「幸せの青い鳥」と「幸せな青い鳥」の違いはなんですか?
だいぶ何かの違いがあると思いますが、はっきり言い表しようとなかなかできません。ご説明お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「幸せの青い鳥」 幸せを運んでくる鳥のこと


「幸せな青い鳥」 鳥自身が幸せ
    • good
    • 0

「幸せな青い鳥」の「幸せな」は、形容動詞です。


形容動詞 は、物事の性質・状態を示しします。
ですから、後者は、青い鳥の性質・状態が幸せという意味。
平たく言えば、「幸せいっぱいの青い鳥」ということです。
一方、格助詞「の」を使った連体修飾語は、属性概念を抽出して下の体言を修飾します。
「幸せを運んでくるところの青い鳥」と青い鳥の属性概念=「幸せを運んでくる」ですね。

ところで、このような連体修飾語は、時として枕詞にもなります。
「幸せの 青い鳥」とは、多少、「「幸せの」が枕詞化しているようにも感じます。
で、この場合は、枕詞の約束事から「「幸せを運んでくるところの」と解釈します。

※あくまでも、私のあてずっぽうな解釈。
※本当のところは専門家の回答を参照されてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に説明いただいまして、ありがとうございます。
いい勉強になりました。

お礼日時:2008/12/19 10:51

下の方の考えに追加します。


「幸せ(の象徴として)の青い鳥」です。
    • good
    • 0

「幸せな青い鳥」 : こちらは、"青い鳥" 自身が幸せなのです。



これに対して「幸せの青い鳥」: こちらは、"幸せ" の象徴としての青い鳥の存在や、青い鳥を傍らにおくとその人が幸せになれるなどの、夢や理想の偶像のような存在を表しているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。

「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。
教えてください。

Aベストアンサー

この場合の「もの」は「言葉」という意味のようです。
「自分の思っている事をはっきりと言葉にする」ということですね。
「はっきり言う」では何を言うのかまでは特定されていません。それと「言葉にする作業」にことさら触れていません。だからただ発音をはっきりする意味にも取れるのだと思います。

日本語の「もの」というのは、けっこうむずかしい概念だと思います。
近代の考えでの「物質」という意味とは少し違うようです。
「もの」とは独立して存在している「存在」であって、そういう「もの」の中にも魂があるというような考えがあるようです。
「ものを言う」というぐらいの言葉は言葉自体がものとして影響力を持っているような存在、ものの内、ものの数に入るもの、として認められるのでしょう。
だから「はっきりものを言う」のはただ言葉の発音をはっきり聴き取りやすく言うのではなくて内容に関わる意とわかるわけです。

Qすみません、 「ダイエットがなかなか成功しない。」と「ダイエットがなかなか成功できない。」の違いはな

すみません、
「ダイエットがなかなか成功しない。」と「ダイエットがなかなか成功できない。」の違いはなんでしょうか?
教科書には「成功しない」と記載されていますが、私は「できない」も正しいと思います。
ありがとうございます。

Aベストアンサー

「成功できる(できない)」という表現はあまり一般的な表現ではありません
文法上絶対間違いかといわれればそうでもないですが・・・
「達成できない」ならおかしくないんですけどね

Q「先輩が幸せなら俺も幸せだ」と「先輩も幸せなら俺も幸せだ」 

こんにちは。日本語勉強者です。
「先輩が幸せなら俺も幸せだ」の「が」を「も」に書き換えて意味はどう違いますか?
それにもう一つの問題、「社員も未熟なら社長も未熟だ。」の語尾の「だ」を「か」に書き換えたらニュアンス的には変わるのでしょうか?

うまく表現できないのですみません。
ご回答のほう、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相当難しい日本語までよく勉強されていますね。

「先輩が幸せなら俺も幸せだ」:この場合の「なら」は仮定を意味しますから、普通「もし先輩が幸せであるなら、俺も幸せである」という意味ですね。「先輩の幸せ」が前提条件となって「俺の幸せ」が述べられています。

「先輩も幸せなら俺も幸せだ」:この文章では「~も、~も」という並列を意味する「も」が使われているので、「先輩の幸せ」と「俺の幸せ」は2つが並列になっており、「先輩の幸せ」が前提条件になっていません。従って、あいだに入っている「なら」は仮定を意味せず、単に前後をつなぐ役目です。「なら」の代わりに「だし」を使って「先輩も幸せだし俺も幸せだ」と言い換えてもいいです。「なら」を使う意味は文章全体を強調するためです。

「社員も未熟なら社長も未熟だ」:これも「~も、~も」という並列用法を使っています。上記と同じです。この文章で最後の「だ」を「か」に換えたときは非常に強い意味になります。相手の会社や社長を相当非難する感じが出て、「社員が未熟だと思ったが、社長までも未熟で呆れ果てたものだ」というような捨て台詞に近いものになります。これ実際に使うことは絶対に避けるべきでしょう。日本人は言葉の使い方に相当神経を使いますから、外国人といえども決してこのような言葉を使わない様にしてください。

相当難しい日本語までよく勉強されていますね。

「先輩が幸せなら俺も幸せだ」:この場合の「なら」は仮定を意味しますから、普通「もし先輩が幸せであるなら、俺も幸せである」という意味ですね。「先輩の幸せ」が前提条件となって「俺の幸せ」が述べられています。

「先輩も幸せなら俺も幸せだ」:この文章では「~も、~も」という並列を意味する「も」が使われているので、「先輩の幸せ」と「俺の幸せ」は2つが並列になっており、「先輩の幸せ」が前提条件になっていません。従って、あいだに入ってい...続きを読む

Q荀子の「青は藍より出でて藍より青し」と「青は藍より取りて藍よりも青し」どちらが原文ですか?

荀子の勧学篇第一に有名な
「青は藍より出でて藍より青し」の一節があります。
ネットでこの原文を調べていたところ、行き着いたサイトに
青、取之於藍、而青於藍→「青は藍より取りて藍よりも青し」
と出ていました。
「出でて」で慣れていたのでこの「取りて」に非常に違和感を感じます。
しかし調べてみるとこの二通りの白文が両方かなりの数見つかり、
「どちらが原文なんだ」と混乱しています。

よく出藍の誉れなどと言いますし、「出でて」が正しいと感じるのですが、「取りて」と変化していることがあるというのも奇妙な感じです。

また広辞苑を調べますと、
荀子勧学「青出于藍而青于藍」と出ておりネットでよく見かける
「青出之於藍」の白文とも違い、ますます分からなくなりました。

何が正しいと言うことではないのかもしれませんが、
1. 原文はどうなっているのか。
2. なぜこのように何通りかで知られているのか
についてご教示ください。

Aベストアンサー

#2です。
コメントを拝見しました。
確かに『荀子』の原文は「勸學篇」の冒頭にあり、「学は以て已むべからず」を論述するための譬喩ですから、
「優れた才能を持って生まれてきても、先人の著作や同時代の人の説に学ぶことをしなければ、せっかくの優れた素材に磨きをかけることができずに終わってしまう。
(藍が藍のまま青にならず、水が水のまま氷にならない)」
というのがその論旨でしょう。
前回引いた最後の部分は、『論語』爲政篇の
○子曰く、学びて思わざれば、則ち罔(くら)し。思いて学ばざれば、則ち殆(あやう)し。
○…子曰く、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の餘を言えば、則ち尤(とがめ)寡(すくな)し。多く見て殆きを闕き、慎みて其の餘を行えば、則ち悔(くい)寡し。言に尤寡く行に悔寡ければ、禄は其の中に在り。
を思わせます。
「博学」も「参省(三省)」も『論語』に見える言葉ですね。

ただし、中国でも後世「青出於藍」で「弟子が師を凌駕する」「後人が先人に勝る」の意味に使われています。
白居易の作品にも例があります。
宋代の胡仔の文章に、
「東坡は蓋(けだ)し徐浩の書を学び、山谷は蓋し沈伝師の書を学ぶ。皆な青の藍に過ぎたる者なり。」
とあります。

