ある触媒を用いた反応で効率が著しく低下した時に考えられる要因は何でしょうか?
ちなみに、反応系に変化はありません

A 回答 (3件)

No1です。


>反応性が低下しました。

速度が落ちたのですね。

>反応には、PやSは使用していません。Pd触媒なので金属が系に入ったと
>考えるべきなのでしょうか?

そういう場合、原料として入れている物質は問題になりません。意図せざる微量成分の混入が問題になるのです。反応原料に微量不純物として混じっていても触媒の活性点を殺してしまう程度の量であれば、毒の効果としては顕著に現れます。原料に何か思い当たることはありませんか?あるいはオートクレーブ反応などで前に使った人の不純物が洗えていないことはありませんか?

もう一つは初期劣化の可能性もあります。たとえば触媒調整して水素還元などした直後には活性が高く、これがどんどん落ちて行くことがありえます。これは単に不安定で異常に活性な点が潰れていく過程で、いずれ落ち着きます。

この回答への補足

鈴木・宮浦カップリング反応を行っています。
なので原料に、ブロモトルエン,フェニルほう酸
塩基にリン酸三カリウムを用いています。(P入っていました)

>前に使った人の不純物が洗えていないことはありませんか?
ありえることですが、器具の不純物は考えない方向で・・・・

>たとえば触媒調整して水素還元などした直後には活性が高く…
触媒調製は固体基質にPdが配位したものです。
ただ、再利用する際に、特別な処理はしていません(鈴木・宮浦カップリングなので還元されたと考えているため)

補足日時:2008/12/23 00:28
    • good
    • 0

No1&2です。


鈴木宮浦カップリングならば最近の文献が腐るほどあるのではないでしょうか?残念ですが私はこの反応に詳しくありません。

質問者さんのお書きになった情報と、私の乏しい知識からの可能性としては、反応は系に極微量溶出したPdにより進行する。一回目の反応はそれで無事進行し、触媒が系から分離されたときにPdの形態が前と異なった。次に使うときにたとえば塩基として入れられたPが作用してPdが溶出しにくくなった。というStoryです。しかし今回の例では”触媒能”というタイトルではなく、”鈴木カップリング反応の失活”などのタイトルで質問を出せば鈴木カップリングに詳しいかたが、良いAdviceを下さるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

ご質問内容が詳しくないのですが、反応速度が遅くなったとか、選択性が悪くなったとかですね。

系の温度・圧力に変化がないならば、触媒毒(触媒にもよりますが、S化合物とかP化合物、あるいは重金属など)が系に入ったというのが一つの可能性ですね。

この回答への補足

反応性が低下しました。
反応には、PやSは使用していません。Pd触媒なので金属が系に入ったと考えるべきなのでしょうか?

補足日時:2008/12/22 19:52
    • good
    • 0

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエステル化反応の触媒について

水酸基とカルボン酸のエステル化反応触媒として酸触媒が知られていますが、他にどのような触媒があるのでしょうか?一般的に金属触媒が知られていますが、他にはないのでしょうか?また、金属触媒であれば、どのような触媒が良いのでしょうか?さらには金属触媒の毒性は問題にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 他にどのような触媒があるのでしょうか?
 水酸基とカルボン酸でのエステル化反応は酸触媒だけだったと思いますが。

> 一般的に金属触媒が知られていますが、
> 他にはないのでしょうか?
 どの様な金属でしょうか? 一般的とは考えられないのですが(私が思い付かないだけ?),補足ください。なお,金属はルイス酸として働きますから,金属触媒があったとしても,それも酸触媒の一種です。

> また、金属触媒であれば、どのような触媒が
> 良いのでしょうか?
 上で書いた様に,金属触媒が存在すれば,それはルイス酸ですから,ルイス酸性が強いもの。つまり,電子受容能が高いものです。

> さらには金属触媒の毒性は問題にならないのでしょうか?
 どの様な状況での話でしょうか? 実験室レベルでは問題にならなくても(ドラフト中で注意して使用する事にしても),工場レベルでは問題になるものは多々あります。例えば,ベンゼンやクロロフォルムは実験室では使用しても,発ガン性の問題から工場レベルでは使用できません。

