今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

初めまして。
22歳、フリーター、女です。
今までわけがあり両親の家業を手伝っていたのですが、(私は事務職をしていました)
一区切りついたので一生一人でも生活していけるような仕事を探そうと思い、診療放射線技師を目指そうと思いました。
診療放射線技師に決めた理由は、これからも需要がありそうなこと、年収、そして資格の難易度が主な理由です。
何と言うか・・・全く夢のないというかお金主義な発想で申し訳ありません・・・・

色々ネットで掲示板などを調べてみると診療放射線技師は現在ありあまっているという情報を目にしました。
また、採用が厳しく年齢が高いとでは雇っていただけないとか。
資格情報などのサイトでは需要があると見ていたので混乱しています。
現状は違う物なのでしょうか。

今は大学よりになっているとのことですが、年齢のことがあるということで私は専門学校でて診療放射線技師になりたいと考えています。
ですが今から来年入学は無理そうなので、
再来年入学になると思います。それから卒業、就職するとなると26になっていることになります。
働く場所は特に病院がいいとかそういうものはありません。
私でも就職は可能でしょうか。それとも厳しいでしょうか。
厳しくても構いませんので、回答をお願いします。
素人な質問で申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://blog.goo.ne.jp/yoshiray60
診療放射線系大学院に進学して、技師として就職された方のブログです。
「教えてgoo」にも目を通している方です。
この方にメールで相談されてはいかがでしょうか。
確かな情報が得られると思います。

この回答への補足

お返事を頂きました。
色々アドバイスを頂き大変参考になりました。
ご紹介ありがとうございました。

補足日時:2008/12/20 23:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、さっそくメールを送ってみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/16 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代から診療放射線技師を目指すことについて

32歳女 北関東在住 文系私大卒 事務員です。
わけあって診療放射線技師になりたいと思っています。
すぐに四年制大学に入れたとしても、卒業時36~7歳です。(公立の大学希望)
いろいろ調べましたが、現在診療放射線技師の就職は厳しいそうですね・・・
22歳で新卒の方達も苦戦しているというのに、やはり30代後半なんて無謀でしょうか・・・
勉強して資格を取ったとしても、
仕事がないのではどうしようもありません。

率直なご意見をお待ちしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんOOは。

私は放射線技師を15年ほどしているものです。

正直申し上げて、学校を卒業してすぐの放射線技師は医療現場では何にも役に立ちません。医師でも卒後教育があるように技師でも必要なのです。しかし、医師のように卒後教育制度がある訳ではなく、実際は就職した施設で一から実地訓練をして下手をすれば数年かけて一人前にするのです。そういう事情があるために病院などでは新人を採りたがるのです。教育係が教える新人より年下だとやりにくいですし、何かあったとき強くいえないでしょう。私が採用する側にいたら、主席卒業の30代の新人と欠点ぎりぎりの成績しかない20代の新人のどちらを採るかといえば20代の方ですね。採った後で再教育できますから。もちろん、技師としてのキャリアが十分あってそのキャリアが必要な病院には年齢なんて関係ありませんが。
という訳で、はっきり言って30代後半の新人技師を採る病院はいないでしょう。辛口だと思われると思いますがこれが現実なのです。

Q診療放射線技師の就職について

代理で質問します。
返信は多少時間がかかるかもしれませんのでご了承ください。

現在30歳で診療放射線技師の専門学校に入ろうと思っています。
おそらく資格が取得できるのは35手前あたりだと思います。
また、いままで医療経験は全くなく、IT系企業で勤務していました。
このような経歴でも資格さえとれば再就職は問題なくできるものでしょうか?

Aベストアンサー

巷間言われているような就職難に放射線技師当人たちは
ん? という感じでしょうか。
放射線技師職は(今のところ)男性が多い医療職種のせいか入れ替わりの激しい職種ではありません。
大卒者が上場企業を目指して、激しい競争をするという点では
放射線技師も国立病院機構や500床以上の安定した病院を目指して
そこそこの競争はあります。それを指して就職難だといえば
高倍率の公務員、大企業採用に対しては、求職するほうにとっては
みんな就職難でしょうw。特別な事情がない限り、ハロワで途中採用を捜すような職業ではありません。
ほとんどが新卒採用、それも大学等の求人票に応じるという格好です。
また、良し悪しは別として伝統のある大学は関連病院という指定席があるのが普通です。
35歳以下なら公務員、準公務員としの倍率は3~8倍ぐらいではないでしょうか。
就活で8次面接とか、一般行政職倍率80倍とか考えれば、まあ恵まれているのではないですか。
国公立大学の医学部保健学科等の卒業生なら35歳までなら本人の職業に対する姿勢、協調性
などがしっかりしていれば心配ないのでは?

この業界全体が専門学校での養成には反対しているので、専門学校はやめましょう。
偏差値がそれほど高くない私立大学が沢山ありますし、新設も続いています。
学費は+1年分余計にかかるのですが長い目で見れば元はとりますよ。

それから、専門卒が就職率が悪いというのではありません。
これも就職率100%に近いようです。病院は診療所から1000床以上の施設まで
ピンキリです。一生安定した職場をねらうなら大学、できれば国公立を
そこそこ生活できて、将来性にチョット不安もOKなら専門学校でもいいでしょう。

年齢は「あまり」関係ありません。
「国家試験」という関門をくぐり「国家資格」を持った仕事だからです。

巷間言われているような就職難に放射線技師当人たちは
ん? という感じでしょうか。
放射線技師職は(今のところ)男性が多い医療職種のせいか入れ替わりの激しい職種ではありません。
大卒者が上場企業を目指して、激しい競争をするという点では
放射線技師も国立病院機構や500床以上の安定した病院を目指して
そこそこの競争はあります。それを指して就職難だといえば
高倍率の公務員、大企業採用に対しては、求職するほうにとっては
みんな就職難でしょうw。特別な事情がない限り、ハロワで途中採用を捜す...続きを読む

Q27歳で医療関係の専門学校に行くのは…?

現在、26歳の社会人(男)です。

 去年の年末に転職したばかりなのですが、待遇や職務内容など面接時と違う点や早朝出勤や肉体労働が多く長く働けなさそうな為にまた転職を考えています。

 出来れば以前から興味があった医療関係の仕事がしてみたいのですが仮に来年に4月に専門学校に入学したとしたらその時は27歳になっていて、さらに卒業時には30か31歳になっています。
 30代で未経験での転職になるのですが、実際に職に就けるものなのでしょうか?

医療関係者の方や詳しくご存知の方がおられれば教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>医療関係
というのがどういう職業を目指すのかにもよりますが、決して遅くはないと思います。

ただ・・・どの職業につくにしても、専門学校を出て資格を取れば確かに給料は上がります。
ただ・・・どの職業もきついです。
作業療法士、レントゲン技師、検査技師・・・いずれも楽ではありません。
というのは特殊な職業の為、かわりがすぐみつからない関係か、休みがなかなか取れません。
楽では無いという事と、思うように休日が取れないという事を念頭に検討してみてはどうでしょうか。

Q25歳から臨床検査技師を目指せますか?

25歳の塾講師です。
現在の仕事に不安を感じ、将来のために手に職をつけておかなければと考えています。
仕事で医療系の資格について調べる機会があり、たくさんある資格の中で、
大学で学んだ生物学の知識を生かし、自分が興味を持って取り組めそうなもの
として、臨床検査技師の資格に注目しています。

しかし、資格についての文献や「教えて!goo」を見ると、臨床検査技師の業界は
機械化によって人件の削減が進んでおり、就職は厳しいと書かれています。
また、臨床検査技師として働いている友人から、結婚後も仕事を続ける技師は
少ないという話も聞きます。

もちろん、採用されるかどうかや、結婚後の仕事の仕方が個人の努力によるもの
であることはわかっていますが、年齢や、医療の世界の現状を考えると、
今から臨床検査技師を目指す事は、リスクが大きいのでしょうか。
臨床検査技師の資格をお持ちの方、医療現場で働いていらっしゃる方、
どのようにお考えか、教えて下さい。

Aベストアンサー

私は第1回臨床検査技師国家試験に合格して依頼、約30年病院に勤務しています。
初めは血清学を専門の分野で4年間、次はその経験を生かして癌の専門病院で、7年
輸血部に勤務しました。(経験年数は反映しました)
出産のため退職し、子供が1才になった時、国立病院の臨時職員になりました。
ここでは、心電図検査、基礎代謝などの勉強ができました。
二人目出産直前、退職しました。

その後約2年のブランクがありましたが、その間は進研ゼミの理科の赤ペン先生に採用され、自宅でアルバイトをしました。
また、近くの畜産試験場でもアルバイトをしました。
ここでは、土壌分析やニワトリの血液成分の分析の手伝いをしました。

末の子供が3才近くになってから、近くの総合病院に就職しました。
そこで、超音波の仕事をすることになり、かって勤務していた癌の専門病院で
超音波の実習見学をする事が出来ました。(顔パス)
3年後、超音波検査士の資格をとり、翌年も違う分野の検査士の資格を取りました。

7年の超音波の経験をもって、近くの小さなクリニックに就職しました。
1年後、慶應大学の通信大学に入学し、5年後卒業しました。
卒業したことで、院長からの評価が上がって、最近は検査全般にかかわるようになりました。現在では脳波や24時間心電図の解析、超音波検査、生化学検査など、
いろいろ手がけています。
パソコンでデータの管理もします。

このように、検査技師の資格は幅広く生かすことができますが、就職は確かに大変です。でも、自分から病院に直接アプローチすれば、私の場合は5箇所の病院に勤務
できましたし、その度に実力がついていきました。
ただ、お給料は、だんだん期待できなくなっていきました。

つまり、大病院でなければ、レントゲン技師より安いと思います。
私は転職するたびに興味のもてる仕事につけましたので、年令より、個人の魅力が
就職に影響すると思っています。

本当に検査技師の仕事に興味があれば、就職も切り開けるとしんじています。

私は第1回臨床検査技師国家試験に合格して依頼、約30年病院に勤務しています。
初めは血清学を専門の分野で4年間、次はその経験を生かして癌の専門病院で、7年
輸血部に勤務しました。(経験年数は反映しました)
出産のため退職し、子供が1才になった時、国立病院の臨時職員になりました。
ここでは、心電図検査、基礎代謝などの勉強ができました。
二人目出産直前、退職しました。

その後約2年のブランクがありましたが、その間は進研ゼミの理科の赤ペン先生に採用され、自宅でアルバイトをしました。
...続きを読む

Q今後の放射線技師の就職が減る?

某大学の放射線科を進学希望している高3生に対して高校の先生が、医療の進歩にともない放射線技師は今ほど必要なくなってくるから進路を考え直したらどうかとアドバイスしたそうです。この内容の信憑性を知りたいのと、もし本当(可能性が高い)であった場合どれくらい先の話なのか情報がほしいです。

Aベストアンサー

おっしゃる分野の大学教員です。
こと就職に関しては放射線技師の国家試験資格は強いです。就職に困ることはあまりありません。それは今のところにすぎない?
少なくとも現状は、「技術の進歩に伴い、放射線技師の技量知識はより高度なものが必要とされ、医療現場においてそのような技師の必要性も高くなっている」という状況と思います。
10年20年の将来のことはわかりませんよ。医療行政ががらりと変わったり、とにかく経済効率優先だからというのでどの病院施設でも単なるスイッチマンしか欲しないような社会にならないとも限らないし。日本の医用機器メーカが軒並みつぶれちゃったりしたら(その可能性はあります)企業への就職口も減るだろうし。でもそんな先のことが保証されている職種なんてどこにもないわけですし。

「医療の進歩にともない放射線技師は今ほど必要なくなってくる」ような情報は私は聞いたことはないのですが、もしかしたらその先生は私の知らない情報を持ってらっしゃるのかなあ。単にそう思ってらっしゃるのか、具体的な情報をお持ちなのか聞いてみたらどうでしょう?

Q病院見学の際の質問

放射線技師になるために大学に通っています。
4年なので就職活動をしたいと思うのですが、
病院見学の際、これだけは絶対に聞いておかないと就職後に後悔するってものはありますか?
特に給料についてないでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

就職後に友人達と「ここは聞いとくべきだったね~。」と話したのが、
学会・勉強会に出席する際の補助の有無についてでした。

わたしの勤務先は年に1、2回程度なら学会の費用を負担してもらえます。
飛行機で行かなければならないところに2泊3日、なんてこともありますので、
1回で5万円以上かかることが多いのですが・・・。

学会で自分が発表するとき以外はすべて自己負担というところや、
学会参加費だけは負担してもらえるけど、交通費・宿泊費は個人で・・・というところなど、
いろいろなところがあるようです。

就職してからが本当の勉強なので、補助があってすご~く助かってます。

Q放射線技師の就職率って

放射線技師の専門学校のサイトを見ていたら,就職率が毎年限りなく100パーセントと書いてあるのですが…

個人的に疑問なのですが,放射線技師って飽和状態だってウワサに聞いたのですが,まだまだ需要があるのでしょうか?


どなたか現状をご存知のかた 教えてください

Aベストアンサー

募集は多くないですよね。退職分を補うことと、それプラス仕事量が増えている分に対応した人材補給が数年に1回あるか、ないかくらいでしょうか。
その分、新卒としての労働力の供給が少ないですし、病院以外の受け皿もあるでしょうから、需給バランスが取れているのかもしれません。
飽和状態に近い状態という認識は間違いではないように思いますが。

Q放射線技師の被曝について

こんにちは、高2女子です。

来年に受験を控え、放射線学科を視野に入れ、
将来は放射線技師として働きたいと思っています。

調べてみると、放射線技師はある程度被曝はするとのお話を目にしました。

女であるうえに、甲状腺の病気を持っているので
少し不安です。

実際、健康に影響があるレベルの被曝量なのでしょうか?

Aベストアンサー

職業被曝は被曝限度量が定められており、
限度量を超えての就労は出来ません。

その限度量自体、
「5年で100mSvかつ1年で50mSvを超えない」
と言った、ごく少ない被曝量ですので、
健康に影響などありません。

甲状腺に関しては、
主に放射性ヨードによる内部被曝に関する懸念でしょうから、
通常のX線撮影等の業務とは、全く無関係の話しです。

自分の場合ですが、年間の被曝量は、毎年数mSv程度で、
これは日本の年間平均自然放射線量とほぼ変わりません。

つまり、普通に生活している人の倍程度被曝していることになりますが、
たぶん航空機のパイロットや、自然放射線量が高い地域に住んでいる人の方が、
放射線技師よりも、よっぽど被曝量は多いはずです。
(世界には日本の自然放射線の10倍くらいの自然放射線量がある地域もあります。)


人気Q&Aランキング