飯田線の辰野~飯田間には定期の特急列車は
運行されていないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 現在走っていませんし、将来も走る可能性は無さそうです。


 理由は他の回答にもありますように線路の問題で、高速走行ができず、時間短縮効果が望めません。また、飯田線はJR東海ですが、中央線はJR東日本と会社が違います。現在、中央線の特急は辰野駅を経由していませんから、乗り換えを考慮した場合、辰野駅始発では不便で、少なくとも岡谷駅まで乗り入れる必要があります。利用者を考えますと、そこまでするとは思えません。
    • good
    • 0

飯田線には、20年ほど前までは大垣-上諏訪間の急行「伊那」、長野-天竜峡間の急行「天竜」、新宿-飯田間の急行「こまがね」などの多くの優等列車が走っていましたが、元々沿線人口があまり多くなかったことや、中央線の急行全廃の余波、中央高速の開通による高速バスの発達などにより、1988年の新急行「かもしか」の快速格下げを最後にこれらの優等列車は全て廃止になってしまいました。



その後、1992年の臨時急行「伊那路」によって優等列車が復活し、これを1996年に特急に格上げしたのが現在の豊橋-飯田間の特急「伊那路」です。

飯田-辰野間については中央高速がほぼ併走しているため、飯田から新宿方面は1時間に1本、松本・長野方面は1~2時間に1本というかなりの本数の高速バスが走っており、この区間の飯田線に特急を走らせても勝ち目が無いというのが実情です。
ですので、現在この区間に定期の特急列車は運行されていませんし、将来的にも運行される可能性は少ないでしょう。
    • good
    • 0

その区間、実際乗ってみれば分かるのですが、元中小私鉄だったことが


如実に分かる、ウネウネカーブに急勾配が連続した路線なんです。

ですので、仮に特急を走らせたとしても、各駅停車と大して所要時間は
変わらず、車やバスはおろか、原付にも負けてしまう速度しか出ないかと。
それじゃあ、意味ないですよね(苦笑)

昔は新宿や長野直通の急行があったんですが、それらは「飯田線内」は
遅くても、乗り入れ先の中央線では、国道(当時は高速道路やバイパスが
一切ありませんでした)を走る車より速かったんで、何とかなったんです。
    • good
    • 0

飯田以北の区間に特急列車はありません.



参考URL:http://railway.jr-central.co.jp/time-schedule/sr …
    • good
    • 0

本屋で時刻表買ってみれば一目瞭然ですよ。


ネットで探すならこことか。
http://www.ekikara.jp/newdata/line/2301072/down1 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飯田線1420Mと4420M

時刻表を見ていて、気になったので投稿しました。

飯田線には【休日運休】の駒ヶ根5時7分発、豊橋9時54分着1420Mという電車があります。
一方で、【休日運転】の伊那大島5時55分発、豊橋9時54分着4420Mというのもあります。

この2つの電車、運転区間が休日は駒ヶ根~伊那大島間が運転されないだけで、各駅の
発車は全ての駅で同じ時刻ですし、よくあるように【休日は駒ヶ根~伊那大島間運休】と
記せばいいように感じるのですが、実際は時刻表に2つの電車が同じ時刻で並んで
記されています。

どうでもいい事なんですが、ちょっと気になったので質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も気になっていました。
20年ほど前の時刻表なら、
列車番号も一緒で【駒ヶ根~伊那大島間は休日運休】だったはずです。

JR西のホムペで、山陰本線の時刻を調べた時、
同じ特急が、胡麻駅に臨時停車するときとしない時で
別の列車のように表示された経験があります。

素人の推定ですが
最近は何でもコンピューターでしょうから、
「休日のみ」や「○月○日は停車」はコンピュータ向きでなく
平日と休日、臨時停車する日としない日で、別の列車とに設定するほうが
コンピュータ管理になじむのかなぁ、と思います。

時刻表の印刷も、相当、コンピュータ化されているそうです。
JRから電子媒体で運行データをもらうと、本が出来るようになっていたら
昔のような表記にすることは、かえって手間かも知れません。

Q本州内の特急とJR北海道内の特急・急行列車の乗継割引

今回、特急・急行列車と新幹線を使って札幌から東京まで行く計画を
立てているのですが、乗継割引の適用方法がよく分かりません。

計画している行程は以下の通りです。

22:00札幌発
 ↓急行はまなす・指定席 急行料金 1260+300=1560円
05:35青森着
05:52青森発
 ↓つがる2号・自由席 特急料金 900円
06:48八戸着
06:55八戸発
 ↓はやて2号・指定席 新幹線特急料金 6000円
09:51東京着

ここで、運賃の計算をするためにJR時刻表を見たのですが、乗継割引の
部分の計算の仕方が分かりません。いくつか例は載っているのですが、
上のような場合にはどうなるのかがよく分かりません。

そこで、お尋ねします。

上のようなルートで乗車する場合、乗継割引は適用されるのでしょうか?
適用されるとしたら、料金(乗車券は除く)はおいくらになるのでしょうか?

お詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 JR時刻表をご覧になっているのならば説明しやすいのですが、この場合は本州内特急とJR北海道の特急・急行との乗り継ぎ割り引きで例1(東京~八戸~函館~札幌)の応用です。函館駅を青森駅に置き換えてください。
 まず、札幌駅を出発したはまなすは乗り継ぎ割り引き適用駅である青森駅に到着します。ここからつがるに乗り換えて新幹線乗り継ぎ割引適用駅である八戸駅で新幹線に乗り換えて東京駅に向かいます。
 これを逆に考えて・・・・
東京→八戸はもともと割引は適用しないので6000円。
八戸→青森は「新幹線の乗り継ぎ割引」で900円が450円。
青森→札幌は「本州内の特急とJR北海道の特急・急行料金との乗り継ぎ割り引き」で780円。
 にそれぞれなります。要するに最初に書いた例1は、「新幹線と在来線の乗り継ぎ割り引き」と「本州内の特急とJR北海道内の特急・急行との乗り継ぎ割り引き」の2つを含んでいるということになります。

ついでに・・・・
●青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車と津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合、津軽海峡線または 函館本線を経由する特急・急行列車の特急料金、急行料金、指定席料金が半額になります。

を解釈するには
青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車
・・・・・・・・・・・と・・・・・・・・・・
津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合

のように分けて、・・・と・・・より上の部分はわかると思いますが、問題は下の部分ですね。「津軽海峡線または函館本線を経由する」の経由するは言葉を変えると、津軽海峡線と函館本線を直通するという意味にもなります。津軽海峡線(青森駅乗り継ぎ)のみ、函館本線のみ(函館駅・五稜郭駅乗り継ぎ)、津軽海峡線と函館本線を直通する(現在では夜行の特急、急行「はまなす」)の3種類の意味があります。そして「津軽海峡線または函館本線を経由する」も直通するにもなります。ということで、直通のはまなすは半額ですし、つがるも半額になります。
 津軽海峡線と函館本線を直通するという考え方は、例えばスーパー白鳥で函館から青森に行くとして利用する経路に函館~五稜郭は函館本線ですから、函館本線と津軽海峡線と津軽線の3線を経由していますから、直通という考え方をしても構わないわけです。

 JR時刻表をご覧になっているのならば説明しやすいのですが、この場合は本州内特急とJR北海道の特急・急行との乗り継ぎ割り引きで例1(東京~八戸~函館~札幌)の応用です。函館駅を青森駅に置き換えてください。
 まず、札幌駅を出発したはまなすは乗り継ぎ割り引き適用駅である青森駅に到着します。ここからつがるに乗り換えて新幹線乗り継ぎ割引適用駅である八戸駅で新幹線に乗り換えて東京駅に向かいます。
 これを逆に考えて・・・・
東京→八戸はもともと割引は適用しないので6000円。
八戸...続きを読む

Q飯田線について

飯田線について詳しい方、ぜひ教えてくださいよ
①特急伊那路の土日の自由席の乗車率はどのくらいでしょうか?また、土日の指定席の乗車率はどのくらいでしょうか
②飯田線を走る臨時急行「飯田線秘境駅号」は飯田行き、豊橋行きとも満席になることは多いでしょうか?

Aベストアンサー

特急伊那路は、3両編成。うち飯田寄りの1両が座席指定。豊橋寄り2両が自由席。
確約は出来ないが、自由席は満席にはなりません。
そもそも、飯田⇔名古屋は、高速バスの方が早くて安い。
ゆえに、廃止されてもおかしくない列車です。

方や、飯田線秘境駅号は、季節限定のイベント列車。
全席指定の急行列車。超人気で旅行社に押さえられるので、みどりの窓口だと1カ月前に並ばないときっぷは買えません。
乗車券以外に急行料金 980円(101~150Km) 指定席料金 520円必要です。

Q東海道線、普通列車と特急踊り子101号の運転時刻について

「JTB時刻表2008年10月号」を見て、東京駅を7時24分に発車する東海道線の「普通伊東行き(以下:普通)」と、30分に発車する「特急踊り子101号伊豆急下田行き(以下:特急)」の運転時刻に、「ん?」と思うところがあったので質問させていただきます。

その2本の列車は横浜駅には、「普通」が7時51分着、52分発、「特急」が53分着・54分発とあります。1分差まで迫っていますが、ここまでは「普通」が先行しています。

ところが大船駅には、「特急」が8時7分着発、「普通」が8時9分着・11分発と、いつのまにか「特急」の方が先行しています。

東京駅を先に出発した「普通」を、後から発車した「特急」が追い抜き、大船駅では、「特急」が先に到着するためには、待避線のある駅(品川駅か横浜駅)で「普通」を追い抜かなくてはなりません。ところが先述した通り、横浜駅でも「特急」は「普通」を追い抜いてはいません。ということは、横浜駅~大船駅間で「特急」が「普通」を追い抜くことは不可能なので、この運転時刻は矛盾するのではないでしょうか。

その「特急踊り子101号」は本来「臨時特急」だそうですが、それを理由に、「普通伊東行き」の運転時刻が変更になったり、あるいは運休するという記述もありませんでした。

ただ、唯一可能な方法として、「普通」が横浜駅~戸塚駅(或いは大船駅)間を横須賀線の線路で走行し、その間に「特急」が東海道線の線路を走行して「普通」を追い抜くというのも考えられますが、まさか本当にそんなことをやっているのでしょうか。

回答お願いします。

「JTB時刻表2008年10月号」を見て、東京駅を7時24分に発車する東海道線の「普通伊東行き(以下:普通)」と、30分に発車する「特急踊り子101号伊豆急下田行き(以下:特急)」の運転時刻に、「ん?」と思うところがあったので質問させていただきます。

その2本の列車は横浜駅には、「普通」が7時51分着、52分発、「特急」が53分着・54分発とあります。1分差まで迫っていますが、ここまでは「普通」が先行しています。

ところが大船駅には、「特急」が8時7分着発、「普通」が8時9分着・11分発と、いつのまにか「特急...続きを読む

Aベストアンサー

普通伊東行は横浜駅で踊り子101号を退避します。
この東京駅7時24分発 521Mは、定刻だと横浜7:52発→大船8:09着で17分、平塚8:29着で37分かかっています。
その前の743Mは横浜7:44発→大船7:59着で15分、平塚8:17着で33分
その後の745Mは横浜8:00発→大船8:16着で16分、平塚8:35着で35分の所要時間ですから、521Mはもともとダイヤに余裕があります。
521Mの横浜発時刻は分かりませんが、7:55と遅れて発車しても取り戻せるくらいのペースです。

以前だと、1-2分の変更でも示されていたのですが、たまにしか運転されない列車の影響による変更は書かれないことがあるようです。
JTB大型時刻表では、目次のページの下側に「◎時刻表に掲載されている列車が,時刻を変更して運転される場合,所定より早く発着される時刻は掲載しておりますが,遅く発着するもので,変更が少ないものは掲載されない場合があります.」とあり、これに該当するのでしょう。

