抗生物質の6~7割が、放線菌由来だと聞きました。世界には多くの微生物がいると思うのですが、なぜ、放線菌由来の抗生物質が、圧倒的に多いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

放線菌は抗生物質の宝庫といわれています。

なぜ放線菌由来の抗生物質が、圧倒的に多いのかというと、1つには、放線菌の2次代謝が非常に多様性があるため、その2次代謝産物である抗生物質も多様性があるためだと思います。そんな放線菌は抗生物質の探索源として魅力的であったため広く研究され、数多くの抗生物質が発見されたんだと思います。放線菌の多くは土壌から分離されますが、含まれる有機物などにより土壌の性質も異なるため生息している放線菌の種類も様々であることも理由だと思います。

参考文献:バイオサイエンスと放線菌-2次代謝と応用微生物学-(医学出版センター)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>放線菌の2次代謝が非常に多様性があるため、その2次代謝産物である抗生物質も多様性がある
>放線菌の多くは土壌から分離されますが、含まれる有機物などにより土壌の性質も異なるため生息している放線菌の種類も様々である

なるほど、これらの理由によって、放線菌は研究対象として魅力的なんですね。多様性がキーワードになっているようですね。
原核生物は、進化の過程の違いから、真核生物よりも、多様な二次代謝産物を生産すると聞いたことがあります。

お礼日時:2001/03/05 20:57

ホームページで探していたらそれらしいのが出てきました。

偶然みたいですね。

参考URL:http://www.enjoy.ne.jp/~masanori-m/minori/bisei. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
紹介していただいたホームページで勉強してみます。

お礼日時:2001/03/02 20:44

最初の抗生物質が青カビから作った「ペニシリン」ですよね?そこから派生しているから多いじゃないですか?私も詳細が知りたいです。

    • good
    • 0

 私も知りたくなったので、昨日からさんざん探してるのですが、のっている本なんか見つかりもしません。

医者も薬剤師もしらないといってるし、、製薬会社の創薬の人ならわかるかもと思うのですが、あいにく知り合いがいません。

 で、ホームページを漁っていたら、こんなのがありました。 まんなかへんです。

 よくわからない、というのが実際のようですが、参考程度にはなるかも 。要するに敵から身を守るため。または、作れるものだけが生き残ったのかも。

参考URL:http://ao_zatsu2.tripod.co.jp/write/tuti_34.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ、調べてくださってありがとうございます。医師や薬剤師さんにまで聞いてくださって、本当にありがたいです。

でも、そのような人達でも知らないんですね。私は、気長に、誰かさんが明確な回答をしてくださるのを待つことにします。もちろん、masa1000rxさん、何かわかったら、小さな事でもいいので、また教えてください。

ところで、人間の側から、抗生物質を考えると、薬という一面しか見えてきませんが、微生物の観点から考えてみると、単純な化学兵器の役割だけではなく、他にも役割をもっている可能性があると思います。抗生物質に関する疑問はつきません。

お礼日時:2001/03/01 21:32

真相は知らないですけど、放線菌はある程度大きい菌糸を伸ばすのでその周辺の状態が観察しやすく、また、菌体や菌糸が大きいので分離が容易

なのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の抗生物質の服用期間

先日、ようれん菌にかかり14日間抗生物質を飲ませていました。その後3日後に緑の痰がでる咳がでるようになり、また抗生物質を飲む事になったのですが、こんなに続けて抗生物質を飲ませても体に害はないのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

緑膿菌じゃないかと思うんですが、その感染を放置する方が薬によって受ける害より危険だと判断したから処方されたのです。
その時に医師に確認してれば済んだ話ですね。

抗生剤は中途半端に使う方が危険ですからね。
菌が消えるまで徹底して投与するのが普通です。
菌種や抗生剤がわからないので一般論ですが。

ココの人たちより詳しく病状を知るのは主治医ですから、その意見はまず聞きましょう。

Q微生物が抗生物質を生産しなくなる条件??

微生物が、生理活性物質(抗生物質)を生産しなくなることがあると聞いたのですが、それはいったいどういう時でしょうか??

また、生産性がなくならないようにする方法ってあるのでしょうか??

何か知っている方がいたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生産性が無くなるというのは、不可逆的にその菌の性質がかわるという意味ででしょうか?

