ある触媒を用いた反応で効率が著しく低下した時に考えられる要因は何でしょうか?
ちなみに、反応系に変化はありません

A 回答 (3件)

No1です。


>反応性が低下しました。

速度が落ちたのですね。

>反応には、PやSは使用していません。Pd触媒なので金属が系に入ったと
>考えるべきなのでしょうか?

そういう場合、原料として入れている物質は問題になりません。意図せざる微量成分の混入が問題になるのです。反応原料に微量不純物として混じっていても触媒の活性点を殺してしまう程度の量であれば、毒の効果としては顕著に現れます。原料に何か思い当たることはありませんか?あるいはオートクレーブ反応などで前に使った人の不純物が洗えていないことはありませんか?

もう一つは初期劣化の可能性もあります。たとえば触媒調整して水素還元などした直後には活性が高く、これがどんどん落ちて行くことがありえます。これは単に不安定で異常に活性な点が潰れていく過程で、いずれ落ち着きます。

この回答への補足

鈴木・宮浦カップリング反応を行っています。
なので原料に、ブロモトルエン,フェニルほう酸
塩基にリン酸三カリウムを用いています。(P入っていました)

>前に使った人の不純物が洗えていないことはありませんか?
ありえることですが、器具の不純物は考えない方向で・・・・

>たとえば触媒調整して水素還元などした直後には活性が高く…
触媒調製は固体基質にPdが配位したものです。
ただ、再利用する際に、特別な処理はしていません(鈴木・宮浦カップリングなので還元されたと考えているため)

補足日時:2008/12/23 00:28
    • good
    • 0

No1&2です。


鈴木宮浦カップリングならば最近の文献が腐るほどあるのではないでしょうか?残念ですが私はこの反応に詳しくありません。

質問者さんのお書きになった情報と、私の乏しい知識からの可能性としては、反応は系に極微量溶出したPdにより進行する。一回目の反応はそれで無事進行し、触媒が系から分離されたときにPdの形態が前と異なった。次に使うときにたとえば塩基として入れられたPが作用してPdが溶出しにくくなった。というStoryです。しかし今回の例では”触媒能”というタイトルではなく、”鈴木カップリング反応の失活”などのタイトルで質問を出せば鈴木カップリングに詳しいかたが、良いAdviceを下さるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

ご質問内容が詳しくないのですが、反応速度が遅くなったとか、選択性が悪くなったとかですね。

系の温度・圧力に変化がないならば、触媒毒(触媒にもよりますが、S化合物とかP化合物、あるいは重金属など)が系に入ったというのが一つの可能性ですね。

この回答への補足

反応性が低下しました。
反応には、PやSは使用していません。Pd触媒なので金属が系に入ったと考えるべきなのでしょうか?

補足日時:2008/12/22 19:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクルにおいて、出発錯体として2価ニッケルを用いる反応が多く見られるのですが、結局ニッケルは系内で還元されて0価になってから反応が開始されます。
最初から、0価ニッケル触媒を用いない理由とは何なのか、わからないのでどなたか回答お願いします。

また、パラジウムの場合についても出来ればお願いします。

Aベストアンサー

カップリングの場合には酸化的付加から反応が始まりますが、その場合に「0価で二座配位」でないと十分な反応性を持たないようです.Ni(PPhe3)4では、配位子が二つ外れないとその状況が生まれませんが、それが起こらない、ということでしょうね.

また、dppeやdppfのように、二座配位子であることも反応性を高めるために必要、と考えられているようです.配位錯体がやや屈曲しているため、反応性が高くなるようです.

Q光化学反応自体の反応の量子効率(反応効率)

特定の試料を励起したときの蛍光、燐光等の量子効率(収率)は計測されていますが、これとは別に光化学反応自体の反応の量子効率(反応効率)を測定するにはどのような手法がありますか?
また反応の量子効率を記している書籍、文献などありますか?ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

光化学反応といっても様々ありますが。

「フォトクロミック化合物」の量子収率は求められています。
「ジアリールエテン」は反応後の状態が熱安定なので、
一定量の光を照射して、吸収スペクトルとモル吸光係数から量子収率を求めます。
光量はフォトマルを用いる場合もあるし、量子収率が既知の化合物との相対比較で求めることもできます。

上記の文献はChem.Rev.2000,1685に総説があります。
日本語では「季刊化学総説, No.28, 有機フォトクロミズムの化学」があります。

同様に、レジストなども吸収スペクトルや 場合によっては液クロを用いて測定可能だと思います。

Qエステル化反応に用いる触媒について

無水酢酸とフェノールから酢酸フェニルを合成する際に触媒として、

酢酸ナトリウム
ピリジン
硫酸
リン酸

を用いることで、それぞれどのような原理で酢酸フェニルを合成できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ピリジン(Py)の場合、無水酢酸と反応し:
CH3-CO-O-CO-CH3 + Py → CH3-CO-Py^+ + -O-CO-CH3
と解離させ非常に強いアシル化剤CH3-CO-Py^+ を作るとともに、フェノールの解離を促してフェノラーとイオンとし、反応を非常に強く促進する。
2.硫酸の場合
CH3-CO-O-CO-CH3 + H2SO4 → CH3-C≡O+ + HO-CO-CH3 + HSO4^(-1)
で強いアシル化剤を作る。フェノールの方はプロトン化して親核攻撃力が下がるが、プロトン化していないフェノールが専らアシル化剤と反応する。
3.酢酸ナトリウム:
フェノールの解離を弱く促進する。無水酢酸の能力は下がる。
4.リン酸:
弱いアシル化剤CH3-CO-O-(C=O^+-H)-CH3を生ずる。フェノールの方は弱くプロトン化されるため反応性が下がる。

Q触媒を用いた場合の反応速度について

よろしくお願いします。

2.5%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.1gを基準Aとして
以下の場合、どうなるか。

(a)5.0%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.1g
(b)2.5%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.2g
(c)2.5%の過酸化水素水20mlと酸化マンガン(IV)0.1g

という問題なのですが、
(a)の場合の答えが、過酸化水素水が高濃度で二酸化マンガンの量が不変だから、反応速度が基準Aより大きく気体の発生が速くなり、最終的な発生量は基準Aののほぼ2倍となる。

とあります。

でも、これについて疑問なのですが、
触媒の量が不変なのに、反応速度が速くなるというのが、疑問です。
今回は無機触媒ですが、生体触媒の酵素の場合、酵素の量が不変であれば、酵素基質複合体の量も不変であるので、反応速度は変化せず、生成量は2倍になると思います。ですので、今回も、反応速度は基準Aと同じだと思うのですが…。酵素と無機触媒では、考え方は異なるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

2.5%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.1gを基準Aとして
以下の場合、どうなるか。

(a)5.0%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.1g
(b)2.5%の過酸化水素水10mlと酸化マンガン(IV)0.2g
(c)2.5%の過酸化水素水20mlと酸化マンガン(IV)0.1g

という問題なのですが、
(a)の場合の答えが、過酸化水素水が高濃度で二酸化マンガンの量が不変だから、反応速度が基準Aより大きく気体の発生が速くなり、最終的な発生量は基準Aののほぼ2倍となる。

と...続きを読む

Aベストアンサー

>生体触媒の酵素の場合、酵素の量が不変であれば、酵素基質複合体の量も不変であるので、反応速度は変化せず、生成量は2倍になる
これは基質の量が酵素の量に対して十分多い場合だけです。酵素の量と比べて基質の量が少ない場合、基質の量を変えれば酵素基質複合体の量も変わり、反応速度も変化します。
今回の無機触媒の問題のケースもそれと同じで、触媒が単位時間あたりに処理できる基質量に対して実際の基質量が少ないためこのような結果になるのだと思います。

Q金属を用いた反応の反応機構

アジピン酸系の1位がベンジルアルコールでエステル化し、3位がメチル化したものに、Pb(OAc)4、Cu(OAc)2、PhHを加え80℃で反応させたとき、6位のカルボン酸が消失し、4位と5位がオレフィンとなってました。これいったい何が起きたんでしょうか?文献探すにも何の反応かわからずじまい・・・金属の反応が苦手でキレーションとかよくわからないので全然わかりません。何か分かる方いましたらご教授願います。

Aベストアンサー

この反応は「Kochi反応」という人名反応でラジカル生成による脱炭酸反応で、その後Cu(OAc)2による酸化反応です。
私もこの反応の経験がありますので反応機構を書いてみます。
RCH2CH2COOH + Pb(OAc)4 → RCH2CH2COOPb(OAc)3 + AcOH
RCH2CH2COOPb(OAc)3 → RCH2CH2COO・+Pb(OAc)3
RCH2CH2COO・→ RCH2CH2・+ CO2
RCH2CH2・+ Cu(OAc)2 → RCH2CH2^+ + CuOAc
RCH2CH2^+ → RCH=CH2
CuOAc + Pb(OAc)3 → Cu(OAc)2 + Pb(OAc)2


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報