6年間借りていた部屋から引っ越すこととなり2ヶ月後の解約を申し出たところ、次の月の家賃支払い時に『未払いの更新料』があることを貸主から伝えられました。確かに契約では1年更新で更新料が○万円と記載されており、はじめの2年は更新料を支払った記憶はあります。
しかし、その後は更新料の請求がないまま現在まで来ていました。突然、『未払いの更新料』のことを伝えられました。来月で今の部屋を引っ越す予定で、過去の全ての更新料となるとかなり高額になりますが、解約時に過去の更新料は貸主の請求どおり支払わなければならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

更新料は、契約書に定めがある場合は支払わなくてはなりません。


しかし、更新時に大家さんが更新料の請求を行なわなかったと言うことは、その時以降は更新料無しで契約更新が可能であると言う形に契約条件が変更になったと解釈することもできます。したがって、最初の更新料1回分は支払う義務があると思いますが(消滅時効5年(民法169条))、それ以降の更新料については支払う義務は無いと思いますがいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました、ありがとうございます。いままで大家とはうまくやってきていたので、もう一度相談して、払いたいと思います。

お礼日時:2001/02/28 23:31

支払う必要があります。


賃貸契約の賃貸人が大家個人名義であれば、個人間の貸借と判断されると思います。
その場合の消滅時効は10年となります。
法人名義の場合は5年です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/02/28 23:34

とりあえず調べてみました。



下宿屋の下宿代の消滅時効は1年。
地代や家賃などの賃借料の消滅時効は5年。

となっておりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に早い回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/28 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウイルスバスター更新料の勘定科目

こんにちは。

先日、ウイルスバスターの更新料を支払いました。
(1年契約でで3150円)
勘定科目は何になりますでしょうか?

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

最初に「ウィルスバスター」を購入した時の仕訳はどうなっていますか?
同じ勘定科目で計上するのが良いと思いますよ。

当社の場合は、ネット関係は通信費で計上することに決めていますので、通信費になります。
他にも、消耗品費で計上している会社もあると思います。

Q更新時、貸主変更での契約内容

13年以上住んでいるアパートですが、
契約更新の際、貸主が変更になったとのことで、
新しい契約書が送られてきました。
今までの貸主は個人でしたが、新しい貸主は、法人です。

更新料と家賃は、すでに新しい貸主に振込み済みです。

新しい契約書には、今までにはない条項がたくさん盛り込まれており、
その中で特に以下の内容が特に気になりました。

・(家賃は口座振替になりますが)期日に口座振替が不能だった場合、
 遅延金請求手数料3,000円(1回当たり)を併せた合計額を即日支払わなくてはならない。

・また、期日を1ヶ月以上経過したら、遅延損害金(年14.6%)が課される。

・緊急事態の発生および建物の維持管理上必要な場合、および借主が賃料を滞納している場合、承諾なくして貸室内に立ち入ることができる。

・本貸室、本建物に生ずる内外装工事全般は、貸主の指定する業者が行い、指定業者以外の工事は一切禁じる。

・タバコによる変色、結露による壁の汚れ等の修理および取替え費用は、借主負担。

・借主は、本契約締結時に鍵交換費(退室時交換)を支払うこととする。


そのほかにも気になる項目はいくつかあるのですが、
なにぶん、今までの契約書よりはるかに項目が増えているので、
どうしたらいいのか困っている状況です。


弁護士に簡易相談をしたところ、新しい契約書に捺印するまでは、
以前の契約がそのまま有効になっている、とのことでした。

ですが、このまま新しい契約書を拒否し続けることもできないと思うので、
数日後に、担当営業マンと話をする予定です。
そのときに、上の項目を変更、もしくは削除してもらうことを申し入れたいのですが
これは妥当なことでしょうか?


どうかよろしくお願いします。

13年以上住んでいるアパートですが、
契約更新の際、貸主が変更になったとのことで、
新しい契約書が送られてきました。
今までの貸主は個人でしたが、新しい貸主は、法人です。

更新料と家賃は、すでに新しい貸主に振込み済みです。

新しい契約書には、今までにはない条項がたくさん盛り込まれており、
その中で特に以下の内容が特に気になりました。

・(家賃は口座振替になりますが)期日に口座振替が不能だった場合、
 遅延金請求手数料3,000円(1回当たり)を併せた合計額を即日支払わなく...続きを読む

Aベストアンサー

2.の回答者です。再度回答します。
あなたの文面を見ますと、新オーナーは不動産業者のように思いますがいかがでしょうか?(宅建登録業者) この場合、県の住宅局指導課とご相談ください。(不動産業者への許認可、指導を行う強い権限を持っております)
他の回答内容は2.で説明したとおりです。
特に、延滞金・物件内立ち入りなど最初のものとは全く違う内容ですので、これは全く新規契約と同じです。 なお、契約に応じない、と言う理由で明け渡しを求められたら、再度、上記指導課に相談してください。 何らかの処分を受けるでしょう。

Q更新料の科目は

社宅として借りているアパ-トの更新料が請求されました
このときは借方は支払手数料になるのでしょうか
ご存じの方,お教え下さい

Aベストアンサー

アパートの契約期間が5年以内であれば、賃貸契約の期間で、5年以上の場合は5年で償却することになりますから、一旦は「繰延資産」などに計上して、上記の期間で償却していきます。

下記のような仕訳になります。
支払時
繰延資産 **** /現金 ****

償却時(決算の時)
更新料 **** /繰延資産 **** 

Q貸主変更で契約更新ですが、不安です

10年以上住んでいるアパートですが、
今回の契約更新時に貸主が変更になり、新しい契約内容に、今までに無い細かい記載があるため、それが一般的なのかどうか、教えてください。

現在、担当営業との交渉を数日中に予定しております。
契約書にはまだ印を押していない状況ですが、家賃、更新料ともに支払済みです。


<気になる条項>
(1)契約更新の際は、新規の契約書を交わすものとする。

 →旧契約書には、「協議の上更新」とだけありました。新規の契約書という記載は、よくあることなのでしょうか。

(2)本契約締結時に、ルームチェック表に基づき本貸室内の現状を確認するものとする。

 →更新でも、再度部屋に入って原状確認が必要なのでしょうか?できれば室内への立入りは断りたいのですが。。。

(3)賃借人は、本建物、本契約に関し、弁護士以外の代理人による交渉はできない。

 →これは権利の制限になりませんか?退去時に、場合によっては専門家に敷金返還交渉を依頼することもあると思うんですが。。。

(4)本貸室が、耐用年数、経年劣化等により不具合、修繕等を要する箇所が生じた場合、貸主へ報告しなくてはならない。報告が遅れたことによる修繕費用は賃借人が負担する。

 →10年以上住んでいるため、経年劣化の箇所はあります。不具合ではないですが、報告しないと、こちらの負担になってしまうのでしょうか。


新しい貸主は、法人(不動産業者)です。
相手がプロのため、うまく交渉できるか不安に感じています。

また、上記の点以外に不安に思っていることがあります。
現在、法定更新といわれる状態だと思うのですが、担当営業と話した上で契約書に同意できなかった場合、このまま住み続けることはできるはずですが、
貸主に何かを依頼するときに不利にならないか、とも心配しております。

どうかよろしくお願いします。

10年以上住んでいるアパートですが、
今回の契約更新時に貸主が変更になり、新しい契約内容に、今までに無い細かい記載があるため、それが一般的なのかどうか、教えてください。

現在、担当営業との交渉を数日中に予定しております。
契約書にはまだ印を押していない状況ですが、家賃、更新料ともに支払済みです。


<気になる条項>
(1)契約更新の際は、新規の契約書を交わすものとする。

 →旧契約書には、「協議の上更新」とだけありました。新規の契約書という記載は、よくあることなのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

契約内容を一方的に変更することはできないという大原則がありますから、ご質問者が合意しない限り、旧契約が有効です。

だいたいトラブルというものは曖昧な取り決めが原因になりますから、詳細を詰めておいたほうが良いのです。これまで曖昧であったものが明確化されたご質問者にとっては「権利が狭められた」と感じられています。これは自然な感覚です。

(1)契約更新の際は、新規の契約書を交わすものとする。
旧契約の効力を明確に否定するため、広範なビジネスの様々な局面でよくあることです。

(2)本契約締結時に、ルームチェック表に基づき本貸室内の現状を確認するものとする。
 →更新でも、再度部屋に入って原状確認が必要なのでしょうか?できれば室内への立入りは断りたいのですが。。。

新経営者が現場確認をする機会を入居者が奪ったという明確な証拠になりますので、原状回復の議論をするときに不利な材料になり得ます。他の材料と合わせて総合的にあなたが不利かどうかは、また別問題です。

新たに経営責任を負った人が現場を確認したいと思う気持ちは極めて自然でしょう。普段は現場確認をさせないでおいて、自分の権利を主張するときだけ経営者を問いつめるのは、筋が違うと思いますよ。「他の部屋には故障箇所はなくきちんとしてましたよ。両者が署名した証拠の確認シートと写真がある。あなたの部屋だけ最初から壊れていたとは考えにくい。なんやかや言ってるけど、本当はあなたが壊したんじゃないの」と指摘されたら、どのように反論しますか?

(3)賃借人は、本建物、本契約に関し、弁護士以外の代理人による交渉はできない。
ビジネスの現場には関係者は顔を揃えなければならず、関係者でない者は同席してはなりません。新経営者は契約者以外は相手にしないという明確な意思表示です。厳しいビジネスの世界で常識とされていることが、文章化されているだけです。

極論すれば、大家は弁護士と話をしなければならない義務すらありませんが、ここでは資格をもった弁護士ならば交渉するという意味になっていますから、ご質問者の法的な権利は守られています。

(4)本貸室が、耐用年数、経年劣化等により不具合、修繕等を要する箇所が生じた場合、貸主へ報告しなくてはならない。報告が遅れたことによる修繕費用は賃借人が負担する。
経営者が変わったことでもあり、問題がある箇所については入居者が自発的に、かつ早期に連絡してください、くらいの意味で捉えるならば、そうすべきでしょう。上記(2)とも合わせ、問題箇所を早期に報告するのが常識的に考えて筋だと思いますし、新経営者と問題箇所について認識を共有しておいたほうが、ご質問者の権利を守ることになると思います。

「報告が遅れたことによる」という表現が曖昧ですし、報告が遅れたら負担割合が「自動的に」入居者100%になるのかどうか争うことは可能だと思います。

既にご指摘いただいている通り、契約は両当事者が納得する形でどのように結んでもよいので、ご自分が不利にならないような表現に変えるよう交渉なさればよいでしょう。

大家が、新契約を締結する入居者と、新契約締結を頑なに拒否し法定更新を続ける入居者がいる場合、大家が法定更新の入居者からの依頼に良い返事をしないことは多いにあり得ます。そのこと自体は違法でも不当でもなく、どうしようもありません。法定更新をしている入居者は大家からの依頼を断っているわけで、お互い様でしょう。status quo(現状維持=以前より良くも悪くもしない)ですね。

契約内容を一方的に変更することはできないという大原則がありますから、ご質問者が合意しない限り、旧契約が有効です。

だいたいトラブルというものは曖昧な取り決めが原因になりますから、詳細を詰めておいたほうが良いのです。これまで曖昧であったものが明確化されたご質問者にとっては「権利が狭められた」と感じられています。これは自然な感覚です。

(1)契約更新の際は、新規の契約書を交わすものとする。
旧契約の効力を明確に否定するため、広範なビジネスの様々な局面でよくあることです。

(2...続きを読む

Q更新料について

(1)店舗の更新料の勘定科目を教えてください。
新しく「更新料」科目を作るべきなのでしょうか?

(2)繰延資産の償却は「減価償却費」で償却して良いのでしょうか?
それとも、「更新料償却費」等の勘定科目を新しく作った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

1.更新料については、「繰延資産」に計上して、下記の期間で償却します。

約期間が5年以内で、更新時に更新料を支払う場合はその 賃貸契約の期間。
上記以外の場合は5年 。
ただし、支出金額が20万円未満の場合で損金経理したときは繰延資産に計上せず支出年度で一時に損金算入することができます。

2.繰延資産償却を使います。
繰延資産償却 **** / 繰延資産  ****

Q駐車場契約更新の際の更新事務手数料負担について

来月、現在借りているアパートとアパートに付随する駐車場の更新時期を迎えます。
不動産会社から送付されてきた更新通知書の明細を確認したところ、その中にアパートで家賃の20%、駐車場で月額の10%の更新事務手数料が含まれていました。
これらの更新事務手数料は契約書にも何ら記載のないものだったため、不動産会社と話をし、支払う意志のないことを伝えたのですが、その際不動産会社に「アパートについては家主からも手数料をもらっているためこちらが手数料を負担しなくても契約書の作成は行うが、駐車場については家主からも手数料をもらっておらず、家主からは手数料は借主負担とするように言われているため、契約書の作成はできない」と言われました。
手数料を借主負担とするというのは家主が一方的に決めているだけで契約書にも何ら記載がないものなので、支払う義務はないと思っているのですが、駐車場については更新料もなく、現在の契約書上の期限が来月までと明記されているため、契約書の作成がされないままこのまま契約が継続できるのかが不安です。
駐車場の方の手数料は、金額的にはそれほど大きなものではないため払ってもという気持ちもあるのですが、アパートと同様に納得できない手数料の負担は金額にかかわらずしたくないという気持ちがあり(実は駐車場の更新は昨年もあったのですがこの時は何もわからずに手数料を払ってしまっていました)、このことで契約書が作成されず、家主さんともめることになりたくないという気持ちとの間で揺れ動いています。
アパート等の場合は契約更新をしなくても法定更新によりそのまま住み続けることができると聞いていますが、駐車場についてもこれはあてはまるのでしょうか。

来月、現在借りているアパートとアパートに付随する駐車場の更新時期を迎えます。
不動産会社から送付されてきた更新通知書の明細を確認したところ、その中にアパートで家賃の20%、駐車場で月額の10%の更新事務手数料が含まれていました。
これらの更新事務手数料は契約書にも何ら記載のないものだったため、不動産会社と話をし、支払う意志のないことを伝えたのですが、その際不動産会社に「アパートについては家主からも手数料をもらっているためこちらが手数料を負担しなくても契約書の作成は行うが、駐車...続きを読む

Aベストアンサー

新しく契約書の取り交わしをしなくとも、駐車場の使用料を借主が支払い、大家が受け取っていれば、暗黙のうちに契約が継続しているとみなされると思います。
ただし、駐車場は、法律上は、住宅と異なる、生活上必需という位置づけではないので、契約期限が切れた場合には、大家の都合でいつでも出て行けといわれる可能性が生じます。
不動産屋が更新契約書の作成をしてくれなくても、大家が誰かわかっているのであれば、ご自身で契約書を作成して、直接大家と契約を取り交わしても問題ないですから、そうされてはいかがですか。ただ、不動産屋は駐車場の管理をしてくれなくなると思いますが。

Q更新料の減価償却について

初心者ながら個人事業主の経理をやっております。
「教えてgoo」で事務所の更新料も減価償却できることを知りましたが、更新料の勘定科目と耐用年数が分かりません。(ちなみに更新料は221,000円です。)

更新料は振込で支払いしたのですが、その時の勘定科目を「地代家賃」にしてしまうと、経費が二重に計上されてしまうような気がするのですが、どのように処理するのが適切なのでしょうか?
耐用年数は更新期間が2年なので、2年で計算すればよいのでしょうか?また、無形固定資産ということでよいのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.tax01.com/modules/tinyd3/index.php?id=5

こちらにあるように税法上の繰延資産になり、更新期間の2年間で償却します。別表16(5)繰延資産の償却額の計算に関する明細書に記載します。

会計上は、「(長期)前払費用」として処理します。

また、勘定科目内訳の15地代家賃等の内訳の「権利金等の期中支払の内訳」に記載します。

以上

Q仲介業者変更による賃貸契約の更新と更新料の請求を受けています。支払い義務はありますか?

賃貸マンションの借り主です。
賃貸契約を結ぶ際、リフォーム無しで現状渡し、そのかわり更新料無しという話で、2年契約での契約書を交わし入居しました。
入居して現在2年半になりますが、2年目の時点で契約更新の話もないまま、突然大家さんから、「仲介業者が変わったので、新しい仲介業者が新しい契約書を作り直します。その際、更新料(家賃2ヶ月分)が発生します。新しい仲介業者から連絡が行くと思いますので、その際はよろしく」と言われました。すぐにでも更新料を支払って欲しそうでした。
更新料が無いことは、強く認識しておりましたので、とてもびっくりしてしまいました。

契約書に更新料についての記載は一切ありません。更新料が無いということについての念書などは交わしていません。
契約が切れる時点で仲介業者や、大家さんからも、何も連絡は無く、最初に取り交わした契約書だけが手元にあります。
仲介業者が変わったことも、それまで正式に知らされておりませんでした。

ここで有識者の方に質問です
(1) 現在契約書記載の契約期間が過ぎており、契約書の更新がされていないのですが、これは、取り交わしている入居の際取り交わした契約書の内要が無効になっているということになるのでしょうか?

(2) このままでは、新しい仲介業者と契約を結ばざるを得なくなると思うのですが、その際、当初の契約内要と違う更新料の請求が含まれていた場合、その要求は正当なものなのでしょうか?

どうぞ宜しくお願いいたします。

賃貸マンションの借り主です。
賃貸契約を結ぶ際、リフォーム無しで現状渡し、そのかわり更新料無しという話で、2年契約での契約書を交わし入居しました。
入居して現在2年半になりますが、2年目の時点で契約更新の話もないまま、突然大家さんから、「仲介業者が変わったので、新しい仲介業者が新しい契約書を作り直します。その際、更新料(家賃2ヶ月分)が発生します。新しい仲介業者から連絡が行くと思いますので、その際はよろしく」と言われました。すぐにでも更新料を支払って欲しそうでした。
更新料が...続きを読む

Aベストアンサー

(1)いわゆる法定更新(自動更新)の状態です。
賃料等、同条件で継続されます。

(2)新しい仲介業者と契約を結ばざるを得なくなる
サブリース契約ならそうですが、今までの契約の貸主は誰になっていたでしょうか?
新しい仲介業者が契約書を作成して手続きをするということではないのですか?
どちらにしても、最初の契約と内容が変わる訳ですから、勝手に更新料の請求はできません。
一方的に借主に不利な契約内容は無効ですから、どうしても払えと言われた場合は住宅局または住宅課に言えば、業者に指導が入ります。

※仲介業者とありますが、管理会社ではないのでしょうか?
仲介業者は新規契約の仲介をするのが仕事です。
管理会社と兼務の場合は更新手続きも行いますが。

リフォーム無しだから更新料が無いというのもあまり聞きません。
解約時にクリーニングや修繕費を支払わなくてよいということではなかったのでしょうか?

重要事項説明書を確認して、記載されていないことは支払い義務はありません。
もし更新料を支払うことになるのであれば重要事項説明書も作り直す必要があります。
重要事項の説明は宅建主任者が行わなければなりませんから、契約書を郵送でやりとりするだけではできません。
主任者があなたの家に来るか、あなたが業者まで出向いて説明を聞かなければなりません。

(1)いわゆる法定更新(自動更新)の状態です。
賃料等、同条件で継続されます。

(2)新しい仲介業者と契約を結ばざるを得なくなる
サブリース契約ならそうですが、今までの契約の貸主は誰になっていたでしょうか?
新しい仲介業者が契約書を作成して手続きをするということではないのですか?
どちらにしても、最初の契約と内容が変わる訳ですから、勝手に更新料の請求はできません。
一方的に借主に不利な契約内容は無効ですから、どうしても払えと言われた場合は住宅局または住宅課に言えば、業者に指導...続きを読む

Q契約書の更新料の条項

賃貸マンションが更新になるのですが、最新の契約書には特約事項に更新料の条項がありません。
10年ほど前、賃貸マンションを最初に借りたのですが、その契約書は、更新料1ヶ月となっていて、
最初の更新では、1ヶ月分の更新料を払いました。しかしその後、契約書の雛形が変わり
契約内容が細かいところが変わったのですが、よく読まないで更新していました。

年末にまた、更新になるのですが、最新の契約書には更新料の条項がないことに気づきました。
更新料の項目がなくなり、更新料について何も書いてありません。

今度の、更新では、更新料は払わなくていいものでしょうか?
前回の更新では、更新料の条項が無いの払っていました。

また、更新料の条項が無いのに払った更新料は返してもらえますか?

Aベストアンサー

不動産業者です。
更新料はあくまで特約で、双方の合意が無ければ支払う必要はありません。
今回は、契約書に記載が無い訳ですから支払う必要はありません。
前回支払い済みのものも、返金もらいましょう。

契約に明記してあって、後から裁判している例がありますが、
これはダメですね。
一度、合意している訳ですから。

今回は毅然と対応してみてはいかがでしょうか?

Q賃貸の更新料のホームネット保証料って何?

今住んでいるアパートの更新期限が近づいてきたので更新しようと思っています。
確認したら「更新料は家賃一か月分のホームネット保証料21000円をいただきます」と書いてありました。
ホームネット保証料って何ですか?
契約したときの契約書の連帯保証人の欄に「株式会社全国保証へ保証委託」と書かれていますがそれと関係あるのでしょうか。
また、これは家賃とは別払いで、更新月には「家賃2か月分+21000円」となるんですよね。

Aベストアンサー

 大家しています。

> 保証人に関することだったんですね。私は身よりもあるので関係ないかと思ってました。
まさかそんな人からも無断で保証料を取っているのではと心配になりました。

 個人で立てられる保証人と保証会社は似て非なるものです。

 個人の保証人ですと、滞納があった場合も取敢えずは居住者に請求し、払ってもらえない場合(2,3ヶ月の滞納の後)保証人に代わっての支払いをお願いします。居住者に今後も支払いの能力がなく居住者がそれでも居座る場合は保証人は必死に説得するしかありません。中には“この親にしてこの子”という保証人もいて、保証人が『私も払えません』なんていうのもいます。

 保証会社の場合、滞納、遅納(半月くらい)があった時に事故報告すると保証会社が代わりに家賃を振り込んでくれます。あとは、居住者に保証会社が請求し、居住者が家賃を払う能力がなくなったと思えば保障会社が退去=部屋の明渡しまでやってくれます。

 大家としては保証会社のほうがず~っと安心なんです。
 ですから、保証会社の保証を条件とする物件が多くなってきているのです。

 大家しています。

> 保証人に関することだったんですね。私は身よりもあるので関係ないかと思ってました。
まさかそんな人からも無断で保証料を取っているのではと心配になりました。

 個人で立てられる保証人と保証会社は似て非なるものです。

 個人の保証人ですと、滞納があった場合も取敢えずは居住者に請求し、払ってもらえない場合(2,3ヶ月の滞納の後)保証人に代わっての支払いをお願いします。居住者に今後も支払いの能力がなく居住者がそれでも居座る場合は保証人は必死に説得するしか...続きを読む


人気Q&Aランキング