蛇足ですが、521Mは、平日・土曜日12両、日曜日10両編成と新橋の時刻表に書いてあります。スーパービューでない踊り子と同じ185系電車で運転されます。デッキのある2扉車なので、平日は乗降に時間がかかることを想定して運転時間に余裕を持っているものと思います。

普通伊東行は横浜駅で踊り子101号を退避します。
この東京駅7時24分発 521Mは、定刻だと横浜7:52発→大船8:09着で17分、平塚8:29着で37分かかっています。
その前の743Mは横浜7:44発→大船7:59着で15分、平塚8:17着で33分
その後の745Mは横浜8:00発→大船8:16着で16分、平塚8:35着で35分の所要時間ですから、521Mはもともとダイヤに余裕があります。
521Mの横浜発時刻は分かりませんが、7:55と遅れて発車しても取り戻せるくらいのペースです。

以前だと、1-2分の変更でも示されていたのですが、たまにしか運転...続きを読む

Q飯田線の辰野~飯田間特急列車

飯田線の辰野~飯田間には定期の特急列車は
運行されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在走っていませんし、将来も走る可能性は無さそうです。
 理由は他の回答にもありますように線路の問題で、高速走行ができず、時間短縮効果が望めません。また、飯田線はJR東海ですが、中央線はJR東日本と会社が違います。現在、中央線の特急は辰野駅を経由していませんから、乗り換えを考慮した場合、辰野駅始発では不便で、少なくとも岡谷駅まで乗り入れる必要があります。利用者を考えますと、そこまでするとは思えません。

Q在来線、特急列車に対する規則性を見つけました

JRの在来線、特急列車に対する規則性を見つけました。
まずキハを除く在来線って全て奇数ですよね?
E233系、E231系,201系,211系・・・・
すべて系の前の番号は自分が知っているものとしては奇数です。

ほかには特急も100以上で表される系列は自分の知っている限りでは全て奇数です。
485系や251系やE259系・・・・・

まとめるとJR在来線、JR特急列車だけで考えると

100以上の数字を表す系列であってかつキハを取り除く列車は全て奇数(?)

というのを自分で予想したんですが、これは当たっていますか?

それからそれらの車両をなす中で

偶数にしなかった理由もありますか?

Aベストアンサー

特急電車に限らず、四国を除くJRの大半の電車の車両形式番号は、あなたが仰る通り、
個々の車両の形式車両番号にて一の位が偶数のものがあっても、
系列というグループでは一の位を奇数で代表させています。

回答番号No.3さんが既に述べられていますように、
電車の走行に必要な装置を一両ごとに搭載せず、走行装置を二両に分散して、
それぞれを偶数形式と奇数形式を割り当てたユニット方式を、
今から五十年以上も昔に、JRの前進の国鉄が採用して以来、
系列の一の位は奇数にする規則が、JR四国以外に踏襲されています。

なお、新幹線電車には別の規則があります。
以下のリンクを参照して下さい。


国鉄新性能電車の車両形式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E6%96%B0%E6%80%A7%E8%83%BD%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E3%81%AE%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E5%BD%A2%E5%BC%8F

新幹線の車両形式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E3%81%AE%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E5%BD%A2%E5%BC%8F

国鉄気動車の車両形式
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%81%AE%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E5%BD%A2%E5%BC%8F

特急電車に限らず、四国を除くJRの大半の電車の車両形式番号は、あなたが仰る通り、
個々の車両の形式車両番号にて一の位が偶数のものがあっても、
系列というグループでは一の位を奇数で代表させています。

回答番号No.3さんが既に述べられていますように、
電車の走行に必要な装置を一両ごとに搭載せず、走行装置を二両に分散して、
それぞれを偶数形式と奇数形式を割り当てたユニット方式を、
今から五十年以上も昔に、JRの前進の国鉄が採用して以来、
系列の一の位は奇数にする規則が、JR四国以外に踏襲され...続きを読む

Q飯田線の旅でお勧め情報があれば教えてください。

飯田線の旅でお勧め情報があれば教えてください。
豊橋駅からの飯田線でお勧めの場所があれば教えてください。電車で行くので駅から近いところで良いところを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

