人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お世話になります。
N●●系列で日曜日に放送しているTV番組の「行列のできる某相談所」という番組についてお尋ねします。(バレバレですが 笑)

 この番組、4人の本職の現役弁護士が設定された法律問題に対してそれぞれの意見を述べますが、ほとんどの場合、4人の意見が一致することがありません。必ず、3対1か、2対2に意見が分かれます。
 同じ日本国の弁護士資格を有する4人の弁護士が、同じ六法全書を使い、同じケーススタディについて検討した結果、なぜ意見が食い違うのでしょうか?

 あえて結論を分けて意見を闘わせた方がTV番組として面白いという理由であえて全員一致を避けているのでしょうか?
 それとも日本の法律は玉虫色に書かれており、どんな事件でも解釈の仕方によっては、人は有罪にも無罪にも自在に裁かれてしまうのでしょうか?
 それとも日本の司法試験がゆるくて、「同じ事件について、有罪と判断しようが、無罪と判断しようが、それは受験生の自主性に任されており、法曹職に必要な資質はその点ではない」となっているのでしょうか?

 この番組、特に女性が絡んだ問題(セクハラ問題、結婚離婚問題)になると番組開始当初から出演の女性弁護士が声高に女性の権利や意見を主張し、極端に女性を擁護する発言が目立ちますが、もしも女性問題がからんだ事件で当事者になってしまい、この手の法曹職が相手方の女性の弁護士、裁判長になった場合は男性は100%有罪を覚悟しなければならないのでしょうか?
 相手方の弁護士を選ぶ権利はないとしても、裁判官が女性にえこひいきする性格の裁判官だった場合、
「裁判官を取り替えてください」
ということはできないのでしょうか?

最後に・・・・
 番組のトーク自体は大変面白いので毎週楽しみに視聴しております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

法律や裁判というのは、決して完全回答というものがあるものではなく、責める側(検察)、守る側(弁護)が法律という権利判断によって、この法を基準に、あの法を基準に裁定をあおごうと争議するものです。


従って弁護士も、法律条項のこの駒をもって争議に当たろう、またこの駒も用意して当たろうと戦略を廻らします。
ちょうど棋士が駒を扱うように、弁護士も策略を練るのです。
棋士にも責めるのが得意の人がいたり、守りに徹する人がいるのと同様に、弁護士にも色々なスタイルの人たちがいるのです。
ですから、必ずしも一緒の答えが出るわけがないのもお分かりになると思います。
要するに、解釈によって幾通りにも分かれるのが裁判の答えであり、弁護士の守り方も人によって違ってくる場合があるのです。
弁護士にも守るのがうまい人、へたくそな人がいるっていうことです。
こんな中で、人気があり個性がある弁護士といわれる方々を呼んで番組にしているのがご指摘のテレビ番組です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
万一自分が裁判の当事者になった場合、腕利きの弁護士に頼むようにします。

お礼日時:2008/12/17 14:03

あの番組の中で、事件をどのように結論付けるか、事前に弁護士と司会者と一緒になって「打ち合わせ」をするようです。



ある時、ある弁護士が島田伸介さんに対して「何故あんたいつも打ち合わせに来ないんだ!!私らは、毎回打ち合わせで各々どう展開して結論付けしていくか話し合っているのに。一緒に仕事しろ」と怒って言ってました。

民間の番組ですから、視聴率を無視できません。各人面白い展開、結論を出さないと視聴率を稼げません。
ですから、質問者さまの「あえて結論を分けて意見を闘わせた方がTV番組として面白いという理由であえて全員一致を避けているのでしょうか?」が正解と思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「打ち合わせ」があったんですね。

お礼日時:2008/12/14 10:14

あの番組で刑事事件を取り扱ってましたかね?


私の印象では民事ばかりだと思うのですが。
有罪・無罪の判断をしている場面は、見た記憶がありません。

民事だったら、原告、被告のどちらの立場で見ているかで見解は違ってくるでしょう。
民事裁判で弁護士が頑張るのは、クライアントである原告あるいは被告にとって、どれだけ有利な判決を得るか、だけです。

もし刑事事件を取り扱っているとすれば、弁護士の出番は被告側に立っての意見ですよね。
たかが再現VTRを見ただけで被告弁護士が「有罪」と主張するなら、無能弁護士としか言い様がありません。
だから、弁護士としての立場で刑事事件を見てたら、4人共「無罪」で一致すると思うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
番組で扱うのは民事ばかりですね。民事と刑事を混同していました。

「立場によって違う」、ですか。確かに離婚問題やご近所問題などは立場によってはどちらの意見もそれなりに正しい、と思えることは多いと思います。

>「民事裁判で弁護士が頑張るのは、クライアントである原告あるいは被告にとって、どれだけ有利な判決を得るか、だけです。」

ああ、ようやくわかりました。つまり、あの番組に出演している弁護士は、最初からどちらかに雇われた立場を想定して見解を述べ、自身のクライアントにとって有利なように裁判を進めるための意見を出している、ということですね。そりゃ相手を面罵するほどのせりふも出てくるのも納得ですわ。