Qターンオーバー数

触媒関係でよくでてくる言葉でターンオーバー数に
ついて解かり易く教えてください

Aベストアンサー

>>ターンオーバー数
遷移金属触媒や酵素などでは下記のような機構が考えられます。
R + C → M → P + C
R:原料、C:触媒、M:中間体(省略可能)、P:生成物(薬学で言う成績体)、なお反応次数はどうでも良いので触媒濃度に一次にしておきます。
触媒が「死なないとき」
たとえば一時間あたりのCのモル数に対するPの生成モル数を、「Cの一時間あたりのターンオーバー数」と定義します。
触媒が「死ぬとき」
Cが死ぬまでに生成したPのモル数をCのモル数で割り、「Cのターンオーバー数」と呼びます。
死なない場合はまだ良いが、死ぬ場合。
ターンオーバー数が1より小さいときは「触媒的とは認められない」と文句が付きますし、
ターンオーバー数が1だと「定量反応」だと馬鹿にされます。
貴金属の錯体なんか使うと数万を超えても「経済的に引き合わない」「死んだ触媒の回収はどうやる」などなど言われる羽目に…悲しい。(--;

Q癌と脳萎縮について御存知の方、お願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力が戻らない以上、手術も出来ないとのことです。

これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
常にアルコールを摂取していると脳萎縮になるということも調べました。アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
癌からの影響なのでしょうか?
術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?

いくつも質問を重ね、申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力...続きを読む

Aベストアンサー

>これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
>アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
>癌からの影響なのでしょうか?
普段の飲酒量によるかと思いますが、脳萎縮は飲酒と加齢によるものだと考えるのが妥当だと思います。麻酔や癌の影響はないと思います。

>術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
術後の意識が戻るのが遅かったのは麻酔の影響もあるかもしれませんが、体調の回復は関係ないと思います。

>体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
何の手術でしょうか?

>年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
年齢だけでなく、いわゆる体力の要素もあると思います。

>また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?
あると思います。何もしなくても認知症にはなる可能性がありますから。

Q※※※脳血管造影検査※※※

回答される皆様宜しくお願い致します。

「脳血管造影検査について、」

1---体の半身が痺れていますが、
  足に金属が在る為、MRI,MRA
  の検査が出来ません。
2---体の半身の痺れの原因が判らず、
  情緒不安定となり、ほとほと困り
  果て、脳血管造影検査なら、
  検査が可能かどうか、・・・。
3--ネットでの検索では、体の半身が痺れの
  原因で、まず考えられるのは、
  脳梗塞・脳出血・など脳血管障害だと、・・・。
  又、小さな脳梗塞の場合、症状が軽い為、
  気付かないとも明記されています。
4---心が原因とも在る医師から、
  意達しがありましたが、合点がいかず、
  何とも遣り様がありません。
5---脳血管造影検査で、何処まで判るのか、・・・。
6---脳血管造影検査関し、お勧めのURLのリンク等、
  判れば、幸いです。
7---近くの病院では、脳血管造影検査が出来ない様です。

宜しくお願い致します。

                        敬具

Aベストアンサー

色々とお調べになられて脳血管造影まで辿りついたのですね。
少しでも情報のお手伝いができればと思いましてご返事いたしました。

weblifeさんの症状は半身のしびれ、お体に金属が入っている為MR検査が受けられずに原因追究ができない。
そのため困られている。

「脳血管造影」というのは、この検査によって脳の血管走行や形状、太さや狭窄等がわかる検査です。

この検査によって有用であるのは、
動脈硬化・くも膜下出血時の出血源・脳腫瘍の栄養血管の確認です。

しびれという神経症状は血管造影では残念ながら確認することはできないのです。

ただ、weblifeさんがお調べになられた情報からも脳梗塞の可能性も考えられるということですが、
脳梗塞はMRだけでなく、CTでも確認することはできます
(しかし、あまりにも新鮮な脳梗塞は画像にでないことがあり、
その際にはMRの特殊な撮影を使用します)。
もちろん脳出血の場合も同様にCTで確認することが可能です。

weblifeさんの症状がいつからか、ご相談上からは知り得ることができませんが、
おそらくここ1日2日の症状ではなく、数日~数週経過しているのではないでしょうか。
となると、もし脳梗塞によるしびれだとすると、CTで脳梗塞巣が確認できると思われます。
(梗塞の早期診断にはCTよりMRの方が優れているけれど、超急性期を過ぎればCTでも画像抽出可能となる為)
脳出血ならなおのこと、超急性期においてもCTで十分診断可能です。

まずは、しびれ原因追究の為CTでの検査をお受けになられてみたらいかがでしょうか。
神経内科・脳神経外科が専門科ですので、まずはご相談なさってみたらどうでしょう。

色々とお調べになられて脳血管造影まで辿りついたのですね。
少しでも情報のお手伝いができればと思いましてご返事いたしました。

weblifeさんの症状は半身のしびれ、お体に金属が入っている為MR検査が受けられずに原因追究ができない。
そのため困られている。

「脳血管造影」というのは、この検査によって脳の血管走行や形状、太さや狭窄等がわかる検査です。

この検査によって有用であるのは、
動脈硬化・くも膜下出血時の出血源・脳腫瘍の栄養血管の確認です。

しびれという神経症状は血管造影...続きを読む

Q心の病気って脳の病気ってこと?

メンタルクリニックで心の病気だと言われているのですが、心ってどこのことですか?
脳の病気と言う意味で良いでしょうか。
脳であれば、脳のどの部分か教えてください。
また、脳に影響を与える薬って飲んでも頭が悪く(勉強や仕事が出来なく)なったりしないでしょうか?
先生になんか面と向かって聞きづらかったので、ここで大筋を教えていただければ先生にまとめて質問させてもらおうと思ってます。

Aベストアンサー

正確にいえば脳の病気です。大脳新皮質と呼ばれる部分全体です。
放置した時と薬飲んだときとのリスクをどのように捉えるかで、薬を飲むか飲まないかを決めてください。脳内物質に作用する薬が身体にいいか、悪いかは、わかりません。ただ薬なので身体には悪いと思います。
>脳に影響を与える薬って飲んでも頭が悪く(勉強や仕事が出来なく)なったりしないでしょうか?
わかりません、ただ脳が病気になった環境が身体にいいか、悪いのかは、御自身で判断してください。

Q眼と脳の構造

カラーコーディネーターの試験勉強をしております。
参考書でどうしてもわからない事項があったので教えて下さい。

参考書に、「左右の眼の左側の情報は大脳の左半球、右側の情報は大脳の右半球に伝達されます。」とあるのですが、テレビや何かで左の眼は右の脳、右の眼では左の脳に反映されると聞いた事がありましす。(うる覚えのなですが)参考書にも図解があって交差してるように書いてあるのですが、一体どういうことなのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
参考書の記述は間違いではありませんが,たしかに誤解を招きやすい表現ですね。
こう書き直してみてはいかがでしょう。

両眼で見ているときの視野の
右半分は左右両眼の網膜左側に投影され大脳の左半球に,
左半分は左右両眼の網膜右側に投影され大脳の右半球に伝達されます。

Q「実験室」と「研究室」を英語で?

 英語の質問ですが、専門的だと思いますので、このカテゴリーで質問させていただきます。
 “laboratory”という英単語があります。手持ちの辞書を引くと、
実験室,試験所,研究室[所]
となっていますが、この言葉には二つの意味があると思います。
 一つは、組織としての研究室もしくは研究所です。私が昔持っていた名刺にも、「研究室」あるいは「研究所」の意味で、“laboratory”が使われていました。一方、「場所」としての実験室の意味もあると思います。例えば、研究所の建物で、実験設備のない事務室と実験専用の部屋に分かれているところがあると思いますが、事務室に対して、場所としての実験室を指す場合があると思います。その場合、例えば、
「○○さんは今実験室にいます。」
と英語で言う場合、“laboratory”だけで文脈から通じるのでしょうか?
 そこからさらに考えたのですが、次の二つの英語を、英英辞典のように別の英語で説明する場合、どういうのが適切でしょうか。自分で考えてみましたが、それについてご意見願います。
●組織としての「研究室」の例、「触媒反応研究室」
The catalysis laboratory
…The post[division?] which studies catalysis(触媒反応を研究する部署)
●場所としての「実験室」
The laboratory
…The room which we experiment on(実験をする部屋)

