タイトルの通りです。A型の両親またはA型とO型の両親からB型の子供が産まれる確率はどれくらいあるのかをを教えてください。
また、もし産まれるとしたら、その両親からはB型の子供が立て続けに産まれることはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的にはゼロ。


A型ならばAAかAO。
O型はOOのみ。
両親からどちらかを受け継げば、AかOにしかなりません。
B型が生まれたら不倫を疑うのが普通…ですが、
突然変異などでB型が生まれる可能性というのもありえないとは言い切れません。
事実、間違いなく両親の子なのに有り得ない血液型が生まれるというケースはあります。
そういうケースがある以上は、連続して起こる可能性だったゼロではありません。


しかし、普通は無視していいレベルの確立です。
連続で、となるともう明日交通事故で死ぬ確立の方が高いと思います。
もし実際にそういうケースに直面しているのなら、
DNA鑑定をすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうがざいます。どれほど低い確率なのかがよくわかりました。そういうケースに直面しているわけではないのですが、どうしても気になるので投稿させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/17 12:54

一般常識で言えば、両親ともA、両親がAとO、の場合。



B型の子供が生まれる確率はゼロです。

普通に考えたら不倫の子。

たまーに、輸血で両親の血液型が生来モノから変わったなんてものありますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。普通に考えればいいのですが、自分は例外的なことを極めて強く恐れてしまうタイプなもので…。
こんなことを気にするより、この性格を直した方がいいかもしれませんね。

お礼日時:2008/12/17 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の血液型で生まれる子供の血液型のパターン

よく○型と○型の生殖によって○型の子供は生まれないという、血液型によって生まれる子供の血液型のパターンがありますが、そのパターンがわかりません。
どういうパターンになっているんでしょうか?。

Aベストアンサー

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
BB×BB=BB
BB×BO=BB・BO
BO×BO=BB・BO・OO

B型とAB型
BB×AB=AB・BB
BO×AB=AB・BO・BB・AB

B型とO型
BB×OO=BO
BO×OO=BO・OO

O型同士
OO×OO=OO

AB型同士
AB×AB=AA・BB・AB

書きもれが間違いがあるかも解りませんが、このように理解しています。
逆に考えれば、子どもの血液型と親の血液型で自分がA型B型でもAAかAO、BBかBOが推察する事が出来ます。

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
B...続きを読む

QA型とB型の両親からは何型の子供が産まれますか??

A型とB型の両親からは何型の子供が産まれますか??
知識が少なくてすみませんがよかったら教えてください(>_<)

Aベストアンサー

結論から言えば、全ての型が産まれる可能性があります。血液型を決める因子には、優性のA,Bと、劣性のOがあり、それら二つの組み合わせで決定します。例えば同じA型でも、A同士が組み合わさったA型(A-A)と、AとOが組み合わさって優性のAが顕れたA型(A-O)の二種類があります。B型も同じです。つまり両親の持つ因子が一旦分割され、それがどう組み合わさるかで、子どもの血液型が決まります。両親がもし、A-OのA型とB-OのB型であれば、組み合わせはA-O,B-O,A-B,O-Oの4通りであり、全ての血液型の可能性が出来上がります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報