先日、原付で人身事故を起こしました。あまり広くない道で、人が急に横断してきて、ぶつかったのです。

事故当時、警察と病院に行き、被害者は全治1週間の打撲と診断されました。それから、約一ヶ月がたった今でも、被害者の方は、「痛い」といって、病院に通っています。
被害者の方は、70を過ぎる高齢で、完治までに時間がかかるのは、わかる気がします。

しかし、1週間の打撲がそこまで延びるものでしょうか?
お医者様の診断が悪いのか、お医者様の処置が悪いのか、被害者が嘘を言っているのではないか?と考えてしまいます。

原付での事故なので、私、本人がすべて進めていかなくてはいけません。代理人がいないのです。当然、示談も私が行うことになります。ここでもまた問題が起きてきます。

被害者の方は、過失は完全に私のほうだと言い切るのです。原付と対人での過失相殺がどうなるか、詳しくはしりませんが、どんなことがあっても一切応じる気がないようです。

加害者の立場として、早く事を済ませたいのです。
そこで、相談なのですが、「被害者が痛いと言い続けれるのは、本当か嘘か判断できかねない内容ですよね。それをどこまで認めるのでしょうか。このままだと、何ヶ月も病院に通う勢いです。自賠責保険なので、最高120万円まで、重過失でも8割はカバーされているみたいですが、社会人まもないもので、金銭に余裕がありません。今後が心配です。」

また、私からみたら被害者の性格は偏屈に感じます。そのような方と示談を進めるにはどうしたらいいでしょうか?
任意保険ではないので、すべて私、本人が行うことに、強気な発言もできず、困っています。

加害者の立場として、偉そうなことは言えませんが、本当に困っています。なにかアドバイスがあれば頂けませんか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

みなさんmemex55さんにきびしいご意見が多いですが私はそうとばかり思いません。



被害者だからといって何でもいつまでも要求できるというものではないと思います。

そもそも事故の全ての責任が原付側にあったかということもまず検証しなければならないと考えます。
道路、事故の状況が詳しくないので具体的なことは言えませんが、相手も道路を横断するにはそれ相当の注意義務があるという前提から過失がゼロとは言い切れません。
単車と歩行者の事故の判例もあります。(後述の相談窓口で聞いてみたらいいと思います。)

また1週間の診断書が出たのに1月かかっているというのは今の段階では長すぎるとはまだいえないと思いますが、
加齢のせいで長引いているのか、その方の嘘か判断はもう少し先になるでしょうけれど、y2a2さんの書かれたように治療費の圧縮はしておいたほうがあなたのためにももしかしたら相手のためにも有効だといえます。
現在の治療費は誰が立て替えているのでしょう。
あなたからも病院に事情を説明しておかれたほうがいいかもしれません。
今後自賠責の範囲を超えるほどあまり長引くようなら「債務不存在」を(この場合は相手の治療のある部分は自分との事故に因果関係がない)と申立てることもあるかと思います。
そうなれば「裁判」ではなく費用の少ない「調停」という方法もあります。
自賠責の範囲を超えないなら少し見守っていればいいと思うのですが。

自賠責を使うなら「示談」はとりあえず必要ではありません。分かっておられるように一件書類を提出してはじめて過失割合なども判断されるのですが、被害者側からの請求という形を取れば認められる範囲で保険金が下りますので、相手方には当初から自賠責でお支払いできるもので賠償するということを説明しておけばいいと思います。
(話し方は大事ですが)

そういうことを全て含めて一度「事故相談センター」(正式名称不明)などに相談に行ってみてはいかがでしょうか。
県や市でやっているところもあるし、お奨めは各都道府県の弁護士会がやっているところです。お住まいの土地の弁護士会に問い合わせてみたら分かると思います。ここなら個人で弁護士に相談する費用はかからないと思います。

しかし、ここからを読み落としていただきたくはないですが、今まで書いたことはあくまで加害者サイドの事務的手続きです。相手の心のこととか、気持ちのことは入っていません。皆さんがおっしゃるようにそれをないがしろにしてうまくいくわけはありません。自分の都合にいい様にことを運ぼうと相手を動かすのは無理です。
早く事をすませたい、とおもっていると逆になりますよ。それだけは充分踏まえてください。お願いします。

またお気持ちの中で「たかが原付」とありましたがトレーラーであろうと原付であろうと相手が怪我したり亡くなったりしたら結果は同じです。原付を運転すること、事故を起こしたことを軽いことと考えるのは間違っていると思います。

余談ですが、うちの身内でも原付で事故を起こして相手はお酒を飲んで赤信号の横断歩道を渡ってきてはねたんですが、当初骨折で1ヶ月の診断が後遺症が残り2年たった今でも解決していません。相手にいくら過失が大きくてもこちらの負担は免れられず、自賠責はとっくに使いきり、今は弁護士たてて調停中です。

お若いのに辛い立場にいらっしゃると重々察しております。段々相手に電話するのも嫌になってくるかと思いますが、連絡だけはまめにいれてあげてください。
戦略じゃない、気持ちですよ。
うまくいくようお祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。心強い回答で、気持ちが楽になりました。
今後しばらく様子を見て、相談センターなどに話を持ちかけてみます。
今のまま、示談の交渉にいっても、お互いの歩み寄りはなさそうなので、時間をかけてでも、ゆっくり解決したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/02 12:21

ちょっと・・・みなさん酷い事言い過ぎですよ。

彼は困っているからアドバイスくれと質問してるんですよ?交通事故って被害者ももちろん不幸ですが、加害者もまた不幸なんです。それを加害者のクセにムシがよすぎるとか、酷いよ。memexさんも解決しようとがんばってんだから。
ok-webはお説教の場ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんですよね。私自身、わかっているつもりの話で、でも心のどこかで憎く思っている状況を解決したく、相談しているんですから。
でも、虫がよすぎるというのも重々承知しています。今後は、少し私の方から歩み寄り、相手を思いやる気持ちを大切にしたいと思います。

お礼日時:2001/03/02 12:24

y2a2さんの回答どうりであると思います。

被害者からすると、連絡する回数ではないのです。最初のあなたの文面を読んでいると、きつい言い方をさせて頂きますが、「少し虫がよすぎる」のです。
私も実は、被害者側なのですが、被害者からすると、ただ、ただ、
「痛みが無かった、もとの健康な身体を返してほしいと願うだけなのです。」
やはり、「心からの、言葉」でなければ、被害者側は、「誠意である」とは、受け取ることはできないでしょう。人間は、感情的な生き物なのですから。あなたも、「もし自分だったら、自分のような考えの人から、謝罪されても誠意と受け取ることができると思いますか?」どうでしょう?
もし、納得のいかない場合は、弁護士さんなど、専門の方に相談した方がよいのかもしれません。

この回答への補足

連絡の回数ではないこともわかっています。言葉の中身に誠意があるか、でも、相手を疑いの目でみているかぎり生まれてきません。

でも、ここで相談して、様々な意見を聞き、すこし私自身に相手を思いやる気持ちが欠けていたことを、改めて思い知りました。

わかっていることなのですが、すぐにはできないと思います。時間がかかってでも、理解していこうという気持ちだけは大切にしようと思います。

補足日時:2001/03/02 12:25
    • good
    • 0

 文面から察すると、おそらく交通事故を起こされたのは初めてではないですか。

今まで安全運転をされてきたのになんでとお思いなのではないでしょうか。世の中には大きな事故を起こしても、半年も経たないうちにまた事故を起こす人もいます。前の経験があるからといって2度目の事故の対応が楽になるということは決してありません。むしろ、他の人からみれば「懲りない奴」と思われるでしょう。2度とこんな辛い事故を起こしてはいけない、被害者も加害者もどちらも辛い目にあうだけだと肝に銘じ、今後は決して事故を起こすまいと思うことがまず第一だと思います。
 事故の原因を思い出して見ましょう。「あまり広くない道で、人が急に横断してきて」とありますが、相手の方の立場からいえばどうでしょう。「こんな狭い道を前もよく見ないでオートバイで人にぶつかってきた」と感じるのではないでしょうか。
 出発点から180度違った思いがお互いにあって、それが今もなお続いている、おそらくそれがあなたが相手の方を理解できない原因だと思います。
 考えてもみてください。相手の方にとってそれまで見も知らずのあなたになぜ悪意をもって接する必要があるのでしょうか。「どうして欲しい」と言わないのではなくて言えないのではないでしょうか。あえて言うなら早く「怪我を治して欲しい」だと思います。相手への思いやりが生まれてきて初めてまともな話し合いができるのだと思います。今もなお相手の態度が硬直しているのは、あなたからそれをしようという謙虚な気持ちが伝わってこないからだと思います。連絡の回数ではなく心から発せられた言葉でなければ、人の気持ちは変わらないと思います。
 幸いにもこの程度の怪我で本当によかった、自分はまだ恵まれていたんだ、そう思ってください。
 任意保険に入っていないこと、自分はまだ経済的余裕がないこと、それでもできるだけの補償をしたい、そのことを十分相手にわかってもらうようじっくり話されてみてはどうでしょう。その上で、治療を健康保険に切り替えてもらうようお願いしてみてください。自賠責保険の限度枠からめいっぱい相手の手元に残る保険金を出すためには、治療費の圧縮がまず第一です。お願いしてみてください。事情を話して病院にもお願いしてみてください。詳しい手続きは自賠責保険の会社で教えてくれると思います。あなたの本当の誠意が相手に伝われば、きっと応じてくれると思います。
 最初の診断書が1週間だったことはあなたにとって実はありがたいことだったのですよ。その日数によってあなたに科せられる行政処分が違ってきたのですから。
 決して病院や相手の方を悪く言ってはいけません。
 ずいぶんときついことを申し上げているようで大変恐縮だとは思いますが、事故を起こした場合(今回の場合明らかにあなたの過失が大きい)、こんなにも大変なのだということを勉強できたのだと前向きに理解して対応していかれたらどうでしょう。きっと今よりは気持ちも晴れやかになれると思います。

この回答への補足

厳しいお言葉、ありがとうございます。
確かに、交通事故は今回がはじめてです。

そうですね。相手の立場になって考えること。それがとても重要なことだと思っていますが、心の底からというまでは至っておりません。
連絡の回数ではなく・・・とのお言葉がありますが、事故から2週間くらいまでは、早く治ってほしい気持ちでいっぱいでした。

問題はそれから2週間も延びて、被害者の方が「まだ痛いから・・いつまでかかるかわからんのぉ・・」という言葉にはじまります。

完治までの診断はあくまで目安にすぎないことはわかりますし、高齢だから時間を有するのもわかります。
しかし、いつまでも、この状況がつづきそうなことが私の不安材料になり、被害者を労る気持ちが日に日に薄くなっていきそうな気がします。

頭の中では理解していますが、心の底では理解していない自分が恥ずかしいです。

補足日時:2001/03/01 05:20
    • good
    • 0

事故の時に、あなたは、被害者にきちんとした「誠意」を見せましたか?あなたに、誠意が無いと言うわけではないのですが、人間は、感情のある生き物なのです。

いくら、全治一週間と診断されたからと言って、そのとおりに治るものではありません。この文面だけでは、あなたなりの誠意はあるのですが、困っていることも理解できるのですが、相手を思いやる、相手を見舞っていることが、もう少し、あってもいいのでは?と、私は思いましたので、補足の請求をしたいと思いました。過失の割合なのですが、警察ではどのような、話し合いでしたか?

この回答への補足

きちんとした「誠意」というものがどのようなものかわかりませんが、被害者の時間をいたずらに無駄にしていることと、生活に支障がでていることへのお詫びはしているつもりです。

他のスレッドに返信しましたが、この一ヶ月ほどのあいだに、3度訪問し、電話もまめにしているつもりです。
本心として、「あなたは私に何を望んでいるの?」と言いたくなってきています。どうしてほしいの?
この思いが、「誠意」とは反しているのでしょうか。

警察では、事故処理後は当事者の問題として、後回しにしていました。自賠責保険は過失相殺は書類をすべて送ってからと聞いています。今、どうこうして決められない問題だと聞いています。

補足日時:2001/02/28 14:03
    • good
    • 0

被害者の立場から一言・・・・


私は、自転車に乗っていて、わき見運転の車と接触して転倒しました。足と腕に打撲擦り傷で、全治2週間の診断でした。
真夏の暑い中を毎日通院して、結局完治としたのは2ケ月後でした。約5倍です。
しかも、完全に痛みが消えたわけではないのですが、通院も大儀になり、こんなに長く通院して、保険金目当てと思われるのが嫌だったからです。
医師の診断など当てにはなりません。
加害者は、当日の夜に一回だけ顔を出しただけで、それっきりでした。たった200メートルの距離に済んでいてです。
金目当てに、そんなに長引かせる人ばかりではないのです。加害者の誠意も影響していませんか。
自分の都合で早く済ませたい、とは虫が良すぎると思います。相手に、どう接しているのでしょうか。

この回答への補足

虫がよすぎるですか。確かにそうかもしれません。私、自身の事を中心に考えているのは事実です。

しかし、言い訳ではありませんが、この約1ヶ月ほどの間に、3度訪問し、週に2~3回は電話しています。
電話の内容は、「その後、容態どうですか?」といった内容ですが、被害者の方は「痛い」の一点張りです。

今回、任意保険ではないので、すべて私が伺って話し合うということなので、私本人、煩わしいという気持ちはあります。金目当てだと思ってはいませんが、疑わしくなってきています。それで、相談をしているのです。

補足日時:2001/02/28 13:53
    • good
    • 0

 俺も似たような状況に陥ったことがあります。

やっぱり不安になりましたねー(^_^;

 でも、譲歩してもらってるほうだと思いますよ。本当に加害者が憎いなら「示談は一切しません」と言えばいいんです。そしたら加害者は過失傷害罪で逮捕されてしまいます(被害者が民事での解決を拒否すると、刑事事件として扱うことになる)。

 相手の言い分があまりに不条理な場合は、それ相応に対処することもできますから、今は焦らないことです。
 事を急くあまり、不躾な対応をしてしまうのが一番いけませんから。誠意を持って接すれば相手はそれに答えてくれます。

 まあ、被害者の立場を逆手にとって無茶を言う人はいますが、そんな人は人口の0.1%と考えてもまだ多いでしょうからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんでしょうね。今は焦らない。私自身に言い聞かせています。心配とは裏腹に、安心させようとする気持ち。
ヤクザでないかぎり、無茶なことはないと思っています。

お礼日時:2001/02/28 14:10

交通事故の後処理はゴネ得になってしまう場合が多いですよね。

今回のように対歩行者であればなおさらです。そして交渉する相手がジジイだと、普通の話も通用しないとか、相手の家族もとりつく島も無しって感じなのでしょうか。

法的うんぬんの話等の正確な所はわかりませんが、私が今のmemexさんの状況になっていたとしたら、保険の適用範囲もぼちぼち超えようとしている。今までは多少治療が長引いて金がだらだら出ていっても保険でまかなえたけど、今後もこのようにイタズラに病院に通うとするならば、こちらも生活がかかってくるから、裁判でもなんでもやる。いつまで病院に行くつもりか尋ね、いいかげんな回答ならば、こっちはケツまくる。文句があるなら裁判でもなんでも警察でも呼んでくれ。というような事を相手に伝えると思います。

とにかくこっちは必死なんだという事を相手に伝えましょう。そしてあまりフザけた事をするんだったらもう知らないよという事も伝えましょう。出るトコ出てもこっちは困らないという事を伝えましょう。そしてもう金は出ないんだよという事も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

被害者側も裁判でもなんでもこいといった強気の態度をみせています。失言だと重々承知して書きますが、私の本心は「たかが原付で・・」と心のどこかで思っています。

この思いがあるうちは誠意はみせられないのでしょうかね。わかっていても、なかなか、難しいです。

お礼日時:2001/02/28 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q残業代未払いについて ~示談・その後~

皆さん、こんばんわ。
自分はあまり法律などには詳しくないので、皆さんのお力をお貸しいただきたいのですが、
以前勤めていた会社でのことです。

(1)今年10月末。退職時に残業代の未払い分を求めて会社の上層部に抗議しました。
(2)11月上旬。社会保険労務士が勤務状況の資料を元に計算し、160万円の未払いがあることがわかりました。
(3)11月中旬。会社の経営状況を考慮し、社長・専務との話し合いの結果、120万円を一括払い、ということで了承しました。
(4)しかし、支払い期限は12月12日の金曜日であったにも関わらず、未だ支払われていません。
(5)「(3)」の会話をメモや録音などした証拠がないのですが、こういったケースの場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?

一応、明日口座を確認してみて、入金がないようであれば改めて上層部にかけあってみようとは思うのですが、
何かいいアドバイスがございましたらご助力をお願いいたします。

Aベストアンサー

改めて上層部にかけあう際には電話を録音して、会社側の対応状況を証拠に残しておくのがよいのではないかと思われます。

また、未払い賃金に対する退職後の遅延利息は、賃金の支払の確保等に関する法律6条1項により、年14.6%という高い割合になるということや、もし裁判となれば割増賃金についての付加金(労働基準法114条)支払いのリスクがあることを示して、プレッシャーをかけてみるというのも1つの方法かもしれません。

それでも支払わない場合は、請求するにもさまざまな法的手段が考えられますので、法テラス(日本司法支援センター)などを通じて弁護士に相談されていかがでしょうか。


賃金の支払の確保等に関する法律
(退職労働者の賃金に係る遅延利息)
6条1項  事業主は、その事業を退職した労働者に係る賃金(退職手当を除く。以下この条において同じ。)の全部又は一部をその退職の日(退職の日後に支払期日が到来する賃金にあつては、当該支払期日。以下この条において同じ。)までに支払わなかつた場合には、当該労働者に対し、当該退職の日の翌日からその支払をする日までの期間について、その日数に応じ、当該退職の日の経過後まだ支払われていない賃金の額に年十四・六パーセントを超えない範囲内で政令で定める率を乗じて得た金額を遅延利息として支払わなければならない。

労働基準法
(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
37条1項  使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
37条3項  使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。
(付加金の支払)
114条  裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第六項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/service/taimen_soudan/

改めて上層部にかけあう際には電話を録音して、会社側の対応状況を証拠に残しておくのがよいのではないかと思われます。

また、未払い賃金に対する退職後の遅延利息は、賃金の支払の確保等に関する法律6条1項により、年14.6%という高い割合になるということや、もし裁判となれば割増賃金についての付加金(労働基準法114条)支払いのリスクがあることを示して、プレッシャーをかけてみるというのも1つの方法かもしれません。

それでも支払わない場合は、請求するにもさまざまな法的手段が考えら...続きを読む

Q殺人を犯し、加害者が自殺した場合、被害者の遺族は、加害者の遺した財産に

殺人を犯し、加害者が自殺した場合、被害者の遺族は、加害者の遺した財産に、慰謝料を請求することができますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

加害者が死亡の場合は請求自体出来ません。
なので請求は身内に対して「損害賠償」という民事訴訟になりますね。
支払ってくれるかどうかは 別問題です。

Qみなし残業代制

「月○○時間分の定額の残業代」というみなし残業代制を導入しようと考えています。
ですが、算出の仕方が分かりません。

みなし残業代制の計算の仕方を教えてください

Aベストアンサー

・(365日-年間所定休日)×1日の所定労働時間÷12ヶ月=1ヶ月当たりの所定労働時間
 注:年間所定休日・・週休2日なら、2日×52週で104日、他に休日(年末・年始とか、祝日とか)が有る場合はそれも足す
 注:1日の所定労働時間は実働時間(9時間拘束8時間実働の8時間とか)
・月給÷1ヶ月当たりの所定労働時間=1時間当たりの賃金
 注:月給は各種手当てを除いた基本給部分のこと
・1時間当たりの賃金×1.25×○時間=○時間当たりの残業代(端数は切り上げてキリのいい金額にして下さい)
 注:○時間の残業時間を超えた分に付いては、別途残業手当を支給する必要があります
  :逆に○時間未満の残業であっても満額支払う必要があります
  :深夜分(0.25)、休日出勤分(0.1)の差額に関しては上記には含まれないので、別途支給が必要です

Q被害者から加害者へ示談書を送る。

知人の件で相談します。
知人(女性)は被害者で、強制わいせつを受けました。
加害者はその行為を認めています。
行為を認めた際、被害者の上司が立ち会っています。
そこで、
被害者から加害者あてに、告訴しない代わりにと、慰謝料額を明記した示談書を送った場合、逆に脅迫罪になるのでしょうか。
慰謝料額は50万円。(その他項目あり)
受けた行為は、
あごを持たれ無理やりキスされた。
羽交い絞めにされ下半身をまさぐられ、太もも及び、キュロットスカート(職場の制服)の上から陰部を触られた。
逃げると、なら口でぬいてくれ、と言われた。

皆様の知識を伺わせてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(強制わいせつ)
第百七十六条 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

示談ですが、示談書には当人の署名捺印が必要になります。
示談書は、必ず2部作成して加害者と被害者が保管してください。
内容は、きちんと強制わいせつ罪と書いて、発生日時・場所(住所)を書いてください。
刑事告訴をしない代わりに、双方が示談ということに同意して加害者は被害者に慰謝料として○○万円を○月○日に支払います。
示談成立後は、双方が異議を申立てをしません。
上記の内容では、脅迫罪にも恐喝罪にも該当しません。

Q年俸制なんですが契約書にも特に残業代の記載はありません。

年俸制なんですが契約書にも特に残業代の記載はありません。
この場合残業代は出るのでしょうか。
年棒制=残業代なし
なのでしょうか。
もし記載なくても含まれてるなら時間は会社の都合で決められるのでしょうか。
ちなみに入社時は残業代は出るとのことでした。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

小泉元総理も答弁でおっしゃっていますが、人生いろいろ、会社もいろいろ、です。

お勤めの会社で定めている、就業規則なり、賃金規則なりに、そのあたりの基準が定められているのではないかと思います。総務部門なり、人事部門なりに、確認するのがよいと思います。

ちなみに、契約書といっておられますが、どういった内容の契約書なのでしょうか。そこで賃金の支払条件や計算方法まで記載されているのであれば、そちらが優先されると思いますが、残業代の規定が無いだけで、通常の賃金については記載されている、ということでしょうか。
(であれば、年俸制なので残業代はなく、残業するもしないも本人の裁量権の範囲内、ということなのでしょう)

でも、入社時は残業代は出るとのことでした、ともあり、状況がよく分かりません。まずは情報を整理することから始めた方がよいのではないですか。

Q加害者車、被害者は帽子を着用で自転車を走行中の事故の過失割合。

加害者車、被害者は帽子を着用で自転車を走行中の事故の過失割合。

駐車場で、帽子をかぶって自転車で直進、右から一時停止を無視して車が走ってきてぶつかりました。
私は帽子をかぶっていたので、右から走ってくる車に気付くのが少し遅れたと思います。
これは被害者は自転車だとはいえ、帽子をかぶっていたので視界不良という事で
車が10:自転車が0というような過失割合になりますか?

相手の一時停止無視の方が重いでしょうけど・・。

現場検証ってどれくらいの時間が必要ですか?
また、どのような流れで行われますか?
何か持っていったらいいものはありますか?
被害者の私が不利にならないよう、気をつけるべき事はありますか?

Aベストアンサー

駐車場内ということですか?
それであれば、道交法による一時停止規制ではないので、自転車が被害者とは言い切れないかもしれません。
駐車場内は自転車が走行して良い場所なのか?この辺りも確認が必要であり、単純にどちらかが一方的に悪いという具合にはなりません。

現場検証は双方の言い分に食い違いがなければ、30分程度でしょう。
その後、警察署に移動して調書取りが30分くらいかかると思います。
調書は忙しければ後日と申し出てもかまいません。

Q残業代を稼ぐ女

私の仕事場の女性で残業代を稼ごうとする女がいます。


正直、内心ムカつきます。


愛想がいい子で細かいので丁寧に仕事をしている、几帳面な性格の子だと周りには思われてるようですが
内心、私は残業代を稼ぎたいだけじゃないのか?と思っていたら、案の定「残業代で稼ぎたい」と他の人がいない間、ボソッと言ってきました。


私は普通の会社は残業代のかかる人を嫌がるので
しない方がいいむねを伝えましたが、残業代を稼ごうとするのを止める気配はありません。


まじめに仕事を速く終わらせてる私だけなんだか損してる気持ちにもなります。


皆さんはうまく残業代を稼げない私が不器用なんでしょうか?
必要以上に残業する子って嫌がられると思うんですが…

Aベストアンサー

います、います!私の職場にも!

時間が来ても何か仕事を見つけて帰ろうとしない。仕事中は誰かと話していて仕事を遅らせて、その分帰る時間になると貯めておいた仕事をし出す。

周りからはいい評価です。というか愛想いいですね、やっぱり。

上司へのスリよりもうまい。女好きの上司に当たった時は(シフトで変わります)その上司はそばに置きたいから見て見ぬふりで残してますね。

上司のお気に入りちゃんです。そして残業代稼ぎたい口です。

ムカつきますよ!私も愛想いいけど、本当に残業が必要かどうか判断して、残るときは残ります。

だけど、だらだら仕事して残るのは私のポリシーが許しません。

そやつが残業代稼ごうが私の給料が減るわけではないし、要領よく立ち回る人間て、いつか自分に結果が戻りますから、どうぞご安心を。

あなたが仕事を一生懸命こなすことがあなたにとってプラスになります。

私はそう思って、しかしムカつくそ奴に「早くお帰り!」と、心の中で叫んでます(*゜▽゜*)

Q交通事故(業務上過失致死)を起こし加害者が被害者を死亡させてしまった場

交通事故(業務上過失致死)を起こし加害者が被害者を死亡させてしまった場合、
民事上においての損害賠償・逸失利益の実際の判例や、
刑事上においての実際下された量刑を知りたいのですが、
どこで知ることができるでしょうか?

サイトなどご存じでしたら、教えていただきたいです!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、裁判所のHPがあげられます。
これは無料ですが、直近三ヶ月の裁判例限定となります。
なので、目的の事件がヒットしない可能性があります。
http://www.courts.go.jp/saisinhanrei.html

次に、有料サービスとして「TKCローライブラリー」や「LLI」があります
利用には月額1万円くらい必要ですが、TKCは無料トライアル期間(10日間)があります。
なので質問にある情報だけが欲しいなら、これを利用してみてはどうでしょうか。
http://www.lawlibrary.jp/index.html

あと、法学部のある大学の図書館に行けばジュリストDVDなどで判例検索ができることがあります。

Q管理職に残業代がつかない理由はなんですか?

私の会社では管理職には残業代は付かないそうです。
なぜなのでしょうか?
私なんかは「残業代がでるからもう少しがんばろう!」と思い仕事に励みます。
(残業代はきちんと出ます)
残業代を支払わないメリットはなんでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『経営者=人を雇う側の人間』と『労働者=人に雇われる側の人間』の違いです。
『残業』は『経営者』が『労働者』に契約時間以外に仕事を与えることを指します。
『経営者』が指示を出し『労働者』が行うのが『残業』です。
そのため『経営者』自身には『残業』という概念がありません。
『管理職』は末端とはいえ『経営者』の一員です。
『人に雇われる側の人間』ではなく『人を雇う側の人間』なのです。
『管理職』は『労働者』の延長上にあるものではありません。
『管理職』になるということは、ただ雇われるだけの『労働者』とは別世界の人間になるということです。
といった内容が、管理職研修で行われているかと思います。
・・・
まぁただの建前になりかけている感じもあります。
実態はNo.1の方の言う『経費削減』が一番でしょう

Q交通事故の被害者と加害者

現在交通事故の被害者として、加害者からの賠償による治療を受けております。
事故内容は昨年12月の交通事故で、加害者からの追突です。
事故当初のそれぞれの保険会社同士の連絡で当方の過失割合0となりました。
加害者個人の対応は悪かったが、保険会社の対応が早かったため、人身への届出の際に処分を求めない旨を警察官へ伝えた。

その後、物損の示談を行いつつ、治療を受けさせていただいておりましたが、相手保険会社の対応が悪く、クレームを付けたら弁護士が出てきてしまいました。

今後の交渉の参考にするため、事故の届出などの調書、行政処分の結果や経緯、刑事処分の結果や経緯などを見たいと考えておりますが、実際の方法などが良くわかりません。

お分かりになる方、詳しく記載のあるHPなどを含め、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

閲覧できる物として刑事記録と判決謄本(抄本)が有ります。
刑事記録とは実況見分調書と供述調書です。
しかし、刑事処分が不起訴だと実況見分調書しか閲覧できません。
判決謄本も然りです。
当該地方検察庁の記録係で申し込みをします。
行政処分や刑事処分の結果は警察でも教えてくれる可能性が有ります。

強烈なクレームってやつですね。
限度を越えたら当然弁護士が出てきますよ!!
保険会社であろうと弁護士であろうと慌てる事はありません。
解決に至らなければ粉センか訴訟ですからね。


人気Q&Aランキング