電子伝達系。窒素化合物の代謝。コドン。についてのどれか1つでもわかる方詳しく教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://www.kametalk.1r.net/BN/BN-59.html
不用になったタンパク質(アミノ酸)は窒素化合物として処理され、その最終産物はアンモニア、尿酸、尿素です(←他の物質は量が少ないのでここでは無視します)。その代謝の流れは大まかには、以下のようになっています。
タンパク質(アミノ酸)→(アンモニア)→→(プリン体)→尿酸
              ↓
             尿素
アンモニア;
 アンモニアの毒性は非常に強く、これが少しでも体内に溜まると死んでしまいます。そのため、直ちに体外へ排泄できる水生動物以外は、アンモニアが体内に溜まらないように別の物質(尿酸、尿素)へ変換しなければなりません(←アンモニアを無毒化しなければならないということ)。
尿酸;
 無毒であり、水に溶けないので、濃縮して体内に貯めておくことができます(←貯めておくための水を節約できる)。しかし、アンモニアからの尿酸生成は代謝過程が複雑で、エネルギーも使うため、窒素処理効率はよくありません。尿酸排出はやはり水が十分に確保できないための苦肉の策のように思えます。
尿素;
 ほぼ無毒であり、尿素生成にエネルギーを使うものの窒素処理効率は高く、水によく溶けるので、ある程度は体内に貯めておくことができ、体にとっては都合がよい。ただし、濃くなると浸透圧の問題がでてくるため、体内に貯めておくにはある量の水が必要になります(←あまり濃縮できないということ)。
電子伝達系は図に示しにくいので以下のURL参照してください。
http://www.obihiro.ac.jp/~rhythms/LifeRh/01/ALif …
http://www.ise.chuo-u.ac.jp/TISE/research_new/ga …
http://www.protein.osaka-u.ac.jp/biophys/kennkyu …
http://brain.bri.niigata-u.ac.jp/home_st/resrc/d …
時間がないので失礼
    • good
    • 0

akiyamaharukaさんの適切な暖かいアドバイスに従って頑張ってください。


ネット検索してもたくさんの情報が得られますよ・・?
更に図書館で調べてください。
苦労しないと後後もっと苦労しますよ・・・?

それと蛇足ですが、「atp」ではなく「ATP」でしょう?
    • good
    • 0

レポートですか。

何を書くのか調べて、考えるのがレポートだと思うので、私ならここに目をつけて調べてみるということでよいですか?問われたことを知ることも大事。でも調べること自信が学生さんならもっと大事です。

電子伝達系なら存在場所、意義、何をしているか、からはいるかな?簡単な経路図もいるでしょう。高校生でもできそうですよね。そこからがアイデア勝負ですよね。例えばその中に出てくるチトクロームbは系統的に遠いものの分子系統樹を書くのに使います(違ったっけ)。なぜか?ここに電子伝達系がいかに大事なものかが隠されているわけです。他には酸化還元電位(電気化学的勾配)とATPのことなどを中心にかいてもいいのでは?


コドンとアミノ酸の関係ですよね。何故トリプレットなのか?オーバーラッピングとは?フレームシフトとオルターナティブスプライシングの関係。すべてで共通なのか?それは何を意味するのか?コドンの使用頻度は書く生物同じなの?それに対応するtRNAの制御は?ニーレンバーグやコラーナの実験など自由に書きましょう。

窒素化合物の代謝。オルニチン回路のことでせめます?それとも排出形態を考えます?尿素やらアンモニアやら尿酸だとか?軟骨魚類の話などどうかな?核酸もある意味窒素化合物ですよねどうなるのかな?植物はどうなの?

参考文献はこれらをヒントに探せばいくらでも見つかるでしょう。くどいかもしれませんが、電子伝達系のここが分からない。例えばなぜ酸化還元電位の移動がATPを生み出すことになるか?等でしたらここにいらっしゃる専門家の方が教えてくれるでしょう。しかし今の様な聞き方では辞書程度の意味しか得られないのではないですか。それなら自分で調べれば分かるはずですし、そんな程度ではレポートも通らないでしょう。またここで教えられたこと丸写ししても後で困りますよ。常に誰かこのような場所で答えてくれるわけではないですから。有効に利用しましょう。
    • good
    • 0

レポートでしょうか・・・?


akiyamaharukaさんのコメントに同感です。

補足お願いします。

この回答への補足

電子伝達系は、生体酸化とatp生産についてです。コドンは、専門1年生の範囲でアミノ酸との関わり合いなどです。これらについてまとめてレポ-トを提出しなければならなくて困っています!わかる事があれば何でもいいので教えて下さい

補足日時:2001/02/28 15:36
    • good
    • 0

質問の際にはもう少し情報を書き込んだほうが良いのではないでしょうか。



意地悪な言い方をすれば電子伝達系でもミトコンドリアか葉緑体かで話は変わりますし、その他の質問もいくらでも回答ができます。それこそこんなスペースでは書ききれないくらいの事です。

何がわからないのか?どれぐらい知りたいのか(高校程度とか大学院入試程度とか)?目的は?最低これぐらいは必要です。そうでないと答えようがありません。例えば、DNA、RNAを知らない人にコドンの説明は難しいですし。

最低限の情報ならネットで検索しても、これぐらいなら見つかると思いますよ。生物学、生化学辞典であるので図書館で調べられたらどうでしょうか。

この回答への補足

akiyamaさんの言う通りです。電子伝達系は、生体酸化とatp生産についてです。コドンは専門1年の範囲でアミノ酸などとの関わり合いなどです。わかることがあれば教えて下さい。

補足日時:2001/02/28 15:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代謝を調べた際に 【代謝とは生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素

代謝を調べた際に
【代謝とは生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応】
とありました。
逆に捉えると無機物や有機化合物以外は素材として使用はしないと言えるのですが無機物、有機化合物以外のものとは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

無機、ってのが、有機では無い、でしょうから、言葉の上からは、有機でも無機でも無い物は無いでしょうね。
有機物無機物を取り込む、全ての物質を取り込む、という意味では無いだろけれど、分類としては有機物も無機物も取り込んでいる、ということでしょう。
少なくとも、どちらかしか取り込んでないわけでは無いということです。

たぶん、有機物でも、人間はセルロースを取り込んでいないかもしれません。
食べて腸内に存在して利用して排出している、かもしれませんが、細胞内には入ってないかもしれない。
人間の代謝には関与してないかもしれない。
つまり、そこを一生懸命逆に読んでみても、逆じゃ無いところで例外がボロボロ出てくるのです。

Q電子伝達鎖 電子伝達系の違いを教えてください。

電子伝達鎖と電子伝達系の違いがよくわかりません。
詳しく教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミトコンドリアの呼吸鎖のことでしょうか。

その場合、「電子伝達鎖」と「電子伝達系」という単語を厳密に使い分けている例を見かけたことがありません。同じような意味だと思います。
電子伝達系は英語だと、Electron transport chainですが、電子伝達鎖もしくは電子輸送鎖とも訳せるように思います。
またこの場合の電子伝達系は、呼吸鎖電子伝達系などともよく呼ばれるようです。

なんとなくですが、電子伝達鎖というと、電子の通り道という、限定された領域のイメージはあります。
一方、電子伝達系というと、そのシステム(電子の通り道)を作り出している構成成分の全体を指しているようなイメージがあります。
例えば、ある呼吸鎖複合体の特定の領域が電子の移動に必要なのでしょうけど、電子伝達とは直接関係ないドメインも含んでいますよね。

Q窒素同化の際に吸収する無機窒素化合物について

生物の問題集にのっていた問題なんですが、
答えが納得いかなかったので、みなさんの意見をお聞かせください。

「通気性のよい土壌に生息する植物が吸収する無機窒素化合物はなにか?」

という問題があり、答ええは硝酸塩でした。
私は「アンモニウム塩と硝酸塩」かと思ったんですけど・・・・
「植物の窒素同化の際に、硝酸塩やアンモニウム塩を取り込む」
って参考書にものってるんですが、ちがうんですか?

Aベストアンサー

kagomeran77さんのお答えも、まんざら間違いではありませんが、

「通気性のよい土壌」では、アンモニウム態の窒素は硝酸化成作用によって硝酸態に変化します。
その結果、施肥直後などの場合を除くと、通気性のよい土壌には、アンモニア態窒素はほとんど存在しないのです。

硝酸塩が答えで、アンモニウム塩が答えに含まれないのは、こういう理由でしょう。

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

Q呼吸における電子伝達系の電子のエネルギーについて

 呼吸の過程で電子伝達系での電子の受け渡しについてなんですが、  電子はシトクロムの間を次々とバケツリレーのように受け渡されていきます。そこで、 生物の本を読むと、《電子の持っているエネルギーは受け渡されるたびに下がっていく》 と書いてあるのですが、具体的に(専門的に)電子のエネルギーが低下していくとは  電子がどのような状態になることなんでしょうか?

Aベストアンサー

電子伝達のしくみは、水が高い所から低い所へ流れるのに似ています。電子伝達系にはシトクロム(チトクロム)と総称されるタンパク質や他のタンパク質が関与していますが、それぞれが酸化還元電位で表すとマイナスの電位が高いものから低いものへと電子が受け渡されていくのです。電子を渡したものはその分酸化状態になり、受け取ったものは還元状態になり、それが次々と先へ進んでいきます。ですからある因子は酸化と還元を繰り返しながら次々と電子を伝えていくのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報