グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

「17世紀はオランダの世紀」と聞きました。確かに日本は江戸時代にはオランダだけと貿易していましたが、なぜ17世紀はオランダの世紀といわれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

17世紀オランダは、世界の交易をほとんど独占している状況であったため、そう言われます。


スペインは、国家財政の破状に加えてフランスとの抗争、スペイン継承戦争などで国力をつかっきっており、とても海上に覇権をうちたてる状況ではありませんでした。
ポルトガルは、スペインから独立したばかりであり、国内で手一杯の状況でした。フランスは、ルイ14世の時代で、ヨーロッパ中で戦争をしていて、海上交易どころではありませんでした。
イギリスは、ピューリタン革命、王政復古、名誉革命の時代で、国内で手一杯になっていました。
そのため、この時期海上交易を積極的に行えたのがオランダだけという状況でした。
日本との交易をオランダが独占できたのも、そのためです。

この回答への補足

もしかして、その栄光はチューリップバブルを呼んで、その崩壊とともにオランダの世紀は衰退したのでしょうか?

補足日時:2008/12/19 23:44
    • good
    • 0

まず、日本が江戸時代にヨーロッパとはオランダのみ貿易していたことは幕府の鎖国政策に関係があり、オランダの影響というよりむしろ日本側に問題がありました。

これについては島原の乱、キリスト教などと関連がありますが、本題ではないので割愛します。

で、オランダについてですが、オランダは15世紀末からグーツヘルシャフトを行っていたヨーロッパの東部から穀物を買い入れ、西部に輸入することを通じて資本を蓄積していました。(ようは商売上手だったということ)それにより金融業を始めることができ(金融は膨大な元手が必要)、強力な海軍力を背景にアムステルダムからケープ植民地、セイロン島、マラッカっというネットワークを形成できたので、世界の品物がオランダに集まり、商業の中心となることができました。一方、生産力においても世界一であり、政治的支配(ここでは領土支配を指す)をせずにネットワークを通じた点と点の支配により利益を得(ネットワークをおさえると儲かります。例えば山手線をおさえると一日でどれくらいの利益が出るのやら・・・)覇権国家として君臨しました。
後にイギリスにやり方をパクられ、ネットワークごと奪われましたが、17世紀、オランダは世界帝国の雛形というべき勢力を誇りました。

こんな感じだと思いますが、いかがでしょう。
    • good
    • 1

これまでの回答はチューリップ・バブルについて触れていませんなあ。


ご自分で調べてみてください。
    • good
    • 0

イギリス東インド会社です。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE% …

ここの17世紀の貿易構造で、
>イギリスはオランダとの抗争に敗れたため
は以下。

ここを契機にイギリスは東南アジアから撤退します。
また、香辛料と言う商品を失います。

これはアンボイナ事件を意味します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3% …

フランス東インド会社はオランダ、イギリスより半世紀遅れて参入しています。
ポルトガルは事実上スペインの支配下にあり、多くの植民地を失います。(ポルトガルの衰退)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB% …

アメリカは未だ独立前です。
ドイツは分裂しています。(ここは良く勉強して下さい。)

80年戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%8D%81% …
運よくポルトガルの利権を奪います。^^

ここからアルマダの海戦、ポルトガル独立、オランダ独立、ピレネー条約の後、スペインの時代は幕を閉じたのです。
    • good
    • 1

国土が狭く、強大な国々に囲まれていたため、目が海に向いていたといえます。

海運業に力を注いだ結果、植民地が増えていったといえます。支配している地域が増えれば、世界への影響も増えるのです。
又、日本での貿易をオランダがほぼ独占していたのは、カトリック国(スペイン・ポルトガル)をけん制するためだと言われています。キリシタン禁止令も、カトリック国の「宗教→貿易→軍事支配」の構図から身を守るためだったとも言われています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自然法」と「自然権」の違いをおしえてください。

「自然法」と「自然権」の違いが、いまいちよくわかりません。すっきり単純明快な説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

>ホッブズの考えでは、自然権=生命、自由、財産のなのではないでしょうか?

正確には、ホッブズの場合は、「生命・自由・財産を保持する権利」=自然権です。生命・自由・財産=自然法です。

で、ホッブズの場合は、世の中の資源は限られているので、各人は自分の自然権を行使すれば、他者の自然権を侵害しなければならないと考えたのです。これが「万人の万人にたいする闘争」というやつです。つまり、ホッブズの場合、自然法と自然権は矛盾するのです。各人が自然権を行使することによって、他者の自然法が侵害されるからです。

そこで、社会契約をむすび、各人が自然権を放棄して、一人の支配者に自然権を委ねるのです。この支配者をリヴァイアサンというのです。つまり、自然法を守るために、自然権を放棄せよというのがホッブズです。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q主権国家と国民国家の違いって?

国際政治について勉強しているのですが、この2つの概念の違いがよくわかりません。

何か、概念的な違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

主権国家というのは、「主権」つまり「政府が自分の力で自分の国を統治し独立的な権利を行使できるような国」のことを意味します。つまり外国に支配されていない、占領されていない、属国になっていない国のことですね。
国民国家というのはnation-stateといって、ネーション=国民が国の基本にある国です。フランス人の共和国であるフランスなどのように、たいていのヨーロッパの国は、国民国家です。しかし帝国のように皇帝などがいろいろな民族や国民を封建的に支配しているような国はあてはまりませんし、バチカンのような「宗教」でなりたっている国もあてはまりません。平安時代や武家社会の日本は、あてはまりません。ソ連も、いろいろな民族の連邦でなりたっていたので、国民国家ではありません。
でも、国民国家でないこうした帝国や封建的国家や連邦国家も、政府が外国の支配を受けていなくて国際社会からみとめられていれば、主権国家といえます。


人気Q&Aランキング