12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

レーザープリンターやコピー機に転写ベルトという部品がありますが、『転写ベルト』と『中間転写ベルト』とはどのように違うのでしょうか?
方式でも『直接転写方式』と『中間転写方式』とあります。これはどのように違うのでしょうか?

このような業界で詳しい方がいらっしゃいましたら、どうぞお教えください。
仕組みが詳しく載っているサイトの紹介でも良いので、どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

プリンタの修理屋です。



以下のページが分かりやすいと思いますので参考にしてください。

http://www.safety-plan.co.jp/mechanism.html

実は、この他にもう一つの方式があり、その方式でもベルトを使っています。

『転写ベルト』も『中間転写ベルト』もカラーレーザーで使われるもので、4色のトナーを紙に転写する前にベルトなどに1色づつ転写して重ねていくわけです。それを紙に一気に転写して定着します。

紙に1色づつ転写していく方法も考えられますけど、紙の品質は非常にバラツキが大きく、送りの精度が確保できないので中間点者ベルトの上で合成していきます。
解説の中で「ヒートロール」といっている部分は定着器とも言います。
静電気で付着しているだけのトナーを溶かして固定するわけです。
キヤノンのオンデマンド定着はヒートローラーを使っていませんので、キヤノンでは定着器と呼ぶのが普通です。

例の中でキヤノンのLBP-2300が上げられていますけれど、実は半分ウソで、LBP-2300は中間転写ローラーを使っています。(やっていることは一緒です)


もう一つの方法は、タンデム方式の変形なのですが、
タンデム方式のベルトの上に紙を貼り付け(静電気で)、直接トナーを転写します。
転写ベルトの上に紙が乗るわけで、色ずれなどでは不利という話もありますけど、キヤノンのLBP-2710、LBP-2810、LBP5700、LBP5800などで採用されていました。最近ではLBP5000、LBP5100、LBP5300、LBP5400などがあります。

故障が少なく、構造もシンプルでメンテナンスは楽な機械でした。
(個人的には性能も悪くないと思いますので、今でも使っております)


話が逆になりましたけど、「直接転写方式」と「中間転写方式」は、紙に対してトナーを直接飛ばすか、ベルトなどを通して転写するかを指しているのでしょう。(あまり使ったことの無い言葉ですので)
モノクロレーザーとLBP-2710系は直接転写、それ以外のカラー機は中間転写ということになります。
    • good
    • 0

転写ベルトも中間転写ベルトも同じ意味なのではないでしょうか?


直接転写方式はドラムから直接紙にトナーを転写するもの
中間転写方式はドラムから転写ベルトにトナーをのせて、それから紙に転写する方法です。
ドラムというのは、感光ドラムのことで、わかりやすく言うと、版画の版みたいなものです。
つまり、
直接転写:ドラム→紙
中間転写:ドラム→ベルト→紙
になります。
カラー機では、沖データの製品が直接転写方式です。
    • good
    • 0

  fragrance_ 様



 プリンタのことはよく存じませんが
 コピー機は最近デジタル仕様に変わっておりますので
 複写は「乾式レーザー電子写真方式」に
 定着は「ヒートローラー定着方式」となっております。

 最近コピー機を入れ替えたのですが、
 以前のものはアナログ機で
 複写は「間接静電複写方式」となっておりました。
 定着は「ヒートローラー定着方式」で同じです。

 レーザープリンタも最近のものはデジタルに
 変わっていてその辺りが異なるのかも知れません。
 私、現用のレーザープリンタも5年以上経過した機器で
 アナログだと思います。

 お訪ねの『転写ベルト』と云う部品が
 プリンタの何処に付いていたのか気付きませんでした。

 素人の浅知恵で申し上げております。
 お役に立たないお答えでしたらご放念下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定着ユニットと転写ユニットとは?

レーザープリンタの定着ユニットと転写ユニットとはどのような機能の部品でしょうか?
ひとつあたりの価格も大きく8万枚で交換が必要と業者に言われましたが、実際にどのような役割の部品かわからず、交換前に知っておきたいのでよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言うと、転写ユニットというのは、円筒形の感光体です。レーザー光線を当てるとその部分に静電気が発生し微粒子のトナーが引き寄せられ、ちょうど版になります。
感光体に乗ったトナーは次に紙に転写されます。しかし、この状態では単にトナーが乗っただけなので、手で触ると黒く汚れます。そこで、定着ユニットで加熱し、トナーを溶かして紙に固定します。

いずれも消耗品なので交換が必要です。ただ、突然使えなくなる訳ではなく、寿命を迎えると印字が汚くなったり、手で触ると汚れたりします。プリンタによってはプリント枚数をカウントして規定枚数に達するとエラーでプリントしなくなる機種もありますが、経験上エラーを解除すると、しばらく使えます。

