【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

給与が安く預金が底をつき、こうなったら自分一人でやるしかないと起業を決意し、9月末に退社したのですが、

自己資金がないという理由で商工会議所に斡旋してもらった銀行では信用保証協会から保証できないと言われ貸してもらえず、再度、商工会議所で紹介してもらった日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)からも貸してもらえず、どうしたら良いか分からず、右往左往しています。

「自己資金がないから貸せないんですよ」と言われても、今、現実に会社を辞めて、預金がないという現実があるわけで、それを盾にして貸してくれないのだったら、私のような者はどうしたら良いのですかという話しです。

長々とした泣き言を読んでいただいた皆様、どうか良い知恵をご教授ください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

事業の内容が少しわかりましたので、


>経営コンサルタント
例えば、私が今年 研修したところは
http://www.refre.com/instructor/

最初は低迷していても、何かのきっかけでうまくいくこともあります。
但し、融資の担当者を説得できなければ、お客を説得させ、お金を出させることは無理です。

特化して、お金を支払わせるノウハウがなければコンサルタント業は難しいです。普通は以前の会社の取引先などや紹介をしてもらう場合が多いようです。
単なる経営コンサルタントでは漠然としています。病院経営が得意だとか、営業の効率を上げるノウハウだとか独自のものがなければ難しいと考えます。

パソコンなどは個人で変える範囲だと思います。
運転資金、生活資金程度は退職金でまかなう場合が多いです。

成功する可能性もありますし、失敗する可能性もあります。

最後に決めるのは「信念」かもしれません。
後は自己判断です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

親身になってご回答いただきまして本当にありがとうございます。

今まで物販でお世話になったお客様から営業させていただき、
営業面(売上UP、新規顧客の開拓)をメインに活動しようと
思っていました。

kiraraさんがおっっしゃる通り信念をもって頑張ります。

お礼日時:2008/12/08 21:57

お気持ちお察しします。


公的機関で融資を受けようとすると、無理難題ばかりふっかけられているような気になったり、
禅問答をしているような気分になったりしますよね。

私の場合は、自己資金少、担保あり、保証人ありという条件で国民生活金融公庫(当時)に
創業資金を申し込んだのですが、やはり自己資金の少なさを指摘されました。
そのときは、「保証人も、担保もあるんだからいいじゃん!」と憤慨したりもしたものです。

ですが、今になって、どうして自己資金、自己資金と言われたのか、やっとわかった気がします。
事業計画書なんて見ちゃいないよ、大事なのは担保と保証人!と言う人もいますが、私は
それは違うと思うのです。
やはり、融資を受ける際には事業計画というのは重要です。
これから始めようとする事業が、本当に事業として成り立つものなのかどうか、数字で裏づける
必要があります。
そして、自己資金というのも、どのようにしてどのくらいかかって貯めたのか・・・
これは、計画の一部なのです。だから、その自己資金がない或いは少ないということは、
事業計画に足りない部分があるということだと思うのです。

あなたのコメントの中に、運転資金と当座の生活資金を借りたいとありますが、生活資金は
融資の対象とはなりません。
また、運転資金というのは、事業に必要な経費の概ね4ヶ月分ですが、経費が毎月いくらくらい
かかるかということは算出されているのでしょうか?

一度、ご自身の事業計画を計画書にまとめ、お知り合いの方などに見ていただいたらどうかと
思います。
その結果、見えなかったものが見えてくるということもありますよ。
私はたまたま、開業予定地の自治体融資に自己資金要件がなかったこともあり、数ヶ月間、
その自治体の経営診断に通い、事業計画書の書き方などの指導を受け、
あっせん→保証OK→融資OKとなりました。
自分でも事業計画書の完成度が上がったと感じたこともあり、自治体の融資申込みと同時に
国民生活金融公庫にも申込みをしてみたところ、自己資金の話には一切触れられず、
開業するには早い方が良いでしょうと言われて、融資がスピード決定しました。
もちろん、自治体融資と国民生活金融公庫の両方に申し込んだことは、双方に正直に申告
しましたが・・・