#2です。
コメントを拝見しました。
確かに『荀子』の原文は「勸學篇」の冒頭にあり、「学は以て已むべからず」を論述するための譬喩ですから、
「優れた才能を持って生まれてきても、先人の著作や同時代の人の説に学ぶことをしなければ、せっかくの優れた素材に磨きをかけることができずに終わってしまう。
(藍が藍のまま青にならず、水が水のまま氷にならない)」
というのがその論旨でしょう。
前回引いた最後の部分は、『論語』爲政篇の
○子曰く、学びて思わざれば、則ち罔(くら)し。思いて学ばざれば...続きを読む

Q~たり と ~し の違い うれしいと幸せの違い

初級英語母語話者にうれしい と幸せのちがいを聞かれました。 英語だとHappy にちかい表現ですが、英語でなんと説明したらいいのでしょうか。 また初級後半学習者で 動詞 + ~たり、~たり と
~し、~し の違いをどう説明しますか。 

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<うれしい と幸せのちがいを聞かれました。~英語でなんと説明したらいいのでしょうか。」

「感情の表明」と「事実の確認」の違いになります。

1.「うれしい」:

(1)喜びの感情を表す形容詞です。

(2)感情を表しますから、主語は必ず「人」や感情のある生物になります。

(3)感情がないと思われるものにも、比喩の擬人法として使えます。
例:
「花に水をあげたら、花は嬉しそうだった」

(4)あくまで、感情を表す用法です。

(5)英語だと、happy、glad、be contented、be pleasedなどで表します。

2.「幸せ」:

(1)運があることを表す名詞です。

(2)断定の助動詞「だ」がついて、形容動詞のように使われることもあります。
例:
「幸せだ」「幸せな」

(3)ご質問の「幸せ」は、断定の「だ」が省略されて、形容動詞として使われている口語的な用法です。
例:
「私は幸せだ」=「私、幸せ」

(4)「幸せ」という状態・事実を断定している用法です。

(5)状態・事実の断定なので、主語は人でなくても状態や物でも構いません。
例:
「この状況は幸せだ」

(6)「運がある」という意味では、英語のhappyが適切です。Happyはhappenと成り立ちが同じで、いとこの関係になります。

Happyもhappenも古代ノルド語で「運」を意味するhapが語源です。そこからhappyは運がいい、という意味を含む「幸せ」に和訳されているのです。


ご質問2:
<動詞 + ~たり、~たり と~し、~し の違いをどう説明しますか。>

前者は「動作の並列・選択」、後者は「動作の追加・添加」になります。

1.「~たり、~たり」:

(1)動作・状態の並列・選択に用いられる接続助詞です。
例:
「歩いたり、走ったり」

(2)英語ではor、either A or Bに相当します。
例:
walking or running

2.「~し、~し」:

以下の2つの用法がある接続助詞です。

(1)食い違う事柄を並べるのに使います。
例:
「旅行に行きたいし、お金はないし」

この「し」は対比して使われた形容詞活用の語尾「し」からきています。

(2)同時または共存する事柄を述べ連ねるのに使います。つまり、事柄の追加になります。
例:
「ご飯は食べたし、お風呂にも入ったし」

ご質問のケースはこちらの用法だと思われます。

(3)英語ではand、both A and Bに相当します。
例:
have both dinner and a bath


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<うれしい と幸せのちがいを聞かれました。~英語でなんと説明したらいいのでしょうか。」

「感情の表明」と「事実の確認」の違いになります。

1.「うれしい」:

(1)喜びの感情を表す形容詞です。

(2)感情を表しますから、主語は必ず「人」や感情のある生物になります。

(3)感情がないと思われるものにも、比喩の擬人法として使えます。
例:
「花に水をあげたら、花は嬉しそうだった」

(4)あくまで、感情を表す用法です。

(5)英語だと...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報