南北朝時代のことが知りたくて、本を読みたいのですが、学術書っぽいのはかたいので、歴史小説でその時代のもので、面白く読めるものを探しています。司馬遼太郎さんが好きで良く読んでるんですが、その時代のものは書かれていないようなので・・・。何かお勧めってありますか?

A 回答 (2件)

南北朝全般ではないのですが、取り掛かりとして如何でしょうか?



風の群像 小説・足利尊氏 杉本苑子

南北朝が舞台の小説は他にもたくさんあると思いますが、
司馬遼太郎さん好きな私がお勧め出来る作家さんの作品としては
これしか思い浮かびませんでした。
    • good
    • 0

マンガ 日本の古典「太平記」ってのはどうでしょう?


概略くらいはわかると思いますが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の南北朝時代とはいつ頃を指すんでしょうか

こんばんは。
中国史のことで教えていただきたいんです。
「南北朝時代」とは、一体いつからいつまでのことを指すんでしょうか。
(西暦や、前後の王朝名が分かれば見当がつくのですが・・・。)
探し方が下手なのか、借りた本にもことごとく載ってない・・・
どなたか御存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

西暦420年から589年です。
589年に陏が中国を統一して陏の時代に突入します。
その後が唐ですね。
日本では607年に遣随使が派遣されていますから
その前の時代と考えていただいたら
わかりやすいでしょうか?

こんなところでいかがでしょうか。
お役にたてましたら幸いです。

Q古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください 大学レポートで6枚書きなさいと

古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください
大学レポートで6枚書きなさいとのこと、如何書いてけば良いでか?

Aベストアンサー

「古代ローマ時代の時代」の定義によっては、ギリシャ神話に代表される多神教とキリスト教受容での一神教との違いを示せば簡単に収まる話です。
6枚(約1万字)程度ならギリシャ神話でのアテネを中心とする代表的な神々とそれを祀る神殿などを列挙し多神教であった結論付け、古代ローマ時代についてはキリスト教受容されるまでの歴史を概略し、4世紀後半のテオドシウス帝の頃には古代ローマは多神教から一神教になったとすればいいじゃありませんか。古代ローマの多神教についてはギリシャ神話からの模倣などとの解説がありますが不解明な部分があるでしょうから深入りをしない方がレポートでは簡単です。
短論文ならギリシャ神話とローマ神話との比較及びその代表的神殿遺跡の建立時期やピークまでは触る必要があるのではないでしょうか。

Q魏晉南北朝時代について調べています。

魏晉南北朝時代について調べています。

下記したものはあるサイトからの引用なのですが、これ以外に明確な特徴と言えるものはあるのでしょうか?
少々急いでいます。

[魏晉南北朝時代]220~589
 【南北朝時代】317~589 
   晉滅亡からの270年間、中国は南北に分裂
  1.南朝
   東晉→宋→斉→梁→陳
    江南中心:後の南京に都
    豪族勢力が強大で王権が弱体、王朝は「名前だけ」
    ※江南開発の促進
     自由な貴族文化=六朝文化
  2.北=五胡十六国時代
    5つの異民族による13の国と漢民族による3つの短命な国
    ↓この異民族の内“鮮卑族”が強大化
   =北魏(386~439~534)
     ※439年、華北統一=北朝開始
  3.北朝
   北魏→東魏→北斉─┐
    └→西魏→北周(華北統一)→隋
                ※589 南朝の陳を滅ぼし南北統一

Aベストアンサー

これでほぼ完璧でしょう。付け加えるとしたら、「胡」(野蛮な民族を意味する)という文字を避けて最近は「東晋十六国時代」と呼ぶことが多いとか、北朝勢力が発達するにつれて南朝は押されていきどんどん弱体化していったとか、あとは中国史上で東南に逃げた政権はほとんどが滅亡の運命をたどっている、ぐらいでしょうか。
それより、引用されているサイトがどちらなのか気になります。こういう場合には明示しておくことが先方への礼儀だと思うのですが。

Q学校のプリントで家庭と環境調べというものが配られました。その趣味の場所に筋トレと書くのは変ですか?中

学校のプリントで家庭と環境調べというものが配られました。その趣味の場所に筋トレと書くのは変ですか?中2です

Aベストアンサー

社会人です。
非常に変ですが、趣味なので非常に書いて構いません。OK。
他のところに環境に関することを書けば満点!

Q日本の南北朝時代というのは何年から何年までのことですか?

日本の南北朝時代というのは何年から何年までのことですか?

Aベストアンサー

南北朝時代(なんぼくちょう じだい)は、日本の歴史区分の一つ。建武の新政の崩壊を受けて足利尊氏が新たに光明天皇(北朝側)を擁立したのに対抗して京都を脱出した後醍醐天皇(南朝側)が吉野行宮に遷った1336年(延元元年/建武3年)から、南朝第4代の後亀山天皇が北朝第6代の後小松天皇に譲位するかたちで両朝が合一を見た1392年(元中9年/明徳3年)までの、56年間

Q「その時歴史が動いた」で家康の言葉?

「その時歴史が動いた」で
「第137回 信長と家康、そして同盟は幻と消えた?
      ~長篠の戦い、戦国を変えた両雄の決断~」
で徳川家康が後年語った言葉
「一には、人を選ぶなり。能き人を持つ時は、一切我云うにおよばず。
天下を治むることはとりわけ我が智恵を立ててはならぬことなり。
人の非をたやすくとりあぐるべからず。思う程の事叶ふは其の中にあり。」

と最後に紹介があつたのですが・・・。
内容(意味)がよく解りません、何方か解りやすく現代誤訳していただけませんでしょうか?、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「まずはよきパートナー、部下を選ぶ事である。
能力のある人材を得るには自分の意地やプライドなどとるにたりないことである。ましてや世の中を治めようというような大儀の前には自分の勝手な考えだけで行動してはならないし、人を責めてはならない。自分の大望を成し遂げようすることはそういうことなのである。」という意味です。

Q現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

Aベストアンサー

100 後小松天皇(北朝6)ー 101 称光天皇 」(南北朝時代96~102)・・・125 今上天皇 (北朝、持明院統の家系)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%B3%BB%E5%9B%B3%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E5.8D.97.E5.8C.97.E6.9C.9D.E6.99.82.E4.BB.A3.EF.BC.8896.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.89102.E4.BB.A3.E3.80.81.E5.8C.97.E6.9C.9D.E5.88.9D.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.896.E4.BB.A3.EF.BC.89

Q昔話のどこを読めば時代背景などが分かりますか?

昔話の絵を描こう、とした時、すでに挿絵がある有名な話があるなら良いのですが。
珍しい昔話もあったりで、挿絵などが検索してもない場合があります。


「時は江戸・・・」なんて話が始まるわけでもないですから、時代背景が分からず、

その場合、
「『~を切り裂き』とあるが、何で切り裂いたのだろうか?石?それともすでに刀のようなものがこの時代に存在していたのだろうか?」
「衣装はどうなっていたのか?」
「この人物はどの階級か?農民?裕福な農民?貴族?」
「髪型はどんな感じか?」
など、イメージがつかめません。

話の中のどの部分を見れば、イメージがつかめるのでしょうか?
それとも完璧妄想に頼るしかないのでしょうか?
すでに挿絵がある話では、制作者さん達は、どの文章を読んで時代背景(髪型・衣装・その他)が分かったのでしょうか?


アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

いわゆるお伽噺などは、聞き手の想像力を引き出すよう、巧みに構成されて居ます。
そのため、時代を超えて語り継がれます。
桃太郎などは、海賊が横行するような警察権の希薄な時代を背景としているようです。
とすれば、平将門の乱があった頃の藤原純友の海賊行為がモデルかも知れませんし、もっと後の塩飽水軍、村上水軍などが全盛だった戦国時代のことかも知れません。いずれにしても、武士勢力が台頭した後のこととして理解できます。
時代も人物も特定していないから、聞き手の想像が広がります。
桃太郎は鉄砲伝来以前の人物と思えますが、あなたの想像次第で、鬼ヶ島で銃撃戦が闘われたように描かれても、空想に基づいた創造力の産物とは云えるでしょう。受け入れられるかどうかとは別問題になりますが、そこに自由さの広がりがあると思います。
一休さんなどは室町期の人と特定されています。禅師と有りますから、室町期の禅宗について学ぶ中で想像の世界を繰り広げられれば、新しい読み物が生まれる可能性は大きいと思います。
森鴎外の『山椒大夫』は朝廷の権力が薄れ始めた頃の、武家社会以前の世情を巧みに描いていると思います。大部分は作者の空想です。

いわゆるお伽噺などは、聞き手の想像力を引き出すよう、巧みに構成されて居ます。
そのため、時代を超えて語り継がれます。
桃太郎などは、海賊が横行するような警察権の希薄な時代を背景としているようです。
とすれば、平将門の乱があった頃の藤原純友の海賊行為がモデルかも知れませんし、もっと後の塩飽水軍、村上水軍などが全盛だった戦国時代のことかも知れません。いずれにしても、武士勢力が台頭した後のこととして理解できます。
時代も人物も特定していないから、聞き手の想像が広がります。
桃太郎は鉄...続きを読む

Q日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番難しそうなんですけど

日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番
難しそうなんですけど
ポイントを教えてください。

Aベストアンサー

ポイントは人によって説明の仕方が異なると思います。
 一つは、動乱や統合(統治する幕府の変化の原因と他の政権への変遷の原因となるもの:つまり〇〇の乱:争いの原因は何か、〇〇時代~〇〇時代で、誰が中心的な役割を果たしたか? 誰の政権下:〇〇天皇、〇〇将軍等:にあったか?)等を中心にまとめることがわかりやすいかもしれません。

 ここに、とてもわかりやすくまとめて説明している動画があります。
これを見ながら、もう一度考えてみたら如何でしょうか?
①わかる歴史【南北朝時代】南北朝の動乱 https://youtu.be/hYipWhLxAqg @YouTubeさんから
②わかる歴史【南北朝時代】南北朝の合一 https://youtu.be/EOeqZv2bD_U @YouTubeさんから

これをコアにして、自分なりに、教科書や他の参考書などと読み比べて、まとめ直してみたらいかがでしょうか?

Q私の姪は漫画ばかり読んで小説やエッセイとかの本を読みません。漫画を読ん

私の姪は漫画ばかり読んで小説やエッセイとかの本を読みません。漫画を読んでいない時には携帯のゲームに夢中になっています。

私は小説やエッセイとかの本を読んでもらいたいと思うのですが、どうすれば読むようになるでしょうか。

姪からの携帯メールが来るのですが、それがまともな文章になっていません。主語と述語の関係があいまいだったり、起承転結の展開が出来ていないのです。

私は本を読まないことがそういうあいまいな文章しか書けないことと関係があるのではないかと思います。マンガもテレビも情報を知るうえでは役立ちますが、考える力を育むのはやはり本を読むことに限るのではないでしょうか。

本はそれを読むことによって頭の中で情景を構築し無ければなりませんが、マンガやテレビの場合は絵や映像によってその情景がすぐに視覚に飛び込んできます。それゆえにさほど思考能力は必要としません。深く考えることなく楽しめるのがマンガやテレビではないかと私は思います。だからこそ、子供がマンガを読むのを好むのも無理はないのではないかと思うのです。

今日では子供だけでなく大学生でもマンガを読むためか、何を考えているのかわからない大学生が少なくないそうです。

作文や小論文の添削指導を長年行って来たという樋口裕一氏はその著書で「(日本人の国語力が低下したその)理由はただひとつ。本を読まなくなったからです。」と言っています。

日本人の国語力がこのまま低下していった場合、それはまさに国の力を低下させることになります。それは産業の面でもしかり、政治の面でもしかりです。

欧米人が論理的思考能力に優れているのに比べると日本人は論理的に考えることが苦手だそうです。それは日本人がそういう訓練をしてこなかった、そういう教育を受けてこなかったことと関係するのではないでしょうか。

この論理的思考能力を鍛えるためにも本を読むことは必要なことだと私は思うのです。

私の姪は漫画ばかり読んで小説やエッセイとかの本を読みません。漫画を読んでいない時には携帯のゲームに夢中になっています。

私は小説やエッセイとかの本を読んでもらいたいと思うのですが、どうすれば読むようになるでしょうか。

姪からの携帯メールが来るのですが、それがまともな文章になっていません。主語と述語の関係があいまいだったり、起承転結の展開が出来ていないのです。

私は本を読まないことがそういうあいまいな文章しか書けないことと関係があるのではないかと思います。マンガもテレビも情...続きを読む

Aベストアンサー

確かに読書は大切だと思いますが、日本の国力低下にまで直接つながるかどうかは置いておきたいと思います。

私は単に今どきの子供の文章力や学力の低下は読書嫌いだけからくるものではないと思います。
一番の要因はゆとり教育です。最近やっと見直す方向で動き出しましたが。
ゆとりとは名ばかりで授業時間数を削らされた結果、その限られた時間数で定められた単元をこなすため、教師は時間短縮のための努力を強いられるようになりました。
今どきの授業風景を見ていると昔の子供に比べてノートをとるという行為が大変に減っている事に気付かされます。
読書によって培われるのは読む力であって書く力ではないのではと思います。
現にうちの息子は漫画も本も読みますが国語の成績、とくに作文の能力は非常につたないです。
私の時代には手が真っ黒になるほど漢字練習をさせられましたが、そのような宿題もほとんど出ません。
筆記具を使って文字を書く、ノートをとるという行為自体が非常に減っている世の中です。
私はその事のほうが文章力には影響しているように思えてなりません。
ノートのとれない大学生が増え、ノートの取り方から教えている大学の話題が出たのはもう10年も前のことです。
もちろん本は読まないより読んだ方が良いですが、それだけでは思考力や文章力の向上にはつながらないと実感しています。

実は私の夫は大変な読書家であり、本に携わる仕事をしています。書斎には小規模の図書館並みの蔵書がひしめいています。
ところがうちの子供達は本を読みません。まったくではないですが習慣として身についていません。
本好きな子にしようと物心つく前から絵本の読み聞かせ等もしてきました。
でもそれだけではダメでした。夫のDNAを受け継いでいるはずなのに?と不思議です。
しかし夫と血のつながりはない姪は大変な読書家で食事中まで本を手放さないような子です。
姪の母親は実用書くらいしか読まない非読書家で、特別意識して本を読ませようとはしてませんでした。
姪の国語力は確かに高いです。
我が家の蔵書をあてにして借りにくるのは姪ばかり。皮肉なものだなあと思います。

おたくの姪ごさんを読書家にしたいのなら、本好きのあなたが姪ごさんの喜びそうな本を推薦してあげたらいかがですか。
本の楽しさ、素晴らしさを語って聞かせてはいかがですか。
それが有効なのはあなたと姪ごさんの関係が非常に良好の場合に限ると思いますが。
その際は姪ごさんの好きなマンガとセットにして読ませたい本を一緒に渡してあげると良いと思います。
うちの夫はあらゆる本と同様にマンガも愛読します。マンガを否定する言葉を子供に発したことはありません。
それどころか進んで与えています。
「好きなものを読むのが一番だよ。夢中になる事が良いんだ。そのうち気が向けば本を読むようになる」と言うのです。

確かに読書は大切だと思いますが、日本の国力低下にまで直接つながるかどうかは置いておきたいと思います。

私は単に今どきの子供の文章力や学力の低下は読書嫌いだけからくるものではないと思います。
一番の要因はゆとり教育です。最近やっと見直す方向で動き出しましたが。
ゆとりとは名ばかりで授業時間数を削らされた結果、その限られた時間数で定められた単元をこなすため、教師は時間短縮のための努力を強いられるようになりました。
今どきの授業風景を見ていると昔の子供に比べてノートをとるという行為...続きを読む


人気Q&Aランキング