祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

「お疲れ様でした。」
よりさらに高級な言い方とも言いましょうか。
出張から帰ってきた政治家に対する秘書の出迎えの言葉のようなものを探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「帰ってきた上司に対する最上級の出迎えの文句」というものは存在しません。

つまりオールマイティーで使える定型句というのはないんですね。というのも、その時の状況によって言い方も変わるからです。「その時の状況」というのは、出迎える相手の心情などを指します。

政治家と秘書の話で例えてみると、出張先での契約や交渉が上手くいった場合と不首尾に終わった場合では、同じ出張帰りでもその政治家の心情は異なるはずです。機嫌のよくない相手にいくら最上級と思われる定型句(そのようなものがあったとしてもの話ですが)で出迎えても、それが最上級どころか冷たく感じられる場合もあるでしょう。それよりも、相手の心情を思いやった言葉を選んで出迎えの挨拶とする方が、その政治家にとっては気持ちが安らぐかもしれません。

このことは、出迎えの言葉に限ったことではないと思います。我々の普段の生活においても、まったく同じ言葉や言い方が、ある人には励ましになったり、ある人には厳しく聞こえたりすることがありますよね。その時の状況や相手の気持ちを察知して、相手を思いやる心で言い方を選べば、たぶんそれがその相手にとって最上級の言葉となるのではないでしょうか。私はそのように思います。

ところで、余談になりますが、「お疲れさま」と「ご苦労さま」の使い方は、質問者さんがNo.1の回答者の方へのお礼で書かれているのが正解です。一般企業やビジネスの現場、役所などではごく普通にそのように使われていますし、ビジネスマナーでもそのような指導がなされているからです。たしかに言葉の使われ方を歴史的に見ると、本来の使われ方と異なっているかもしれません。しかし、今やそれが常識になっている現状は誰も否定できないでしょう。以前出た質問で興味深いものがありますので、脱線ついでにご紹介いたします。
【「お疲れ様」 と 「ご苦労様」】
http://questionbox.jp.msn.com/qa4486559.html

以上、質問者さんの期待しているであろう回答にはなりませんが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変ためになりました。
【「お疲れ様」 と 「ご苦労様」】についてですが、
国語学的な見地から色々な意見と考察が述べられていて、このような手垢のついた質問を新しい観点で見ることができとても興味深く刺激的でした。

さて、当質問についてですが
ハイ、確かに上司の心情や条件によって対応が変わることを全く考慮にいれていませんでした。
umimarukun様の仰る通りでグウの音も出ません。

そうですね、例の如くシチュエーションを細かく限定しますと

ある城で一番実力のあり、おそれられている将軍がおりました。
将軍は遠い地に遠征に出向いておりました。
そんな時に、城に賊が襲来します。
賊は意外と手ごわそうで、兵たちは緊張の面差しです。
賊はどんどん城門に近づき、いよいよ激突か、という所で向こうの方から砂煙を上げて突進してくる者がおりました。
僻地にいるはずの、手勢を率いた将軍でした。
将軍は鎧袖一触、賊を蹴散らします。
格好よく登場しましたが、将軍は別に賊の襲来を看破したわけでも遠征地で戦況が変わったからというわけでもなく
たまたま賊が攻めてきた時にたまたま公務で一時城に戻ってきたというだけのことでした。
さあ畏敬の念を背中に浴びながら、颯爽と将軍は城内に入ってまいります。
あなたは将軍に留守を任された第一の部下です。
城に入りすぐ公務室に入った将軍に、挨拶をかねて近況報告をしに行かなければなりません。
なにぶん城中に畏れられている、厳しい将軍です。
扉をあけて第一声、無事の帰還に対する喜びと将軍に対する敬意、それに、追従と取られない程度の軽い賛辞を含めた言葉を投げかけなければいけません。
そのような時、あなたなら将軍になんと言いますか?

・・・
なんだか補足をするたびドツボにはまっていく気がしますが・・・

言葉を構成する要素が多すぎるので、もちろん一言でなくても構いません。
学術的なご意見ではなく、現実的にこのような場面だったらどのような言葉を発するか、という回答を期待しています。
それと、なにぶん今作った急ごしらえの話ですので、この話には矛盾点があるぞ!だとか
現実的にこんなことは考えにくい!というツッコミもご勘弁願います。

お礼日時:2008/12/13 03:20

「ねぎらう」ことは地位が上のものが下のものにする行為であるから質問の立て方がそもそも間違っている。

表現の問題にあらずということなり。

どうしても言いたければ、
直属の上役に対してならば、
面倒なことが起こった場合には「大変でしたね」でかまわぬ。

一方、
新しく雇われた従業員が社長をねぎらう、などの類の地位に大きな差がある状況でのねぎらいは逆に無礼となるから考えてはならぬ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね・・・タイトルのつけ方を間違えたと思ってます。
どうも自分は要点を伝えるのが苦手で。
「ねぎらい」について皆さんいろいろ言及していただいてありがたく思ってます。
でも申し訳ないです「ねぎらい」という言葉は忘れてください。


上のお礼で少し触れましたが、私が質問したかったのは

「帰ってきた上司に対する最上級の出迎えの文句」

です。
最上級というのは、平社員が課長に対して、というレベルではなく
たとえば第一秘書が政治家に対して、大臣が王に対して、
のような説明でご理解下さい。

そぐわないタイトルをつけミスリードさせてしまい申し訳ありません。
「遠路はるばるお越し頂き~」のような定型文でも(これは状況が違いますが例として)
自分だったらこう言う、というようなアドバイスチックなものでもかまいません。
まだこの質問をご覧いただいている方がいらっしゃいましたら
コメントを頂けたらと思っております。

お礼日時:2008/12/12 06:18

>出張から帰ってきた政治家に対する秘書の出迎えの言葉のようなもの



上記のようなシチュエーションでしたら
「遠路ご苦労様でした」
だと思います

上司をねぎらう言葉も
「お疲れ様でした」
でよろしいのではないでしょうか

owata-www様がおっしゃるように、目下の者から目上の者に「お疲れ様でした」というのは失礼だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>owata-www様がおっしゃるように、目下の者から目上の者に「お疲れ様でした」というのは失礼だと思います

これは確かにその通りだと思います。
だからこそ失礼がなくなおかつ敬意を払っていることが伝わる挨拶表現がないかと悩んでいる所です。

もっとシチュエーションを限定するならば
遠征に出かけていた王が何かの用事で城に帰ってきた時に(戦果はまだあげていない)
留守をしていた大臣が出迎える時の第一声。
のようなイメージです。

なんだか変な質問ですみません。
一般的な定型句でなくて結構です。
むしろ
上のようなシチュエーションで、もし自分が大臣だったらなんと言うか?
という質問に置き換えさせてください。

お礼日時:2008/12/10 06:02

「お疲れ様でした。



は、本来上司が部下について使う言葉です。
逆に使う言葉は、元の日本文化としては存在しなかったはずです。


というわけで、ない というのが正解なのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
「お疲れ様でした」は目下の人間が目上の人間に
「ご苦労様でした」は目上の人間が目下の人間に使う言葉だったように記憶してますが・・・
私はまだ学生の身なので実務的ではない常識を持っているのかもしれませんが。

>元の日本文化としては存在しなかったはずです。

これは承知しています。
ですが、仕事をして帰ってきた上役の人間に対する出迎えの言葉が
感謝や恐縮といった表現の形であったと思います。

これは「ねぎらいの言葉」という私の表現がまずかったですね。

たとえば、家主が客に対して使う挨拶は「遠路はるばるお越し頂き恐縮でございます」のようなものがありますが
このようなねぎらい方で、留守をしていた自分の上役を「出迎える」挨拶文句に思い当たるものがあればご教授いただきたく思います。

お礼日時:2008/12/10 05:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目上の人をねぎらう言葉・・・

目上の人が仕事が終わって帰ろうとしている時にかける言葉で、
「ご苦労様」や「お疲れ様」はいい表現ではないんですよね??

こういう場合にかける言葉として適当な言葉はなんですか?

あと、「ご苦労様」や「お疲れ様」はどんな人に使うのがいいのでしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 元来「ねぐ」という言葉は、上下それぞれの方向に分かれているようです。
1.請(ね)ぐ、祈(ね)ぐ
 祈り願う。「福を祈(ね)ぎ給ひき」(摂津風土記)
2.労(ね)ぐ、犢(ね)ぐ
 ねぎらう。「かきなでそ労(ね)ぎ給ふ」(万葉集)

 従って、骨折りを慰めたり労を謝する労(ねぎら)いとして考えた場合には、同僚や目下のものへの「労(いた)わり」の色が濃く、これが目下の立場で目上の方に向かっては、お願いやお祈りの姿勢がその基本になるものなのでしょうか。

 そう言う意味では「労(いた)わり」言葉は避けて「御礼」やら「お願い」「お祈り」の意味で「ありがとうございました」「またよろしくお願い致します」「お気をつけてお帰り下さい」などや、その組み合わせがいいのかも知れません。

 一方これを、いわゆる挨拶言葉としてとらえれば、もはやその職場や周囲の事情に相応しい言葉遣いが多々あっても、また世間一般的な用法とのズレがあってもおかしくないと思われます。ケースバイケースといいますかローカルルールありと。郷に入れば…であり社風であったり。

 どだい、挨拶は咄嗟となりがちであり、それだけに目下は先に声を出すようにとかの規準はありますが、職場などでは得てして上司の方が切り上げの先手を取って急に「どうもご苦労さん、じゃ、お先に」とでも声かけされたら、目下の方としては即応のタイミングもままならず慌てて詰まってしまい、オウム返しが精一杯という事態も良くあることです。
 その時は同じ返し言葉で構わないからより一層丁寧度を高めて、例えば「こちらこそ。どうもご苦労様でした。どうぞお気をつけて。お帰り下さい」となっても不自然ではない気もいたします。要はどのくらい滑らかに相手に呼応した<弁(わきま)えのある>態度表現ができるかでもありましょうから。

 むしろ恐いのは、目上に接した際の日頃の合いの手や反応言葉のような気がします。
話しかけている上司に対して、「なるほど」「うんうん」「へぇー」「ひゃー」「助かりました」「困りますね」「そりゃ嬉しいですよ」などといった単純な、それだけに何気ない<地>がツイこぼれ出る時なのかも知れませんが…。

 
 

 

 元来「ねぐ」という言葉は、上下それぞれの方向に分かれているようです。
1.請(ね)ぐ、祈(ね)ぐ
 祈り願う。「福を祈(ね)ぎ給ひき」(摂津風土記)
2.労(ね)ぐ、犢(ね)ぐ
 ねぎらう。「かきなでそ労(ね)ぎ給ふ」(万葉集)

 従って、骨折りを慰めたり労を謝する労(ねぎら)いとして考えた場合には、同僚や目下のものへの「労(いた)わり」の色が濃く、これが目下の立場で目上の方に向かっては、お願いやお祈りの姿勢がその基本になるものなのでしょうか。

 そう言う意味では「労(いた)わり」言葉は...続きを読む

Q上司へ体調を気遣うとき。。

出張先の上司の体調を気遣うときの、最後の締めくくりで悩んでいます。
「ゆっくりお休みになってください」では何か違和感を感じるのですが、
ほかの言い方など教えてください。

Aベストアンサー

では今日もお疲れ様でした。ゆっくりおやすみください。で良いと思います。
何よりも貴方がこんなに心配し、気遣いしてくれることを喜ばれると思います。
貴方の心遣いが伝わるのを祈っています。

Q上司に対する言葉 ~上司が出張編~

会社にいて、上司が出張で出かけて行く時に

上司:「行ってきます」

と言うのですが、私のほうは何と言うのがベストなのでしょうか?
「行ってらっしゃいませ」だとなんかお店っぽいです。
ちなみに私が出かけて行く時は

私:「行ってきます」
上司&先輩:「行ってらっしゃい」

となります。

Aベストアンサー

行ってらっしゃいでも、おかしくありません。
遠くへいくなら「お気をつけて、行ってらっしゃいませ」丁寧すぎると感じるなら「お気をつけて」だけでもOK。

Qビジネスメールの書き方

こんにちは

上司が海外出張しましたが、出張に関する情報を共有したいのですが失礼はないメールを如何に書いたらよいでしょうか?できれば例文をご教示いただけば幸いです。

Aベストアンサー

下記のような文例はいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------
件名:出張中の状況についての連絡依頼と不在時の状況報告

○○部長

お疲れ様です。山田です。
出張、お疲れ様でございます。

お忙しいところ、恐れ入りますが、○○部長の出張先での状況を
部内で共有させていただきたく存じますので、メールにてご連絡をお願いいたします。

また、○○部長の不在時の状況につきましても、以下の通り、ご報告いたします。

 ○8月13日(月)
・昭和産業の大前様よりお電話あり(03-XXXX-4455)
  →ご用件については、メールなさるとのことでした。

 ○8月14日(火)
・京都支店の今野支店長がお見えになりました。
  →得意先の訪問の後、立ち寄られたとのことです。
   大前部長が対応されました。

 ○武蔵株式会社の近藤会長より出版された本をお贈りいただきました。
  →私から受領のお礼をいたしましたが、部長からもご連絡をお願い致します。
   ご本は部長のデスク脇の本棚に入れました。

以上です。何とぞ、よろしくお願いいたします。
どうか、出張中は、体調にはくれぐれもお気おつけください。

================================
 ○○株式会社 営業部 山田 太郎
 電話:03-1234-5678
e-mail:abcxxxxx@abc.co.jp
================================

下記のような文例はいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------
件名:出張中の状況についての連絡依頼と不在時の状況報告

○○部長

お疲れ様です。山田です。
出張、お疲れ様でございます。

お忙しいところ、恐れ入りますが、○○部長の出張先での状況を
部内で共有させていただきたく存じますので、メールにてご連絡をお願いいたします。

また、○○部長の不在時の状況につきましても、以下の通り、ご報告いたします。

 ○8月13日(月)
・昭和産業の大前様よりお電...続きを読む

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「おかえりなさい」の敬語は?

上司が出張から帰ってこられた時に連絡事項などをメールしたいのですが、そのときに、最初に「おかえりなさい」の意味の文面を入れた方がいいような気がします。でも「おかえりなさい」はちょっとえらそうな気がするので、適切な表現を教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

暑い中の移動お疲れ様でした、や
出張お疲れ様でしたなどで
いいかなとおもいます。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q疲れている時に言われて嬉しい言葉は?

以前、電話で話す自信がないと彼に言われた事を相談した者です。
その節はアドバイスありがとうございました。
あれからおもいきって彼の家に電話をし、ずれていた歯車を戻す事が出来ました。

相変わらず激務らしく、非常に疲れているみたいです(声の感じから)。
そこで、少しでも彼を元気づけさせたい(疲れを吹き飛ばしたい?)と思うのですが、これといって思いつく言葉がありません。

こんな言葉をかけてるよ!っていう女性の方、こんな言葉を言われて元気になったという男性の方、ぜひ参考にさせてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私は女性ですが、やはり激務の時に言われて効いた言葉は、「頑張ってるんだね~~」でしたね。

「頑張ってね」でもないです。←十分頑張ってるので……
「頑張らないでね」でもない。←無理なので……

頑張っているということを、その人が理解してくれているというのを知って、ずいぶんほっとしたことがあります。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「お疲れさまでございます」って、正しい敬語ですか?

最近、時々「お疲れさまでございます。」という言葉を耳にします。(試着の後などに、店員さんから言われたり・・・)特に、20代の若い世代が使っているようです。私が20年ほど前、初めて社会人になって、敬語などを研修で教わった際は、確か「お疲れさまです。」だったと思うのですが・・・。確かに、「お疲れさまでございます。」は言われて悪い気はしないのですが、それって正しい敬語ですか?いつ頃から使われるようになったのでしょうか?大したことではないのですが、ちょっと気になったので、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

「お疲れ様でございます」は「お疲れ様です」の更に丁寧な表現ですから、語法的な誤りはありません。「私、サザエです」と「私、サザエでございます」の関係と同じと考えてください。
ただし「ございます調」は言わば最上級の丁寧語ですから、無闇に使うと慇懃無礼な印象を与えます。退勤する同僚に「お疲れ様でございます」と言った場合、「もしかして皮肉かしら‥?」と曲解される恐れが無きにしもあらずです ( ^^;

では直属の上司には・・・?
この場合も身内ですから、そこまで丁寧に言う必要はないでしょう。

社長ならばどうか・・・?
会社で一番偉い人ですから特別にそう言ってもいいかもしれませんが、会社の規模とか社内風土にもよるので、ケースバイケースでしょう。

ご質問のケースは相手がお客様なので特に問題はないと思います。むしろ「お疲れ様です」よりも好ましいとさえ言えます。ただ、試着は普通お客様の希望でする(頼んでしてもらうのではない)わけですから、「ございます」の有・無以前に「お疲れ様」そのものが適切な言葉かなという気もしますね。
例えばお客様に記入個所の非常に多い契約書に記入していただく場合、一応ご苦労をおかけするわけですが、書き終えた時にかける言葉としては「ありがとうございます」の方が私はよい気がします。「ご苦労様でした」だと何となく場外れな感じです。
ただ、稀に字を書くのが苦手で本当に苦労してお書きになる方があります。このような場合は慰労の気持ちをこめて「お疲れ様でございました」と言うのは自然だと思います。

言葉というものは過ぎても足りなくても物議を醸すものです。大切なのは、気持ちと表現が一致していることではないでしょうか。
研修で教えるビジネス話法はあくまでその会社の “標準話法” に過ぎず、決してあらゆるケースで通用するものではありません。もちろんしっかり抑える必要はありますが、それに固執することなく臨機応変な対応を心がける必要があると思います。

以上ご参考までに ( ^^

「お疲れ様でございます」は「お疲れ様です」の更に丁寧な表現ですから、語法的な誤りはありません。「私、サザエです」と「私、サザエでございます」の関係と同じと考えてください。
ただし「ございます調」は言わば最上級の丁寧語ですから、無闇に使うと慇懃無礼な印象を与えます。退勤する同僚に「お疲れ様でございます」と言った場合、「もしかして皮肉かしら‥?」と曲解される恐れが無きにしもあらずです ( ^^;

では直属の上司には・・・?
この場合も身内ですから、そこまで丁寧に言う必要はないでし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較