QCANON iRC2570F 転写ベルトの汚れについて

初めて投稿させて頂きます。お力添えお願い致します。
製品:CANON iRC2570F

印刷物に汚れ、前の印刷が映りこむ症状がありましたので、
感光ドラムユニットを新品交換致しましたが改善されませんでした。
転写ベルトを見てみると、5cm幅のトナーの伸ばされた汚れが転写ベルトに一周していてドラムが不要トナーを取りきれていないようです?
白紙をコピーするとトナーが白紙に付きベルトは少し綺麗になるのですが、通常印刷するとまた同様にベルトが汚れます。
古いドラムに交換しても症状は同じでした。
やはり転写ベルトの不良でしょうか。

先日、エラー(E000020-0081)によりメーカーさんのサービスマンに来て頂きましたが、
中古購入で保守にも入っておらず、直すのには(ドラムユニット交換)20万以上掛かると言われ、動かないのなら破棄を考えていましたので
ダメ元で自分で整備しようと思い仕様、部品詳細等を調べ
ドラムユニットを自分で交換、清掃致しました。エラーは無事改善。
エラーの原因はドラムではなくセンサーの汚れでしたが・・・
上記の理由によりメーカーでの修理は考えておりません。
安く出張修理等を行って頂ける業者様が近くにあればよいのですが。。

転写ユニット交換の場合は流石に手に入らないだろうし、そこからはプロの領域でしょうから。

安くベルトを綺麗にする方法などご存知の方いらっしゃいましたら
ご教示下さい。

初めて投稿させて頂きます。お力添えお願い致します。
製品:CANON iRC2570F

印刷物に汚れ、前の印刷が映りこむ症状がありましたので、
感光ドラムユニットを新品交換致しましたが改善されませんでした。
転写ベルトを見てみると、5cm幅のトナーの伸ばされた汚れが転写ベルトに一周していてドラムが不要トナーを取りきれていないようです?
白紙をコピーするとトナーが白紙に付きベルトは少し綺麗になるのですが、通常印刷するとまた同様にベルトが汚れます。
古いドラムに交換しても症状は同じでした。
...続きを読む

Aベストアンサー

転写ベルトをクリーニングする部品(転写クリーニングブレード)がありまして、こちらの劣化により、クリーニング不良が起きているのでは?と思われます。
(この手の症状はドラムユニットよりもこちらの可能性のほうが高いです)
一時的に処置するのであれば、その部品を分解・清掃すればいいのでしょうが、どの程度持続するかは全くわかりません。

#1様もお答えですが、この機種は必ず保守契約(MG契約)を締結しておかないと継続使用が困難な商品です。
締結しますと、月々のカウンター料金さえ支払っておけば、トナー・メンテナンスは全て無料です。
やはり中古はまずかったですね。同じ中古を買うならアフターサポートがついているものにしないと・・・。

Qレーザーとインクジェットプリンターの違いとは?

初歩的な質問で恐縮です。自分でも調べたのですがなかなか難しくわかりません。どうか噛み砕いて教えてください。レーザープリンターとインクジェットプリンターそれぞれの特徴と、お互い比較して勝っている点、劣っている点教えてください!

Aベストアンサー

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが、その分一回の交換で大量印刷が可能です(大抵A4版で6000枚程度)。
 欠点は機体が大きいことと、消費電力でしょうか。もっともコスト計算には含まれていますが、原則としてアースが必要になりますので、場合によっては設置費がかかることもあり得ます。
 トナー+普通紙の組合わせと云うことで、耐水性はありませんが屋内で保存する分にはかなり長い期間の保存が可能でしょう。

 インクジェットの場合は、基本的に専用紙、または専用に加工された用紙を使いますので、どうしてもランニングコストがかかります。ただ、用紙のバリエーションは豊富です(顔料系インクを除く)。
 総じて小型ですが、インクの耐用期間が比較的短く(大抵半年程度)、一回の交換で印刷できる枚数もレーザーほど多くないので、印刷枚数が多い場合は頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなります。
 インクの種類によって耐候性や耐水性に差がありますが、写真レベルの印刷には向いています。

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが...続きを読む

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Qレーザープリンターの横線状の汚れ(清掃?)

