今日の万物創世記で、カテーテル治療の紹介をしていましたが、
カテーテル治療での癌治療について聞きたいのですが、
カテーテル治療で全ての癌が治るのでしょうか?
またこの癌にはとても有効!というのはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

万物創世記をみなかったのでどんなものが紹介されていたのかわかりませんが、


カテーテルでの癌治療というのは抗癌剤の動脈注入あるいは、TAE(動脈塞栓)のことでしょうか?
どちらも主に肝臓の腫瘍に行なわれるもので、前者は、先端が肝臓の動脈になるようにカテーテルを体に埋めこみ、経時的に肝動脈へ直接 抗癌剤を送りこむことで腫瘍の縮小を狙ういわば直接攻撃です。後者も、カテーテルを使った手技の1つで、腫瘍へ栄養を運ぶ動脈を塞栓して同じく腫瘍の縮小を狙う兵糧攻めです。血がいかなくなったら、正常な肝臓も死んでしまうのでは?と思うかもしれませんが、正常な肝臓というのは動脈血の他にもうひとつ、説明は省きますが門脈血によっても栄養を受けているのです。ところが大抵の腫瘍は門脈の支配をほとんど受けず、動脈によってのみ栄養されているので、このような治療が可能なのです。
このような理由から、現在行なわれているカテーテルによる「癌の治療」とは主に肝臓に対して施行されていると思います。そして、ほとんどの場合、癌は完全には消えません。このような治療を行なったとしても、残念ながらすべてのケースでうまくいくとは限らないのです。抗癌剤を動脈に流せば、正常な臓器にも少なからず悪い影響を与えますし、だからといって量を加減すれば、癌への攻撃も低減してしまいます。また、腫瘍を栄養する血管を塞栓しても、別ルートの血管が育ち、それが腫瘍に栄養を送ってしまうこともあるからです。
ですが、近い将来もっと有効な、カテーテル治療が生まれるかもしれません。今も、私の知らない高度なカテーテル治療法が開発されているかもしれませんね。そちらのほうは専門家のご意見をお聞き下さい。

この回答への補足

早速のお返事ありがとうございます。
回答の件なのですが、万物創世記では、胸と顎の下のリンパ節に
転移した癌の治療を行っていました。
後その先生の病院で、その治療で食堂癌や足の肉腫が
治った患者さんが紹介されていました。
結構期待していたのですが・・・。

補足日時:2001/02/28 22:34
    • good
    • 0

質問に関係無いうえ出過ぎたことを聞くようで申し訳ないのですが、今のお返事を読んで気になったので・・・Jwillさんは以前たしか頚部

の腫れに悩まれていたようですがその後病院には行かれたのでしょうか…?(すみません)

この回答への補足

はい!行ってきました!!
結果は炎症を起こしていたらしく、抗生物質を処方していただき、
治りました。
でもその時、癌なのではないかなど色々考えてしまって・・・。
それから、医療の世界に興味が沸くようになりました。
ぼくもなんだか怖くて、医者に行くのをためらっていましたが、
癌などに完全に有効な治療が見つかれば、
そんな事を考えず、みんな盛んに健康診断などに行くのではないかと。
それからこのサイトを見つけて色々質問させていただいています。
気にしていただいて、とてもうれしい気持ちです。

補足日時:2001/03/01 13:36
    • good
    • 0

私も番組を見ましたが、カテーテルでは全ての癌治療は不可能でしょう。


あくまでも、カテーテルを通せる太さの血管周りだけですから。
将来はどうでしょうか。
すみません。カテーテル治療で有効な癌の部位については分かりません。

専門家からの回答をお待ちください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング