ローマ字の“H”という文字に直線3本を引いて
三角形を7つ作りたい。
三角形はだぶって数えてはだめである。
Hの外側に三角形ができてもOK。

この問題は,はたして解けるのでしょうか?

A 回答 (4件)

こんばんは。



さて、「三角形はだぶって数えてはだめである。」とは「三角形の中に線が入っていたら駄目である。(二つの三角形の組合わさった三角形は一つと数えない)」という意味だと解釈しました。

それで回答ですが、はっきり言って「解けます」、しかし文章で説明するのは大変わかりにくいと思います。一応下記に書いておきますが…

1 Hの左下端をa点とする。
2 Hの「真ん中の横棒」と「左側の縦棒」の交点とa点の間にb点、c点を作る(a点に近い方をb点とします。)
3 Hの右上端をd点とする。
4 a点とd点を結ぶ線を書く。
5 「真ん中の横棒」と4番で今書いた線との交点をe点とします。
6 「真ん中の横棒」上においてe点より左側にf点をe点より右側にg点を作る。
7 b点からg点の方向に線を書いていき、g点を越え、「右側の縦棒」をも越える線を書く。
8 同様にc点からf点の方向に線を書いていき、f点を越え、「右側の縦棒」をも越える線を書く。(ただし、この時書く線は必ず、「a点d点を結ぶ線」と「右側の縦棒」との両方ともに交わる線を書くこと。また、7番と8番で書いた線をHの右外側において交差させること。)

以上のようにすれば

1 abを一辺とする三角形
2 cfを一辺とする三角形
3 efを一辺とする三角形
4 egを一辺とする三角形
5 g点の右上に出来る三角形
6 d点の下に出来る三角形
7 Hの右外に出来る三角形

のように、7つ出来ます。
なお注意する点としては7番8番で描く線の交点を必ず「Hの右外側」になるようにして下さい。bcgf点の取り方によっては、「Hの右内側」や「Hの左外側」に出来てしまうかもしれません。そうなったら上記の説明には当てはまらないので、bcgf点の位置を変えながらやり直してみて下さい。

文章で書くと複雑かもしれませんが、ぜひ紙と鉛筆で書いてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

okayadokari さん ありがとうございます。
やっとすっきりしました。

できるんですね実際に。

大変嬉しく思います。
では。          たくやん

お礼日時:2001/02/28 21:31

だぶって数えてはだめとは一回数えた三角形を含めた大きな三角形をカウントしてはいけないということですか?補足をお願いします。

    • good
    • 0

左上から右下を経由して少し長く線を描く。


同様に
左下から右上を経由して少し長く線を描く。
次に、右の上下の線の端どうしをつなぐ。

盃を横にしたような形になります。
これできっちり7個の三角です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hokkainabeさん ありがとうございます。
数えた三角形を含む三角形ではだめなのです。
だぶってはダメだということはそう言うことなのです。
説明不足でごめんなさい。

          たくやん

お礼日時:2001/02/28 21:24

だぶって数えるというのがわからないのですが、


単純に左上端から右下端に一本、
右上端から左下端に一本、
上か下同士の端を一本つなぐと、

右の縦線を使った三角形が3つ、左の縦線を使った三角形が三つ、
横線を使った三角形が一つで、
三角形7つと言うのはダメでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chonpeさん ありがとうございます。
数えた三角形を含む三角形ではだめなのです。
だぶってはダメだということはそう言うことなのです。
説明不足でごめんなさい。

          たくやん

お礼日時:2001/02/28 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角形の面積

図のような平行四辺形ABCDにおいて三角形EBCの面積が27
三角形CDFの面積が24のとき、AF:FDを求めよという問題がありました。

答えよりも、その途中経過でわからないことがありました。

回答では、三角形ABE=三角形FCE・・・(1)
ということと三角形ABC=三角形BCF・・・(2)
ということ利用して求めてたのですが、
なんで、三角形ABE=三角形FCEなんでしょう???

三角形ABC=三角形BCFなのもなぜかわかりません。
こちらは、面積が等しいことはわかるのですが・・・

初歩的なことでもうしわけないのですが、ご助言のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

三角形ABE=三角形FCE も 三角形ABC=三角形BCF も合同ということではなく、面積が等しい(質問者さんの理解で正しい)と思います。

この条件だけで、この問題は解けます。

△EBCの面積は、 平行四辺形の面積の半分 から △ABEの面積を引いたもの。
一方、△CDFの面積は、 並行四辺形の面積の半分 から △ACFの面積を引いたもの。

なので、△ABEの面積と△FCEの面積が同じことから、差の3は、△AEFの面積だということが分かります。

後は、△EBCと△AEFが相似であること(これは質問者さんならきっと簡単に分かりますよね)から、比が求められます。

ご参考に。

Q任意の三角形の外側に正三角形を作り、その重心を結ぶと又正三角形が・・・

任意の三角形の外側に正三角形を作り、その重心を結んで出来る三角形はどうも正三角形になるようなのです。座標を使って力ずくでやってみたら、確かに正三角形になります。初等的な方法で証明できないでしょうか?何か名前の付いた定理のようでもあるのですが、もし名前があれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

ナポレオンの定理・・・だったかな?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%90%86

「ナポレオン問題」「ナポレオンの問題」とかで検索したら、証明例は出てくると思います。

Q中学数学 三角形の面積の求め方と三平方の定理

三平方の定理を使った、三角形の面積の求め方について教えてください。

一辺が6cm、の正三角形の面積を求める場合、
真ん中に垂直に線ABを引いて(直角三角形が2つ)と考え、三平方の定理に当てはめると、
3の2乗+線ABの2乗=6の2乗になり、線AB=3√3になる。
三角形の面積は底辺×高さ÷2なので、6×3√3÷2になり、
面積は9√3cm2になるという問題で疑問があります。

三角形の面積は底辺×高さ÷2なので、単純に6×6÷2=18cm2ではないのですか?
直角三角形も、2等辺三角形も、正三角形も、
どんな三角形でもこのやり方で計算が出来たと思うのですが、
9√3と、18と答えが違うのはどうしてでしょうか。
9√3=√27で、18は=324になるので、9√3=18ではないですよね。

同じやり方で円錐の体積を求める計算があるのですが、同じようになってしまいます。
何か思い違いがあるのだと思いますが、何を思い違いしているのかわかりません。
なぜこうなるのか易しく教えてください。

Aベストアンサー

『三角形の面積は底辺×高さ÷2なので、単純に6×6÷2』
あなたは、正三角形の高さをどうやって求めましたか?
チョット紙に書いてみるだけでも、頂点から垂線を降ろさなければ高さは分からないですよね。
6cmは高さで無くて、一辺の長さですから、あなたはそこを勘違いしています。
直角三角形なら一辺を高さと見なせますが、直角を持たない場合は直角を作り出す作業が必要に成ります。
正しい計算法では、垂線の高さを計算で求めていて、それによって垂線と底辺とで直角を作り、2等分されて出来た二つの三角形の面積を三平方の原理から算出しています。
三角形の高さと一辺の長さは同じで無いことは簡単に分かりますね。
円錐の場合も、高さは上と同様に垂線の高さを求めなければ、計算出来ません。

Q任意の三角形からその三角形と面積の等しい正三角形をその三角形を使って作図するには??

等積変形の問題なのですがかなり考えたのですがわかりません。どなたかわかれば教えてください。

Aベストアンサー

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりましたので、ここで方べきの定理を使用します。
1点より、同じ方向へ、(2a/3)と(√3)bを直線上にとり、この差の半分の長さで円を描きます(この直線上に円の中心がある)。全ての点は同一直線上にある。
つぎに、最初の1点と円の中心点とを直径とする円を描き、交点と最初の1点を結ぶと、接線となり、此がcとなります。
此を1辺とする正三角形を書けば出来上がりです。
作図をするときにa,bを入れ替えてしても同じ結果になります。

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりまし...続きを読む

Q三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

Aベストアンサー

辺ADと辺BEが平行なら、△ABEと△DBEの面積は等しい。
△ABF=△ABE-△FBE
△DEF=△DBE-△FBE

よって
△ABF=△DEF

Q正三角形に直線を2本引いて正五角形にするには?

子どもの数学のクイズの答えが分からなくて困っています。
中学生用に解説をお願いします。

Aベストアンサー

マジカルバナナでは、「正三角形という文字に直線を2本加えて正五角形にする」という答えだったそうです。

参考URL:http://magicalbrain.hp.infoseek.co.jp/past1992.02.html

Q三角形の面積の求めかた

友人に頼まれ、問題を解いたのですが答えがあっているのかいまいち自信が持てません。
間違った答えを教えるのも心苦しいので、こちらで数学の得意な方に答えあわせをしていただければと思い質問を立てました。

図が表示できないので少し面倒かもしれませんが、助けてくださると嬉しいですm(_ _)m
よろしくお願いいたします


三角形ABCにおいて、AB=2√3、∠A=75°、∠B=45°である。
また、頂点Aから辺BCに引いた垂線がBCと交わる点をHとする。
この時三角形ABCの面積を求めなさい。


私は三角形ABHと三角形AHCの面積をそれぞれ求め、
三角形ABCの面積は 3+√3 になりました。

Aベストアンサー

三角形ABHの面積は
(1/2) × AH × BH
=(1/2) × √6 × √6
=3

三角形ABCの面積は
(1/2) × CH × AH
=(1/2) × √2 × √6
=√3

三角形ABCの面積は3 + √3であっています。

Qx角形の中の正三角形、直角三角形の求め方

x角形の中の正三角形、直角三角形の求め方

x角形の中にある正三角形の求め方なんですが、どのような式でもとまるのでしょうか?

それと、x角形の中にある直角三角形の数は、1辺につき2個あるということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

正三角形があるのは、xは3の倍数のときだけで、その数はx/3個


>x角形の中にある直角三角形の数は、1辺につき2個あるということでいいのでしょうか?

「1辺につき」の辺とは、x角形の辺のことでしょうか?
直角三角形の辺が、x角形の辺になっているとは限りません。

直角三角形があるのは、xが偶数のときだけで、その数はx(x-2)/2個

Q空間における三角形の面積は外積で求められない?

平面における三角形の面積は、外積(平行四辺形の面積)を
2で割って求められました。
空間における三角形の面積を求めようと、外積を求め2で割っても
三角形の面積になりませんでした。
なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

>外積=ベクトルなんでしょうか?
そうです!! ここが、質問者さんが勘違いされていたところですね。
外積と呼ばずに「ベクトル積」と呼べ(覚えれ)ば、誤解しなかったですね。
これに対し、内積はスカラー積とも呼ばれています。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/ksp/formula/mathFormula/html/node63.html

Q高校の数Aで質問があります。 正七角形についての組み合わせの問題で 「正七角形と2辺を共有する三角形

高校の数Aで質問があります。
正七角形についての組み合わせの問題で
「正七角形と2辺を共有する三角形の個数は?」です。
問題の意味が分かりません
何を求めたらいいのでしょうか?
解説をお願いします>_<

Aベストアンサー

四角形に対角線を一本引いてください。 三角形が二つできますね。
これらの三角形は、元の四角形の辺を二つ、対角線を一本使っていますね。
これは、四角形と2辺を共有している三角形ということができます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報