実験室で植え継いでいると、カビが生理活性物質の生産性を失うという話を聞いたことがあります。おそらく、その物質を作る必要がない状況での継代が問題なのではないでしょうか。
その微生物が自然界で生きていた環境を再現すればいいような気もしますが、たいていの場合それは困難でしょう。

そこで、現実的な対策としては、植え継ぐたびに生産性をチェックするしかないでしょう。(いきなり、次世代のすべてが生産性を失う訳ではないでしょうから)

その他に、例えばペニシリン生産菌(ペニシリウム属のカビ)は、高温で培養するとペニシリンを生産しないということが知られています。この場合は可逆的なもので、同じ菌を植え継いで低温で培養すれば生産すると思いますが。

Q抗生物質の副作用と服用期間について

過去投稿を探して見ましたが、直接的なものが見つけられませんでしたのでお尋ねいたします。

喉の激痛で夜も寝られない状態となったために耳鼻咽喉科を受診したところ、扁桃炎という診断を受け、抗生物質(サワシリン)その他を頂きました。
都合3回服用した時点(現在)で、痛みはほとんど治まり(ロキソニンが効いているため?)、扁桃腺の表面も白っぽくなってきて順調に回復しているようですが、医者に「胃が荒れるかも知れないので胃薬も出しておきますね」と聞いていた通りに胃が荒れています。

抗生物質で胃が荒れるのはもう仕方のないことだと受け止めていますが、今回は5日分も受け取っています。
今までは長くても3日だったのでちょっと長すぎるなと感じておりますが、このまま飲み続けないといけないものでしょうか?
ある程度痛みが治まるようならば、なるべく薬は飲まずに我慢したいと考えてます。

また、抗生物質は細菌を殺す作用が全身におよぶため、腸内にいた善玉菌までも殺してしまうので、あまり飲まないほうが良い、と聞いたことがあります。
この点は気にしなくて良いのでしょうか?

お詳しい方、ご意見をよろしくお願いします。

過去投稿を探して見ましたが、直接的なものが見つけられませんでしたのでお尋ねいたします。

喉の激痛で夜も寝られない状態となったために耳鼻咽喉科を受診したところ、扁桃炎という診断を受け、抗生物質(サワシリン)その他を頂きました。
都合3回服用した時点(現在)で、痛みはほとんど治まり(ロキソニンが効いているため?)、扁桃腺の表面も白っぽくなってきて順調に回復しているようですが、医者に「胃が荒れるかも知れないので胃薬も出しておきますね」と聞いていた通りに胃が荒れています。

抗...続きを読む

Aベストアンサー

質問から拝見すると、成人の方だと思いますのでそれを前提に回答させていただきます。
サワシリンですが、3日服用された後に受診して5日分処方されたということですが、基本的に処方された分は服用してください。
サワシリンで胃が荒れるということですが、食後服用であればそれほど胃は荒れないと思います。
むしろロキソニンの方が胃を荒らします。
痛みが治まっているのならば、ロキソニンの服用を中止されたほうがいいと思います。
ご質問の中に、菌交代症を心配されているようですが、それほど気になされる必要はありません。可能性は否定できませんが、発生頻度はかなり低いです。
ですので、過敏に心配される必要はありません。
むしろ自己判断で中止されるほうが正直怖いです。
全身状態の状態にもよりますが、抵抗力が落ちている場合で抗生物質によって扁桃腺炎の症状が抑えられている場合、抗生物質の中断により、悪化する可能性が考えられます。

ただ、漫然と5日分追加で処方されたのかも知れませんが・・・(これは医師によって抗生物質に対しての考え方が違うためです)


薬の基本は、医師か薬剤師に納得できるまで質問してください。医療機関では情報提供料を取っているのですから質問しないのはお金を捨てているようなものです。

質問から拝見すると、成人の方だと思いますのでそれを前提に回答させていただきます。
サワシリンですが、3日服用された後に受診して5日分処方されたということですが、基本的に処方された分は服用してください。
サワシリンで胃が荒れるということですが、食後服用であればそれほど胃は荒れないと思います。
むしろロキソニンの方が胃を荒らします。
痛みが治まっているのならば、ロキソニンの服用を中止されたほうがいいと思います。
ご質問の中に、菌交代症を心配されているようですが、それほど気になさ...続きを読む

Q大腸菌の抗生物質の作用の違いについて

はじめまして。大学で微生物の研究をしています。
わからないことがあったので宜しければ教えてください。
大腸菌の抗生物質であるアンピシリンと、ストレプトマイシンを加えた場合では大腸菌にあらわれる変化になにか違いはあるのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

耐性のない大腸菌に対しての反応の違い、ということでよろしいでしょうか。

#2の方の補足ですが、アンピシリン(βラクタム系抗生物質)は細胞壁合成酵素阻害剤ですので、静菌的に作用します。薬剤そのものによって溶菌はしないと思いますが、細胞壁を新たに合成することができないので、増殖(や成長)はできません。菌数は増えないので、結果的に自身の代謝によるストレス物質で徐々に死滅していきます。

一方のストレプトマイシン(アミノグリコシド系抗生物質)は30Sリボソームサブユニットに不可逆的に結合し、タンパク質合成を阻害しますので、細胞の生命活動が停止し、細胞が死滅します。こちらは殺菌的に作用します。

耐性という話もでたので蛇足します。
βラクタム系抗生物質に対する耐性は、多くのグラム陰性桿菌の場合、βラクタムを特異的に加水分解するβラクタマーゼという酵素によります。したがって培地中にβラクタマーゼを産生する細胞がいた場合、その系のβラクタム剤が徐々に減っていきます。前述の通り静菌的に作用しますので、耐性を持たずβラクタムにさらされつつも耐えていた(増殖できなかった)細胞も、ある程度βラクタムがなくなったところで増え始めます。
遺伝子操作などでβラクタム系の薬剤マーカーを使った場合、プラスミドの入った目的とする大腸菌の周りに、時間が経つとプラスミドの入っていない(耐性を持たない)はずれのコロニーが増え始めます(サテライト)が、これは上記の理由からです。

一方のストレプトマイシンは殺菌的に作用しますので、サテライトは比較的できません。アミノグリコシド耐性は、アミノグリコシド修飾酵素による薬剤の不活性化、または標的部位であるリボソームサブユニットの点突然変異がよく知られています。

耐性のない大腸菌に対しての反応の違い、ということでよろしいでしょうか。

#2の方の補足ですが、アンピシリン(βラクタム系抗生物質)は細胞壁合成酵素阻害剤ですので、静菌的に作用します。薬剤そのものによって溶菌はしないと思いますが、細胞壁を新たに合成することができないので、増殖(や成長)はできません。菌数は増えないので、結果的に自身の代謝によるストレス物質で徐々に死滅していきます。

一方のストレプトマイシン(アミノグリコシド系抗生物質)は30Sリボソームサブユニットに不可逆的に...続きを読む

Q抗生物質の服用期間

もみあげ部分の粉瘤手術後、1日3回7日分

セフカペンピボキシル塩(抗生物質)
レバミピド(胃薬)
ロキソプロフェンNa錠(炎症鎮痛剤)

の薬がでました。術後3日目の服用で激しい胃痛と緩やかな下痢にみまわれ、
薬局に相談した所、しばらく内服薬全中止になりました。

自分的には胃痛の原因であるロキソ〜だけを中止したいつもりでしたので、
「抗生物質は処方分飲み切らないといけないのでは…」と訪ねた所、
「だって下痢してるんでしょう?!!!」と。。。
とても忙しそうでそれ以上何も聞けなくなってしまいました。

術後の抗生物質を3日でやめてしまっても大丈夫なんでしょうか? とても不安です。

(傷跡の痛みは無く、ゲンタマイシンという塗り薬もでています。明後日に病院で抜糸です)

Aベストアンサー

抗生剤は、内服の目的や疾患によって種類も違えば、期間も違います。

例えば膀胱炎なら、抗生剤はまさに菌をやっつけるために飲みます。
また、原因はわからないけれども熱が出ていて・・・という場合にはまあとりあえず、という具合で抗生剤が処方されることもあります。
慢性副鼻腔炎などでは、数か月という長期間、通常の量の半分に抑えて飲み続けることがあります。

そして今回の質問者様のように、予防というか、あらかじめ身体に抗生剤を入れておくことで、その後起こりうる炎症を抑えよう・・・ということもあります。
熱が出たりしなければ不要とも言えますが、いざひどい感染症を起こしてからでは困るので、ルーチンとしてちょっとした処置のあとで抗生剤を処方しておくことはよくあります。

ただし、どの目的においても言えることなのですが、身体にとって期待する効果よりも期待しない効果が強く出た場合(今回は胃痛と下痢ですね)は、投与を中止するのが原則です。
ひどいアレルギーの場合は、アナフィラキシーショックを起こし、命に関わることもあるのです。

ただ、下痢というのは予測される反応なので、抗生剤には整腸剤をセットで処方することが多いのですが・・・。
今回はロキソプロフェンによる胃潰瘍予防でレバミピドが処方されていますが、整腸剤は処方されていない様子。
あまりにひどい下痢でなければ、整腸剤を加えることで抗生剤を飲み続けるという選択肢もあるとは思います。

しかし、最終的には処方した医師の判断によります。
医師が内服中止と言ったら、中止すべき。
人としてどうよ?という医師が世の中にいることは、事実ですけれどね。

このまま術後の経過が順調にいくとよいですね。
お大事に。

抗生剤は、内服の目的や疾患によって種類も違えば、期間も違います。

例えば膀胱炎なら、抗生剤はまさに菌をやっつけるために飲みます。
また、原因はわからないけれども熱が出ていて・・・という場合にはまあとりあえず、という具合で抗生剤が処方されることもあります。
慢性副鼻腔炎などでは、数か月という長期間、通常の量の半分に抑えて飲み続けることがあります。

そして今回の質問者様のように、予防というか、あらかじめ身体に抗生剤を入れておくことで、その後起こりうる炎症を抑えよう・・・というこ...続きを読む

Q抗生物質耐性菌

抗生物質耐性菌が蔓延することによって遺伝子学的な観点から、何が問題となるのですか?

Aベストアンサー

遺伝学的な観点というより、医学的な観点から、問題になるでしょう。

抗生物質耐性の病原菌が増えれば、治療が困難になりますから。

では、病原菌じゃなければいいのかというと、それでも問題があります。抗生物質に対する耐性という能力は、プラスミドと呼ばれるDNAに含まれることが多いのです。この、プラスミドは、別の種の菌にも、ごくまれにですが、取り込まれることがあります(水平伝播といいます)。
そうすると、病原菌でなくても抗生物質耐性菌が蔓延してしまうと、その能力が病原菌に移ってしまう可能性がでてきます。特に、病原菌は、抗生物質によっていつも痛めつけられていますから、万一、抗生物質耐性の遺伝子をもらったものがでてくると、そういう物が選択的に繁殖してしまう可能性が高いのです。

Q抗生物質の服用期間について

風邪の為に今月の1日に病院にいき風邪薬をもらいました。
その中の抗生物質について教えてください。

私はいつもバナンという抗生物質を処方してもらっています。
いつも一週間分もらっています。

いつもは5日くらいでよくなるので5日以上は飲まないように
していました。
でも今回は6日服用しても完全には治らずまだ朝起きたら黄色い鼻が
出ます。なので一週間は飲もうと思っていました。

ですが主治医に「出来れば5日でやめた方が良い」と言われました。
(もう6日飲んでしまいましたが(汗) )
なので止めようかと思うのですが、以前に風邪が完全に治らない
にも関わらず先生の言うとおり5日できっちり止めたら風邪が再発
した事があり、結局治るまですごく時間がかかったことがあります。

今回は出来れば完全に治してからやめたいので一週間はきっちり飲みたいところなのです。

そこで教えて欲しいことがあります。
抗生物質を長期間飲んでいると耐性菌が出来ると思うのですが、
これは何日以上飲んだら出来る危険性があるでしょうか?
1週間、もしくは10日くらいの服用だったら耐性菌はできない
でしょうか?

どうぞご教授お願いします。

風邪の為に今月の1日に病院にいき風邪薬をもらいました。
その中の抗生物質について教えてください。

私はいつもバナンという抗生物質を処方してもらっています。
いつも一週間分もらっています。

いつもは5日くらいでよくなるので5日以上は飲まないように
していました。
でも今回は6日服用しても完全には治らずまだ朝起きたら黄色い鼻が
出ます。なので一週間は飲もうと思っていました。

ですが主治医に「出来れば5日でやめた方が良い」と言われました。
(もう6日飲んでしまいましたが(汗...続きを読む

Aベストアンサー

耐性菌に出現日数は一概に云うのは難しい問題だと思います.
与えられた薬をきちんと飲んで全滅させれば問題ないはずです.所が2~3日で止めてしまうと,菌は再度繁殖しこの薬に対する耐性が出来てしまうわけで,素人判断で止めるのが一番いけない事です.

いつもかぜで出るようですが,単なるかぜでしたら,二次感染予防だけのことだと思います.こういう場合は飲まない方がいいと思います.

 http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/kazekouseizai.html

Q細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違いを教えてください。
教えて!gooなどで調べてみると、細菌は菌類の一つだとか、
細菌は原核生物で菌は真核生物だとか、
答える人によってばらばらで結局どういう生物なのかわかりません。
どなたか教えてください。例としてどのような生物がいるかも教えてください。
あと、調べていて微生物との違いもよくわからなくなりました。
それも合わせてお願いします。

Aベストアンサー

五界説という分類体系があります。

生物というものを、真核生物か原核生物かによって2つの「帝」に分類し、
次に、動物界、植物界、菌界、原生生物界、モネラ界の5つの「界」に分類する考え方です。
モネラ界は原核生物、後の四界は真核生物の界です。

○真核生物帝
 ・動物界
 ・植物界
 ・菌界
 ・原生生物界
○原核生物帝
 ・モネラ界

つまり
細菌:モネラ界に属する生物の総称
菌類:菌界に属する生物の総称。細菌と区別するために「真菌」とも呼ばれます
微生物:肉眼で判別できない大きさの生物の総称(5つの界にまたがる)


細菌:大腸菌、
菌類:キノコ、酵母菌、カビ
微生物:ミジンコ(動物界)、ゾウリムシ(原生生物界)等
    (もちろん、大腸菌や酵母菌も微生物)


※ただし「ドメイン」という新しい階層を取り入れた現在の分類法では、
原核生物帝モネラ界は2つに分断されて真正細菌ドメインと古細菌ドメインに分類されました。
この分類法においては、細菌は真正細菌のみをさすものであり、古細菌とは区別されます。

Q犬の抗生物質の投与期間について

教えて下さい。

犬の抗生物質の投与期間について、よく「長期間服用は耐菌性や腎臓の問題などが
出るため気をつけなければならない」と目にするのですが、この「長期間」とは
どの程度の期間を言うのでしょうか。

3週間から1カ月くらの服用では、俗に言う「長期間の服用」にはならないのでしょうか。

体の小さな犬への抗生物質の使用なので、とても心配です。


お願い致します。

Aベストアンサー

>この「長期間」とはどの程度の期間を言うのでしょうか。

抗生物質投与は、副作用などのリスクがありますが、投薬が好ましい(あるいは他に有効
な手段がない)場合は、やはり継続する必要があります。

逆説的な説明となりますが、耐性菌や副作用のリスクより治療効果が上回っている場合は
「長期間」という表現は普通使いません。
その間は「継続期間」となります。
絶対的な尺度で用いることができるほど、効き目と副作用が経日数に比例するような薬物
が存在しないからです。
それらは、投薬された個体差(年齢や各臓器・器官の程度、病気の進行度、アレルギーなど)
が大きいからです。

長期間投与による弊害は抗生物質種類によって、およそ判明しています。
・大腸菌感染症に用いる【アミノグリコシド系】では「腎障害」が多い
・壊疽や肺炎のそれは【カルバペネム系】であり「けいれん」が多い
・皮膚や軟組織の感染症では【セファロスポリン第一世代系】であり「胃腸障害」「アレルギー」
(その他、網羅するとページが埋まるので省略。。。)

これらの副作用は、投薬直後の「ショック性」のものを除いて、早ければ1週間から遅くとも
数ヶ月で、治療効果を上回るリスクがあります。
また、副作用はその後数年して発現することもあります。
そのため、獣医さんは慎重に様子を伺いながら、抗生物質の種類と、並行して投与する薬物
を検討します。

>体の小さな犬への抗生物質の使用なので、とても心配です。

お気持ちはよく分かりますが。。
素人判断で長すぎるかどうかなどを言える問題ではありません。
飼い主さんがやらねばならないのは、投薬に対する意見ではなく、投薬によっておきている
愛犬の変化を注意深く観察し、それを獣医さんに、正確に伝えることです。

「飼い主さん」と「愛犬」と「獣医さん」の3者の協力で、病気を克服しましょう。

(元 飼育屋)

>この「長期間」とはどの程度の期間を言うのでしょうか。

抗生物質投与は、副作用などのリスクがありますが、投薬が好ましい(あるいは他に有効
な手段がない)場合は、やはり継続する必要があります。

逆説的な説明となりますが、耐性菌や副作用のリスクより治療効果が上回っている場合は
「長期間」という表現は普通使いません。
その間は「継続期間」となります。
絶対的な尺度で用いることができるほど、効き目と副作用が経日数に比例するような薬物
が存在しないからです。
それらは、投薬された個体差(...続きを読む

Q微生物の菌数について

以前から疑問でしたが、微生物の菌数の値ですが、CFU/mlとCELL/mlという値はどう違うのでしょうか?
初歩的なすいませんが、教えてください。

Aベストアンサー

通常は、CFUを生菌数と考えて、計数計測のCellは、そこに存在するすべての菌体(死菌も含む)ととらえるのが通常のとらえ方だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報