直木賞受賞の「プラナリア」ですが、これは何のことですか?
このサイトの「生物」のページでおぼろげに登場していますが、
何か水生の生物なのでしょうか。
詳しく教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学術的な説明はできないのですが・・・・・。



ヒルはご存じでしょうか?あれに似ている生物らしいです。
といっても、血を吸う訳ではなさそうです。

頭が菱形の様な形、胴体が棒アイスの平べったい棒のような
形をしていて、大きさは1cmに満たなかったと思います。
色は黒くて、再生力にとてもすぐれた生物です。

たとえば、上下2つに分けた場合、頭部分からは胴体が
生えてきて、胴体部分からは頭が生えてくるとか。
小学生の「科学の実験」かなにかの付録で読んだ時には、
頭部分を胴体の真ん中辺りまで切ると、双頭のプラナリア
ができるとか書いてありました。
(実験はできてないですが)

あまりお役に立たず、すみません。

ちなみに、私は神奈川にある丹沢山麓の湧き水の流れ出るところで見たことがありました。
    • good
    • 0

扁形動物の代表的なものです。

おたまじゃくしのように,切断するとそこからまた体が再生することで知られています。
よく高校の生物の資料集に写真が載っています。
以前,山間部の川のほとりで見かけたことがあります。
下記サイトに詳しい写真や説明がありますのでご覧になってみてください。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/PLANARIA/
    • good
    • 0

下記サイトに詳しく出ています。



参考URL:http://member.nifty.ne.jp/PLANARIA/pla-1.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「直木賞」の直木さんとは・・・・

こんばんは。
つい先日、芥川賞・直木賞の発表がありましたね。
芥川賞といえば「芥川龍之介」、国語の教科書にもその作品は載っています。
で、直木さんと言うと「直木三十五」だと知ってはいるのですが、読んだ事がありません。
私の不注意でしょうか、本屋でも見た事がなく、彼の作品に対しての話も聞いた事がありません。
大衆作家だったらしいのですが、「直木賞」ほど有名でないようですね。

現在「直木」だけ一人歩きし、彼の作品が見当たらないのはどうしてでしょうか。
またこの機会になにか読んでみたいので、お薦めがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は詳しく知りませんが、こちらをご覧になってください。
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/kenkyu/kenkyu_whats.htm

著作はこちらのようなものがあるようです。
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/kenkyu/naoki35list.htm

参考URL:http://homepage1.nifty.com/naokiaward/kenkyu/kenkyu_whats.htm

Q受賞作と候補作

芥川賞と直木賞の受賞作・候補作のデータベースを見ていてちょっと気になりました。
数回連続候補になった作家が何人かいましたが、ああいう方たちはあきらかに賞をねらって書いているのでしょうか?それとも書くたびに候補になっているのでしょうか?
候補に名を連ねて受賞した方はいいですけど、あげくの果てに結局受賞できなかった方はなんか可哀想というかせつなくて・・・。
もちろん受賞イコール名作ではありませんが。
書く側、出版する側に詳しい方がおりましたら、裏話など教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

あれって公募ではなくて、「各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する」となってますから、候補になって初めて、作家は自分の作品が候補になった事を知らされるんだと思います。
最終選考に残った作品の中から、選考委員が選びます。選ばれる作品は、明らかに選考委員の好みです。
数回候補になっても選ばれない人は、選考委員の好みじゃないんですね(^_^;)
数回候補になった後で受賞している人は、受賞前に作品がヒットして人気が出たにもかかわらず、「あの人が受賞できないのはおかしい」などの世論に押されて、あわてて賞をあげたのではないかと勘繰ってしまいます。
世間の評価の後手に回っているので、受賞作は、作者が油の乗っている時に書かれた「代表作」や「意欲作」ではなく、人気が出た後に書かれたいくつかの作品のうちの「最も最近出た作品」になってしまうため、受賞した作品を読んでも「?」となってしまうことがあります。
選考委員の作品評を読んでも、「?」です。
阿刀田高さんなんか、三浦しをんさんを男だと思ってたらしいですね。重鎮ばかり集めず、もっと「世間の実情を知っていて」「普段からたくさん読んでいる」人にやってもらいたい(^_^;)
伊坂幸太郎さんなんかは、いくらなんでも「死神の精度」の時には受賞するべきだったと思います。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/01465171/?partnerid=p-suzuki00308

あれって公募ではなくて、「各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する」となってますから、候補になって初めて、作家は自分の作品が候補になった事を知らされるんだと思います。
最終選考に残った作品の中から、選考委員が選びます。選ばれる作品は、明らかに選考委員の好みです。
数回候補になっても選ばれない人は、選考委員の好みじゃないんですね(^_^;)
数回候補になった後で受賞している人は、受賞前に作品がヒットして人気...続きを読む

Qマタイの福音書5章4節「悲しむ者は幸いです」

聖書の『マタイの福音書5章4節「悲しむ者は幸いです」』が読みたいのですけど、どの聖書を買えばいいですか? というか、マタイの福音書を全部読みたいのです☆

全くの初心者なもので「は?」な質問と思われるかもですが、お許し下さい…(^^;)

できるだけ小さく持ち歩きに便利で、
お勧めの聖書などがあればお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

あなたの読みたい部分は新約聖書の中の福音書の中に収録しています。
LN-TFさんの回答の中で興味をもたれた本の中にも、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネとすべての福音書を訳したものでしょうから、その部分だけに興味があるなら大丈夫でしょう。

Q登場人物の名前

もの申したいことがあります。
小説の中で名前の読めない登場人物がいるとその名前がでてくるたびにいらいらすることありませんか?
難しい漢字とかなら辞書で調べればいいからルビを振る必要はないと思いますが、どうして名前にルビを振らないことがあるんでしょうか?
名前なんか調べようがないじゃないですか!(そんな辞書ももっていないし)
どういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

 名前は一種の記号です。

 記号でも、実在する特定の人につけられたものは、勝手に変えるわけにはいきません。失礼でもあり、間違いのもとにもなるからです。

 しかし、小説の登場人物なら、そこにそういう人がいると思って貰えば、それだけでよいのです。

 昔話のように「おじいさん、おばあさん」でもよいのですが、もう少しはっきりさせた方が小説らしくなるから、あるいは名前から人物の性格などを連想して貰う効果を期待して記号をつけているだけだと思ってはいかがでしょう。

 ルビがなければ、kirara_pikaさんのおっしゃるように、自由に読んでくださいということでしょう。

 書いた人が、読者の困惑を愉しんでいるということもあります。 読む方は「いらいら」書いた方は「にやにや」、そんなことで、あまり性格ののよくない作家の思う壺にはまらないようにしましょう。
 

Q本の登場人物の名前・・・

小説などの登場人物の名前で、「千恵」という人が出てくるものを探しています。知っている方は教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

No.2の者です。

ご質問、理解しました。
それではいくつか該当するものを載せますね。
★印は絶版になっているものです。
●赤川次郎/著:三毛猫ホームズの大改装(リニューアル)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30904272
●菊地秀行/著:逢魔が源内
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31410304
●梓林太郎/著:草津・白根殺人回廊
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31402920
●深沢豊/著:幻月(ムーンイリュージョン)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31376655
●風早恵介/著:若さま恋慕頭巾
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=19783849
●竹河聖/著:眠れる死(タナトス)★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=28362193
●竹河聖/著:現象(フェノミナン)★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=28393957
●清水一行/著:私刑(リンチ)七人心中★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=19807026
※下の本は厳密に言うと千恵子という女性が出てきますので違うのですが一応入れておきます。
●内田康夫/著:歌わない笛
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30442347

特定のオンラインショップのURLばかりですが、他意はありません。(ここのサイトは使い慣れているので)
まだあるとは思いますがこれくらいしか探せませんでした。参考まで。

No.2の者です。

ご質問、理解しました。
それではいくつか該当するものを載せますね。
★印は絶版になっているものです。
●赤川次郎/著:三毛猫ホームズの大改装(リニューアル)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30904272
●菊地秀行/著:逢魔が源内
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31410304
●梓林太郎/著:草津・白根殺人回廊
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31402920
●深沢豊/著:幻月(ムーンイリュージョン)
 http://www.esbooks.co.jp/books/...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報