注射したように思います。体幹を捻るように伸張するライシングシンドロームが発現しましたよね。抗侵害受容作用の判定法としてはテイルピンチ法などと比べて感度が高いので、広く用いられていますね。投与量を 60mg/kg、150mg/kg および 300mg/kg の3段階で行ったように記憶しています。
このくらいしか覚えていません、”死なない程度”・・・はっきり覚えていませんので、すみません、お答え出来なくて。
今、私は外科医をしております。
何かありましたら、ご質問して下さい。
ご回答出来る範囲で答えさせて頂きます。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qマウスへの皮下投与量

担癌マウスへの皮下投与実験を行う予定です。投与量はどの位が普通なのでしょうか?50μLで行おうとしたら、少なすぎると言われました。(でも、その人は専門外です)通常の実験での溶液量を知りたいと思っています。薬剤のサンプル量は調整できます。どなたか、一般的な投与量を教えて下さい。よろしくお願いいたします。
(手持ちの本には載っていませんでした。)

Aベストアンサー

投与する液量に関するご質問と思いますので、それに対して回答しますが、実験動物学会や日本実験動物協会ではマウスの体重10gに対して、0.1-0.2mlを目安とすることを推奨しています。
ただ、投与するサンプルに刺激性があったりするときは、もう少し少なくする必要があるかもしれません。

Q水の硬度について

こんばんは。実は実習で硬度について勉強しました。その中で総硬度を求める計算式が2つありますよね。

(1)総硬度=(bf)×1000/試料量

(2)総硬度=(bf-1)×1000/試料量

この二つの使い分ける場合については教科書に書いてあるのですが、(2)ではどうして1を退くんでしょうか?また、どのようにしてその式を導くのでしょうか?

ご存じの方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 なかなか回答が寄せられないようなので・・・

 硬度と総硬度とはどう違うのですか?
 式中のbfとは何を表す数値ですか?

Q過マンガン酸カリウム溶液はなぜ褐色ビンに?

過マンガン酸カリウム溶液はなぜ褐色のビンや
適定するときも、何で褐色のビュレットを使うのでしょうか?

お願いします。化学の辞書の引き方もどんな風に調べたらよいのか、も実はわかりません。ですので、回答していただければ光栄です。

Aベストアンサー

過マンガン酸カリウム溶液は,熱や光によって徐々に分解します.特に,薄い溶液ほど分解が早いです.このため,保存するビンはもちろん,ビュレットのように希薄溶液で使用する場合には褐色ガラスを用います.

辞書の引き方…「過マンガン酸カリウム」のところに出てませんか?
実験の手引書みたいな本に出てそうですけど.


人気Q&Aランキング