飯田線と言えば秘境駅。電車が行っちゃうと本気で何も無くなります。ぼやーとするのに最適っす。
http://homepage3.nifty.com/officeoz/kikaku/8kikaku/iidasentop.htm

Q東京口東海道本線特急列車の定期券乗車について

特急リゾート踊り子81号・82号は定期券+自由席特急券で自由席に乗ることはできますか?特急踊り子や特急東海などの自由席連結車両はでき、特急スーパービュー踊り子や定期列車の特急リゾート踊り子は全席指定なので乗れませんけど、特急リゾート踊り子81号・82号に関してはやったことがないので。回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

JR線の場合は基本的に定期券では新幹線・特急・急行には乗車できません。
但し、新幹線の場合は平行区間の定期券に証明を受けた場合、在来線の特急・急行列車は指定された列車の指定された区間に限り特急券等を購入して自由席等の指定された車両に乗車する事が出来ます。

ご質問の臨時リゾート踊り子号は対象列車ではありませんので乗車券等も必要になります。

また、定期券+自由席特急券で乗車可能な踊り子号や東海号も自由席のみが対象なので指定席やグリーン車に乗車する場合は乗車券等も必要になります。

Q東海道本線から飯田線への乗り換え

休日ダイヤにおいて
東海道本線大垣09:25発豊橋10:43着
の列車から
飯田線豊橋10:43発飯田14:35着
の列車へ乗り換えは可能ですか?

Aベストアンサー

到底無理ですね

豊橋駅は東海道本線と飯田線は離れています
飯田線はむしろ名鉄の方が近いです
(豊橋付近は飯田線と名鉄の線路が共通)

なお待ち時間についてですが
1本前の新快速は約15分前到着なので
客観的には客に配慮していないとはいえないでしょう
(むしろ数分接続で駆け込まれるより15分確保して混乱のないようにしているかも)

大垣から乗るということは
もっと前の関西方面からの乗り継ぎでしょうか?

その場合は1本前ということは30分前になると思いますが
3時間待ちよりはいいのではないでしょうか

QJRの臨時列車には~81号、~82号と「81号」、「82号」とつく列車

JRの臨時列車には~81号、~82号と「81号」、「82号」とつく列車が多いような気がするのですがこれには何か理由があるのでしょうか。

例:リゾート踊り子81号、ムーンライト信州81号

Aベストアンサー

一般の利用者の方には馴染みが薄いものと思われますが、
列車には識別のための列車番号というものが必ず付けられています。
基本的に下り列車は奇数番号、上り列車は偶数番号、
電車の場合は末尾にMの記号、ディーゼル社の場合は末尾にD、などです。
これは特急列車の名称などとはまた別のものですが、
踊り子○○号、などの場合、列車番号の末尾と列車名は揃っている場合が多いです。

この列車番号には原則があり、定期運行する列車は1から5000番台までの数字を使い、
季節列車という季節毎運行する列車には6000番台から7000番台まで、
そして臨時列車には8000番台と9000番台の番号が使われており
ダイヤ上ではすぐに臨時列車を識別できるようになっています。
そのため臨時列車を示すものとして列車名にも80台の数字を使う事が
鉄道関係者の間では判りやすく、それが一般利用者にも浸透してきており
80番台は臨時列車の番号、となってきたのではないでしょうか。

なお、季節列車というのは国鉄の頃にはよく運行されていましたが、
JR分社後はあまり設定が無く、定期列車、臨時列車に統一されているように思えます。

一般の利用者の方には馴染みが薄いものと思われますが、
列車には識別のための列車番号というものが必ず付けられています。
基本的に下り列車は奇数番号、上り列車は偶数番号、
電車の場合は末尾にMの記号、ディーゼル社の場合は末尾にD、などです。
これは特急列車の名称などとはまた別のものですが、
踊り子○○号、などの場合、列車番号の末尾と列車名は揃っている場合が多いです。

この列車番号には原則があり、定期運行する列車は1から5000番台までの数字を使い、
季節列車という季節毎運行する列車には6000番...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報