 化学英語に堪能な方、ご意見をお願いします。

 英語の質問ですが、専門的だと思いますので、このカテゴリーで質問させていただきます。
 “laboratory”という英単語があります。手持ちの辞書を引くと、
実験室,試験所,研究室[所]
となっていますが、この言葉には二つの意味があると思います。
 一つは、組織としての研究室もしくは研究所です。私が昔持っていた名刺にも、「研究室」あるいは「研究所」の意味で、“laboratory”が使われていました。一方、「場所」としての実験室の意味もあると思います。例えば、研究所の建物で、実験設備のない事務室...続きを読む

Aベストアンサー

触媒反応研究室
The catalysis laboratory: The group studying on catalysis.

実験室
The laboratory: The room for experiments.

だと思います。

Q歯と脳の関係 脳の萎縮 痴呆

歯の数が減ると咀嚼による脳への刺激が減り、脳が萎縮し、果ては痴呆になってしまうと聞きました。

無くなった、歯による刺激を、回復させる方法は無いのでしょうか?
また、失った刺激を他の刺激で補って脳の萎縮を防ぐ事は出来ないのでしょうか?

最近、歯が減って恐怖しております^^;

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

歯による直接的な刺激だけで痴呆になるわけではなく。一要因に過ぎません。
元雄直接的要因は、顎関節の近くには脳への血流を補う部分があり、物を咬むことによって脳への血流が助けられます。
物を良く咬むことは、脳の血流を増やすといわれています。


いずれも「+α」てきな要因であり、ないからといって基本的マイナス要因になるとは限りません。
また、歯を失う事がマイナスと言う要因より、「噛まない」事が影響するので、歯が全部あっても物を噛まない現代人には、そのほうが大きな影響があります。

歯を失ったなら、入れ歯やインプラントなどで歯を足せばいいだけです、この場合、この説に限って言えば顎骨に直接刺激が加わるいんおウランとの方が有効と言う事になるでしょう。
でも影響は「顎を動かす」方が大きいので、入れ歯でも、歯が無くても、顎を多く動かせば、歯を失った影響は軽減されるということになります。

あくまでも相対的な関係で、絶対的でないことを忘れないで下さい。

Q脳の検査費用について

最近、めまい・物忘れ・弱い頭痛などの症状があり、心配になので脳の検査を行なおうと考えておりますが、検査費用について質問があります。

脳の検査費用は、同じ検査内容でも、以下の(1)、(2)のケースで、検査料金は異なるのでしょうか。
(1)脳ドッグなど自主的に検査を依頼する
(2)脳神経外科などで医師の診断の結果、検査を受ける

また、医師の診断を受ける場合、何科を受診すれば一番適しているでしょううか。

ご教示頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

症状がありますので、ドックの必要はありません。
健康保険を使って、通常の医者で検査を受けます。

全体には脳神経外科の受診でよいです。
頭痛、物忘れなどの訴えを言ってください。
MRI検査でMRI血管撮影も行って7,000-10,000円です。

Q何故、鬱病や統合失調症などは心の病気ではなく脳の病気と言うのに精神障害者なのでしょうか?

何故、鬱病や統合失調症などは心の病気ではなく脳の病気と言うのに精神障害者なのでしょうか?
よく精神疾患患者が統合失調症や鬱病は心の病気じゃない!
心の持ちようによって治るもんじゃない!
そういう人増えてますよね?
でも、障害者枠では精神障害者なんですよね?
もし本当に脳の病気ならば身体障害者、内部障害者となりませんか?
公平な回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

障害があるのは脳でも、症状が出るのは「精神」だからじゃないでしょうか。

例えば脳卒中を起こして半身麻痺を起こした場合、きっかけも原因も脳の血管が破れたりキレたりして脳の細胞が死んでしまうことですが、症状そのものは「麻痺」として出るから病名としては「半身麻痺」になり「脳の障害」ではありませんよね?
それと同じことだと思います。

実際には「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」における精神障害の定義だの識者の意見だのいろいろと絡んでくるんだと思いますが、あくまで判りやすくいうならこういうことだと思います。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング