出産前後の痔にはご注意!

どなたか、イギリス人の人名前を教えてください。
男女別で分けて、姓名もお願いします。
よく使われる名前なのかどうかも、できれば教えてください。分かる範囲で結構です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

男性


ジョージ・アーリス
ジェレミー・アイアンズ
ジェイソン・アイザックス
アドウェール・アキノエ=アグバエ
リチャード・アッテンボロー
マーク・アディ
ローワン・アトキンソン
アンソニー・アンドリュース
ナヴィーン・アンドリュース
ハリー・イーデン
リー・イングルビー
ジョン・インマン
ベン・ウィショー
トム・ウィズダム
トム・ウィルキンソン
ジェームズ・ウィルビー
レイ・ウィンストン
ドミニク・ウェスト
ジェイク・ウェバー
ベネディクト・ウォン
サイモン・ウッズ
ジョン・ウッド
ルパート・エヴェレット
クリストファー・エクルストン
デンホルム・エリオット
ケイリー・エルウィス
クライヴ・オーウェン
アルバート・オースチン
ローレンス・オリヴィエ
ゲイリー・オールドマン
ジェイソン・オレンジ
女性
ジェマ・アータートン
ジル・アイアランド
ペギー・アシュクロフト
ジュリー・アンドリュース
シャーリー・イートン
ジェニファー・イーリー
オリヴィア・ウィリアムズ
ケイト・ウィンスレット
ジュリア・ウィンター
ジュリー・ウォルターズ
トレイシー・ウルマン
ジル・エズモンド
サマンサ・エッガー
ジェニファー・エリソン
ジュリア・オーモンド
ソフィー・オコネドー
ジュリエット・オーブリー
ジョー・オメアラ
ほんの一例です。良く使われているかどうかは知りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました!

お礼日時:2008/12/14 10:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました!

お礼日時:2008/12/14 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米の名乗りはフルネーム?

日本で自己紹介するときは、「私は山田です。」と姓だけ名乗ることが多いと思います。
しかし欧米(アメリカのみ?)では、「私はスミス。ジョン・スミス。」と姓・フルネームの順番で名乗るイメージがあります。
また電話を取るときも、日本では名字だけで「はい、山田でございます」と姓だけが一般的だと思いますが、最近見たCMでは「This is Jason Bourne.」とフルネームを名乗っていました。
欧米での名乗りはフルネームが基本なのでしょうか?それともビジネスの場やカジュアルな場など使い分けがあるんでしょうか?はたまたアメリカだけ、など地域性のあることなんでしょうか?
欧米の名乗り方について教えてください。

Aベストアンサー

もう少し文化的に深い内容を書きます。

まず日本人が「姓」だけ名乗るのは「役職名(肩書)などが一般的に通用する」社会だからです。たとえば私が「phj(姓)と申します。○○会社の部長をしています」と名乗ると、次からは「phj部長」とか「○○会社のphj部長」というように肩書が通用します。つまり肩書が重要で、姓は同じ肩書を区別する付属の扱いなのです。

だから社長ばっかりいる会合にでるとA:「ああ、(B)社長!お久しぶり」B「おお、(A)社長ご無沙汰です」なんて会話が成り立つわけです。

戦国時代だって、石田三成は治部少(ジブノショウ)、加藤清正は肥後守などと役名(官位)で呼ばれていたわけで、日本は肩書が通用する国だから「姓と肩書」が分かればいいのです。逆に、肩書を言わない(平で肩書が無い場合を除く)ことはめったにないわけです。

逆に欧米では肩書は通用しません。通用しないというと語弊がありますが、必要なのはそこではない、ということです。

アメリカの場合は「同じレベルの地位なら名前で呼び合う」という原則があります。同じ地位ではなくても「地位が関係ない間柄」なら名前だけでよいし、名前が呼びにくい覚えにくい人だと「○○と呼んでくれ」とあだ名を自分で言ったりもします。
だから、フルネームで名乗るときも、その後フランクに呼び合うことも想定して「スミス、ジョン・スミスさ」というように名前を二回繰り返したりするわけです。でもフォーマルな場なら普通は繰り返さないですね。


逆に、元は同期の友人でも、会社で上下関係になった場合は基本的には「Mr.phj、あの書類は出来たかね?」というように姓で呼ぶことも多くなります。これは元は友人なので「会社と言うオフィシャルな場所」を区分けしているからです。

だからよく「これ以上逆らうと、上司として君をクビにせざるをえなくなるぞ!」と言った後に「なあボブ、昔からの友人として忠告するが・・」なんていう会話が成り立つわけです。どこにも肩書が出てこないわけですが、名前の呼び方(名なのか、姓なのか)でオフィシャルなのかそうでないのか、を分けているのです。

イギリスなどのヨーロッパ諸国でも原則は同じですが、階級の区分けがある国では姓を名乗るときは敬称(MrやSir・Drなど)も一緒に名乗るのが一般的で、それはオフィシャルな場所という区分けがあります。
 飲み屋で知り合った人が貴族でも(貴族が大衆パブに来るとは思いませんが)、そういうプライベートで階級の差が無い場所なら名前しか名乗らないのが普通です。

もっとも男女の場合は少し違いがあります。#2さんの動画を引用しますが、あれ女性はAmyと名前しか名乗っていないのに、男性はフルネームで名乗っています(もっとも、ミドルネームなどがあって、物語の途中で「なんでミドルネームを言わなかったの!!」というシーンもよくありますね)

これは騎士道のマナーから「男性は自分の出自を含めて名乗るのが礼儀」だからです。それに対して「もてなされている」女性は騎士にキスを与えるがごとく、名前だけ名乗ることで許されるわけです。

もちろん、オフィシャルな場やビジネスの場なら女性でもフルネームで名乗りますが、男女の機微というか「ナンパ」なら、ああいう受け答えになり、逆に女性が名前しか名乗らないことで「ちょっとは付き合ってあげてもいいわよ」というスキを見せているわけです。
 もしこういう場所で女性に声をかけて、フルネームで答えられたら「あんたは眼中にないから、あっち行って」という意味になります。つまり「オフィシャルにはつきあうけど、プライベートの付き合いはしない」という意味です。

中東などになると、人付き合い自体が部族の関係性だったり、出身地の関係性だったり、とアジア的なしきたりが出てくることもあります。ですからそういう場所だとフルネーム、それも部族名や父親の名前などを含めた長いフルネームが必要だったりします。

若者はそういうのをキライ、個人同士の付き合いをすることも多くなってきているので、欧米風に名前しか名乗らない、とかニックネームで呼び合う、なんてこともあります。日本でもクラブなどで名が知れてくるとニックネームだけで通用したりしますよね。

ああ、そうそう東南アジアのタイでは、基本的にニックネームで呼ぶのが普通ですね。子供の頃に親や兄弟などから付けられたニックネームが死ぬまで通用します。ニックネームで呼ばれるのはプライベートで身内(友人含む)で、姓名を名乗るのは社会的にオフィシャルな場所、と決まっているようです。

名乗りは、意外にその国の価値観や文化、社会の有り様を含んでいますので、追求するとかなり難しくなります。

日本人や韓国人は肩書だけでなく「年齢」を聞きたがります。そうしないと敬語を使うべきなのか、年下として扱うべきなのかわからないからです。欧米には年齢による差はほとんどなく、階級差と役職による差は日本より強いこともあります。

欧米の場合、単にフルネームといっても、ミドルネームを名乗るのか(宗教的な問題も出てくる)、両親の姓を両方名乗るのか(そういう文化もある)、MrやSirなどの肩書をつけるのか(社会的にフラットな関係にはならなくなる)などの問題があるので、単純に分けることは難しいです。

もう少し文化的に深い内容を書きます。

まず日本人が「姓」だけ名乗るのは「役職名(肩書)などが一般的に通用する」社会だからです。たとえば私が「phj(姓)と申します。○○会社の部長をしています」と名乗ると、次からは「phj部長」とか「○○会社のphj部長」というように肩書が通用します。つまり肩書が重要で、姓は同じ肩書を区別する付属の扱いなのです。

だから社長ばっかりいる会合にでるとA:「ああ、(B)社長!お久しぶり」B「おお、(A)社長ご無沙汰です」なんて会話が成り立つわけです。

戦国時代...続きを読む

Qイギリス人の名前の順番を教えてください!お願いしますm(_ _)m

イギリス人の名前の順番を教えてください!お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ファーストネーム、ミドルネーム、ラストネームの順番です。

ファーストネームは日本人で言う下の名前、
ラストネームはファミリーネームとも言い、名字を表します。
ミドルネームは外国人特有ですね。


人気Q&Aランキング