結果、私は自己資金ナシで公的機関から融資を受けることが出来ましたが、最終段階の
事業計画書に比べると、当初、提出した事業計画書はとてもとても甘いもので、我ながら
「これじゃどう考えてもダメだ・・・」と思いました。

自己資金の問題は、今すぐにどうなるものでもないですが、そういう悪条件を跳ね返す方法が
ないわけではありません。
一度、今までの考えをリセットして、新たに開業計画を練り直して見て下さい。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございました。

大変参考になりました。

言われたとおりにやってみたいと思います。

お忙しいのに、懇切丁寧にご回答いただきまして、
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/12/11 15:33

>例えば、私が今年 研修したところは



誤解されないように訂正いたします。
私は研修を受けた方です。

>​http://www.refre.com/instructor/

この講師も最初はかなり苦労したみたいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当に3度も回答いただき、ありがとうございます。

直接お会いしてお礼させていただきたいくらいです。

リンクまでしていただき誠に、ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/09 09:56

読ませていただきました。


私は以前『経営コンサルタント』をしていました。
どうやらお話の内容ですと 貴方の場合経営コンサルタントとは違うようですね、どちらかというと『社外営業アドバイザー』と言った方が良いでしょうね。

勘違いしないで欲しいことは、国金も保障協会もそうですが、決して自己資金が無いと融資(保障)してくれないことはありません
例えば、理容師さんが、資格と取っていて実務経験もあり、現在もその仕事を続けていて、独立しようとする場合などは、事業計画とか、キャッシュフローとかがちゃんと出来ていれば融資(保障)対象となります

逆に言うと、資格も無く、実務経験・実勢も無い場合には、事業計画とか資金計画がしっかりしていても殆どの場合がお断りされると思います。
なぜなら『雲を掴む様な話』だからです。
今まで『ある業界で営業』していたから、それで独立開業したいと言っても 融資(保障)する保障が欲しいと思うのは当たり前ですから

ところでそれより いつも思うことは、『経営する』ことと『お勤めする』ことは根本的に違います。 決め手はどうやら『資質』というものらしいのです、バブルの時にどんどん独立開業された方たちがいます、そしてその多くの方が借金を抱えて破産されたり、事業を閉鎖されたりしています、サラリーマンとしての能力を発揮する人と、事業家としての能力を発揮する人は違う人たちの様です。
例えるならばサラリーマンの人たちは『決まった箱の中で物事を考えておられます』 ところが経営者になろうとする人たちは『その箱がありません』 常に可能性とそのエレメントを考えておられる方が多いですよ
つまりはこうするためにはどうしたらそれが出来るか? とか これをしたら面白いのでないだろうか? 
貴方が『経営者』若しくは『事業家』としての『資質』に恵まれていることを願います。
決断と実行力そして持続性です、けして泣き言は言いません 頑張って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

力強い励ましのお言葉、まことにありがとうございます。

大変参考になりました。

また何かお気づきの点ございましたら、
アドバイスをお願いいたします。

お礼日時:2008/12/09 09:59

少し厳しい話です。

あなたは起業に向いていません。
私が担当者でもお金を貸しません。
具体的な事業計画が全く見えません。
9月退社なら2日月も時間がありました。
肉体労働で日銭を稼いでから考え直すと良いでしょう。

泣き言をいう時間があったら仕事を探してください。

>私のような者はどうしたら良いのですかという話しです。
年齢が分かりませんが、自己投資をしてsて、資格や技術を身につける、営業の仕事なら成功の可能性はあります。

今の考えでは甘すぎます。
仮に融資を受けたとしても、食い物にされて借金が残るだけです。
私は何年もかけて、準備してから実行しました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

厳しいご意見を率直に言っていただき、大変ありがとうございます。

年齢は41歳で、今まで営業一筋でやってきまして、経営コンサルタントをしようと思っていました。

資格は運転免許と簿記3級とシスアド初級を持っています。

資金としては150万円借りたいと思っていました。(内訳はパソコン、ソフト、プリンタ、FAXなどの設備費として50万円、当面の運転資金・生活資金として100万円と考えていました。)

現在、就職活動をしています。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/08 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国金で自己資金0は問題外??

