人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

主人が出会いがしらの衝突事故を起こしました。
どちらも広い道ではないですが、信号などない交差点で
相手方の方が狭い道で一時停止の標識と止まれ表示がされている道で、
相手方がそれを無視して飛び出してきたため起きた事故です。双方怪我などはありません。

相手も一時停止を無視したのは認めていたのですが、
相手側の保険会社は、グーグルのストリートビュウで
現場を確認し一時停止の標識などない(明らかに現場と違う場所を指し
て)、といって、6(相手):4の過失割合を示してきました。
こちらの保険会社の担当者も対応が悪く、それでは現場の写真を撮って
送ってこいとの事で、車が事故のせいで乗れないので、わざわざ遠くの
現場まで電車とバスを乗り継いで行って写真を撮って送りました。
そこまでしたのに相手方は8:2の割合が限度と行ってきています。

他の事例などろいろ調べて、悪くても9:1ぐらいと思っていましたが、
双方の保険会社の対応の悪さと、事故から1ヶ月以上たってのその結果
に主人は大変怒り(新車だったのもあり)、10:0じゃなきゃ納得いかないといいだしています。
保険会社の担当者はそれでは法律相談費用補償の特約がついているから
といい、詳しい説明もなく弁護士委任状を一枚送ってきました。

このような状況にはじめてなったので教えていただきたいのですが、
弁護士に任せた場合どのような事になるのでしょうか。面倒な事に
なるのでしょうか。
それほど大きな事故でもなかったし、11月の初旬に起きた事故で、
年内には片付けたいのです。私としては面倒なことは避け
早く解決してほしいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

普通は保険会社が事故現場の情報(写真)を得て過失見解の参考とするもので、少なくとも大手損保はよほどのことがないと契約者に現場写真を撮らせることはないと思います。

見通しなどの撮り方も関係してくるからです。このことはちょっと驚きました。
通常の交差点は、双方に注意義務があります。自分の方に一停がないからと言って漫然と走行して事故に遭えば過失は発生しますので、20(あなた):80は適正な解決案だと思います。
0(あなた):100だと言っても無理難題ですし、相手があることですから1ヶ月以上たっても決着しないことなどざらにあります。相手側にしてみればご主人の意向のせいで示談にならないという言い方になるかも知れませんね。弁護士に委嘱しても裁判以外は話し合いですからもっと時間はかかるし、結局は20(あなた):80で落ち着く可能性が高いと思われます。ご主人が理解しなければ、いつまでたっても賠償してもらえないということです。
道交法は事故が発生しないように車を運転する人にはありとあらゆる事柄を強いています。要するに私たちはそれだけ危険なモノを動かしているということなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

写真の件は私もおかしいと思っております。よほどの事もありませんし、
しかも大手の会社です。保険会社の担当にこの点指摘したら、
「すいませ~ん。調査会社に依頼する事もできたんですけど~」と。
そんな説明一切されてなかったです。この担当者にはあきれました。

そんな経緯もあり、主人も意地になっている所もあるので、
弁護士に依頼する事にしました。結果がどうあれ、そこまでした
という事で主人も納得できるのではと思っております。

ご意見大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/17 09:06

相手に一旦停止義務がある場合には過失割合は2:8が


一般的です。
裁判になっても1:9とか0:10はあり得ません。

貴方側に車両保険がかかっておれば、持ち出しはありません。
早く解決してすっきりと正月を迎えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2008/12/17 08:38

8:2なら即示談でしょうね。


現場映像・証人がいなければ7:3や6:4例が多いかもしれません。
最終的に争うと 相手の嘘がそのうち思い込んで過失が無い
そのうち放置されどうでも良い。
示談できない。結果5:5になります。 保険も交わせないといえば
お互い様で終り。 最悪です。

弁護士委任すうと交渉するストレスから開放されるので気が楽です。
私は弁護士を毎回通してます。 経費負けしても良いと思ってますので
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうがざいます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2008/12/17 08:40

全く完全に質問者さんが仰る通りの状況と仮定して


先方が8:2を提示してきているのならば
十分によい条件ですよ。

裁判するとそれ以下の条件しか得られない可能性があります。
訴訟の手間や時間的コストを考えると
無駄ではないでしょうか?
弁護士に任せる場合
決着まで数年かかると思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
8:2はまだ良い条件なんですね。残念ですが…
ご意見参考によく検討いたします。

お礼日時:2008/12/11 11:46

自分の保険会社の対応が悪いのには困ったものですね



このままではラチが明かなそうなので、弁護士に頼んだ方が早いかもしれません

ただ、弁護士が下した決定は絶対ですので、たとえ10:0にならなくても、それに従うしかありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
ご意見を参考によく検討いたします。

お礼日時:2008/12/11 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q路肩と路側帯の違い

タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

Aベストアンサー

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止...続きを読む

Q出会い頭の衝突事故でなぜ左方が優先される?

家の者が自動車で走行中、同幅員・信号、標識無し・センターライン無しの農道で出会い頭の衝突事故を起こしました。衝突場所は交差点の真ん中。見通しは良かったのですが、お互いが相手を認識できていなかったようです。
相手は交差点の左方から直進、こちらは相手から見て右方から直進です。
どちらも相手を認識出来ずの衝突事故なので、過失割合は5:5か?と思いきや、「左方優先で4:6からの交渉スタート」となりました。もちろんうちが6で相手は4です。
ここで疑問なのですが、なぜ「同幅員の交差点で左方優先」となるのでしょうか?右直事故などなら「直進優先」は理解しやすいのですが、どちらも直進でなぜ左方が優先となるのか、その理由が分かりません。狭い農道などでは左方優先は意味をなさないように思えるのですが?
ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

道路交通法
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
2.路面電車である場合
交差道路を左方から進行してくる路面電車

これを左方優先と呼んでいます。つまり法律で決まっているというのが答えになりますが、その理由も知りたいですよね。

見通しの悪い交差点では、少し交差点に侵入しないと左右からの車が見えないことがあります。
ところが少し侵入すると言うことは右から来る車と衝突する危険があるわけです。
それに対して左から来る車であれば、左から来る車のレーンに侵入する前に確認が出来ます。

そこで、左方優先にすると、自分の右から来る車はその車の方に停止して譲る義務があるので、衝突を避けることが出来、左からの車については、こちらで視認して避けることで回避が出来るという仕組みです。

このようにヨーク考えると、右からの車、左からの車は視認性に違いがあるため左方優先となっています。

では。

道路交通法
第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
1.車両である場合
その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
2.路面電車である場合
交差道路を左方から進行してくる路面電車

これを左方優先と呼んでいます。つまり法律で決まっているというのが答えになりますが、そ...続きを読む

Q物損事故から人身事故への切り替えについて

先日おかまを掘られて事故当日は物損事故扱いにしたのですが、翌日背中が痛くなり病院に行き、人身事故扱いに変更したいと思っています。理由は相手に誠意が無いため制裁を加えたいのと、相手の保険会社からもそのようにしないと保険が出せないと言われたためです。そこで警察に問い合わせたところ、再度調書など取るため、相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように言われました。この場合、相手側が拒否する、もしくは連絡がつかないなど、同伴できない場合、私1人が望んでも(警察へ出頭しても)人身事故へ切り替えることは無理なのでしょうか。もちろん診断書はあります。ご存知の方おられましたら宜しくお願い致します。(やはり双方の調書を取る必要があるので無理なのでしょうか)

Aベストアンサー

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいますが、この場合には、治療費や慰謝料は全て加害者の自己負担となり、保険から支払われることはありません。

 しかし、治療費などの支払いを確実に行おうと考える加害者は、最終的には保険が適用できる人身事故扱いになることを選択するようです。このときには、加害者から被害者に連絡を取り、人身事故にしてもらうよう依頼します。
 被害者が単独で、警察署に医師の診断書を持参して被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。警察署によっても違いますが、概ね事故から1週間以内であれば、対応してくれると思います。

 また、加害者の支払い能力に疑問を抱く被害者が、保険が適用される人身事故扱いにしたいと思うケースもあると思います。このときには、加害者に連絡する義務は、被害者には全くありません。
 
2.なぜ、警察が「相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように」と、被害者である質問者さんに言ったのでしょうか。

 たとえ、一緒に警察署へ行っても、供述調書は加害者、被害者それぞれ別室で作成します(=別室がなければ、それぞれ離れた場所に移動して調書を作成する)。
 被害者と加害者(=容疑者)が仲良く並んで事情徴収に応じることはありません。

 例えば、ひき逃げ事件の場合、被害者が単独で被害届がだせないとしたら、どうなるでしょうか。
 加害者(=容疑者)を呼び出して事情を聞くのは警察の仕事であり、被害者が加害者に連絡を取らないと警察の捜査が進まないということは常識的に考えられない話です。

 物損事故としたときに現場検証は終わっているはずですから、質問者さんが単独で、医師の診断書を持参して警察に被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。

 それでも、所轄の警察署が対応を渋るようなら、各県警に設置されている「警察相談センター」(=名称は県警によって異なる)に問い合わせてみて下さい。
 警察庁HPを下記に貼っておきますので、お住まいの県警本部を探して下さい。

参考URL:http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいま...続きを読む

Q車の事故の過失割合が6対4→5対5になった場合のデメリット

お世話になります。初めて交通事故(交差点)を起こしました。(相手は何度か事故経験があるそうです。)私としては相手に悪い点が多くあると思い、警察の方にもそのように主張しました。お互い幸い怪我がなく、今は運転には細心の注意を払い、前以上に慎重に運転しております。事故後すぐ、私側の保険会社の方が「交差点での事故なので10対0とはいきません。過失割合は7(相手):3もしくは悪くても、6(相手):4(私)位になると思います。」とおっしゃっていました。本日経過の御連絡をいただき、相手側が5対5でないと受け入れないと主張しているそうで、長引くかもしれないと連絡がありました。(私の車の修理代が約50万円、相手の車が満額で25万円というのが不満だそうです。)5対5で受け入れた際、私にとってのデメリットはあるのでしょうか。(事故歴に残る等とあるのでしょうか。)保険は等級は下がるそうですが、負担はありません。相手が5対5にこだわるのは保険屋さんの都合だけでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

負担がないということは、車両保険加入のようですね!?
であれば、金銭的デメはなく7:3でも5:5でも状況にはかわりありません。過失を少なくしたからといって、等級落ちが変わるわけでもありません。

>相手が5対5にこだわるのは保険屋さんの都合だけでしょうか
これは相手が車両保険未加入なら過失相殺をすこしでも少なくすればその分自己負担する金額が少なくなると云う利害に絡んだものですね。それだけのことでしょう。


>相手の車が満額で25万円
修理代が時価額以上になり、全損時価額賠償金額が25万ということかな?
あなたに当面経済的負担もなく、困らなければ公序良俗の観点からも過大に過失相殺を譲る必要もありませんね。
困るのは相手側です。示談解決しなければ保険金の支払いは一切されません。
せいぜい、譲歩しても1割程度で充分ですね。4:6あたり?

当分放置 様子見気分で良いでしょう。関わらないで加入保険屋に任せておけば充分でしょう・・・。

Q自動車事故 先日出会いがしらの車対車の事故をしました。6対4で相手が少

自動車事故 先日出会いがしらの車対車の事故をしました。6対4で相手が少し悪いです。私は打撲が有りましたので人身事故になってます。この場合、車の修理代ですが相手の修理代の4割を私が支払い私の修理代の6割を頂けるとゆう理解で正しいでしょうか?私は車両保険入ってますので修理代の全額自分の保険から出ます。プラス相手の保険会社から修理代の6割を頂けるのでしょうか?

Aベストアンサー

仮に、お互いの車の修理代がいずれも100万だとします。

相手の車の修理については、質問者さんが4割の40万を負担ですね。
質問者さんの車の修理は、相手が6割の60万を負担です。

で、他の回答者さんのお答えどおり、お互いの分を相殺します。
差し引き、20万円が質問者さんがもらえるお金です。(相手はもらえません)

で、車両保険から出るのは、この相手からもらえるお金で足りない分の修理代だけです。
車両保険から80万出ます。これで合わせて100万。

損害保険というのは「事故で得する人が出てはいけない」ということになっていますので、プラスでもらえるものというのは基本的にないとお考えください。


人気Q&Aランキング