あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

弁理士試験に挑戦しようと考えています。
論文式試験は受験機関の力を頼ろうと思うのですが、短答式試験は独学で挑むつもりでいます。(目標は短答合格一年後に論文式合格)
そこで、弁理士試験に合格された方々、または今現在挑戦しておられる方々に短答式試験について以下の点についてお聞きしたいです。

(1)短答式試験に費やす必要があると思われる勉強量
(2)難易度
(3)おすすめの参考書・問題集など
(4)独学の心構え・おすすめの独学法など

以上、(1)(2)などは抽象的過ぎて答えにくいかと思いますが、主観で結構ですのでご教授くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

難しいとは思いますが、不可能ではないでしょう。


勉強量は1000時間くらいじゃないでしょうか?
独学の場合、難易度は通常の2-3倍くらいだと思います。
参考書としては、LECやWセミナーのものを使えばよいでしょう。
あと、通称青本は必須です。

独学は、時間がかかります。
金を取るか、時間を取るかですので、努力と忍耐が必要です。

参考URL:http://benrishikoza.web.fc2.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり、独学は難しいですか。
勉強時間が1000時間で難易度に2~3倍の差があるのでしたらやはり受験機関を頼るべきですかね。

お礼日時:2008/12/22 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁理士合格後に支払う費用について

弁理士に合格すれば、弁理士登録料、弁理士会の会員費も毎月支払う必要があると聞きましたが、それぞれいくら必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

最初に払う費用が、
登録料80,000円
登録免許税60,000円
会費20,000円/月(登録月の)
の計16万円です。
その後、月々の会費が20,000円/月です。
会費としては、1年で24万円ですね。

私の所もそうですが、特許事務所勤務だと
登録料と月会費は事務所負担のところが多いようです。
ですが、その他にかかる研修費用はうちの事務所は自己負担です。


人気Q&Aランキング