シンガポールが抱えている現在の教育問題について

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はにシンガポールに長期出張をした事がありますが、随分昔の話で、余り参考にならないと思いますので、次のURLを参照して下さい。



そして、多分そこに触れられてないことで、気付いたことを書いております。

1.シンガポールは社会主義の一党独裁の国で教育面でも全て強制的です。

2.日本との一番大きな違いは、小学校の4年生の全国一斉テストの成績で、全ての生徒が 3 つのコースに振り分けられることです。

つまり成績の悪い子は将来の作業員レベルのコースに進まされ、絶対に高校に進学出来ません。

3.小学校から中国語コースと英語コースに別れていますが、中国語コースは人気が大変低く、英語コースに比べて低レベルと見なされているようです。

例えば英語コースの場合、テキストも英語、授業も全て英語で行われます。

それで、教育熱心な中国人の家庭では、全て英語で話されているようです。

4.全国レベルの学力試験のため、学校によって優劣の差がはっきり出来ているようです。

それでどこに入るかが問題になります。
社会主義国らしくキャリヤーの女性に子供を生んで貰う様に、学校選択の優先権を与えたと当時の新聞に出ていました。

5.学校のレベルは日本より高いところもあるようです。

当時の新聞である学校のあるクラスの生徒が全優を取ったと出ていました。

6.全国一斉の試験のため、地もと企業の採用広告にも学校のレベルとその卒業成績のAまたはOレベルが幾つまでと明示してあるのが普通です。

つまり学校の成績がそのまま採用まで響いてくるのです。

参考URL:http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/cr138m.h …
    • good
    • 0

 「シンガポールが」というのが、どういう立場の人たちにとって、ということで抱える問題は違うと思いますが、私の聞いた範囲だけで。


 
そもそも、シンガポールという国は、資源も労働力(人口)もなく、立地条件から貿易で経済を成り立たせている国です。したがって、貿易関係で働く人材の養成が必要です。
 貿易といっても、いろんなことがありますが、荷揚げのような単純労働をする人が必ずいります。
 一方で世界経済を見ながら、一方で単純労働者がほしい、ということで、シンガポールの子供はかなりの競争社会だそうです。早く落ちこぼれて進学をあきらめて荷揚げ労働者の道を歩んでほしい、ということ?
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券化商品が抱える問題点の解決策

タイトル通りですが、証券化商品はどのような問題点を抱えているのか、またその解決策について教えてください。

Aベストアンサー

・仕組みが複雑でリスクが分かりにくかったこと
・市場がないため公正価格が不明だったこと
・市場がないため流動性がなく処分できなくなってしまったこと
・優先・劣後による信用補完構造がうまく作用しなかったこと

などでしょうか

Q小論文について。(日本産業が抱える問題)

高校の小論文の宿題で、「日本の産業が抱える問題とその行く末」
というテーマで小論文を書くのですが。

私は、(1)少子高齢化に伴う継承者不足(問題提議)→(2)では、今の現状はどうなっているのか→(3)継承できない!これから日本のはどうなるのか?→(4)この問題について、何か対策できることはあるのではないのか?→(5)上記のことのまとめて終了。
という流れで書こうと思っているのですが。

なぜこの問題定義にしようと思ったのは、以前テレビで熟練(具体的には団塊の世代の人たち)の技術者が定年退職の時期が到来し、これからの若い世代にこの技術を教えなくちゃいけないのに、その若い人も少なくなってきたし、完璧に教えれる時間も無い、このままでは日本のいままでつちかってきた大切な技術が廃れてしまう。というニュースをみてこれを書こうと思ったのですが。

高校生でバイトもほとんどしたことないし、世間の荒波にも揉まれたことの無い人間です;;いまいち、この状態がどうなっているかが見えてきません。

具体的に分からないことは
・少子高齢化に伴って継承者不足は、今どの程度進行しているのか?特にどんな技術が危ないのか?など実態がよく見えてきません;;
・国は何かこの点について対策は考えてないのか?
・技術立国として成り立ってるため、その技術が衰えてしまうと外国(インドや中国)に負けてしまう(技術格差)がでてしまうのではないのか?
・このままこの状態が進行してしまうと、私たちの暮らしに影響が出るのではないか?

一応自分でも色々調べているんですが、コレ!という記事が探し出せません;;
何か知っている方がいたら、教えてくれませんか?

自分の考えてることを何とか文章にいたしましたので、伝わりきれてないことがあると思います。ここが分からないといってくだされば、自分の考えてることを、出来るだけ細かく書きますのでよろしくお願いします。

高校の小論文の宿題で、「日本の産業が抱える問題とその行く末」
というテーマで小論文を書くのですが。

私は、(1)少子高齢化に伴う継承者不足(問題提議)→(2)では、今の現状はどうなっているのか→(3)継承できない!これから日本のはどうなるのか?→(4)この問題について、何か対策できることはあるのではないのか?→(5)上記のことのまとめて終了。
という流れで書こうと思っているのですが。

なぜこの問題定義にしようと思ったのは、以前テレビで熟練(具体的には団塊の世代の人たち)の技術者が定年退職...続きを読む

Aベストアンサー

インド人や中国人は、日本人の感覚からしたら、はるかにいい加減ですから、ミクロ技術では日本には追いつけませんよ。日本に相当するほどの細かい作業の文化を持っているのは、韓国、ドイツ(スイスを含め)、アルメニアくらいでしょう。

まあ、日本の技術力で、団塊世代退職によるダメージが一番大きいのは、ものづくりを支える製造業だと思います。SONYの電池パックが、世界中のノートPCに登載され、そこらじゅうで火を噴いているなど、明らかに技術力のつめの部分が劣化しているとしか思えません。が、はっきり断言しておきますが、アメリカやフランスの機械と比べると、これでもまだ、日本製品のほうが信頼性が高いのです。アメリカ人なんか、「壊れてるんだったら交換すりゃいいじゃないか」って感覚で機械を作ってますよ。私は外資系に勤めているものですが、自分だったら外資の製品は、安かろう悪かろうと割り切ってしか買うことができませんね。だって、日本人の客の苦情を上にいくら挙げても、「なんでそんなことが問題なんだ」って言われて終わりですから。「われわれはグローバルスタンダードに基づいた品質管理を行っている。そのような苦情をいう民族がいるわけがない」というのが、典型的なアメリカ企業のえらいさんの考え方です。現代でも、日本の消費者は、世界のなかで品質管理については、相当にうるさい部類に入ります。企業も当然、そのレベルに合わせて製品やサービスを提供しています。

逆にインド人や中国人は、日本人よりリスクを恐れずダイナミックに行動しますから、人口の頭数からも、世界経済の内部で大きな役割を果たしていくことになります。GDPで抜かれるのは時間の問題でしょう。問題はむしろ、国民ひとりあたりの生活の質にあります。

わたしたちの生活への影響を言えば、輸入食品の価格高騰が懸念材料です。中国・インドのものすごい数の人間が、日本と同じレベルの食文化を享受し始めると、食料の価格は上がっていきます。現に、マグロ等で日本が買い負ける(つまり、中国がもっと高い値段で買う)ということが起こり始めています。それから、日本の銀行など比較にならないほどの多量の不良債権を抱えていると噂される中国の銀行の信用力がいつまで続くのかもポイントです。(不良債権とは、貸した金が返ってこなくなることです)信用力が切れたとたん、中国のバブル崩壊が、世界中に波及します。また、中国から環境汚染物質が日本まで飛んできているのも問題です。

なお、技術立国ということでどういうことをイメージしているのか分かりませんが、日本は2年ほど前から、加工輸出貿易による収入より、過去の投資からの回収のほうが多いという投資立国に切り替わっています。

http://www.asahi.com/business/update/1011/TKY200710110115.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071011AT3S1100K11102007.html

技術立国というのは良いことばかりではありません。日本人が半導体生産の効率の良さを誇っていた頃、ソフトウェアの大切さというものを理解できず、Microsoftに世界を独占されてしまったのが典型例です。また、日本は、金融業、サービス業が、先進国としては進んでいるとはいえない状況にあります。

国としての対策は、こちらドゾ~
http://www.meti.go.jp/report/data/g50223aj.html

インド人や中国人は、日本人の感覚からしたら、はるかにいい加減ですから、ミクロ技術では日本には追いつけませんよ。日本に相当するほどの細かい作業の文化を持っているのは、韓国、ドイツ(スイスを含め)、アルメニアくらいでしょう。

まあ、日本の技術力で、団塊世代退職によるダメージが一番大きいのは、ものづくりを支える製造業だと思います。SONYの電池パックが、世界中のノートPCに登載され、そこらじゅうで火を噴いているなど、明らかに技術力のつめの部分が劣化しているとしか思えません。が、はっ...続きを読む

Q先進工業諸国が現在共通して直面している技術革新=情報化、グローバル化と社会構造の変動について教えてください。

社会福祉の現代人の社会的性格がそれに及ぼす影響ついて。そして生活世界のモノ化と現代人の社会的性格とはなんですか? そして、この生活世界とは何なんですか?詳しく教えてください。

Aベストアンサー

レポートや研究内容のヘルプはここでは禁止事項ですよ

勉強は自分でしないとね・・・

>教科書を読んでもよくわからないので、初心者でもわかりやすい説明を聞きたかったのです

自分のレベルに低さをさらけ出すのは間抜けですよ
努力しましょう

Q通信教育で下記問題に困っております『一般に家具という商品は、たんす、照

通信教育で下記問題に困っております『一般に家具という商品は、たんす、照明、カーテン、敷物、アクセサリーなど、極めて×××××型の特徴を持つ』この×××××の五文字です。わかる方おられましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

耐久消費財型

Q日本の借金が抱える危うさ

日本の借金が抱える危うさ

投稿に失敗してしまったので↓の同じ質問は削除します。

さて、朝の情報番組でいずれ1000兆に達するであろう国が抱える
借金について特集をやっておりました。

日本は借金も多いが、諸外国と比べかなりの資産も保有している(国民の貯蓄ではありません)
その資産を処分すれば借金も300兆円程度、財政破綻寸前ではないと話を聞いた事があります。

消費税の増税ありきでしたが、借金の話をする時になぜ資産の話をしないのでしょうか?

Aベストアンサー

おっしゃるとおりです。

その金額がどうのではなく、あるならある、ないならない。とにかく、貸し方と借り方の両方をちゃんと検討するのがまっとうなことです。

ちなみに、資産は国有地や政府所有施設、外国債券、非上場株式、金地金、積立金や基金などなどです。ただ、明確でなく300兆~600兆の間というのが通説です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報