57歳になる父が前立腺癌だということが判明しました。PSA値が4.2ng/mlあるということで前立腺生検をしたところ、10個中、7個が悪性腫瘍ということでした。

すっかり気を落としてしまい、家族も困惑しています。いろいろ調べたところ、他の癌よりは進行が遅いようで早期であれば完治も可能ということですが、骨にまで転移していたら、完治はなかなか難しいですよね。

最初の検査でPSA値が正常より少し多いということで発覚したのですが、この値が大きいほど癌が進んでいると考えてよいのでしょうか。逆に考えれば4.2ということはまだ初期の状態だという可能性が高いのでしょうか。

尿の切れが悪いとか、骨が痛いとか、そういうすぐ分かるような自覚症状は今のところないようです。

骨まで転移していたとしたらものすごく痛みがあるのではないかと素人目には思えてしまうのですが・・
今CTやMRI検査をして年始まで結果を待つ状態で家族や本人、ずっと落ち着きません。
もちろん、一概には言えないでしょうが、どなたか前立腺癌に詳しい方がいらっしゃったらご回答いただけないでしょうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もうすでにお調べかもしれませんが、PSAが上昇する前立腺癌と上昇しにくい前立腺癌があります。


もしも、質問者さんのお父さんの前立腺癌がPSAが上昇する癌だとすると、極めて早期であると推測されます。逆に上昇しにくい癌だとすると、PSAが低いからといって、症状が今ないからといって当てになるものではありません。
いずれにしても検査結果を待って、それから治療法の選択となります。
前立腺癌は進行が遅い癌です。逆に言えば、これからの人生を前立腺癌と付き合っていく必要があるといえます。ご家族の支えが必ず必要です。しっかりと支えてあげてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング