出産前後の痔にはご注意!

著作権について少し調べてみたのですが、わからなかったので質問させて下さい。
海外で販売されている絵本を自分で翻訳して、ブログで紹介したいと思っています。
出来れば表紙と中の絵の画像も載せたいと思っています。
この場合は著作権法違反になりますか?
日本ですでに訳されて発売されている場合と、されていない場合でも変わってきますか?
著作権に詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2です。


自分の回答の後に「全部ダメ」と書かれてしまっているので、確実に大丈夫なこと+αを書いておきます。

感想とAmazonの画像については確実に問題ありません。
Amazonの画像はAmazonが画像を使用することに対して、著作権者に許可を取ってあります。
当然、そこにはAmazon Associatesも含まれているので、Associatesユーザーは著作権者に許可を取ることなく画像を使用できます。
ただし、画像の加工や商品ページにある画像を直接使う(右クリックで調べて使う)ことは認められていないので注意しましょう。
Associatesページ内でリンクを作成するか、Webサービスを利用する必要があります。
Amazon経由だからできることなので、自分でスキャンして載せることはできません。

著作権に国境はないのですが、外国で起こったことを勝手に裁くことはできないので、著作権の運用には国境があります。
どちら(著作権者と使用者)の国の法律が適応されるのか分からなかったので#2の回答は適当なものになってしまいました。
ベルヌ条約加盟国同士なら基本的に使用者側の法律でいいようなので(軽く調べただけなので、間違っていれば補足をお願いします)、日本の著作権について書きます。

感想や商品説明によく出てくるあらすじですが、これは常識の範囲内なら問題ありません。
ただし、Amazonなどの商品説明からコピー&ペーストしてきたものや、詳しく書きすぎているもの(翻案になります)はアウトです。

>続きが気になる程度載せたいと思っていましたが、それは無理なようですね。。。
興味を引くことが目的であればあらすじで十分ではありませんか?
特徴的なことがあれば、そのことを感想として書くこともできますし。

文章中からそのまま引用する場合は、要件を満たしていれば可能です。
引用要件は以下の5つです。
・引用する必然性がある
引用しないと言いたいことが伝わらない。「引用したい」だけではダメ。
・引用先と引用部分が主従関係になっている
文章の量が、自分の部分がメイン(主)で、引用した部分がそれを補う形(従)になっている。主:従=8:2等。2:8、5:5になっているようなものはダメ。
・引用部分が区別できる
「>」「『』」などで自分の文章と引用部分が区別できるようになっている。
・引用元が公開されている
未公開の論文や日記などはダメ。(今回は普通に売られているものなので関係ありません)
・引用元を明記されている
「××△△ ○○出版 2008年12月」などのように引用元が何か特定できるようになっている。

これ以外のことは、厳密に言えば著作権者に許可を取る必要があります。
だからといって、警告無しに訴えてくるなんてことは普通やりませんし、常識の範囲内であれば何も言われないことが大半です。
(著作権に体して異様に厳しいところや、お金が絡んでいる場合は別です)
勝手に何ページも翻訳してブログに載せるところまで行くと訴えられてもおかしくありませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

-Kei様
ご丁寧なご回答ありがとうございます。
教えて下さったとこを踏まえて、どうするか考えようと思います!
ありがとうございました!

お礼日時:2008/12/19 02:07

NO.3です。


損害賠償請求を請求されます。おそらくお金の稼ぐ為ではないと思われていつのでしょうが個人で楽しむ範囲を超えたら著作権法違反です。ブログは個人で楽しむ範囲でしょうか?あなた様がやろうとされていることは海賊版を無料で公開されるのと同じなんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akira-45様
ご回答ありがとうございます!
ブログは個人で楽しむ範囲です。

お礼日時:2008/12/19 02:09

NO.1です。

お返事にあること全て「無断掲載」になり著作権法違反なんですよ。例をあげれば日本に輸入されていない音楽CDをブログにジャケット・音源・訳を掲載すればどうなりますか?とんでもないことになりませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答あありがとうございます。
著作権について詳しいんですね!
私はわからないから質問したので、そう言われても困ってしまいますが、、、(^^ゞ
洋書の紹介は諦めようと思いますが、とんでもないこととはいったい具体的にどんなことになってしまうのでしょうか?

お礼日時:2008/12/16 01:17

初めに断っておきますが、専門家ではないので「常識的・日本的に考えて」程度の話しかできません。



気になった1文を載せる程度なら問題にならないと思いますが、どの程度の量を載せるつもりで質問されているのでしょうか?
基本的にオリジナルをそのまま(翻訳を含む)載せるのは、その必然性がある場合を除いてやるべきではありません。
(詳しいことは引用の要件について調べてください)

>本の表紙の画像を載せて、自分の言葉で説明するのは許されますか?
あらすじと感想を載せる程度なら問題ありません。
表紙はAmazon.comのアフィリエイトとG-Toolsを利用するといいでしょう。
これなら著作権が問題になることはありませんし、自分でスキャンするよりきれいな画像が使えます。
運が良ければ"LOOK INSIDE(Amazon.co.jpの「なか見!検索」)"が利用できます。
https://affiliate-program.amazon.com/
http://www.goodpic.com/mt/aws/index_us.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>-Kei様
ご回答ありがとうございます。
どの程度の量を載せるつもりかとの質問ですが、続きが気になる程度載せたいと思っていましたが、それは無理なようですね。。。
あらすじと感想なら問題ないんですね!
ありがとうございます!

お礼日時:2008/12/12 03:43

著作権に国境はありませんので翻訳しブログに載せることは出来ません。

訳されて国内で発売されていても同じことです。国境を超え損害賠償を請求されたらとんでもないことになりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>akira-45様
ご回答ありがとうどざいます。
本をブログ等で紹介する場合はいったいどこまでが許されて、どこからが許されないのでしょか??
本の表紙の画像を載せて、自分の言葉で説明するのは許されますか?
翻訳してはいけないのですか?
無知ですみません。ご存じでしたらご回答お願いします。

お礼日時:2008/12/11 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋書の料理本を翻訳してブログやHPに載せると法律違反になってしまいますか?

洋書の料理本に掲載されているレシピを自分なりに翻訳し
個人のブログやHPに載せると著作権などに関わるのでしょうか?
また、料理本の写真orレシピ通り自分で作った料理の写真は
載せてもOKでしょうか?

趣味が料理なので出来たらやってみたいな~と思っています。

もし詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

洋書の文章を一字一句そのまま掲載すればアウトですが、翻訳の場合は、翻訳した文章自体の表現が変わってしまうこともあるので、グレーゾーンであるケースが多いです。
ただ、完璧な翻訳であればアウトだと思いますが。

質問者様は法律違反にならないようにしたいのですよね?
それであれば:
1.他の洋書から同じメニューのレシピを探す
2.同じメニューのレシピを1つにまとめる
3.自分の言葉で訳す
質問者様は料理が趣味との事ですので、1度自分で作ってみて、自分の料理写真を使ったり、自分で作る際、いくつかのレシピの隠し味や分量などを自分なりにアレンジして掲載すれば違法にはなりません。

ご参考までに。

Q洋書の著作権侵害について

英語カテゴリにおいて、「日本語訳を」というような感じのタイトルで次々とエジプト関連の某洋書の翻訳を依頼してくる質問があります。 一応運営に通報したのですが、、、、。 通報しても運営が質問で書かれている英文が読めるかどうかわからないし、もしかして、このまま著作権無法地帯となるのでしょうか?

Aベストアンサー

著作権法というものは、今の所は親告罪ですから、#1さんが書いているように、当事者間でなされるものです。権利者側が、その侵害を立証しなければなりません。

建前としては、海外に著作権者がいると思われるものに対しては、細切れの掲示では確認のとりようがない、というところかもしれません。翻訳されたものが本にでもなれば、翻訳権の乱用ということで、訴えられるのですが、掲示板では弱いところですね。

私も、著作権で数々の侵害行為を連絡してきましたが、それは、著作権がどうかというよりも、自分が以前読んだ本の内容と著作者を大事にしたいと思うからです。もちろん、掲示の程度問題があります。今回は、問題があると思います。

また、今までプロバイダさんの場合は、親切な返事をし、その内容を認めて行動してくれるところと、老舗の某プロバイダさんのように、「あなたに、その通告の権利を認めません。」と、とても慇懃無礼な連絡をしてきたところがあります。ただ、そういう対応が、とても教訓になった覚えがあります。要するに、最終的に著作権所有者がアクションを取らなければ、親告罪の場合は意味はないということです。音楽著作権の場合は、著作権協会が一手に司っていますから、この事情が変わります。

ここでは、他社のWebサイトや他人の書き込みを丸写しにして自分の回答だと貼り付けても、概ね削除されません。

ここは、会員の書き込みの著作権が、主催者に移譲されていると思い込んでいる人がほとんどでしょうけれども、完全には著作権は移譲されているわけではありません。もし、著作物の厳密な法律を持ち出すと、ここの掲示板そのものが成り立たなくなってしまいます。

つまり、ひとつは、ここの掲示板は、著作権法とは直接結びついていない、ということと、もうひとつは、ここの会員の訴えを運営側が認めない限りは、それを、運営側が認めていると考えてよいと思います。それは、会員の書き込みは、自社の財産で、自分たちのものだと勘違いして運営がなされているのです。

少し、話が違いますが、典型的な例として、掲示板で差別的発言で、削除されるものと、そうでないものがあります。差別的なものというのは、当事者が読んで不愉快になる発言ですが、その当事者が極端に少数(マイノリティ)の場合は、それを認めないこともあります。「他人の不幸は蜜の味」というところだから、マイノリティが、おおっぴらに運営者側を相手に告訴することがないと思われる場合など、ここの運営者側も、話のネタが盛り上がってオモシロイものは、事の善悪ではなく、削除しないようです。こればかりは、運営側も、一事が万事、そんなことをしていては掲示板が成り立たなくなってしまうと言おうとも、やはり訴える被害者が一人で二人でもいる限りは、認めるべきだと私は思うのです。

しかし、あくまでも最終的に自分たちに実害があるかどうかで、判断しているのではないでしょうか。

今回の件は、相手が海外だということではなく、運営者側が、どのように考えているかによっても、違ってくるように思います。一度、別途、きちんとした問い合わせをしてもよいのかもしれませんが、まともに答えてくるかどうかは、私も分かりません。

ここは、確かに、経営的には成功したかもしれませんし、昔のプロバイダさんのフォーラムやシグの轍を踏まないというのは、おおよそ見当つくのですが、著作権の考え方は、20年前よりも、ずっと曖昧になってしまいました。

確かに、問題の英文の掲示を繰り返している者の書き込みは、英文が読めるとか関係なく、著作権法に委ねなくとも、カテゴリのローカル・ルールや規約にも触れてくるはずです。しかし、それはまた、英語カテの場合、答える側の意識にも問題があるような気がします。答えている人に、問題性の認識がないのです。

著作権法というものは、今の所は親告罪ですから、#1さんが書いているように、当事者間でなされるものです。権利者側が、その侵害を立証しなければなりません。

建前としては、海外に著作権者がいると思われるものに対しては、細切れの掲示では確認のとりようがない、というところかもしれません。翻訳されたものが本にでもなれば、翻訳権の乱用ということで、訴えられるのですが、掲示板では弱いところですね。

私も、著作権で数々の侵害行為を連絡してきましたが、それは、著作権がどうかというよりも、自分が...続きを読む


人気Q&Aランキング