 私は中立の立場(裁判長の立場とでもいうべきか)で視聴していたので、
「どうして同じ司法試験合格者が異なる解答を出すのだろうか?
 本当に同じ日本国の司法試験をパスした人たちなのだろうか?
 もしかして外国の弁護士がまぎれているのでは?」
と思っていました。

え? そんなこと、TVを視ている人は全員最初からわかっていたって?
すみません。TV番組を読み解く力が足りなかったようです。勉強になりました。

お礼日時:2008/12/13 21:39

はじめまして。

法学部4年生です。
私の考えを書きます。何か参考になれば。

>同じ日本国の弁護士資格を有する4人の弁護士が、同じ六法全書を使い、同じケーススタディについて検討した結果、なぜ意見が食い違うのでしょうか?
法的な結論を出すための思考過程は、(1)法律を解釈して適切な基準を導き出し、(2)その基準に事件の事実をあてはめる、というものです。
この(1)の基準というのは判例・実務である程度定まっていてコロコロ変わるということはありません。もちろん社会事情に応じて解釈が変わったり、新しい法律で基準が定まっていないという例外もありますが。
問題は(2)の事実のあてはめです。だいたいここで意見が分かれると思います。事実の評価は人それぞれだからです。
例えば、私は少し前にこの番組で離婚事件のケースを観ましたが、その離婚の理由が嫁の無駄遣いというものでした。何が無駄遣いかというのは人それぞれですし、その無駄遣いが離婚するための要件である「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたるかどうかというのも人それぞれです。
そこを弁護士は、「これこれこういう理由で無駄遣いだといえるし、このような無駄遣いがあっては家計が大変なので婚姻を継続できない」と言ったり、「これこれこういう理由で必要な支出だといえるし、もし無駄遣いだとしても婚姻を継続できないほどではない」と言ったりします。
こういうところで意見が分かれるのだと思います。

>あえて結論を分けて意見を闘わせた方がTV番組として面白いという理由であえて全員一致を避けているのでしょうか?
まあそういうこともあるのかもしれませんね。過去の放送で一度も全員一致はなかったのでしょうか?

>それとも日本の法律は玉虫色に書かれており、どんな事件でも解釈の仕方によっては、人は有罪にも無罪にも自在に裁かれてしまうのでしょうか?
たしかに法律は一般的抽象的な表現で書かれている部分があります。しかし、前述したように、判例・実務ではこの一般的抽象的な表現から解釈で基準を導き出しています。この基準はきちんとした理由に基づいていておおむね納得できるものです。より適切な解釈を求めて学者が研究したりしています。
問題は事実のあてはめであり、この事実を証明できるかどうかでもあります。
それから、有罪・無罪という表現をされていますが、民事と刑事を混同していませんか?
民事と刑事では少し考え方が違います。
民事では、真実の発見よりも、当事者間の紛争の解決を重視します。民事裁判というのは当事者間の紛争を裁判所が公権的に解決する制度だからです。そこで、真実とは異なっても裁判で確定した判決が正しいということになります。
他方で、刑事では、真実の発見が重視されます。本当に罪を犯したのかどうか明らかでないのに有罪とされてしまってはたまったものではありませんから。そこで、有罪とするには事実の厳格な証明が必要とされています。そして、厳格な証明がなされず、罪を犯したことが確信できないような場合には「疑わしきは被告人の利益に」という原則により無罪となります。

>それとも日本の司法試験がゆるくて、「同じ事件について、有罪と判断しようが、無罪と判断しようが、それは受験生の自主性に任されており、法曹職に必要な資質はその点ではない」となっているのでしょうか?
一番重要なのは、きちんと法律を解釈して、事実をあてはめ、説得力のある結論を導けるかどうかだと思います。そうすると、同じ事件についてはだいたい同じ結論になったりします。ただ、前述の無駄遣いのように微妙な事案では意見が分かれることもあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
民事裁判と刑事裁判では異なるわけですね。少しわかりました。

>過去の放送で一度も全員一致はなかったのでしょうか?

本題の部分ではなく、ゲストとのトークでのこぼれ話を司会者が拾い上げて急遽俎上にして、番組の演出上面白くするために、全弁護士が一致の意見を出したことはあったようです。(ゲストのお笑い芸人を貶めるために、「芸人●●さんが、番組の打ち上げで酔っ払って大女優に突然キスしたことはセクハラの十分な要素になるか、否か?」 解答 全員「YES」といったようなもの)

お礼日時:2008/12/13 21:20

「裁判官を取り替えてください」という制度はあります。


「裁判官忌避の申立て」というのがあります。
詳しくは、ネットで調べるかしてください。
ただし、「女性にえこひいきする性格」を具体的に書面か何かで申し立てなければなりません。
単に感情論だけでは出来ないはずですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そのような制度があるということで安心しました。
将来、万一、自分が当事者になったときのために覚えておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/13 19:29

弁護士と言えど、すべてが同じ思考をしている訳ではありません。


10人の弁護士が居ると、それだけの回答があります、又、弁護士も人間ですから、そこに感情が入ったりする事もあります。

セクハラ等は、男性と女性での回答にばらつきがあります。
それだけ、回答にもばらつきがありますから、最終的には訴訟での判断を仰ぐ事になります。
昔から、十人十色と言われる様に、それだけ意見や回答もあると言う事です。

この回答への補足

ご意見ありがとうございます。

>弁護士と言えど、すべてが同じ思考をしている訳ではありません。
10人の弁護士が居ると、それだけの回答があります、又、弁護士も人間ですから、そこに感情が入ったりする事もあります。

ということは、司法試験においては、”それなりに筋道が通った解答”ならばどのような解答も正解になるということでしょうか?

補足日時:2008/12/13 19:25
    • good
    • 0

同一事件で同一見解が確実に出るなら「三審制」の必要はないでしょう。


事実認定、構成の捉え方が異なるのは当然です。
あの番組でよく見解がわかれるのは「離婚事由」ですがこの時の各弁護士さんの意見を聞いていれば見解が分かれる理由がよくわかるかと思います。

この回答への補足

ご意見ありがとうございます。

>同一事件で同一見解が確実に出るなら「三審制」の必要はないでしょう。

数学の問題だったら、1+1の解が解答者や採点者によって、2になったり3になったりするのはおかしいと思いますが。
 数学と対比すること自体おかしいですか?

>あの番組でよく見解がわかれるのは「離婚事由」ですがこの時の各弁護士さんの意見を聞いていれば見解が分かれる理由がよくわかるかと思います。

 かの女性弁護士は、ことさら女性に有利な要素ばかりを強調している気がします。おなじ女性であることを差し引いても、一方的過ぎる気がします。(まあ、女性側から弁護を依頼されたら、依頼者に100%有利になるように戦術を立てるのは理解できますが)

補足日時:2008/12/13 19:20
    • good
    • 0

福岡のおじさんです。



玉虫色が正解。
・・・って言うか、情状酌量ってよく聞きませんか?

被告人の犯した犯罪が同一のものであっても、必ずそこに至る経緯があるのです。
例えば、業務上過失・・・なんて言葉もよく耳にしますが、人を殺しても故意にではなく過失によるものは刑が軽いのです。
それと同様に、故意であっても、無差別とたまったストレスによるものを一緒にはできないというのが裁判で争われるトコロなのです。

確かに人の感情はそれぞれ違いますから、セクハラ問題でえこひいきはあるかもしれません(笑)
しかし、判決を不服とするなら、控訴をする権利は誰にだってあるんですよb

ですから、それぞれの問題に対して弁護士軍団が感情や事例で意見が分かれても当たり前ですよねw

ま、ご参考までに~♪

この回答への補足

 ご意見ありがとうございます。
 事件によって、経緯が違うというのはよくわかります。
 同じ親殺しでも、親のすねかじりのどら息子が起こした事件と、小説「高瀬舟」のような病魔に苦しむ尊属の苦痛に家族が耐えかねて、尊属の同意の下に、止むに止まれずに起こしてしまった事件とを同じように裁けないのはよくわかります。
 同じスピード違反でも、真昼間から再三繰り返す人と、親の危篤の報せについついスピードを上げてしまった場合とでは異なる判断が下されるのも納得がいきます。

 しかし、この番組においてはみな同じ事件VTRを視聴して判断を下しております。
 その点について再度ご意見をいただければ幸いです。

補足日時:2008/12/13 18:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q週刊誌の記者って一体何様なんですか?有名人を付け回してこっそり写真を撮るとか、強引に取材したり、見て

週刊誌の記者って一体何様なんですか?有名人を付け回してこっそり写真を撮るとか、強引に取材したり、見ているこちらまでムカムカしてきます。
有名人と交際していたら、その人にはプライバシーはない!と言った記者がいるらしいですが、まったくおかしい話です。まるでストーカーみたいな奴らですね。私は週刊誌の記者は嫌いですが、皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

週刊誌にもよりますが、文春などは割とまともに独自取材をしていると思います。
文春は芸能人のゴシップ記事もありますが、最近の東京都の問題のような政治的な
関心事もよく取材して記事になってますよ。

私は毎週欠かさず文春を読んでいますが、例えば飛鳥や清原の薬物問題などは警察に
捕まる数か月前に文春で詳細な記事が載ってましたから、いつかは捕まるだろうと
思っていましたので、逮捕というニュースを見ても全く驚きは無かったです。

大手マスコミは自分たちで取材もせずに、単にマスコミ向けに発表された内容を
記事にしているだけですので真実は見えてきません。
こうしてできている新聞など読む必要は全くないと思いますが、それに比べて週刊誌
の方が独自に取材して裏取りもしたまともなスクープが載っていますよ。

確かに取材時に行き過ぎ行為があるのかもしれませんが、まともな週刊誌かどうかは
ご自分で判断するしかないですが、週刊誌全部が悪とは思えません。


人気Q&Aランキング