こんにちは。今度自分のお店をオープンさせたいと思っているものです。

今回国民生活金融公庫で資金を融資してもらおうと思っているのですが、恥ずかしい話自己資金がありません。
色んな質問等を見させていただいたんですが、やはり借りたい額の3割~5割という自己資金は必要でしょうか?
ちなみに申し込むプランは女性、若者/シニア起業家資金です。
土地担保、保証人も用意は出来ます。借りたい額は800万円を希望しています。
事業計画の出来というのも関係はするでしょうけど、事業計画に問題がないと仮定して、自己資金0円はやはり問題外ですか?

あと自己資金に含まれるのは事前の設備投資だけなんでしょうか?
去年に自分自身、海外から商品のルートを作るため海外に2回いきました。東京にも足を何回も運びました。
コレは自己資金には含まれないのでしょうか?

経験者の方どうかお知恵を貸していただけないでしょうか。
やはり見せ金でも作らなきゃ難しいでしょうか?
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

 hlamさん こんばんは

 国金等の公的資金の融資での創業支援資金の場合、例えば宝くじが当ったから等一時的な余剰資金の使い道としての急に思い立った的な起業ではなくて、ある程度前からの計画性がある起業であると言う事が求められると思います。従って国金の「新規開業資金」の場合には「お勤めの起業に6年以上勤めている方、又は同じ業種で通算6年以上勤めている方・大学で学んだ技術を生かした起業される方」等の条件が付いているわけです。この条件を平たく言うと、「前々から計画していた起業である」と言う事だと私は解釈します。

 ところで「女性、若者/シニア起業家資金」については、上記のような条件は有りません。しかし起業者に貸すと言う事では「新規開業資金」と何ら変わりが有りませんから、基本スタンス的には考え方は変わらないと思います。
 事業を計画すると言う事は、それなりの資金が必要なのは解りきっています。前々から計画しているのであれば若干であっても将来の起業用に資金を貯めていて当たり前だと思います。従って本当に起業したくて前々から計画しているのであれば、自己資金の大小に関らず有って当たり前です。自己資金0円とは考えられません。従って実の所はともかく「自己資金0円=急に思い立った起業」と考えざるおえないと思います。

 以上より#1さんが言われる通りhlamさんの保証人や担保次第と言う事になると思いますが、自己資金0円で融資を受けるのは相当大変だと思います。後は事業計画等も関係してきますから、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか???

 hlamさん こんばんは

 国金等の公的資金の融資での創業支援資金の場合、例えば宝くじが当ったから等一時的な余剰資金の使い道としての急に思い立った的な起業ではなくて、ある程度前からの計画性がある起業であると言う事が求められると思います。従って国金の「新規開業資金」の場合には「お勤めの起業に6年以上勤めている方、又は同じ業種で通算6年以上勤めている方・大学で学んだ技術を生かした起業される方」等の条件が付いているわけです。この条件を平たく言うと、「前々から計画していた起業であ...続きを読む

Q開業資金0円で個人事業を始めたいのですが

自宅で個人事業を始めたいのですが、資金0円でも始めれますでしょうか?

業種はサービス業で、お金がなくても始めれるビジネスを考えたのですが
すぐに始めたいと思い立ちました。

ネットサーフィンなどで情報を集めていると、ほとんどが融資を必要とする情報や
開業準備に1年も待たないと駄目とか・・・

思い立ったらすぐに始めたいのが私の性格でそんなに待てません。
融資なんかもいらないです。自宅に固定電話を開設くらいの資金ですぐに始めれますでしょうか

また、売上が徐々にたまったら株式会社に以降したいです。
いまは設立資金がないため、個人事業から始めますが、なにかアドバイス等ありますでしょうか?

そんな質門してる時点で・・とかそういう回答はいらないです。重々承知で質門してますので。

Aベストアンサー

個人事業というのは、株式などの法人と違って登記不要なのでそれ自体の資金は不要です。税務署への開業届にボールペンが必要ですが、これも税務署に備えてありますし、届を出さなくとも問題はありません。
個人事業と言うと何かカッコいいですが、実際には何も無いですから。

問題は、事業内容、つまり何の仕事をするかです。
個人事業だろうが株式会社だろうが、仕事が無ければ何の意味もありません。
どんな仕事をするか何もなければ何も始まりません。
何をするか決まっているなら、それをすればいいのです。資金とかはそれに応じて必要だったり不要だったりするでしょう。何も無いから資金が必要なのかどうかも判断が付かないのです。
そのサービスとやらも、結局、開業に資金が必要かどうか判断できないのでしょ?つまり、具体的な業務内容が定まっていないからです。
ですから、そんな質問をしてる時点で、、となってしまいます。

Q国民生活金融公庫の新規開業資金借り入れについて

よろしくお願いします。

このたび独立のため新規開業資金として国民生活金融公庫から借り入れをしたいと考えています。

そこで、以下のような条件でも借り入れできるのか事前に知りたいのでアドバイスをお願いします。

1.現在勤めている会社の業種と同じ仕事内容で独立します。
2.この業界には7年ほどいますので仕事の発注は十分受けることはできます。
3.この7年間の間に勤務先の会社の仕事のほかにも個人的に仕事を請け負ってきました。
  勤務先の会社には了承を得ての仕事です。
4.自己資金はありませんがすでに先行投資で合計200万円ほど設備投資しています。
5.保証人をたてることができますが、この方は現在国金から借り入れをしています(残額50万ほど)。
6.担保はありません。
7.300~350万円を借り入れしたいです。
8.消費者金融に160万ほど借り入れがあります。
9.平成16年度の収入は550万ほど、所得は300万ほどです。

ここから質問なのですが、
4.についてですが、自己資金がなくても借り入れることは可能なのでしょうか?開業資金は先行投資で
ある程度すでに設備機材を購入しています。この購入代金などの領収書などの提示を求められることがありますか?

また、7.ですが300万ほど借り入れたいときは300万といっても満額を借り入れるというのは実際にはできないのでしょうか?
たとえば300万借りるには400万ほど必要だと主張したほうがよいとか(言い方が悪いですが戦略として)。

8.ですが、国金から借り入れるには借金はゼロでなければいけないのでしょうか?中小企業は赤字が多いと思うので
借金があっても大丈夫な気がします。このあたりの信用情報も国金は調べるのでしょうか?

9.ですが前年度の所得なども調べられるのでしょうか。

お手数ですがお詳しい方よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

このたび独立のため新規開業資金として国民生活金融公庫から借り入れをしたいと考えています。

そこで、以下のような条件でも借り入れできるのか事前に知りたいのでアドバイスをお願いします。

1.現在勤めている会社の業種と同じ仕事内容で独立します。
2.この業界には7年ほどいますので仕事の発注は十分受けることはできます。
3.この7年間の間に勤務先の会社の仕事のほかにも個人的に仕事を請け負ってきました。
  勤務先の会社には了承を得ての仕事です。
4.自...続きを読む

Aベストアンサー

新規開業特別貸付(新規開業支援特別貸付)に対する目的、業種、資格は概ねクリアされていると思います。

>自己資金がなくても借り入れることは可能なのでしょうか?
=可能だと思います。重要なのは新たな市場の創出、既存市場の今後の受注見通しです。

>開業資金は先行投資である程度すでに設備機材を購入しています。この購入代金などの領収書などの提示を求められることがありますか?
=この融資の資金使途は何であるかということです。今から事業を営むために必要な「設備資金」なのか「運転資金」なのか。
設備投資ならば今後の購入予定設備の「見積書」の提出は求められますが、過去の設備に対しては求められないと思います。
それ以外でしたら、運転資金となりますので、今後の受注見通しに関する資料求められるでしょう。(顧客リスト、予想契約額、決済方法etc.)

>満額を借り入れるというのは実際にはできないのでしょうか?
=なんとも言えません。総合的に審査しますので、万が一のことを考えて、100万上乗せして申し込むのもいいと思います。

>国金から借り入れるには借金はゼロでなければいけないのでしょうか?
=多少の借入は問題ありませんが「消費者金融」というところに多いに問題があると思います。信用調査は必ずしてくるでしょう。

>前年度の所得なども調べられるのでしょうか。
=独立しての新規開業ですので、求めてもあまり意味も無いと思うのですが…。この部分は自信がありません。


ネックは消費者金融の160万円です。たとえ残高なゼロでもローン枠を所持しているだけで難しいのではないでしょうか。

新規開業特別貸付(新規開業支援特別貸付)に対する目的、業種、資格は概ねクリアされていると思います。

>自己資金がなくても借り入れることは可能なのでしょうか?
=可能だと思います。重要なのは新たな市場の創出、既存市場の今後の受注見通しです。

>開業資金は先行投資である程度すでに設備機材を購入しています。この購入代金などの領収書などの提示を求められることがありますか?
=この融資の資金使途は何であるかということです。今から事業を営むために必要な「設備資金」なのか「運転資金...続きを読む

Q【!!至急!!】政策金融公庫からの通帳提出依頼

主人が個人事業主として独立します。
自己資金600万以外に1000万円程を政策金融公庫から
借入しようとしているのですが、先日面接担当者から
私の通帳を提出するように言われたそうです。
名義は主人なのですが、私の通帳を提出する理由が分かりません。
子供はなく共働きで、主人の扶養に入らず税金等は自分で支払っています。


理由をご存知の方がおりましたらご教授ください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

家系用の通帳の確認(家計費をどう捻出しているか、同一生計の方の通帳を確認)の意味だと思います。

市中金融機関では、自己資金条件や通帳の確認は行いませんが、日本政策公庫では、事業実績が全く無い先柄に事業計画書を信じて融資をしなければなりませんから、一定の条件や確認が必要となります。

個人事業主の場合には、営業用口座の通帳と家系用の通帳を求められ、法人の場合には、法人名義の口座通帳と代表者個人の通帳を求められます。政策公庫の審査担当者は、事業計画書に記載された自己資金があるのか通帳残高と突合します。

そして、その自己資金をどうやって蓄えたのか、他行や街金からの借入ではないか、地道に積み立てたのか、生活費はどの程度掛っているのか等預金の出入りも診ているのです。一時的に大きなお金が振り込まれているとか、不自然なお金の動きが無いことがポイントになります。

本件は、ご主人の通帳分は営業用と判断されたか、ご主人のものを全て自己資金として事業計画書に記載されているのではないでしょうか。そして、面談の際、「家計費はどう賄っているのか」を問われた為、貴方が別途収入があることを示したいということだと思います。

家系用の通帳の確認(家計費をどう捻出しているか、同一生計の方の通帳を確認)の意味だと思います。

市中金融機関では、自己資金条件や通帳の確認は行いませんが、日本政策公庫では、事業実績が全く無い先柄に事業計画書を信じて融資をしなければなりませんから、一定の条件や確認が必要となります。

個人事業主の場合には、営業用口座の通帳と家系用の通帳を求められ、法人の場合には、法人名義の口座通帳と代表者個人の通帳を求められます。政策公庫の審査担当者は、事業計画書に記載された自己資金があるのか...続きを読む

Q失業保険貰いながら個人事業の立ち上げ

失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備(資料集めや資金集め)をしたいと考えています。

ハローワークに、無収入であることは間違いないのでそのように報告して、満期まで失業保険を貰って、給付終了と同時に個人事業の立ち上げ(正式営業のための申請)をすることは出来ますか?

またはフライングで先に申請をしてしまうことは出来ますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。(もちろん友人が経営している企業に就職活動をしたと言う事にしてもらって口裏を合わせるでも良いです。)それか職業訓練学校に通って下さい。以上の事をしない限り、途中で給付カットになる可能性が有ります。
 私が失業保険の受給した時では、どこでどんな就職活動または職業訓練学校に通ったかの確認が有った後に給付となりました。私の場合は、父が病気になって父のしていた商売を手伝う為に今まで勤めていた薬局を退職して受給していました。父の死が近い事も解っていましたので、父が亡くなった後の店舗を薬局にする予定での退職でしたから、どこにも就職するつもりは一切有りませんでした。それでは受給出来ない事が解っていますから、端から友人の薬局に就職の面談に行った事にして口裏を合わせてもらっていました。そう言う形で9ヶ月間失業保険を貰っていました。ですから、何らかの形で就職活動をするか友人の企業に口裏を合わせてもらうかしないと満期まで貰う事は出来ません。

 以上が法律上の正しい解釈と正しい(ある意味裏技を含みますが・・・)処理方法です。ところ失業保険を貰っていながらフライングで個人事業主の登録をしても、縦割り行政の悪い点で多分見つからないだろうと思います。これは「だろう」であって、「見つからない」と言う断定ではない訳です。ですから、本当に満期まで受給したいと考えているなら、絶対にフライングしない事です。例えば国金等の公的機関からの資金集めだとそこから漏れて事業の資金集めしていると言う事がばれないとも限らないので、絶対に受給期間中は公的機関からの資金集めはしない事です。そこまでしないと、どこからバレルか解らないですし、正確には失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事自体が法律違反なんですから満額受給することは難しいと考えた方が良いでしょう。

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。...続きを読む

Q自己資金無しで飲食店開業できるのか?

こんにちは。飲食店勤務の26歳男子です。
私は、将来ワインを扱う飲食店を経営したくて、今は小さなワインバーで働いています。
私が子供のころに母方の祖母が父のためにお金を全部出してお店をつくりました。
ですが、両親はすぐ離婚し、父はその店を置いて、他で店を始めました。
そこで、お店だけ残ってしまったのです。
せっかくお店を作ったのに、すぐ手放すのはもったいないと
又貸しのような感じで、なんとか今に至ります。
そこで、今貸している人が辞めたらいずれ僕がそこをやりたいと思ってます。
祖母が持っているのはお店の権利です。なので家賃は払ってます。
僕がそのお店で開業するとしたら、どんなお金がかかるのでしょうか?
メリットとデメリットがあると思うのですが。
そして、自己資金無しで開業できるのでしょうか?
国庫で借入はほぼ不可能か?それとも出来るのか?助成金などは貰えるのか?詳しいことも知りたいです。
どなたか詳しいかた、お願いします。

Aベストアンサー

今のお店は母方の祖母が所有している土地、建物ですね。
現在は、その店を第三者に貸しているという理解であれば、
以下の通りと思います。

現在の借り主との契約が切れる時点で契約更新しない。
(つまり、その店を空けてもらう)
祖母とnakamesukiさんが賃貸契約を結ぶ。
一般的には敷金が掛かりますが、身内ですから敷金無し、
半年から1年位フリーレンタでお願いしてはどうでしょうか。
(つまり、この部分でのお金はゼロ)
他に掛かりそうな費用としては
A)店のオープンまでに掛かる費用
1)内装工事(店のリフォーム)、机/椅子など調度品
  冷蔵庫など必要設備の購入費
2)グラスやワインや食べ物の原料
3)広告とかも必要でしょうし、ユニホーム、名刺とか
4)会社を設立する場合には手数料
5)店を行う為に必要な資格が有れば取得費
これらの注意点としては、工事やワインの仕入れが初取引なので
先払いしてとか、安く卸してくれないとか。
B)店がオープンしてから掛かる費用
1)自分及び従業員(パート)の人件費
2)家賃(フリーレンタがダメな場合)やガス/水道(光熱費)
3)税理士などへ払う管理経費
4)ワイン、食べ物の材料、(原材料費)

と言う事で長くなりまして申し訳有りませんが
居抜きで借りれれば自己資金は無くても出来そうですが、
設備投資はゼロとは行かないでしょうし、開業しても直ぐには客が
来ないでしょうから、やはりイメージとしては500万~1千万位は
必要そうに思います。
Aの費用を払って、残ったお金がB(1~3)×6ヶ月分(出来れば1年分)位は
欲しいですね。

又、国庫が旧国金?日本政策金融の事で開業資金を借りると
言う事で有れば先ず無理と思って申し込む方が良いと思います。
店が順調に回ったら貸してくれると思います。
他かにも地域の保証協会で創業融資と言うのが有りますから、
これは近くの銀行(信金)で申し込めます。
こちらもなかなか借りれないと思います。
銀行とはそういう所ですからアテにしては行けません。
資金が無いので借りて繋げるのは何年も実績の有る店だけです。

本当に店を持ちたいなら、身内や知り合いから100万づつ10人位
集める気持ちが必要です。
自分で商売すると言う事は結構、泥臭い物なのです。
若い方が独立を夢見るのはとても良い事と思います。
現実にするように頑張って下さい!

今のお店は母方の祖母が所有している土地、建物ですね。
現在は、その店を第三者に貸しているという理解であれば、
以下の通りと思います。

現在の借り主との契約が切れる時点で契約更新しない。
(つまり、その店を空けてもらう)
祖母とnakamesukiさんが賃貸契約を結ぶ。
一般的には敷金が掛かりますが、身内ですから敷金無し、
半年から1年位フリーレンタでお願いしてはどうでしょうか。
(つまり、この部分でのお金はゼロ)
他に掛かりそうな費用としては
A)店のオープンまでに掛かる費用
1)内装工事(店...続きを読む

Q国民生活金融公庫の借入審査について

女性起業家資金で200万の融資を希望しています。
自己資金は100万ですが、その100万は母親から亡くなった父の
遺族年金を頂いたものです。
母から頂いた遺族年金はちゃんと証明は出来ます。
しかし、セゾンカードで何度かキャッシングをしていますし、
今年初めて2回口座引き落としが出来ないことがありましたので
融資の審査に通らないのではないかと心配しております。
詳しい方教えて頂けませんか。

PS:業種は飲食業
預金は全て郵便局で子供の為に保険を前納しています。
受取人は主人です。
夫も生命保険(貯金型)を前納しています。
全て夫の名義です。夫の生命保険の受取人は私です。
私はがんにかかったので保険には入れません。
国民金融公庫の教育ローンを主人が長女の為に借りています。
返済4年目ですが支払いは一度も遅れたことはありません。
普通預金は財布が代わりに使っていますので、
総合通帳にわずかな定期預金があるだけです。

Aベストアンサー

クレジット会社と国民金融公庫は違います。
国民金融公庫はお金を貸すのが目的で運営されていると私は解釈しています。クレジット会社はお金を貸して儲けるのが目的。つまり国民金融公庫はきちんと目的を持って大丈夫そうなところにお金を貸したいのです。ブラックリストに載っていては困りますが、この目的でやるならまあ返して行かれそうだと思ったら貸してくれます。自分で悩むより相談した方がいいですよ、申請する前にいろいろこちらの立場になって相談に乗ってくれますから、その時にはっきりこれは難しいかな、この部分を変えられるかなとか、こんな書類を揃えられるかなとか、審査が通りやすいようにアドバイスしてくれますよ。

Q昨日国金面談行きました。簡単な面談でちょっと不安にありました。

国金面談を昨日行きました。
個人で申し込み。
飲食開業
融資金190万、自己資金100、無担保無償

担当者はどう見ても若い人です。23-25歳くらい
最初に面談ですが1時間くらいかかりますが大丈夫ですか?
はい。では必要書類を出して下さい。
経歴確認とあわせて過去の給料明細出して、はい。
源泉は、はい。
自己資金確認できるものは、はい通帳。
家族の(奥さん)
ちなみに勤続17年、公務員

中を見て、この引き落としはなに?カードです。
これは、年金です、これはって感じで・・・
残高はこれですね、メモメモ・・・
住まいに関するものは?賃貸契約書です
借り入れは、カードだけです(クレ)
まあ書類関係確認およびコピーが終わり

事業の話と待ち構えてたんですが

えーと、飲食をやって赤字になったらどうしますか>?
売り上げ見通しもかなり低水準を見て
費用は多めにたてました。ここから赤字にはきついです。
向こう約一年赤字でも耐えられる計画です、それでも足りなければ
働いてでも軌道に乗せる考えです。やるだけやります。
正味2分かな

担当は:あ、そうですか
それと開業は12/1ですね
資金は急ぎますか?
急ぎます。早ければ準備を繰り上げたいし調理の練習もしたいです。

では返事は10日くらい見てください。
現地も確認しますから

え?これだけですか?
25分しかたってません。
最初から融資しないから軽くあしらう考え?*????
隣のブースでは年配のおじさんが一生懸命説明してるの聞いて
おれは??
もう終わり、事業説明って赤字だけの部分

これって最初から無理だから対応違うんですかね?

ちなみに現地は複合施設の一角少坪
スケルトン状態です。

簡単ですがどうなんですか?
事前の友人の話とかと違うのでちょい不安です。

過去の融資を受けたかはどんでしたか?

国金面談を昨日行きました。
個人で申し込み。
飲食開業
融資金190万、自己資金100、無担保無償

担当者はどう見ても若い人です。23-25歳くらい
最初に面談ですが1時間くらいかかりますが大丈夫ですか?
はい。では必要書類を出して下さい。
経歴確認とあわせて過去の給料明細出して、はい。
源泉は、はい。
自己資金確認できるものは、はい通帳。
家族の(奥さん)
ちなみに勤続17年、公務員

中を見て、この引き落としはなに?カードです。
これは、年金です、これはって感じで・・・
残高はこ...続きを読む

Aベストアンサー

同じ様な経験をしたことがあります。

結論から言うと書類で8割方決まります。
あとは、話の内容に整合性がとれていれば時間も掛りません

書類の不備や話のつじつまが合わないと話が長引くのです。

過去3回利用しましたが、私の場合15分位でだいたい終わります。
面接と言うより書類の提出って感じです。

919gogoさんに良い結果が出ることを願ってます。

Q収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか

収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか



賃貸マンションの申し込みをしてきました




この後,内見⇒申込金を振込⇒ 契約 ⇒ 申込金を差し引いて入金



というながれだと言われました。



差し当たって,内見できるのが1ケ月後なので,何か用意する書類ありますか?と質問したところ。



収入証明書を用意してくださいと言われました。



これってどこで手に入れるのでしょうか

Aベストアンサー

収入証明書は会社からいただく源泉徴収票やお役所でいただく所得証明や納税証明で良いと思います

源泉徴収票は会社によって違うかもしれませんが大抵は会社から無料でいただけますし取りに行く時間がはぶけますよ

どの証明書が必要か不動産会社にどれがいいのか聞くのも良いかと思います。

また働き始めで年末調整が1度も済まれてない場合は源泉や所得証明等がなければ会社から給与証明書などいただくことは出来ると思いますよ

Qフランチャイズってやめたほうがいいんでしょうか?

いろんな、フランチャイズビジネスがあります。特に、何ができる、といったものがない人には、ある程度システムが組まれているフランチャイズって、始めやすいように思います。でも、フランチャイズって、本部だけが、儲かるようになっているという話も聞きます。実際、利益を上げてる人もいると思いますが。でもフランチャイズって、独立を目指して始める仕事としては、難しいのが、実情なんでしょうか?回答おねがいします。

Aベストアンサー

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同一ブランドを使用できるが大きなメリットです。

デメリットとしては、相手のシステムをもらうわけですからそれなりにコスト高になりやすいことが上げられます。また、フランチャイズとしての拘束も受けますが、これがないと質がよくなりません。

タイプ1の人が気をつけるべきことは、客は本部が運んできてはくれないことをしっかり心に留めておくべきです。売上げが低いから本部になんとかしてくれ!なんていうのはお門違いです。

また、ロイヤルティなどを考慮に入れると本当に繁盛しないと、なかなか稼げない商売です。

このロイヤリティが曲者で儲かっているのに店をたたむ経営者もいます。

逆に言えば、フランチャイズに申し込まなくても0からつくりあげていく店はロイヤリティを払わない分、多くの売上げを必要としません。つまり足かせが少ない分、持続させる可能性が高まります。

タイプ2の人は自分で0から作り上げていく作業には根気とスキルが必要になります。根気がない人、スキルがない人、アイデアに乏しい人、不器用な人、などは素直にフランチャイズを選択しておくべきです。

フランチャイズだから「いい」「悪い」はありません。要はその経営者の資質にかかっているのです。

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同...続きを読む


人気Q&Aランキング