リコーのIPSio CX7500を使っていますが印刷方向と直角に10から18cm位の間隔で余白の部分まで黒っぽい横線(3mm程度)が入ります。現在印刷枚数は8269枚イエロー、シアントナー交換しました。レジストローラを清掃しましたが改善されません。どなたか対策ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ローラーは多分樹脂製が多いと思いますので、タオル等ソフトな物に
アルコール(家庭では中性洗剤で良いと思いますが)十分に含ませて
根気良く、(キズが付くので)優しくコスリ落とします。
感光ドラムはガラス製が多いと思いますのでやや強めでも良いかと
(普通は感光ドラム、定着ユニットは取り外し出来る構造になっています。)
兎に角焦らずに根気良くが------コツ
熱定着方式の場合は熱く成っていますので
気をつけて下さい。

ダメ元ですが、自己責任で慎重に
只 新品と違い汚れが目立つ期間が短くなるのは否めません、
念の為

Q「PHR」という単位について

 樹脂の配合などにおいて添加剤の添加量を示すのに「PHR」や「phr」という単位を見かけるのですが、正式にはどういう意味なんでしょうか?

 自分としては「%」のつもりで解釈しているのですが、少し不安になってます。

 何かの略称とは思うのですが、それも判別がつきません。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で「重量部」と言います。
樹脂の場合は P= per、H= hundred 、R = resin を表し、ゴムなら最後が R= rubber となります。

主の樹脂やゴムの重量を100として、その他配合、添加する物の重量を数字で表示します。
100分率の%と似ていますが、結果としてはその比率は違いますので、要注意です。

例えば、配合する物の合計が10であれば10÷110=約9%となりますが、仮に副樹脂を40として、
その他を代えなければ、10÷(100+40+10)=約6.6%となり、場合によっては、
大きく性質が変わる可能性があります。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q電子写真の方式について教えてください。

電子写真の方式について教えてください。

知人が、
電子写真の方式には大きく分けて、2つある。
一つは、東芝やリコーの方式、
もう一つは、キヤノンの方式。
その他のコピー機やLBPを作っているメーカーも、
上記どちらかの方式を使っている。
と言っていました。

私も詳しいことは知りませんが、そのような話は聞いたことありません。
上記の様に話をしていた人は私よりも、更に電子写真関連の知識が無い人
なので、何かの勘違いではないかと思うのですが、
このようなことあるのでしょうか?何について言っているのでしょうか?

トナーカートリッジの話からこの話に展開したので、
現像近辺もしくは、トナーカートリッジ関係ではないかと思います。
トナー切れ時に、カートリッジをドラムごと交換するとか、
ドラムはそのままでトナーボックス(?)だけ交換するとか・・・・。

知人に直接聞けば早いのですが、
聞けない状況ですので質問させていただきました。

電子写真関連について詳しい方がいらっしゃいましたらお教えください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

私がこの仕事をはじめた15年以上前は、メカニズムに関してはゼロックス対キヤノンという構図がありました。
ご存知かも知れませんが、日本で最初にコピー機を作ったのはキヤノンで、ゼロックスの特許をかいくぐって独自の技術で作られたものです。

電子写真の方式といっても、大まかな原理は一緒ですから、おそらく画像の形成時点での差を言われているのでしょう。

よく、トナーカートリッジと感光ドラムが一体型になったものがキヤノンの特徴といわれますけど、これは半分間違い。
一体型カートリッジは特許なのですが、元々ミノルタが持っていたもので、それをキヤノンが買って、大きく開花させたわけです。

キヤノンの大きな特徴としては「一成分トナー」と「ジャンピング現像」という技術があります。
トナーはご存知の通り着色したプラスチックの粉ですが、それを薄く並べて感光ドラムに転写していくことは非常に難しくなります。
そこでキャリアと呼ばれるものに付着させ(キャリアは鉄粉であることが多い)、磁石の力で均一に鳴らしていきます。
その状態で、感光ドラムに接触させると帯電している部分にだけトナーが付いていくわけです。

キヤノンの場合は、キャリアである鉄粉の周りをトナーでコーティングした形のトナーです。
さらに、トナーが付着したローラーと感光ドラムの間には隙間があって、静電気に引力で、トナーがジャンプして感光ドラムに付着します。

これらの技術で、画像が鮮明になる、ドラムの寿命が長くなるなどのメリットも生まれたわけです。


ただ、こういったものの特許もほとんど切れてしまい、残っているのは改良などによる周辺特許だけのようですね。
どこの会社でも似たような感じの商品は出てきています。

プリンタの修理屋です。

私がこの仕事をはじめた15年以上前は、メカニズムに関してはゼロックス対キヤノンという構図がありました。
ご存知かも知れませんが、日本で最初にコピー機を作ったのはキヤノンで、ゼロックスの特許をかいくぐって独自の技術で作られたものです。

電子写真の方式といっても、大まかな原理は一緒ですから、おそらく画像の形成時点での差を言われているのでしょう。

よく、トナーカートリッジと感光ドラムが一体型になったものがキヤノンの特徴といわれますけど、これは半分間違い。
...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング